エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

母と娘の親子丼

   

14 10月

2015年10月14日 07:05

カテゴリ

母と娘の親子丼

俺が30歳の時、5歳年上のバツ1女と知り合った
バツ1女の名前は○○み
最初は、食事したり飲みに行ったりの付き合いだったが
徐々に付き合いも深まり、○○みの家にも上がりこむようになり
その時、初めて娘に会った。
娘の名前は○美
人懐っこい、華奢でかわいい娘
それから三人で食事に出かけたり、家族風呂に行ったりと
色々家族ぐるみで付き合い始めた。
セクロスは、いつも娘が寝てから、居間でしたり
三人同じ部屋で寝てるので気づかれないように
娘の寝てる横でしたりと、一苦労
そんなある日、いつものように先に寝室へ向かった娘
その後、携帯を寝室に忘れていたので寝室のドアを開けると、慌てて布団をかぶる娘
一瞬、パジャマのズボンを下ろしているのように見えた。

俺は、携帯を取り何も言わずに寝室を出た、
翌朝、女は仕事、家には俺と娘二人だけ
朝ご飯を食べてると娘が起きてきて「おはよう」
「あぁ、おはよう、今日どっかいく?」
「うん、どぉしよっかなぁ」
食事をしながら話してると急に
「ねぇ○ちゃん」娘は俺のことを○ちゃんと呼んでいる。
「昨日のこと、お母さんに言ったの?」
「えっ?何のこと?」
「昨日ベッドでしてたこと・・・」
やっぱりなんかしてたんだぁと思いながら、ちょっとかまを掛けてみようと
「あんまりしないほうがいいよ、一人ですると形変わっちゃうよ」
「えっ!嘘!本当に!」
「本当本当、ああいうことは人にやってもらわないとダメなんだから
みんな知らずにやっちゃってるから、気が付いたら形変わっちゃってるよ」


「えっ!嘘!本当に!」
「本当本当、ああいうことは人にやってもらわないとダメなんだから
みんな知らずにやっちゃってるから、気が付いたら形変わっちゃってるよ」
するとマジ不安そうな顔
「そんなに心配なら見てあげようか、」
「えっ?いいよ、恥ずかしいもん」
「恥ずかしがらなくても、お風呂で何回も見てるんだから
見せてごらん、」
「でもぉ」
「ほら早く、お医者さんにだって見せるじゃん、」
畳に寝かせパジャマを釣り下ろし足を広げ、腰を浮かせ下着を脱がせる
両手で顔を覆う○美
「○ちゃんどう?形変になってる?」
「う〜ん?やっぱりなぁ」
「えっ?変わってるの?」

「ちょっとじっとしてて」
ピンクの花弁を指で摘み広げると
「あっぅ」
指を花弁に沿って撫でクリを摘んで
「ここも弄ってるの?」
「あぁん、うん、一番気持ちいいの」
「やっぱりね、ここを指でするときは、優しくしないと
できれば舌でして貰うのが一番だからね」
そう言って顔を股間にうめクリを舌で舐め転がすと
「あぁいやダメ汚いよ、・・・はぁぁはぁやめて、お願い・・・」
口では嫌がっても、花弁からは蜜がお尻にまで滴り流れ
ゆっくりゆっくりと花弁に指を這わせ徐々に蕾の中へと指を挿入すると
一瞬体をビクつかせ「ダメ」
「感じちゃった?」
「いや!違うもん、感じてなんかないもん」
「えっ?でもここ、ビチョビチョだよ、ほら」

濡れた指を○美に見せると
「だって、自分でするより気持ちいいんだもん」
「ほら、やっぱり、気持ちいいんじゃん、じゃぁもっと気持ちよくしてあげる」
花弁を吸い上げながら指で蕾の中をゆっくりと掻き回すと
「はぁぁ、あぁはぁ、いい、だめ、おしっこでちゃうよぉ」
「ほらいいよ、だしちゃってごらん」
「だめだよ、こんなとこで・・あぁいい、出ちゃう出ちゃうよ」
蕾から一気に蜜が吹き上がり畳に蜜を撒き散らした。
「ほら、だから言ったのに、おしっこ出ちゃったよ、どうしよう」
「大丈夫だって、おしっこじゃないし、拭いたら大丈夫だから」
「本当?」
「本当だって、女性は感じたら出ちゃうもんだから、お母さんも感じたらいつも出してるよ」
「えっ?お母さんも?でも一人でして感じても出たことないよ」
「それりゃぁ気持ちいいだけで、本当に感じてないんだよ」

