エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★スッキリしない結婚と言う罠

   

.
.
.
.
.
2015/10/14(水)
 忘年会を兼ねた会社の慰安旅行で、36歳になる8つ年上の独身女とやってしまいました。宿でお宴会が終わってから、同僚数人と温泉街のスナックへ繰り出したんですが、そこへ女性陣数人が合流。

 カラオケにも行って宿に帰ったんですが、その途中があまり覚えてなくて、気が付いたらホテルの宴会場にある舞台の袖にある小部屋(座布団置き場?)で、その彼女とバックで突いていました。
 それ以来、昼休みになると、会社の地下にあるポンプ室へ呼ばれ、あわただしく交尾。週末はこっちのアパートへ押しかけてきて、金土と2泊するようになった。

 そんなことをやっているうちにとうとう妊娠し、あれよあれよと言う間なく結婚させられた。かなり間が悪いので式は省略したが、籍はすぐ入れさせられた。それで今は1児の父親になり、嫁の腹には2人目がいる。

 世の中、どこに罠が仕掛けられているか分からない。用心してください。

↓他のHな体験談を見る



.
.
.
.
.

 - 会社員の体験談 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★女上司の女体は良かったです

 私は23歳サラリーマン1年生の新入社員です。そして8月末まで社内研修し、9月1日に営業部に配属されたのです。昨日の出来事です。私は営業から戻り日報を作成し帰ろうとした時の事です。会社の詳細はお話できませんが上場企業とだけお伝えしておきます。 営業部の部長は40代後半と思われるキャリアウーマンで、先輩社員からは「鉄の女」と呼ばれ、仕事に厳しく、プライベートは秘密が多い独身女性でした。容姿はいつもパ

no image
★サークル合宿の時の事件

 俺が21、後輩が18のときの話です。初めて事件が起きたのはサークルの合宿に行ったとき。夜はみんなで酒を飲んで盛り上がってて、かなり酔ってきた頃に友達に枕投げに誘われた。そんでみんなで枕投げしてたけど、そのときに相手の後輩の女の子もいたのね。皆凄く酔ってたから枕投げは激しくなって、やがて布団を投げあうような別のゲームになってた。  それで、最終的には俺と後輩の女の子が布団で生き埋めにされて、その状態で

no image
★酔ったOLさんを駅で拾った話

 金曜日の夜、総○線の秋○原の駅のホームで、酒に酔ってフラフラのお姉ちゃんを発見。顔を見たら、25~6歳といった所か、テレ朝の女子アナの野村真季にホントそっくりのすげぇ美人!密かにファンなんだよ、俺。俺も、酒が入っててムラムラ心いっぱいだったから、尾行を決心。 お茶○水で乗り換えて、水○橋で降りた。少し距離を開けて、彼女の後ろをゆっくり着いてったんだよ。彼女、ホームのゴミ箱でチョロチョロっと吐いてた。

no image
★女上司が僕の物をシコシコ

 仕事が不調続きで飲み会の席でまで女上司に説教された挙げ句、飲めない酒を無理やり飲まされて吐いて意識朦朧となってたところ、帰りはその女上司が僕を送る事になり僕は恐縮してたのと気分が悪いのとで助手席でシートを倒して寝た振りをしてました。 すると途中車が止まったかと思うと女上司が僕に「さっきはごめんね。みんなの手前ついついキツい事言って。」とか言いながら頭を撫でてきたのでした。僕はその女上司の変わりよ

no image
★警備員のエロ行為の目撃話

 私は、35歳の独身でビルの警備員しています。この時期は、花火大会が行われる時は、ビルの会社がお客様を招待してビルの屋上を解放します。そのため、私はビルの中を見回りをするため花火が見れないので、せめて招待客のいい女を見つけて目の保養しています。 家族の招待客が来た時に見ていたら見覚えのある女性が居ました。その女性は、私の住むアパート近くの超豪邸に住んでいる奥さんでした。私が超豪邸を通った時に家から

no image
★会社の女性部下とのエロ体験談

 私は社員60名ほどの中小企業の中間管理職(肩書きだけ)をやっております。私の下には十数名の部下がいます。二年ほど前に業務の繁忙に伴い、温子が私の下に配属されてきました。その時ちょうど35歳で制服の上から見ても中々の巨乳であることはわかりました。  ある時、部屋に入るとちょっとした荷物を床から持ち上げている、温子の姿が目に飛び込んできました。ちょっとタイトな制服のスカートがお尻の張りでパンパンになり、

no image
酔った女課長を送ってエロした体験談

 2年前、我が社の人材派遣部門が吸収合併して玲子課長がおいらの上司となった。45歳独身、都内にマンション所有のバリバリのキャリアウーマン。会社では目をつりあげて仕事しているけど、毎晩おいらのチンポでヒーヒーです。きっかけは飲み会で珍しく酔っ払った課長を送って行く役は一番下っ端のおいらです。

no image
★エロ行為はやはり生が最高です

 昨年の晩秋のこと、北九州の代理店会議へ出張した。空港でチェックインしてから待っていると、「あら、オレさん」と呼ばれた。ふり返ると、総務課のキャリアウーマンのK子(係長)だった。お互い出張だったが、K子の行き先は福岡だった。出発まで話をしていると、福岡にイイ飲み屋があるという。 出張の日程は、お互い木曜出発の金曜直帰であった。じゃあ、木曜の夜に福岡で待ち合わせて、飲みに行くことになった。その日の会

no image
★保険外交員との最低なえっち体験

 新入社員の頃、昼休みにたくさんの保険のおばさんに勧誘されました。先輩と飲みに行ったとき先輩に「○○生命のおばさん知ってるか」と聞かれました。顔は今一だったけどナイスバディだったので知ってました。44歳のそのおばさん、アソコがすごく臭いそうです。 先輩がヤッたと言いました。それ以来、昼休みにそのおばさんに声を掛けられるとそのことが頭から離れませんでした。学生の頃、バイト先で知り合った独身で36歳の女

no image
★旅館の癖になるマッサージ

 地方都市から電車で1時間くらい、結構 不便なところでもう1ヶ月の出張。ビジホもなくって 昔ながらの旅館生活です。先日 風呂あがりに フロントに マッサージをお願いしました。30分ほど待たされて来たのは 30半ばくらいの ポッチャリ系のおばさん。白の看護服?の胸はパツパツだし、オシリは下着の線が透けてるし。 まあそれだけでも合格でした。オイルマッサージしてみますか?って聞かれてお願いします。って オレ。おばさ