エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

晴天の霹靂

   

14 10月

2015年10月14日 20:05

カテゴリ

晴天の霹靂

俺がつい最近まで付き合ってた彼女の話。仮名M。
Mは俺のいっこ上で23、服のブランドとかはそんなに
詳しくなかったけど、中の上くらいには可愛かった。
性格は落ち着いてて、かつ常時平熱35度の天然ボケ。
言われなくても勝手に部屋の掃除してくれたり、女はご飯作れて
当然!みたいな考えがあって、文では伝わり辛いけど
今時少なくなった「純和風」の女のコだった。

いつも妙に騒がしい俺と、おっとり静かなタイプのMは
妙にウマがあって、今まで会ったどの女の子より魅力的
だと思った。彼女の方もそう思ってるに違いない。
俺達はお互いべた惚れのラブカップルだ!

少なくとも俺はそう思って「いた」。

付き合い始めて2年。
「最近どうもMの様子がおかしいな」って思う事が
多くなった。電話しても話にあんまり乗ってこない。
要領を得ない外出理由。メールの返信も遅い…。
ある日、彼女に急に素っ気無くなった理由を
問い詰めてみると、「他に気になる人が出来た」との事。
その人は、Mとバイト先が一緒の「U」君だとの事。
Uなら俺も知ってる。彼女を通じてできた男友達だ。

後日、Uと俺、そしてMとで一緒に飲む機械が訪れた。
安い居酒屋でしこたま飲んだ後、Uの家になだれ込もう!
ということになって、酒を持ち込んで賑々しく楽しんでた。
その日、そんなに酒に強くない俺は午前2時頃、もーれつに
眠くなって、隣にあるUの寝室で横になった。
「ヤバイかな?」と思ったけど、その時はまだ俺とMは
(便宜上は)付き合っていたし、なにより

「どーでもいいや」
と思ってた。嫉妬と諦念のが生んだ感情だった。
俺は他の男に気が移られたらどうでも良くなるタイプなんです。
きっと。

目が覚めた。床に就いてから30分くらい経ってた。
目覚めた理由は音が聞こえたから。何の音?
ぬめった音がしてる。くぐもった声。荒い息遣い。
ああ、そういえばMは声が抑えられないコだったなー
とか呑気に思いながら確信。手マンされてる。
すぐさま色んな感情が渦巻いた。酒のせいか、吐き気がした。
それと同時に俺の中に物凄い興奮が生まれた。
飛び起きて、息を殺して壁に耳貼り付けた。

U「Mはクリ回されるのが感じるの?」
U「それでここいじられると最高なんでしょ?」
M「ううう、(俺に)聞こえる、聞こえちゃう」
U「聞こえねーよ、酒入ったまま寝たし」
U「ほら、(たぶん皮)むいてあげたよ?ほら、ほら!」
M「ん、あ、あ、ああ、あ、イイ!」
U「クリいじってって言って?言ってって、ほら!」
M「クリいじって、は、クリいじって、ぅあ、っあ!」

こんなのが聞こえてきた。
あのMが?おしとやかなMが?俺の、Mが?
こんなやらしい声出してんの?
その時、俺は、何かが「キレた」。

耳を壁から引っぺがして、履いてたジーンズと
ボクサーパンツを下ろした。迷いはなかったです。
扉を勢いよく開ける。Mの半開きのまぶたが見開く瞬間。
自分で自分の太ももを持ちながら、呆けたMの顔が
一瞬で凍りつく瞬間。なぜか妙に落ち着いてるU。
それを目の当たりにした。
俺がその時言った言葉。

「聞こえてたよ」
「すげーやらしいね、俺もこんなになっちゃったよ。」

Uの胸に背中からしなりかかってたMは、足を閉じて
こっちを見てた。何にも言わない。何か言いたかった
のかもしれない。俺はMにゆっくり近づいて、そのまま
ディープキスした。Mのクリから手を離したUの代わりに
、右手でクリを手でなぶった。左手は、Uの手をつかんで
Mの胸にあてがった。

Uが上半身、俺が下半身。
Uが舌と手でねぶる。俺はMの陰核を指で剥いてねぶる。
始めは訳がわからずに困惑してたMも、数分後には
「ん、ひ、い!」「おお、おぅ、ぉ、お!」
なんて、今までに聞いた事がなかったような声をあげてた。
Mの手と口、舌は、凄い速さでUのものを猛らせてる。
Mは快感が高まると白目を剥く癖があって、喘ぎきってる
時に白目を剥いた時は、Uと目配せして笑った。

