エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

小1でディープキス~クンニ、フェラ

   

18 10月

2015年10月18日 17:05

カテゴリ

小1でディープキス〜クンニ、フェラ

俺が小5〜6くらいの話
夏休みに親の知り合いの人の家に数日泊まりにいった
外で遊んでいるとその人の家の隣に住んでる同い年の男の子と仲良くなった
タメという事もあり話が合い、その日は彼の家に泊まる事になった

家に行くと彼の弟(小3くらい)と妹Aちゃん(小1、美系)がいた
二人とも良い子でよく懐いてくれ、居心地よくて楽しかった

夜、3兄弟と俺は同じ部屋で寝ることになった
Aちゃんが「○○くん(←俺)と一緒に寝るー!」と布団に入ってきた
Aちゃんの母親は「ほんとに○○君の事好きなのね〜^^」と笑っていた

4人でしばし談笑の後、消灯
静寂の中、向かい合って寝てるとAちゃんが密着してくる
???わざとなのか?寝相なのか?
Aちゃんは小1なのに妙に落ち着いていて色気がある子だった為
俺は性的興奮を初めて感じた

ムラムラする俺は「Aちゃんは眠っているはず!」とタカをくくって、少しずつAちゃんに顔を近づけていく
そーっとキスしてみた(実質俺のファーストキス)
Aちゃんは確実に起きていた様子でビクッと動いた
そして直ぐ様向こうからも唇を押し付けてきた

俺チンコぱんぱん

どこで覚えたかも分からないディープキスを仕掛けてみたら向こうも戸惑ながら合わせてくる
舌を入れたら入れ返し、唾を送り込んだら送り返し、
Aちゃんの前歯が2本とも生え変わりの時期だったので歯茎を舐めたら、舐め返してくれる

ゆうに1時間はキスしていたと思う 相当な興奮に包まれながらもそれ以上の性的知識が乏しかった為
知識無いなりに膨らんでもない胸をまさぐり、乳首を撫でたりした
小さなお尻を揉み、肛門に指を当てたりした(指を匂ったりも) 肛門の湿り気は忘れられん
肝心のオマンコに指を当てるが、どうしていいか分からず
膣の入り口も知らないまま指をグッと割れ目に入れてみたらAちゃんは仰け反った 
相当痛かったんだと思う

悶々しながらもその日はいつの間にか寝てしまった

翌日、4人で市民プールへ行った

Aちゃんは一人で女性更衣室に行けないとの事でこっちに着いてくる
兄2人はその甘えに慣れていて構うことなくほぼ無視して着替えてプールに走っていった
俺はどうしていいか分からずAちゃんの着替えを待つ(見ずに近くで待っていた)

プールに入ると兄2人はどこかへ居なくなってしまい俺とAちゃんだけになった
昨夜の愛撫事件からAちゃんの色気はアップしておりずっと俺にべったり
水中に潜って泳いでいると誰も見てないのを良い事に抱きついてキスしてきたり

プールで一通りイチャついて、その夜もAちゃんのお宅にお世話になる

寝る前にみんなで順番にトイレに行った(おねしょ予防のため)
兄2人が早々終えてAちゃんの番
「みんなおしっこ終わるまで待ってー!」と言うが兄達はすぐに部屋に戻る
俺だけ待つ
トイレのドアを開けたまま用を足すAちゃん
俺は他の家族が見ていない事を確認し、トイレの中に入りドアを閉めてキスをした
おしっこの最中なので音と臭いに興奮し勃起
おしっこの出てる所をガン見し、指に当てて舐めたりした
Aちゃんは嫌がる訳でもなくそうする俺を真っ直ぐな瞳で見ている
勃起する俺のチンコをいきなり撫でてきて
「おちんちんがこうなるのは赤ちゃんの為なんだよ」と自慢げに言ってきた
恐らく両親が「ある現場」を見られたスケープゴートにそう教えたのだろう

部屋に戻り、昨夜と同じ愛撫をした 今回はチンコをずっと触ってきた

当時、まだ皮を被っていたため気持ち良いとは思わなかったが恥ずかしさと共に興奮した

そしてAちゃんの俺への懐き具合はとどまらず、
俺の親が迎えに来た車に乗りついてきた

当然俺の部屋に泊まることになる
夜、家族が寝静まったあと、例の愛撫を始める
ただ俺としては3日連続の行為に飽きていた
Aちゃんを全裸にし、部屋の電気をつけて全身くまなく見た
初めて見る性器と肛門
クンニという行為など知らなかったのに本能のままに舐めた
ディープキスの延長という感じだった

