エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

幼なじみと・・・・

   

24 10月

2015年10月24日 03:05

カテゴリ

幼なじみと・・・・

俺が中学2年の時好きだった女の子とたまたま帰りが一緒になって一緒に帰った。            あっという間に彼女の家の前まで着いた。                              「じゃあね」と俺が背を向けたその時、沙希が「今日うち誰もいないから寄ってく?」と         誘われ「うん。」と答えた。                                                                                     沙希とは家近くて幼なじみだったので親も心配しないと分かっていた。                 部屋に入ると女の子らしい香りがした。かわいい部屋だった。                                                                      沙希が急に「シャワー浴びてくるね。」と背を向けた。俺は反射的に沙希を抱きしめて          後ろから頬にキスをした。沙希の顔が熱くなるのが分かった。                                                                      「服脱いで」と耳元で囁くと沙希はベッドに座った。何も言わない。沙希が無口になった。        「脱がしていい??」と聞くと黙って頷いた。                            俺は迷わずいっきに裸にした。                                                                                    「恥ずかしい?」                                         「うん。」                                            「緊張する?」                                          「うん。」                                            「大丈夫だよ。全部俺に任せて」                                                                                   沙希は恥ずかしそうに「喬平だけずるいよ。喬平も脱いで!!」                    「分かったよ・・・・」                                        俺が脱ぐ間、沙希はずっと俺の行動を見つめていた。                                                                          「じゃあ横になって」                                       沙希が横になってくれないので俺が押し倒した。沙希はびっくりした様子で俺を見つめていた。      「やさしくするから。ほら、目つむって。」                                                                              沙希がゆっくり目を閉じた。俺も目を閉じてキスをした。                       柔らかく唇を重ねゆっくりと舌を入れた。その瞬間、沙希がビクッと震えた。              俺はやめなかった。3分ぐらい熱いキスをした後、俺は口を胸へと持っていった。                                                             「ひゃっっ!!!」沙希が初めて声をあげた。                            「大丈夫だよ。すぐ気持ちよくさしてあげるから。」                         その言葉が沙希を余計に怖くさせた。                                                                                 「喬平・・・・怖い・・・・」                                       「じゃあ俺のをまず気持ちよくさせてよ。」                             「どおやってすればいいのか分かんないよ」                             「握って動かして・・・・」                                      「分かった。」                                                                                           沙希が握った瞬間、イキそうになり目をつむった。でも、そこは何とか我慢した。                                                            「喬平の手の中で大きくなって熱くなったよ。」                           「・・・・うん。」                                          「気持ちいい??」                                        「うん。・・・・イキそうだよ。」                                   「本当?」                                            「うん。上手い」                                                                                          そう言うと沙希の手の動きは早くなった。                                                                               「どう?」                                            「もっと動かして・・・・」                                                                                       沙希が動きを止めた。                                                                                        「どうしたの??」と聞くと                                    「今日の喬平・・・・よく甘えるね」                                  「だって気持ちいい・・・・嫌だ?」                                  「全然。甘えてもらってなんか嬉しい。」                                                                               沙希はまた動かしはじめた。                                                                                     「はあ・・・・あっっ・・・・」思わず声が出た。沙希が笑った。                       「なんだよーー!」                                        「へへへーーっ」沙希は得意そうに笑った。                             「もおいいよ。今度はお前も気持ちよくなれよ。」俺は沙希を押し倒した。                                                                胸を揉んだ。柔らかかった。「何カップ??」と意地悪く聞くと恥ずかしそうに             「・・・・Bだけど・・・・」                                       「綺麗だよ。初めて?」                                      「何が?」                                            「こんな事されたの・・・・」                                     「もちろん」                                           「舐めていいよね」沙希は黙って頷いた。                                                                               乳首をペロッと舐めあげた。その瞬間                                「ああん!!」と声を出した。                                   「しっっ!そんなに声出したら誰かに聞こえちゃうよ」                                                                         「もう我慢出来ない。入れるよ??」                                「喬平・・・・」                                           「気持ちよくさせる。って約束しただろ??」                            「だけど・・・・」                                          「やさしくするって言っただろ??」                                「・・・・・・・・」                                           「はい。足開いて」                                                                                         沙希は頷くが行動に移さない。                                                                                    「俺の言う事きけないの?ならやめちゃうよ」                            「やだっっ!!やめないで」                                    「はい。じゃあ足開いて」                                                                                      沙希はゆっくり足を開いた。そして俺の表情を覗きこんだ。                                                                       「いい子だ・・・・」                                         俺は勃起したモノを沙希の入り口の当てた。                             「ちょっと痛いかもしれないけど我慢して」                             そして思い切り突っ込んだ。                                                                                     「きゃあ!!・・・・痛い」                                      「大丈夫??やめようか?」                                    「いいよ。続けて。」                                       「なるべくやさしくするから沙希も頑張って我慢して」                        「うん」                                             「いままで言えなかったけど、愛してるよ。」                            「私も大好き・・・・」                                        「ずっと言えてなくてごめん。」                                  「私こそ・・・・」                                                                                           繋がったままの俺達はお互い愛を確かめ合った。                                                                            「じゃあいくよ・・・・」                                       俺はゆっくり出し入れをはじめた。                                 それにあわせて沙希も喘ぐ。                                                                                     「はん!!んんん・・・・ああん!」                                  「はあ、はあ、はあ、はあ」                                    「あん・・・ああ・・・・」                                        「気持ちいいよ。沙希、気持ちいい」                                「うん。私も・・・・」                                        「はあ・・・・イクッッ!!」                                     「駄目っっなんか痛い」                                      「やめようか??」                                        「ちょっとストップ」                                                                                        沙希の目には涙が浮かんでいた。さすがにヤバイと思ったので抜いた。                                                                  「どうかした??」                                        「痛いのに気持ちよくてなんか変な感じが・・・・」                           「じゃあ今日はもうやめようか?」                                 「・・・・・・・・」                                           「沙希??大丈夫?」                                       「喬平?私のこと好き?」                                     「もちろん愛してるよ。」                                     「よかった。」                                          「沙希こそ俺のこと愛してくれてる?」                               「うん。大好き」                                                                                          それで今日は終わりにした。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★他夫婦とのスワッピングSEX

