エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

姉と姉の友人の前で

   

22 10月

2015年10月22日 10:05

カテゴリ

姉と姉の友人の前で

俺が中2、姉が19の頃だったんだけど、当時の俺は「投稿写真」(厨房向けのアイドル誌、つーか厨房用エロ本)の「お便り卓球ペン」でオナニーっていうのが最高のおかずだったんですよ。
で、冬の寒い時期に、部屋のコタツでオナニーしてたら突然、姉が入ってきたんですよ。
とにかくダッシュでナニをしまい「投稿写真」を隠すことには成功して緊張しながらも平静を装ってたんです。
そしたら、姉ちゃんが俺の勉強机の椅子に座り込んで、
「あんた、今なにしとったの?」
と言いつつ、体をけってきたんです。蹴るというよりはつっつく感じなんだけどね。
とりあえず無視を決め込んでいたんですけど、
「母さんにはいわないから教えなさい」
と、やさしい命令口調で足でちょっかいかけてくるんです。
耐え切れなくなってとにかく追い出そうとおもい、そのままコタツで仰向けに寝たんです。「眠いから出てってくれ」という意思表示をする為に。
それでも姉ちゃんは、足で体を軽く踏みつけながら、
「何してたの?」
と、繰り返し聞いてきました。
そんな事を繰り返しているうちに、姉の足が俺のティンポに触れてしまったんです。

まずいことに俺の方はまだたったままだったので、姉のほうもそれをたしかめるように、今度はしっかりと踏みつけてきたんです。
そして、ティンポに足をのっけたまんま、
「何してたの?こんなにして?」
と、ニヤニヤしながら問い詰めてきたんです。
それでも無視をしていたんですが、更に追い討ちをかけるように、
「今してたことを見せてくれたら、お母さんには内緒にしてあげる」
といって、足で股間をまさぐってくるんです。

今思うと、別にばれてもいいことなんだけど、
その時はとんでもない現場を見られたと思い、
やもうえず、足を払いのけてズボンの上からこするフリだけしました。
そしたら、姉に
「さっき急いでズボンはいたでしょ。ズボンを脱いでやりなさい」
といわれ、なにか絶対的な命令に思えて姉の前でオナニーをしてしまいました。
当然、緊張で逝けるわけもなく皮がこすれるほどオナニーをさせられました。
その後何事もなかったんですが、2週間位たって姉の友人が泊まりにきました

その晩、風呂に入っていると突然姉の友人が風呂に入ってきました。
「背中流してあげよっか?」
と微笑んできた姉の友人とは対照的に、気が動転した俺は逃げるように風呂からあがってしまいました。
部屋に戻った俺は、気が落ち着くと同時にさっき見た体の残像がよみがえって、服もきないでオナニーをはじめてしまいました。
そしたら、同じことがまたおきました。
今度は、姉と姉の友人が突然部屋に入ってきたんです。
今回は言い逃れできる状況じゃありませんでした。
「あれぇ。何をしてるのかな?」
と、からかうように姉は声をかけてきました。
動きの止まった僕をみて姉の友人は、
「続けて続けて。どうやるの?」
と、まるでペットをみるような目つきでオナニーをせがんできました。

前回で慣れたのか、迷いなくオナニーを続けました。
姉の友人に見られていると思うと興奮して、彼女をみつめたままオナニーをしてしまいました。
先から透明な液が出はじめたころ、姉の友人がそれを指で掬い取ってくれました。
それに興奮してその直後に放出することができました。
彼女たちはきゃーきゃーと笑いながら
「あんたはとんでもない変態ね?」とか
「エロいことしか考えてないんじゃないの?」などと罵られました。

その時は好意的にとられてると思ったのでその晩、思い切って姉の友人に夜這いをかけに行きました。

姉の友人もそれに気づきキスの仕方を教えてくれ、そして胸を触らせてくれました。
そしてあそこにも手を誘導してくれました。そのときです。
「なにやってんの!!」
ものすごく大きな姉の声と同時に電気がつきました。
姉の友人は怯えたように布団にくるまってしまいました。
それと同時に父と母が姉の部屋に血相をかえてやってきました。
なにがなんだかわからないまま、家族が全員集まってしまったのです。
ひくに引けなくなった姉は、僕が姉の友人の風呂に入っていったと話、
また、今も姉の友人を襲おうとして部屋に入ってきたに違いないといいました。
姉の友人はただ泣きじゃくるばかりで、なにも答えてくれませんでした。
僕もただ呆然とするしかありませんでした。
何がなんだかわからないうちに父に殴り飛ばされました。

その後、姉の友人は二度と家に来なくなり、うちの家庭では性的なものを連想させることは暗黙のうちにタブーになりました。僕自身も当時は自宅でオナニーすることなくが怖くなり、公衆便所等でオナニーする癖がついてしまいました。あと、必ずといっていいほど関係をもつ相手にはオナニーを見せる癖ができてしまいました。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
姉貴とランジェリーショップへ