Aちゃんは流石に驚いて恥ずかしそうだったが、その行為を直視している
「こしょばいっ」と言って体を起こして、
「○○くんのお股も」と言って金玉あたりを舐めてくれた
もちろんフェラという行為を知らない訳でチンコを舐めるという概念がお互いに無かった
くすぐったかった
「SEX」という単語は知っていた俺は、どうすればそれが出来るのかと知恵を振り絞った

当時の俺はまだオナニーを知らなかった
だから何をすれば「性行為の終わり」なのか分かっていなかった
とにかくAちゃんにチンコを咥えさせる所まではたどり着いた
最初は口の中でチン皮をムニムニしてただけだがAちゃんの舌がチン皮の入り口を見つけた
皮をめくって亀頭に触れた時、ヒリヒリして痛かった
腰が浮くような感覚で最初は気持ち良いとは思えなかったが次第に快感に変わった

交代してAちゃんオマンコを舐め続けた 肌色とピンク色でビラビラは無かった
観察してると穴(膣)がある事に気付く これまた本能でここにチンコを入れるんだと察した
Aちゃんはマンは濡れてる訳は無く、俺の唾液を潤滑材代わりに挿入を試みた
だがAちゃんはチンコを入れようとすると体を返してそっぽを向いてしまう
子供ながらにしてはいけない行為と思ってたのかもしれない

気まずくなったがすぐにまたマンを舐める 何故か汚いと思っているはずの肛門も舐めた
Aちゃんは舐められるとまた積極的になり、俺のチンポをしゃぶり始めた
俺は自分で皮を向いて亀頭を舐めさせた
ちなみにこの時初めて自分の亀頭を見た

2時間くらい続けていると射精に至った
最初はおしっこが漏れると思って焦ったが、Aちゃんの小便を舐めた俺だ、
飲ませてやると口の中に小便を出す気でいた
が、チンポは脈打ち、出たのはドロドロの精液 病気だと思ってめちゃくちゃ怖かった

Aちゃんは急に口の中に入ってきた液体に驚いて即座に吐いてしまった
だがどういう訳かまたチンポをしゃぶり始めた
一回逝ったのでチンポは過敏になってるのでフェラを止めさせた

逝った直後、Aちゃんに対する愛情が急激に失せ、興味も無くなった
罪悪感と絶望感に包まれ嫌な気分になってしまった

その後の記憶が曖昧だが、かなり冷たく接したと思う
それからしばらく会う事はなくなった

2年後、俺は中2の終わりに彼女が出来た
付き合って半年後にはセックスは終えていた

中3の夏休み、以前泊めてくれた親の知り合いが家に遊びにきた
隣に住んでいる俺とタメの兄貴、Aちゃんも「○○(俺)に会いたい」と一緒に来た
2年ぶりに会うAちゃんは俺との再会に目をキラキラさせていた
恋心を抱かれているとそこで気付く

内心、会えて嬉しい気持ちがあったが、Aちゃんは劣化が凄かった
あの美少女顔は、輪郭が面長になり、ややシャクレ、歯並びも悪く、髪もテンパがかっていた

俺の部屋に入って来たAちゃんはテンション高めでよく喋る
が、部屋に無造作に置いていた付き合ってる彼女と撮った写真やプリクラを見た途端Aちゃんは口数が減った
「しまった」と思ったが何も後ろめたい事はしていないと言い聞かせ自然に振舞った

Aちゃん「(写真を見ながら)これって彼女?」
俺「うん、そう」
Aちゃん「へー、可愛いな」
俺「うん」

この会話を最後に、それ以来会っていない

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
欲求不満なお姉さんとのエロ体験

 彼女は28歳のメガネの似合うキレイなお姉さんって感じだった。オレとしては割り切りとは言え、始めは喫茶店で軽くお茶でも飲みながら世間話でもしようと思ってた。でも彼女の方から「このままホテルに行きませんか?」って誘ってきた。どうやら相当、欲求不満になってたみたいなんだ。それでそのままホテルに行って速攻でエッチ開始。  彼女は激しいディープキスをしながら積極的にオレのチンコを触ってくる。オレも負けじと彼女

