エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★悪オヤジの企みで愛人を子供の嫁に

   

.
.
.
.
.
2015/10/18(日)
 今年還暦を迎えるオヤジだ。15年前に女房を亡くし、一人息子を育てながら、若い娘を愛人にして性欲処理をしてきた。一人息子は大学時代に水疱瘡とおたふくかぜをやらかしたのが原因なのか無精子症と判明、26歳のときに勢いで結婚した最初の嫁に僅か1年で三行半を突きつけられてしまった。

 俺は、息子にある提案をした。「人生、伴侶がいた方がいい。俺の愛人に可愛い女がいる。彼女と結婚して、俺が種付けするからお前の子供として育てて家庭を持て。」俺は、俺と結婚したいと言い出してきた当時24歳の愛人にこの話を持ちかけ、29歳の息子と引き合わせた。
「オヤジ・・彼女、篠田麻里子にソックリで可愛いな・・」俺は、似ているからと愛人が意識して色々真似ていたから篠田麻里子を知ったのだが、息子は初めから知っていたようだから知名度はあるのだろう、これから息子の嫁は麻里子と呼ぶことにする。

 麻里子の結婚の条件は、1.夫婦のセックスだけじゃなく、出産後も俺との愛人セックスを認めることと、2.専業主婦でいさせること、の2点だった。息子29歳、麻里子24歳、俺56歳で3人暮らしが始まった。夜な夜な息子に抱かれる麻里子の喘ぎ声が聞こえた。

 中出し精液に精子はないが、息子は可愛い麻里子に惚れていた。週1回、麻里子は俺に抱かれにやってくる。ロートル黒チンポをおいしそうにしゃぶる麻里子は母子家庭、その母親とも二十歳のときに死別し、寂しさの隙間を俺が埋めてやったのが始まりだった。

 麻里子は俺を「お父さん」と呼んで抱かれていたので禁忌な興奮が味わえていたが、今は同じ発音でも「お義父さん」なので、更に後ろめたさが楽しめていた。昔は痛がっていたが、すっかり虜になったらしく、俺は麻里子のクリをチューチュー吸って包皮を剥いて腫れさせて、一度クリ吸い舌先弾きで逝かせてから、黒チンポで麻里子の生膣を味わっていた。

 俺は年だから、一度射精したら数日溜めないとできないので、息子のような激しい交わりはできないのだ。一度逝かせて敏感になった麻里子を黒チンポで優しくマッサージしてやると、10分、20分、俺には穏やかな快感が続くが、一度逝った麻里子は、もう一度逝くには刺激が少ない焦らしのセックスになり、アクメ欲しさに淫らな姿をさらけ出していくのだ。

「ああ~早くトドメをさしてぇ~、逝きたいのぉ~、あっ、あっ、あああ~~・・」それは、可愛い若妻が見せる覚えたばかりの快楽ではなく、下劣ではしたない欲情むき出しの姿だ。膝を両手で掴んでガバッと拡げて結合部を全開にして、淫らなブチュブチュ音を伴いながら淫汁を噴き出し、膝を掴んだ手を揺さぶって腰を暴れさせて、黒チンポの摩擦を膣壁で感じようと淫乱を発散させていた。

「あううーあううー、早くぅ、逝きたいの、出して、精液出して、孕ませてぇ~」俺はわざと気付かない振りをしているが、俺の寝室に仕掛けられた3台のCCDカメラを通して、息子が、自分の嫁が父親に屈辱的なほど淫らな種付けをされている様子を覗き見して興奮しているのは知っていた。

 だからこそ、ピンクのエプロン姿でキッチンに立つ24歳の可愛い純情そうな若妻の営みとは信じられないような、人一倍恥ずかしい姿を見せ付けたいのだ。挿入して30分、焦らしに焦らして腰を振るのだ。「あひぃーあひぃーあ、あ、あ、あ、いいいぎぃ――」

 一週間溜め込んだロートル種汁を、麻里子の膣奥深く注ぎ込むのだ。あられもない姿で白目を剥いてぐったりする麻里子の膣穴から、大量のロートル種汁がこぼれ出す。今年還暦を迎えた俺は、33歳の息子と28歳の息子の嫁の麻里子、そして間もなく3歳になる孫娘と4人で幸せに暮らしている。

 そしてこの夏、麻里子がもう一人孫を生む。息子と二人の孫は俺の実子だが、戸籍上は息子と孫だ。孫娘の顔は息子にも麻里子にも似ているが「おじいちゃん系が強いみたいだね。」と言われるが、亡くなった女房にはもちろん似ていないのは当然だ。

 息子は、異母妹の娘を本当に可愛がっている。麻里子が出産を終えたら、もう、麻里子を抱くことはないかもしれない。子供も2人いれば十分だろう。そろそろ麻里子を息子だけの女にしてやらねば・・

↓他のHな体験談を見る



.
.
.
.
.