三人とも限界まで近づいてた。
俺はUにMの両手首を押さえつけるように言った。
Mが履いてた薄ピンクのミニスカートに付いてた
ベルトを掴んで、Mに入れた。Mの内ももは色んな
液で濡れそぼってて、すごい艶かしかった。
激しく腰を打ち付ける。肉と肉がぶつかり合う音が部屋に響く。
84センチの胸が弧を描く。脳髄がショートしそうな快感。
Mの喘ぎに混じって、ップ、ップ、と聞こえる。
見れば、UはMに咥えさせながらクリを回してる。
あぁ、Uはすぐいかせるつもりか。手を抑えてろって言ったのに、
と思いつつも、もう関係なかった。兎に角、女も男も獣だった。

5分位でいきそうだった俺は、Mの顔に向けてぶちまけた。
前髪と瞼と鼻の頭に粘りついた精液を見たら、動物敵欲情が
脳を襲った。何で今まで顔射しなかったんだろう?
すぐさまUがバックでMに入れた。凄かった。
Mは絨毯のはじを掴んで喘ぎ狂ってる。
たぶん、あれがほんとの「性交」っていうんだなー
なんて間抜けな事を考えてた記憶がある。
なぜか俺は自分のトートバックの中からMの大嫌い
だったハイスタンダードのCDを取り出してデッキに
入れた後、Uに混じってMの口にモノを突っ込んだ。

後は、AV観ながら3Pしたり、Uがライカとかいう
カメラでMをハメ撮りしたりとランチキし放題だったが、
結局Mが「あそこが痛い」と言い出して破廉恥三昧は
幕を閉じた。その後はMをベッドに寝かし、俺とUとで
プレステを朝までやるという、なんとも間抜けな時間を
過ごしたりもした。

その後、俺と別れたMはUと付き合い始めたが、僅か二週間で
別れてる事になる。俺はUの番号を携帯から消し、Mの番号は
ちゃっかり残して、今でもたまにMと遊んでいる。
あの日、悪魔が俺に宿ったあの日。
秋はまだ始まったばかりだった。

Mとは遊んでるだけ、ではないですね勿論。
Hもしちゃってます。

しかもしかも、実はMは昔、半ギャルだった事が最近
判明しました。今のMとは似ても似つきません。

Uともちらほら会ってる
みたいです。M曰く「口でしてるけどHはしてない」
らしいです。小学生でも見破れますね。

セフレ、う?ん、セフレ…。ちょっと違う気がしますが、
俺のMに対する恋愛感情は0なので、実質上そうなります、ね。
言われるまで気付かなかった…
U氏と会ってると聞いた時は、最初の清楚さも可愛さ余って憎さ
百倍(大げさ)、ただの淫乱じゃねーのかと思いました。
で、なんとなく嫉妬。そして、次に会った時貪る。
ただれてますね。

Mはのんびりおしとやかな性格の反面、やや優柔不断な
きらいがあります。俺とUは性格、外見共に全く正反対
なので、ココロが揺れ動いてるのでしょう。

勿論、ココロの奥には淫靡な考えが彼女を取り巻いてます。
俺はカス男なので、Mの反応をうかがう為に
「好きな時に二つチンコ味わえていいねー」
とMに言いました。「違うもん」と言いつつ、特に
傷ついた素振りもないMを見たとき、何だか
懐かしいような寂しいような、不思議な感覚にとらわれたのを
思い出します。

なんでMが半ギャルからしとやか系になったのかは、
M曰く「こんな事をしてる歳じゃなくなったから」
らしいです。一定の年齢まで歳をとると、ガラッと
考え方を変える人は、たまにいます。Mはそのタイプ
なのでしょう。

Mは半ギャル時代、ナンパされた男とカラオケボックスで
入れたり、女2×男2で泊まりに行ってちょっとした
見せ合いHをやったり、まあ平均的なギャル時代を謳歌してた
ようです。今のMの姿からは想像も出来ないですが。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
派遣の経理の女とのエロ体験談・・1/2