「それなんとなく解る、○ちゃんがしてくれてると、頭の中が空っぽになっちゃうっていうか
心と体がバラバラになっちゃった見たいな感じで、あそこがすごく熱くなっちゃった、
でも、出しちゃったら、なんかすごく解放された感じになっちゃった」
「へぇ〜○美ちゃんすごいね、逝っちゃったんだね、よかったよ」
「でもお母さんには、言わないで、お願い」
「あぁ言わないよ、○美ちゃんとふたりだけの秘密」
その日から二人だけの秘密の時間を持つようになり
処女をいただくのに時間はかからなかった


その日から○美は、オナヌーをやめた。
いつも、指と舌だけで感じさせるだけで
それはそれで、いいかなって思ってた
一応、○○みのこともあるし、さすがにチムポ入れるのは・・・
と思ってたんだが、いつものように、花弁を舐め指で蕾の入り口を
クチュクチュさせるだけで、いつも蜜を垂らして感じてた。
そのたびに、理性を抑えてたのが、その時は、○美が異常に感じたのか
腰を顔に押し付けるように感じてきて一気に理性が飛び
気が付けば、ズボンを下ろし両足を抱えチムポを花弁に押し付けていた。
○美は気づいてないのか、抵抗することもなく
濡れた蕾を押し広げながらチムポが花弁に絡みつきながら
蕾の中へとゆっくりと入っていくのが解った。
○美も入るのを感じたのか、「痛っ痛いよぉ、」
「大丈夫、大丈夫、最初だけだから」
蕾を無理やり押し広げて入る感覚


蕾が裂ける感覚と一緒に一気に奥まで突っ込むと
「いっ、痛い痛いよぉ、止めて、」
その声を聞くと余計に興奮して、抑えることができずに
激しくピストンする自分が・・・・
理性も飛び抜くことも忘れ、そのまま中田氏してしまい
発射の快感と、処女を奪った征服感、その後の罪悪感と、3ヵ月後の恐ろしい想像とで
一瞬パニックになりそうになりながらも、
「ごめんよ、でも大好きだから、○美の初めての人になりたかったんだ」
「うん、大丈夫、私も○ちゃん好きだよ」
少し落ち着き二人で抱き合ったままいると
○美が「ねぇ○ちゃんはお母さんの事好きなんだよねぇ」
「えっ?うぅんでも○美が一番好きだよ」
「うぅん、そうじゃないの、お母さんも大事にしてほしいの、
今までどおりでいいから、お母さんの次でいいの」
○美を強く抱いて、○○みの帰ってくるまで愛し合った

今日、ジュニア水泳大会に○美が出場
脱衣所で体を拭いてやった。
帰ってから一緒にお風呂入って
ベッドでマッサージ
薄い陰毛を舌で、掻き分けマンスジを舌で舐めると
徐々に蕾から蜜が、溢れ出た。マン汁を吸うと腰を震わせながら
マムコを押し付けてきた。
貧乳を揉みながら指で、乳首を摘むと身を捩りながら身悶え
両足を抱え、挿入マムコから蜜が溢れ出してお尻に垂れ流れ
体を痙攣させながら逝った。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
帰省の帰りに