no image
★精子が枯渇したおいしかった体験談

 大学に入ったばかりでしかもほとんど男子の工学部。まったく期待してなかったGWだったがかなりおいしい体験をしてしまった。二ヶ月たつが思い出すたびにびんびんになってしまうくらいだ。始まりは入学式からつるむようになった仁。 こいつは宮崎から福岡の大学に来ていた。仁がGW予定がないなら実家に置いてきた荷物を取りにいくので一緒に行かないかと言ってきた。予定もないし即OK。初心者マークの仁の運転はかなり怖かったが

no image
★妻の朝帰りを問い詰めた話

 私、54歳。妻、51歳。私の精子の数が足りないらしく子供には恵まれませんでした。ある会社の業務の仕事をしていて、何時も体型を気にしている妻は子供を産んでいないこともあり、線がくずれておらず30代半ばくらいの身体つきです。 これまでに隠れて何度か浮気をしているのを知っていましたが《ある目的》があったので大目に見てきました。その妻が半年前に閉経しました。この時を私は待っていました。《ある目的》私の目の前で

no image
★お酒の勢いでSEXした年上の女子社員

 入社一年目の私は修行的意味合いで地方営業所に行かされました。必ずしも全員がそういう道を通るわけではありませんでしたので、早い話が貧乏くじです。その営業所は小さい建物ながら一軒を丸ごと借り受けており、三階には三畳ほどに仕切られたスペースが二つありました。  これが「寮」でして、この一つが私のネグラとなったのです。このレベルが当たり前の時代…だったわけではありません。学生でさえ、もっと普通のアパートに

no image
★強姦されても嫌ではなくなる私の体

 私は、強姦に会った事があります。初めて強姦にあったのは、今から2年位前でしょうか?私は31歳になる主婦、3歳と5歳の子供と夫37歳と暮らしています。その日、私は子供の面倒を夫にお願いし、友人と会っていました。  話しも弾み、夕食を済ませてから帰宅したんです。 夜9時を回っていたでしょうか?夜道は人気も無くひっそりしていました。そんな中、高校の門口付近に数人のガラの悪い男性が数人、タバコを吹かしながら集まっ

no image
★お金を出してでも若い女体を抱きたい

 某サイトで知り合った20歳の子。小柄で白いワンピースの似合うロリ系の子だった。俺は39のオッサン。ふつうに過ごしてたら出会いはない歳の差。聞くと彼氏とは半年前に別れたとか。1人暮らしを始めてお金がないとのこと。「援助してあげるよ」と言ってやった。 こういうことをするのは2回目だとか。ほんとかうそかはわからんが、それは大変だねと話を聞いてやった。最高で3まで出してあげてもいいよと言うと、あきらかに

no image
★ネットで知り合った人妻をマッサージで

 ネットで知り合った43歳の人妻。正直、スタイルはいけているのだが、顔が好みではない。しかし、知り合った当時、かなり飢えていた俺は、女のスタイルを堪能するかのように、スローセックスを実践したみた。愛撫だけで約1時間半を掛けるのだが、面白いくらいに女が反応し、濃厚な愛撫だけで女は何度となく果てていく。 こちらもマッサージ師にでもなったつもりで、意外に楽しんでいると、そのうち女の体が軽く痙攣し始めてくる

no image
大学のゼミの合宿で乱れる女先輩・・1/2

 俺、20代後半のしがないサラリーマン。ちなみに、年齢=彼女いない歴=童貞歴。魔法使いまであと一歩。今日はやっと取れた夏休みでゴロゴロしている。夏の終わりになると、思い出すことがある。って、これ俺は毎日思い出してるな、ズリネタだから(w ×年前、俺は都内某私立大学に通う大学三年生だった。俺の所属していたゼミでは、ちょうど今頃ゼミ合宿があって、4年生がそこで卒論の発表をすることになっていた。

no image
海で

一昨年の夏に、海に旅行したときにであったんだ。たまたま友達の彼女とあって、女友達3人できているとのことだった。 その子はものすごくナイスバディだったんだ。身体の線がすらっと出ていて、水色のビキニタイプのセパレートで胸がリボン。ビキニタイプで水色で僕の好みだ…

no image
★愛がなくても体は感じてしまいます

 以前より、私も普通のマッサージで感じてみたいと思ってました。アロママッサージは良く行くのですが、雑誌を見てたら山口県の周南市にアロマモードというお店を発見して電話してみました。受付の女性が施術は女性がいいでしょうか?それとも男性がいいでしょうか?と・・ 思わず男性でお願いしますと言ってしまいました。内心はドキドキ状態で・・ルームはマンションでとても綺麗なお部屋でした。40歳くらいの細身でやさしそう