エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

なれた手つき

   

俺がまだ高校生だった頃の話。
今度、同窓会で「ある子」に会うかもしれないから、
ちょっとそのときのことを書きこしてみる。

卒業式の日に友達の家で酒飲んだんだよ。
ちょうど、その友達の親が居なくてさ。
みんなカラオケ行ったあとで盛りあがっててたな。
卒業最後のいい思い出になったよ。
クラスのほとんどの人も来てたしな。
でも、それとは別に、俺にしてみれば、忘れることのできないことがあったんだけどね。

その友達の家で飲み会やったときにさ、酔ってるんだかどうかわかんないけど、
やたら俺によしかかってきた奴がいたんだ。名前はM。
その子はさ、卒業最後の席替えで隣同士になった子。結構かわいかったよ。
背は160あるかないかくらいかな。明るい子で、体格も普通だね。せみロングの子でやや茶色。
胸はちょっと小ぶりかな。当時の流行だったガングロとかもやらなくて、色白だったな。スカートは短かったけど。
でも、髪の毛とかのにおいとかで、なんか近くに居ると、自然と落ち着く子だった。
でも、意識してたまに緊張とかしちゃうときもあった。勉強とかあんまり手につかなかったな。

仲は普通に話するくらい。
まぁ、どっちかというと、俺は女の子とあんまり話すタイプでもなかったから、
あっちから話しかけてくるみたいな感じかな。
だからちょっと、その子になめられてる節もあったかもしれない。
よくからかわれてたものだよ。

でさ、その飲み会のとき、みんなでいろんなこと話したな、隣にはM。
話した内容とかはよく覚えてないんだ。ごめんな。でも、楽しかったことは覚えてるよ。
このとき、俺によしかかってくるMは最高にかわいかった。
漏れも女の子に触れる、とかあんまりなかったからね。
たまに俺のほほに触れる髪の毛がやわらかくて、ずっとこのままがよかった。
卒業なんかしないでさ。

で、帰るときは1時過ぎくらいだったかな。
俺がMの家まで送ってくことになったんだ。まぁ、タクシーでたまたま方向が一緒だったんだけど。バスないし。
それで、Mの家の前で降りたんだ。金もったいなかったからな。歩けば20分くらいで俺の家に着いたからね。
酔いさましにもちょうどよかった。まぁ、Mと一緒のタクシーで緊張して酔いなんて覚めてたけどな。

俺はそのまま帰るはずだったんだけど、Mがさ、
「わざわざ、送ってくれてごめんね。みんな、さよならなんだね」
そういって、ちょっと泣いちゃったんだ。
それで、さ、飲みのとき見たく軽く抱いてやった。
「ありがとう、Tってやさしいよね。」
そう言われた。俺はドキッとした。
そのままMを抱き続けてたんだけど、その言葉で、俺のいちもつがふくらんじゃって。

「え、?」って言われちゃったよ。そりゃあ、気づかれるわな。
俺はどうしたらいいかわかんなくて、「ごめん、」って言おうとした。
でも言葉は急なキスにさえぎられ、彼女の手は俺の股間にあった。
ちょっと照れたみたいな笑顔で「おっきくなってるね」なんて言われた。
俺はパニックって「あ、その、これは、その・・・」なんて、よくわからないことを口走ってて。

彼女は「いいから、さ。」って言われて、ベルト取られて。
そのまま彼女のすべすべした手は、ズボンの中に入り込んだ。
冬だったからね、彼女の手は冷たかった。
俺はなぜか抱きしめることしかできなかった。
いや、彼女につかまっていた、っていう表現のほうが正しいかもしれない。ただ、キスされながら。
チャックも簡単に下ろされて、寒空の下、俺の完全にふくらんでいるいちもつが姿を現した。
それを、なれた手つきで、しごいてくるんだ。
最初はゆっくり、そして、だんだんと早く。
きっと、俺はすぐいったんだと思う。でも、なぜかとても長い時間に感じられた。
「ごめんね、バイバイ」っと、彼女は言って、家に帰っていった。

帰りの道、Mは卒業前、俺の友達と付き合ってたことを考えていた。
そのMの元彼は、進路決定後、卒業式に出ずに東京の学校に行った。
親の関係とかいろいろとあったみたいだな。飲みのときもその話でもちきりだった。そこでのMは涙目だった。
明るい彼女は、みんなの前では泣いたりなんかしないけど、ずっと隣にいた俺にはわかっていたよ。
処女じゃないこともこの件でわかった。でも、
なぜか、もう少し違う出会い方をしてたら、俺が幸せにできたかもな。そう思ってた。
わずか、卒業の最後の3ヶ月ほどの出来事。
彼女も就職しに北海道へ行って、今はもう、連絡先とかもわからない。携帯電話とかも普及したばっかで、俺は持ってなかったし。
そんな、彼女が、同窓会で来るかもしれない、そう思ってカキコしたくなった。