45才、兼業主婦です。ここ2年ほど時折父が病弱のため実家に帰省しています。帰りに途中下車し大が大学時代の女友達にしばしば会いビジネスホテルに宿泊します。先日、途中下車した駅前でテレクラのチラシ入りのティッシュを手渡され、折角だからとバックに入れ女友達との久…

no image
久々に

外で作業していると、一台の黒い車が止まった。車から降りて来たのは、地主のオバサン。オバサンは参議院選が近いせいか、応援する政党候補者のチラシを配っていた。オバサンは、チラシを渡しつつ、未亡人で欲求不満なのか、モノ欲しそうに俺にカラダを擦り寄せてきた。あま…

no image
OLの大人のエロ遊び

■OLの大人のエロ遊び(OLの告白) 私は26歳のOLのさきです。普段は会社では、明るく振る舞って、テキパキ仕事して割と上司の受けもいいんだけど、結構ストレス感じちゃってるの。だから会社が終わってからの私の本当の姿をみんな知らないと思うわ。実はファザコンでMの淫乱女なの。仕事終わってからたまに、会社から離れた街をぶらついて、おじさんに声かけられるの待ってるの。

no image
★増えていますね・・積極的な女の子

 出会い系サイトを始めた頃は、たくさんの女の子がメールをくれるけど「どうせサクラじゃねぇの?」と疑心暗鬼だった。でも、で、何人かの女の子とメールで話してるうちにそうじゃない事がわかった。掲示板は、やり取りがリアルタイムだから話が進んで楽しいんです。 そのうちのユミという子とメールをしているうちに「実は私は21歳なんですけどまだ男の人と付き合ったこととかないんです。そういう女の子ってキライですか?」

no image
クンニ好きの女にハメた

文章力がないので、体験したことをそのまま書きます僕は彼女はおらず、仕事の休憩中や、仕事が終わってから、フェイスブックとか掲示板とかをみてます。フェイスブックは、周りにどんな女性がいるのかや、友達のつぶやきを見るだけのもの掲示板は、とにかくエッチな募集をし…

no image
★彼女と初旅行の思い出話

 社会人一年目だった2年前の夏。その時付き合ってた高3の彼女と仙台に1泊の旅行に行きました。5月に付き合い出してから、それまで、まだキスもしてなかったけど、夏休みに旅行しよってことで2人で話してて。 夕方に向こうに着いて、宿って言っても普通のビジネスホテルだけどツインを予約してて、荷物置いてから街中をぶらぶらして。ホテルでテレビ見ながら夕飯食べたいって言うからコンビにでお弁当買って。

no image
★紙ショーツに着替えてマッサージを

 学生の友達に会いに、某都市に遊びに行ったときの話です。夜、友達と食事をしてカラオケとかで盛り上がる予定だったんですけど・・、急用ができて私一人取り残されちゃったんです。 ホテルに帰るのには、まだ、早いし、知らない場所だから、どこが遊びのスポットがわからないし・・、しばらくぶらぶら一人で歩いていたんです。そしたら、マッサージ店の看板が、眼に入って・・。

no image
★飲み屋のママさんとエロ関係に

 仕事帰りによく行くスナックを覗いたら、あいにく満員。ママが「団体さんが入ってるんでゴメンね。よかったら私の友達のお店紹介するけど・・。」ってな感じで教えてもらったスナック。ドアを空けるとお客はおろか店の人さえいない。俺「すいませ〜ん。誰かいますか〜。」カウンターの後ろのキッチンから「ごめんなさ〜い。すぐ参りま〜す。」と女性の声。 カウンターに腰を下ろし、タバコに火をつけた。「ごめんなさいねぇ。ち

no image
★盛りのついた猿のようにエロしまくり

 やっとテスト終わりました。一週間ちょっと前に。数学と物理に足を引っ張られ、目下溺死寸前。あたしが通っている某KH高校は、2年になる際文理に分かれる時、文系を取る生徒はもう物理とは一切おさらばなんで、いいんですけどね・・・(あたし文系)。 でも国公立を狙うあたしは数学からは逃げられない。それはそ~と、エッチの詳細。ん~・・・頭真っ白だったから、もともとハッキリしない記憶なのに、時間が経ってさらに解らなく

no image
ひどい旦那の実家

38歳の主婦です。バツがもう4つもついてる主婦です。旦那とは私が働いてたスナックで知り合って一緒になりました。子供はいません。義母がいないからと、旦那と二人で暮らしていたのに旦那の実家で暮らすようになったんですが、旦那には父親と弟が2人いて、男4人の中で私が暮…