エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

双子の一線を越えた瞬間

   

19 10月

2015年10月19日 14:05

カテゴリ

双子の一線を越えた瞬間

俺が小学5年の時に双子の妹Sとやった
おれとSはいつも一緒で仲が良かった
お風呂も寝る時も一緒に寝ていた

そんな夜俺が寝ようとしたとき隣で寝てるS が俺のズボンに手を入れチンコをしごきはじめた
俺は驚いてSの手をどかした
それでもしつこくSは俺にズボンにまた手を入れてきた
「Sいい加減にしろ」
「いいじゃないの」
Sは俺のズボンとパンツを下すと布団にもぐりチンコを咥えてきた
「もうやめろ〜〜」
Sは俺の叫びも聞かず続けて俺はとうとうイッてしまった
「気持ちよかったんでしょ」
「そんなことないよ」
「次は私」
Sは自分のズボンとパンツを脱いだ
「舐めて」
俺は促されるままに舐めまわした
「もっと舐めて〜〜」
Sは上も脱ぎ全裸になっていた
「こっちも舐めて」
俺はSの乳首とマンコを交互に舐めた
俺とSは69の体制になりお互い舐めあった
「ねぇきもちいいよ」
「k(俺)も気持ちいいでしょ」
「うんそうだね」
Sは積極的だった
「k入れてもいいよ」
「ほんと〜」
「うん」
俺はSのマンコに自分のチンコを押し当てた
「入れるよ」
俺はSに挿入した
「痛くない?」
「ちょっと痛いけど大丈夫」
「じゃあ動くよ」
俺は腰を激しく振った
「Sの中気持ちいいよ」
「私もうれしい」
「中に出していいの?」
「うんいいよ」
俺はそれを聞くと心置きなく動いた
「あぁ〜〜出すいくよ」
俺はSの中に出した
「K気持ちよかった」
「俺もだよ」
「これはお礼ね」
と俺のチンコを咥えると精液を全部吸い取ってくれた
「Kの精液おいしいよ」
「Sの愛液もおいしかった」
「またやろうね」
「うん」

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★爆乳の女子社員をオトしエロ三昧

 僕は28歳の派遣社員です。半年ほど前から勤務している派遣先の会社には、凄い爆乳の女性がいます。彼女は僕のいる部署の社員さんで、歳は38歳。顔は演歌の天童よしみ似、体型は結構太めなのでお尻も大きくお腹も少し出ていますが、胸はそれを遥かに上回る圧倒的なボリュームです。 彼女の胸は、その日に着ている服や付けているブラの形状によって、2つのミサイルのようにボーンと前に突き出て見える日もあれば、2つのスイカを服

no image
美術部の中で男は・・僕1人です

はじめまして、僕はY県の某高校2年17歳のHです。今通っている高校は、もともと女子高だったのですが数年前から共学になり、家から近いということで、この高校に入りました。男は、校内で3割ぐらいしかいません。1年の時のクラスは、男は僕1人であと23人は女です。僕…

no image
ママの男に犯されて

こんにちは、私はまだ10代の女子学生です。詳しい年は言えませんが、私のママはまだ30代で凄く綺麗です。パパとは、私が12才の時に離婚したから、ママは今フリーで遊んでいるみたいです。ママはスナックで働いています。そこのお客さんで、ママを気に入ってる人がいて…

no image
★愛しい人妻とは結ばられないですか

 私:22歳、相手:25~27歳、私には付き合って4年の彼女が相手の人妻は子供が3人と勿論、旦那様がおります。旦那様は仕事の関係や飲み会がとても多く泊まりで出掛ける事が多く、よく家を空けています。 そんな日の夜は、人妻と夜から明け方までホテルで過ごします。歳上、大人の余裕、色気、ふいに見せる女の子の姿、悶える姿どれもが私の胸を熱く熱くします。最初は遊びのつもりで声をかけました。

no image
姉ちゃん

 ぼくは中2です。姉貴は高1で、夏休みになって昼間は親がいないので、ときどき彼氏を部屋につれてきます。  部活が終わって帰ってきたら、部屋で彼氏とHしてたことがなんべんもありました。ぼくはむらむらして、姉貴の大きな声をききながら、オナってしまいます。 ある…

no image
アラフォー男の妻初め(1)

お正月に実家に帰って、子供達がさらに実家で泊まる事になったので、夫婦二人でマンションに帰ってきた。こうなるとする事はあれだ。結婚15年。13歳と11歳の子供二人。子供が大きくなると2DKのマンション住まいでは、夫婦の営みも思うにまかせない。どうしても我慢…

no image
美少女共有奴隷

?1?桜の花がほころぶ頃、春一番が吹いたとか吹かないとか……。これが、最後のチャンスです。卒業式が終わった後、卒業生が退場して行くのを見守っていた。「先輩……」凛々しい横顔は、自分をみつめたのだろうか。静香は、胸を締め付けられるのだった。ポケットの中に手を…

no image
まさか!こんなことになるとは・・・

ある日、僕は先生との面談があったため、放課後に校舎に残りました。俺の順番はまだまだ先だったので、校舎をぶらぶらして時間を潰しました。教室の前に戻ると隣の席のナナがやってきました。俺「ナナも面談?」ナナ「うん。」俺「そっか。」軽い挨拶をしたら一気にシラけま…

no image
★女性派遣社員は何故か粒そろいで

 セールスマンとしてまだ駆け出しの頃、配属された客先で悦子と出会った。その客先は世界有数の大手企業で、やはり大手らしく、女性の社員や派遣社員が多かった。正社員はいかにもコネで入った感じの実家が資産家らしい、お嬢様、ただし美貌には不自由な人ばかりだった。 その反面、女性派遣社員は粒ぞろいで、並以下のルックスの人など皆無だった。その中で俺は悦子という女性に惹かれた。俺と悦子の席は離れてはいたが、俺の席

no image
高校時代のネクラなセフレ

時代は少し戻り高校2年の時である3.高校時代のネクラなセフレ高校2年の時には俺が淫獣だと学校中に知れ渡っていた同じ高校でヤったのは、かばお君含めて3人さすがにもう同じ学校じゃ抱くのは無理だろうなと薄々感じてたそのころ学校は文化祭シーズンだ文化祭に向けて放課後、…