姉貴のパンティ・ブラつけて、鏡見てうっとりしてたとこ、姉貴に見つかった。絶頂を迎えてた俺は見つかった瞬間、イッチまった。「やだ、○○。私のパンティ汚して・・・それ、あげるから代わりに新しいの買ってよ」という話になり、姉と一緒にランジェリーショップへ。いき…

no image
★礼儀正しい痴漢なんですかね

 20代のOLです。毎朝激混みの通勤電車に乗っています。半年ほど前のある朝、後ろの方に立っている人が、お尻…というかお尻の穴を下着の上から撫でてきました。痴漢かなと思いましたが、身動きも取れないので、犯人もわからないですし、放っておきました。 その次の日も、次の日も、お尻の穴を撫でられました。あそこと間違ってるのかな?馬鹿な奴と思っていました。ふと、会社に着くと、バッグのサイドポケットに500円玉が3枚入

no image
★人には言えない匂いフェチ

 僕はお恥ずかしながらこの年で童貞なんでセンズリばかりしてます。今はブーツの匂いがおかずなのですが、姉のブーツの匂いにも慣れてしまったので、脱ぎたてのブーツの匂いが嗅ぎたくなり、チャットで募集してみました。 駅前のネカフェでブーツの匂い嗅ぐだけってことで相手には得する事しかないと思いましたが、なかなか来なくて困ってたら、1人きました。まだ学生さんでしたが、別に身体を触るわけではないので、会いました

no image
心友とレズSEX…

これから、先日あった話をします。わたし(Sとします。)はテニス部に所属する1年生で、心友(Kとします)午前の部活が終わり、Kと私の家で遊ぶことになりました。夏休みの宿題をやるはずだったのに、なぜか話はHな話になってしまいました。K  生理きた?私  きたよ。Kもき…

no image
従姉とのセックス

俺は今従姉の澄枝と関係を持っている。いっても俺は63歳、妻子もある。澄枝にも旦那も子供もいる。といってもお互いの子供は大きく2夫婦とも夫婦だけの生活だが。俺は63歳定年してもうしばらく経つ。澄枝は俺より2歳年上。初めてのセックスは車の中だった。おっぱいを揉み、…

no image
★美しい不良熟女との出会いは刺激的

 その女性と初めて逢ったのは、とある議員の後援会が主催するパーティーでのことだった。ビジターとして訪れただけに特に知人がいるわけでもない俺に、その女性はパーティーの給仕として、来客である俺に、ごく普通の応対をするに過ぎなかった。 しかし、特に顔見知りに恵まれることもなかった俺は、暇をもてあまし、ついつい何気なくその女性のお手伝いをしながら時間を潰していた。そんなことから、少しづつ会話をはじめると、

no image
★何故か痴漢される事にトキメク人妻

 由佳です。私、最近JRを使って宇目田まで通勤するようになったんです。楢から快速に乗って北心痴で降りてるんですけど、楢発が7時3分なので家を出るのが、6時半といままでの生活にくらべたらめっちゃ早起きです。 子供は主人が保育園に送っていってくれてます。毎朝もう眠くって眠くって、いつもホームの一番前に並んで席を確保するとマフラーを丸めて窓枠に置いて枕代わりにしてコートを体にかけて、目を閉じると電車の暖房

no image
★奥手で地味な事務員をSEX好きに

 事の発端は忘年会。帰り道が一緒なのとお酒の勢いもあってホテルへ・・・。あまり興味をもってない女でしたが付いてきました。名前は京香(27歳)銀縁メガネの高卒真面目な事務員です。SEXしてもほぼマグロ・・・。フェラは歯があたり大した快感を得る事ができませんでした。  ただ、初めて見たのですが、メガネを取るとけっこうイケてる。そして何よりDカップの谷間・・・。普段は会社の制服のベストでわからなかったんですね・・・。

no image
言ってみるもんだな~「中に出さないでね」との返事

 出張先で居酒屋で食事をすることにし、一人でホテルから出かけました。お客さんが5人ぐらいいましたが、9時ごろに私1人となってしまい、テレビでワールドカップを見ながら、そこのママさんとお酒を飲んでいました。「今日はやっぱりひまですよ」との声で、じゃあ飲みますかと言って 飲んでいました。

no image
結婚に焦っているお姉さんとのSEX

 スーパーのインストアの店で働いています。レジ打ちの店員さんで長瀬千里(ちさと)さんという33歳の独身女性がいて、よく千里という名前から「ちーちゃん」と呼ばれています。顔は、目が細くのっぺーとした顔・・。僕は25歳なので「ちーねえさん」と呼んだりしてました。店が10時で閉まり、スーパーはちーねえさん一人。