エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

卒童貞・・・のはずが・・

   

俺は22歳。未だ童貞である。

特別顔が悪いとか太ってるとかではない。
何人か彼女はできたが、セックスする前に別れるのである。

人から言われ、自分でもわかってるのだが、人一倍奥手なのである。
いつも機会損失ばかりでなかなかHに持ち込めない。
あまりにも奥手なので女に逃げられるというのがいつものパターンだ。

そんな俺は今年の4月から、とあるヘルスに通いだした。
そこは友人に誘われて行ったのだが、その当たった子がめちゃタイプなのだ。

名前はアヤカちゃん。外見も可愛いが、性格が俺とピッタリなのでは?という子だった。
奥手な俺に対して、積極的でちょっぴりSっ気の強い女の子。

2回目からは予約して、一人で行くようになった。

そしていつもオプションでポラロイドを付けて、アヤカちゃんのあそこを写真に
納めては家に持ち帰り、オナニーのおかずにした。

1回で2万以上かかったので月に2回が精一杯だったが、俺は完全にアヤカちゃんに
惚れてしまった。

何だかんだでもう8月。頭の中はアヤカちゃんとやりたいということばかりで、仕事の
集中力も薄れていった。
ポラロイドで撮った写真を見ては、この穴に入れたい・・と、そればかり考えてオナニーに
明け暮れる毎日だった。

そして、8月後半、今月2回目のヘルスでの出来事です。

いつも通りアヤカちゃんを指名して、いつも通りアヤカちゃんのあそこを舐めて、
いつも通りアヤカちゃんに咥えてもらう。
でも、もう我慢の限界だ!アヤカちゃんとやりたい!!!

そこで恥は承知でアヤカちゃんにお願いすることにした。

「あの・・・お願いがあるんだけど・・・」

「ん?なぁに?」

「その・・実は俺・・童貞なんよね・・」

「あ、やっぱり?」

「え?やっぱりって?」

「え、あ、その・・いつもちょっと早いかな・・と。経験がないのかな?と。。」

「あ、バレてたんだ・・・恥ずかしい・・」

「でも、経験ない人はしょうがないから気にしなくていいと思うよ^^」

と笑顔で答えてくれるので、何を言われても許せてしまう。

「それでお願いって?」

「うん・・その・・アヤカちゃんと・・・・やりたい・・・」

ついに思い切って言ってみた。

「え〜〜、駄目だよぉ〜。ここ本番無しだから・・」

「わかってるって!入れてもすぐに抜くから!お願い!!」

「え〜〜・・・でも・・正憲さんきっとすぐにイっちゃうんじゃ・・私ゴム持ってないし・・」

「大丈夫!!ちょっと入れたらすぐに抜くから!アヤカちゃんで童貞捨てたい!」

一歩も引かない俺に諦めたのか呆れたのか、ついに

「わかったわ。よのかわり私に任せてね。」と言ってくれた。

・・・やったー!!!ついにアヤカちゃんとやれる!!!・・・

童貞を捨てることよりもアヤカちゃんとできるほうがうれしかった。

「うまくいくようにローション塗っておくね」と、アヤカちゃんが言うと、
アヤカちゃんは両手にこれでもかというくらいローションを垂らして、
俺のチンポに塗りたくってきた。
ローションべったりの手でチンポを扱いてくる。

扱く旅にジュプッ・・ジュプッ・・と音がする。

っていうか、ローションが気持ちよすぎてイキそうになってきた。

すぐさまアヤカちゃんの手を押さえて
「ご、ごめん・・・出そう・・」と言って扱くのを止めてもらった。

「ほらぁ〜・・・入れてすぐイッちゃうんじゃないのぉ〜?」と笑顔で言ってくる。

「だ、大丈夫!絶対中には出さないから・・」
泣きそうな顔で反論する。

そしてアヤカちゃんの手を離した瞬間

ジュボジュボジュボジュボ・・と猛スピードで俺のチンポを扱き出す。
すぐさまイキそうになってアヤカちゃんの手を掴む。

「だめだめだめ!出ちゃう出ちゃう!!!」
俺は力を入れてアヤカちゃんの手を押さえた。

「絶対入れた途端に出ちゃうんじゃない〜?フフフ。でもなんかかわいい。」

俺はハァハァと息を荒くして、射精を我慢するのが精一杯だった。

「そんじゃ入れてみる?^^」と言ってきた。

・・・やった!!ついに!!!・・・

アヤカちゃんは大きく脚を開いて寝そべり、俺はアヤカちゃんの言うとおり
アヤカちゃんの脚と脚の間に座り、アヤカちゃんに覆いかぶさった。
俺は寝ているアヤカちゃんの両肩の横に腕を立て、顔の正面にはアヤカちゃんの顔がある。

