エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

上の階の同級生

   

20 10月

2015年10月20日 01:05

カテゴリ

上の階の同級生

俺が厨房の頃、同じアパートの上の階に住んでいた娘のエロ話。

彼女はものすごく勉強ができる子で、成績はいつもトップクラスだった。
キャンプの時に、森の神様役でキャンプファイヤーの火種を持ってくる役を任されるくらい
先生からも好かれていた。

しかし彼女の姉はヤンキーで、その影響からか彼女もヤンキーと付き合っていた。
夜の10時くらいに俺が塾から帰るときに、彼女が暴走族風の車に乗って出かけるのを目撃したりした。
そして俺が寝てる3時4時くらいに帰ってきて部屋でエッチをしていた。
どうも俺の部屋が彼女の部屋の真下だったらしく、押し殺した喘ぎ声やギシギシというベッドの揺れる音、
パンパンという肉のぶつかる音(当時は何の音か分からずたたかれていると思っていた)が聞こえてきて眠れなかった。

試験で家に帰るのが早い日なんかは親がいないのをいい事にフルボリュームの喘ぎ声を出していた。
しかも相手は1人じゃないらしく「早く代われよ」とか「休ませるなよ」とかいう男の声や、
彼女が「もうつかれた?」とか言う声が聞こえてきた。

1回だけ彼女がそういう事をした後でヤンキーに囲まれて出て行く彼女と廊下ですれ違った事があるのだが、
顔が学校で見るきりっとした感じじゃなくて、少し上気してトローンとしたメスの顔をしていた。
そして口がザーメン臭かった。

それでも彼女は県で1番の進学校に行きやがった。

ヤンキーと付き合ってても、彼女は髪型、制服ともに違反1つなかった。
他の女子がスカートの長さとかゴムの色とか細かいところでギャアギャア言っている中で
ものすごく落ち着いて感じた。

でも下着だけは他の女子が白一色の中で、白地に青っぽい色で刺繍が入ったブラなんかをしていた。
小学校の頃から乳がでかかった為に、サイズがなかったのかもしれなかったが、
元々の大人っぽい雰囲気と合わせて妙な色気をかもし出していた。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
イブの夜

 はじめまして。沖縄からです。 去年のクリスマスイブに、恋人のいない4人の友達同士で遊ぶ事になりました。自分(28・人妻と不倫中)、男友達A(28・彼女いない暦約3年)、女友達B(27・彼氏いない暦約一週間)、女友達C(28・バツ1、子供無し)の4人。 イブ…

no image
夏 2 初体験

ポッチャリで、可愛らしく、童顔で20代に見える。ノーブラ タンクトップたった乳首が浮き出ている。触っていいよ。柔らかい、手に吸い付くあぁぁぁぁ 出る出るよ。ダメよ まだまだ ベットに移動69おばさんのアソコは、薔薇の匂いがした初フェラで口の中に射精 イッタば…

no image
変態プレイ

ここを読んでいると「変態な人が多いなぁ~」と安心する(笑)1~2年前の話ですが、出会い系サイトで知り合ったN子との事を書きます。わたしは45歳、N子は18歳という若い子でしたが、こちらの変態な要望を叶えてくれるステキな子でした。こちらがMなのを事前に話していた…

no image
寝ている後輩の彼女に悪戯したら寝たふりしてイッていた!Vol.3

こんにちは馬浪夫です。前回の続きですが、この前は後輩の彼女の恵子が寝ている間に、二回目の中出しをした所までお話しました。結局、恵子も起きているのに、寝ているふりをしながら、イキまくっている女なのですが、すごい静かで真面目な性格なので、それ以上は踏み込めま…

no image
★初3PでSEXを覚えた猿のように狂いました・・2/3

「これがラブジュースか。。」と俺は思い、そのまま往復運動を続けた。この間、Bはずっと「すごく気持ちいい」と言いながら、よがっていた。そんな状況にしびれを切らしたAが、「私にもしてよ」と言ってきた。で、Aのマムコ。 Bのときと同じように顔を近づける。またを開いてみて初めてわかったが、AはBよりも毛が薄かった。 なので、「マムコがどういう形なのか」がよく観察できた。裏ビデオで見たマムコは、なんか黒ずんでてビ

no image
まずマングリ返りでオシッコをしました

まずマングリ返りでオシッコをしました今日は、久しぶりに、遊歩道で、いつもの。+新しいオナニーをしてきました。以前リクしていただいた、マングリ返りで、オシッコしちゃいました!その報告です!今日は、お出かけのときから、工夫しました。ゴムひもパンティー、ブラ(…

no image
★体を自由にさせてくれるという美人

 図書室の美人司書は35歳の裕美という女だった。裕美は、9歳の娘を実家に預けて働くバツイチ4年目だった。俺は、裕美のかつての職場の上司で、バツイチになった裕美今の職場の口を利いてやった。 この日は、恋女房に先立たれた私に、男日照りの裕美が体を自由にさせてくれるという。裕美を連れて、都会の喧騒を離れた山間の和風の戸建てが立ち並ぶ連れ込み宿に着いた。

no image
罰ゲームの電気アンマ

「じゃあうちから見せるな~はい!」「げ!95点?」「大地は何点やった~?」「は…88点…」「やった~!うちの勝ちや~!!よっしゃ~!」「自信あってんけどな~…」「うち漢字得意なん忘れてたやろ~?六年生で上から五番には入るで~」「そうやった…無謀な戦い挑んだわ…

no image
後悔してたけどやっちゃった!

姉のエロ日記盗み見して過ごしたけど、ある日いつもの様に勝手に持ち出してるのが姉ちゃんにばれて俺のマイフィバリットオナニーBOOKは捨てられてしまったようだった。それからなんとなく気まずい日々が続いたなあ。あれから数年がたち俺は就職して地元を離れ、最近転勤で戻ってきた。アレ…

no image
彼女がお客さんと・・・

私はレストランバーを経営している33歳の男ですが、そこで雇っているバイトのコと付き合っています。彼女の名前は美佳23歳です。結構かわいいのでお客さんからも人気があって、男性客によく口説かれている姿を見掛けます。私達は他のお客さんの手前、みんなには内緒で付…