 プチSWを初体験した夫婦です。前回(5月末に投稿)のお相手から誘われて、つい先程までお会いしていて帰宅したところです。お相手のご夫婦とは、メールなどで連絡のやり取りはありましたが、会うのは約半年ぶりでしたので、私も妻もドキドキでした。そもそも前回は、お互い初体験ということと突然だったこともあり挿入まではいかなかったので、内心今度会ったら最後までだな~と全員思っていました。 この半年、4人の気持ちは

no image
妻、有紗と先輩

 私の勤務する福岡支社に先輩が転勤してきた。年も入社も先輩であるが役職は、私の方が係長になっていた。先輩は勤務中に人身事故を起こし、婚約も解消され、主任に甘んじてきた。 私達は、結婚して10年になり、私が35歳で妻は30歳になっていた。娘2人いるごく平凡な家庭…

no image
★コンビニのお客の人妻との体験談

 夏に地元の避暑地でバイトをしていた時に知り合った奈緒子さん。三諸シばの髪の長い清楚な感じの女性でした。働いてたスーパーでバイトをしてからしばらくして現れるようになり、一週間位してから近くのコンビニで遭遇し話しかけられました。子供を二人連れていて「スーパーにいた人だよね?」と声を掛けられて話しをして、 何日かしてまた。コンビニで遭遇していると「近くなのかな~?」と聞かれて歩いて数分だと話すと、「そっ

no image
★外国のマッサージの体験談

 アジアのある国に旅行に行きマッサージをうけた時の事です。お店の人はアジア人ではないようでした。私は足のコース、友達は全身コースを頼み、私は30分、友達は60分でした。美容院も兼ねているところで、美容院のお客はちらほらいましたがマッサージは私たちだけでした。 コースが違うので部屋は別々になり、結局その後会計時まで別でした。部屋に入りGパンと下着を脱ぐように女性に言われタオルと紙でできているような下着、小さ

no image
合宿中に、元彼に寝取られた

俺が大学の3年の時の話なんだ。俺は3年生になるのと同じ時期くらいに彼女と付き合いだした。彼女はユンソナを少し幼くした感じで可愛い方だと思っている。彼女は結構はっきりした性格で俺は振り回されることが多かった。そんな彼女と毎日毎日会って1日に4回以上はセクースし…

no image
★ツアーは女の子ばかりで乱交三昧

 大学に入って初めての夏。父親がプレゼントしてくれた1週間の北海道旅行に出掛けた。スカイメイトのツアーで、集合場所に着くと女の子ばかりで驚いた。40名のツアーに男子は3人だけで直ぐに仲良くなったが、学生は私だけであとの2人は高卒の社会人であった。 初日のホテルに着き、3人で風呂に浸かっていると、女の子たちが入ってきた。男の子がいると言いながら少し立止まって考えていたようだが、混浴温泉で他の風呂も無

no image
レースクィーンの姉がオナニーを!

俺、現在三浪中。田舎から出てきて世田谷にある姉のマンションに居候している。ここから都心の予備校に通っているわけだ。姉の仕事はイベントコンパニオン。時には、レースクイーンにもなっている。姉は弟の俺から見てもかなりイケてる。バストはHカップ。形もよいし、何より…

no image
帰省の帰りに

45才、兼業主婦です。ここ2年ほど時折父が病弱のため実家に帰省しています。帰りに途中下車し大が大学時代の女友達にしばしば会いビジネスホテルに宿泊します。先日、途中下車した駅前でテレクラのチラシ入りのティッシュを手渡され、折角だからとバックに入れ女友達との久…

no image
★愛人男のエロ事情の告白

 私は大学の4年間、親元を離れての生活費を賄うために、ある女性の愛人をしていました。私より27歳年上のその女性は、私の若い下半身を徹底的に楽しみました。生きた淫具としてだけでなく、私のお尻の穴を悪戯して辱めたりもしました。彼女が満たされている時は、私の3学年先輩の彼女の娘さんの相手をしたり、彼女の行きつけのバーのママや従業員などに有償貸し出しされることもありました。 女性との性体験は異常なほど豊富でし

no image
★律儀なチカンの体験をしました

 昨日の帰りの電車で痴漢された。快速を逃してしまい、鈍行でドア付近にいると後ろからお尻をもぞもぞと..痴漢?と思い手を掃おうと手を持っていくと何と生しい物が..痴漢はすでにあそこを出しくっつけていたのです。 痴漢は私の手をとり触らせてきました。私はビックリしていてそのままでいると、痴漢のあそこはムクムク更に大きくなり信じられなりぐらい硬くなってきて、私は我にかえり手を離しました。そうしたら太ももから手