 - 未分類 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★忘れられない、あの日のエロ出来事

 高校の時の出来事ですが・・夜遅くまで残っていた土曜日の帰り道、夕方から降り始めた雨に傘も差さずに濡れながら家路に急いでいると一台のクルマが横に・・・何か恐怖を感じて見ぬふりをしていると女性の声で「ねぇ、ねぇってば」と呼ぶ声がしました。振り向くと白いアコードに乗った30半ば位のしっかりした感じの綺麗な女性が「乗って!近くまで送ってあげる」言うのです。俺は見ての通りグッショリだと言うと「良いわよ、そん

no image
友達の彼女 2

この話は前作「友達の彼女」の続編になります。今回は風俗の体験ではありませんが、前作が風俗の体験だったのであえてこちらに書かせていただきます。あれ以来めぐみさんとはまともに目を合わせて会話することができませんでした。彼女の香織ともそうです。隠し事を作ってし…

no image
最後のSEX

1年間付き合ったセフレの奥さん30歳が急に別れたいと言い出した理由は最近旦那と仲良くなりインポだった旦那が治療で治り子供を作れるように成ったそうだ・・・僕は少しショックだったが、仕方ないので奥さんに最後のSEXしたいと申し出た・・・奥さんは危険日なので絶対ゴ…

no image
★便秘に悩む営業職のOLです

 昨年初夏の話です。大学を卒業し就職した先は営業職。厳しかった研修期間を終え、初めての一人営業。営業といっても、アポイント先で契約を遂行してくるだけの仕事。とは言っても初営業。緊張感を持ち、事前に契約場所の下見もすましていました。 最寄駅から徒歩25分。万全の態勢で出発したはずでしたが、思わぬ計算違いが…。物心ついたころから便秘症の私。そもそもの排便が3日に1度程度。月に1度程度5日目に突入してし

no image
出会い系の人妻は中出しOKで発射

 今日は2月に出会った人妻と会って来た。決して美人ではないし、ややぽちゃなのだがとにかく俺好みの身体をしてる。39歳にして大きな胸、それでいて下腹はでていない。尻の肉付きがよく、バックでハメながら尻肉を掴むと程よく指が食い込む。真っ白な尻肉と濃い茶色のアナル、アソコを出入りする赤黒い自分のチンポ。これが見られるだけでもすごく楽しい。

no image
エッチ好きの彼とのセックス体験談

 今、つきあって四ヶ月くらいの彼氏がいます。彼はすっごいエッチ好きで、週に2,3回くらいしちゃってます。ペースはすっごい普通なんですけど、彼はすっごい元気だから、一回エッチしはじめたら5回くらいやられちゃうんです。最初はちゃんとホテルに行ってましたが、学校で会ってるときとか、事務室の前の人のこない階段に行きよくいちゃいちゃしていて、学校にいるのに我慢できなくなることがよくあるようになってきました・

no image
危ない

3年前の冬、あるイベントがあり、打ち上げの飲み会があった。 学生時代の仲間数人と飲んでいた。 やがて打ち上げが終わり、皆と別れた後、私の隣にいた女の子が「この後、空いてる?」と声をかけてきた。 私は、「空いてるけど何ぞや?」と返す。「ホテルいかん?」何と…

no image
今考えてみるとすげーバカな女だった

4ヶ月ほど前の話。当時ひとめぼれしたコがいた。彼女は病院勤務で俺とタメの24歳。冷めてる奴だと言われる事の多い自分なんだが、今考えると笑っちゃうくらい好きになって、3ヶ月以上口説きまくった。脈がなければとっととあきらめてたんだが、携帯や自分のプライベートな事…

no image
女だらけのレクレーション(4)

「キャーー、優子ちゃん凄ーい」「ホント、手の動きが一瞬見えなかったわー」と、女性陣が優子ちゃんに拍手を送る一方で、健太君は固まっていた。「ほら健太! 負けたんだから服を一枚脱ぎなさい」 と、沙希に言われ「エェーー!」 と豆鉄砲を食らった様な顔をする健太君…

no image
ナンパ

40歳になっちゃいました。毎日が子供に追われる日々で全然女してないです。まるで家政婦みたいです。子供も高校生なり、最近自分の時間が持てるようになり、家で、若いころの服着て、楽しんでます。そして主人とは年に2~3回あればいいほうです。だからオナニー始めました。こ…