 - おじさんの体験談 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★SEXでの親子丼は究極

 「最高のH体験」を披露します。私、56歳のたそがれオヤジです。30年付き合っている美女T子(若かれし頃)と今もセックス継続中。相性がいいのか、はたまたT子がどスケベなのか公開されているセックスは全てチャレンジしてきた。 例えばアナルSEX、全裸写真集作成、SW、3p、廻し等。ところが最近、浮気心がでてきてT子の娘K子(38歳)とできてしまった。K子「T子が貴方と付き合っているのズーと知ってたわ。貴方と会うときは、必

no image
★取引先のカワイイ女性と愛人契約

 おれは都内のとある会社務め。ある日、関西に本社のある会社の担当が新しい担当になる女の子連れてきた。「このたび大阪本社から参りました水野と申します。よろしくお願いします」引き継ぎはつつがなく行われたが、なんか見たことあるな?と頭に引っかかった。  で、家のPCでとあるHPを見たとき疑問が解消した。(この子じゃん)それはおれがたまに利用する交際クラブのHPだった。あまり修正の入っていない写真は水野さんにそ

no image
★オンナはやはり下着で興奮する

 4年前にサイトで知り合った人妻。どこにでもいる田舎の30代後半の主婦。4年も週に二回は朝~夕方までホテルデートばかりの為、服装はオバサンなのにギャルファッション、化粧も派手にして下着も通販で買うセクシーランジェリーにTバック。 アナルも調教した為、危険日は、自らアナル中出しをねだる変態女に覚醒した。会えない時の毎日のメールや電話は、[今度は、どんな下着と服装で来て欲しい?今度は安全日だからアナルとアソ

no image
★俺の子供かもしれないなぁ~

 今から28年前の話です。新宿歌舞伎町を目的も無く歩いていると、私の前を20代後半と思われる小柄な女性がゆっくりとした足取りで歩いていました。彼女のペースに合わせ横に付き50m程歩きながら、彼女を見ていると逃げる素振りも無いので、声をかけお茶に誘うと、OKということで、喫茶店に入り、話をしました。  話を聞くと、彼女は茨城県から出てきており、1週間後にはお見合い相手と結婚することとなっていて、気が落ち着かな

no image
出会い系で若い子と援交した妄想話

 私は45歳のブサイクで老け顔のロリコンなオジサンです。でもこんな私でも援交でなら若い女の子とエッチ出来るのが、この国の素晴らしいとこです。私はいつものように援交でなら会える出会い系サイトを使い、18歳の女の子のプロフを一人一人見て年齢認証してない子に・・まず最初に一枚で食事デートしながら、エッチの条件を相談させてくださいとメールを送った。

no image
★楽器仲間のオフ会でよがる人妻を

 昨年の冬、とある楽器趣味コミュで仲良くなった奴らと、泊りがけオフ会することになった。その中で一番仲がよかった人妻(旦那は出勤でこなかった)がいて、会議室をかりて仲間で演奏会後、廊下で別れるときにそっと後ろについていって、部屋のドアを閉めるときに入り込んで犯すように抱いた。 女なんかもう随分抱いてなかったし20も年下(つまり、俺かなりおっさん)のものすごく小柄で、抱きしめたら折れそうなほど華奢な体に

no image
★天下り先の施設VIPルームでしていました

 先月で定年となり、天下りで子会社のスポーツジムの支配人として9月から勤務しています。まだ、勤務日数10日足らずだが、まあ色欲の塊みたいな人達ばかりの会員制のスポーツジムに驚いています。会員制で高級感を売りにしているだけあってスポーツマシン等も素晴らしいのですが、男も女もインストラクターが美形で素晴らしいのです。 ここのシステムはマンツーマン指導なので、入会するとよほどの事がないかぎり担当者の変更

no image
浴場点検する全裸の女性と遭遇した体験談

 これは、年に四、五回ですが、温泉宿に泊まって、深夜温泉に入っていると、女性が入ってくる事があります。私自身は女性用の温泉かとびっくりしますが、勿論、入ってきた女性の方も驚いています。その女性は女将か仲居頭です。男性用の温泉の方も、不定期に確認しないと清掃などに手抜きがあったりするようで、深夜に抜き打ちで点検するらしいです。

no image
★完熟した未亡人はエロが最高

 私は44歳、仙台のビル清掃会社に親会社から出向して所長をしています。(東京から単身赴任)オフィス掃除の仕事ですので、当然女性は50ちょっと前から60ちょっと過ぎまでの人がいるのですが、お金貰っても出来ないという感じの方もいますが、年上好きには堪らないような方もいます。 その中で、56歳のA子が目にとまりました。156cmぐらいの中肉中背、普段は化粧もしていないのでそれなりですが、化粧をすれば結構

no image
★SEX好きでも飽きるものは飽きる

 子供が二人も出ると、もう女房とのアレは、惰性でお勤めを果たすだけ、おもしろくもありません。女房相手には、よほど溜まった時しかその気になれませんが、どうしたわけかそれが他人妻なら、いつでも何度でも来い、ということになるから不思議です。 大きな仕事が舞い込んできたとき、人手が足りないということで、パートを雇うことになりました。実験技術が必要な仕事なので、なかなか適任者が見つかりません。結婚して専業主