 派遣で経理をしているA子。自分が勤めている会社に派遣に来てから約2年位経ちます。私も経理なので仕事上では良きパートナーとして、まるで同僚のように接してきました。A子もたぶん同じだと思いますが、派遣されて来た当初から気が合っていたと思います。忘年会や新年会にも参加してもらい、飲む席にはけっこういたと思いますが、気が合いすぎるのか男女の関係になる気配はまったくなかったです。

no image
★還暦まじかのおじいさんでも性欲は

 約10年振りに当時赴任して居た地方都市へ仕事で訪れた。その時に数回身体を合わせたことのある人妻に連絡を取り夜に会う事になった。当時自分が30歳、彼女は48歳だったからもう還暦に近くなっている。夜待ち合わせ場所の大型ショッピングセンターの駐車場に付くと彼女は笑顔で待っていた。 当時からポッチャリで大きな胸やせり出した巨大な尻に欲情して深い仲になったのだが、更に一回り肉付きがよくなったようだった。彼女を助

no image
いとこに逆レイプ

家に両親がいなかったときにいとこが泊まりに来た。いとこは双子の姉妹で中3でかなりカワイイほうだった。その日の夜は塾で家に帰ってきたら、姉妹でレズってたのだ!俺はそれを見て「なにしてんの?」と言ったら「・・・・」と黙ってた。そうすると「内緒にしててね。」と…

no image
家庭教師

 私は家庭教師をやっているのですが、これは23歳のときのお話です。大学卒業して、教員を目指し浪人しつつお小遣い稼ぎの家庭教師を始めました。  生まれて初めての事で緊張しながら担当の家に行きました。家に入るとお母さんが「よろしくお願いします!」と笑顔で言って…

no image
メンヘラ風俗嬢と付き合ってたときの話

20代前半の頃にすげー風俗はまってたんだよ。もうバイト代全部つっこむくらいに。んで、その時に渋谷の風俗いったらすっっげえ好みの嬢がいたんだわ。でもそのとき写真出てたんだけど、この子は予約いっぱいですって言われてあきらめたのね。そんでその時は違う嬢に入ったん…

no image
覗きの代償

"いつも皆さんの性体験を拝見させていただいております。お礼というわけではありませんが、私の性癖を決定付けた体験を告白します。僕が中学2年生のときの話です。そのころ、僕らの間では覗きが流行ってました。主に銭湯を友達と覗きに行きました。そのことを思い出して家で…

no image
★同僚女を会社のオフィスで無理やり・・2/2

 そして例の居酒屋から1週間くらい経った平日、松原さんが作製した印刷データのトラブルがあり、俺と彼女は遅くまで残業になった。残業は珍しいことではないし、フロアに2人だけなんてこともしょっちゅうだったから、別に誰も気に留めない。俺は何もすることがないんだけど、消灯と施錠はかならず役職者がしなければならないから、東風麻雀をしながら松原さんが終わるのを待っていたわけ。  21時を少し廻ったくらいのところで、

no image
★オナホールをあなたは信じますか?

 この話は、妻が勤める会社の社長から聞いたものです。40歳になる妻は経済的な理由から今の会社で働く事になったのです。仕事は集配センターの事務と荷物の包装です。ぽっちゃりタイプの妻はお尻が大きくよくドライバーに冷やかされていたそうです。 会社の懇親会で妻が社長に経済的な理由で働く事になったことを話したそうなのですが、しばらくして社長から呼ばれた妻は別の仕事の話を持ちかけられたそうです。その内容を聞いて

no image
巨パイさん【岸利(仮)の体験談】

巨パイさん22歳・女身長150cm台半ば。体重普通。 巨パイさんというのは俺が勝手に作った言葉で、会社の後輩のあだ名です。本名にも微妙にかかったあだ名ですが、もちろん本名は非公開です。あだ名って言っても俺が頭の中で勝手に呼んでるだけです。 巨パイっていうのは巨大…

no image
セクロス好きの女www

つい最近の話します俺一応彼女いるんだけど遠距離ね…それで毎日連絡取り合ってるし、多分お互いの事を好きだと思うでもやっぱり、性欲やばいんです風俗も考えたけど、バイトでひとり暮らしの俺ってマジでお金ないのね、だから本当に最近女の体に触れてないわけっで俺考えた…