「正憲さんは私の顔を見ててね。私に全部任せて!」

・・・なんて頼もしい・・・

俺はずっと正面のアヤカちゃんの顔を見続ける。

アヤカちゃんは両手を下半身のほうへ移動させて、片方の手で俺のチンポを握る。
すぐに入れるのかと思ったらローションまみれのチンポを扱いてきた。

・・・めちゃ気持ちいい!!!・・・

扱かれる度に「あぁ・・」と声が出てしまう。
そしてすぐにイキそうになり
「あ・・・だめ・・・・」

「ん?出ちゃう?^^ もうちょっと我慢して」
と言って扱き続ける。

「あ、無理無理・・・出る出る出る・・・・!!!」
俺は唇を噛み締めて堪える。

「よし!いいよ」
「え?」

「おちんちんの先が入り口に当たってるからそのまま腰を前に動かせば入るよ^^」

・・・ついに・・童貞を捨てるときが!・・そしてアヤカちゃんに挿入!!・・・

腰を少し前に動かすと先っぽが入ったのがわかった。

「そのまま腰を前に突き出して!」

言われるがまま一気に腰を突き出した。

にゅるっという感触とともに奥まで入った。

・・・なんだこれ・・めちゃ気持ちいい・・・

「腰を前後に動かして!」

言われるままにゆっくりと腰を引いて、そして突き出す。
突き出す度に「あぁ!」と気持ちよすぎて声が出てしまう。

そしてもう一度腰を引いて、そして一気に突き出す。

そのとき!精液が上に上がってくるのを感じた!

・・・や、やばい・・・

「だ・・だめ・・・出そう!」
思いっきり歯を食いしばって耐える。

「まじで?ゆっくり抜ける?」と聞かれたが

「む、無理・・・動いたら出る」

もう思いっきり踏ん張って中に出さないように我慢するしかないのだが、
そのとき「ぎゅっ、ぎゅっ」と膣がチンポを刺激するように締まりだした。

「あぁああ!!!だめだめ!!締めないで!!!出る出る出る!!うぅ〜〜〜!!!」

俺の顔の正面で楽しそうに俺を見ているアヤカちゃんであったが

「いいよ。出しちゃって!」

と、信じられないことを言ってきた。

「え??いいの??」と聞き返した。

「うん!今日は特別^^」

もう迷ってる暇は無かった。

「あ、ありがと」

そう言うと、俺は射精に向けて一気に腰を前後に動かし始めた。

本当に2回くらい突いたところで
「あ、出る!!」と叫んで腰を突き出したまま硬直させて

ドクン・・ドクン・・・とアヤカちゃんの膣の中に大量の精液を放出した。

俺はそのまま動けずに余韻に浸っていた。

するとアヤカちゃんが笑顔で
「気持ちよかった?」と言ってくれた。

「う、うん・・最高。  ありがとう」

そう言ってチンポを抜こうとして起き上がった。
そして結合部分を見ようと下を向くと、なんとそこには!!!

「えぇ????」
一瞬理解できなかった。

俺のチンポはアヤカちゃんの中に入ってるはずなのに、アヤカちゃんのローションまみれの
握りこぶしに包まれてるではないか!!

ゆっくりと引き抜くとアヤカちゃんの握りこぶしから俺のチンポが出てくる。

「あ、アヤカちゃん・・・これって・・・」

「ごめぇ〜〜ん!だって入れた瞬間に中で出されそうだったから〜・・・」

・・・なんてこった・・・俺はアヤカちゃんが作った握りこぶしの中にチンポを入れて
一生懸命腰を振ってたのか・・・そしてアヤカちゃんが作った握りこぶしの中で
チンポを出し入れしてあんなに早く果ててしまった・・・情けねぇ・・・

でもアヤカちゃんを憎めなかった。
もちろんまた指名して来るつもりだ。

そして出るときに笑顔で

「今度アフター行こ!  何時まででも付き合うよ^^」と言ってくれた。

俺は22歳。未だ童貞である。


 - 未分類 , , , , ,

  関連記事

no image
DQNな男

んじゃあ始めます。私→22歳 会社員彼→22歳 会社員女→25歳 彼の会社のパート社員友人→22歳 司法修習生私と彼は別々の会社なんだけど、高校の頃のバイト先の新人同士で意気投合。彼からの猛アタックに折れる形で付き合い始める。携帯を奪った後にトイレに篭って証拠になりそうな…

no image
二人の姉

オレにはねーちゃん2人いるんだけど、オレが宙2でねーちゃん宙3(ねーちゃんとオレは年子で1番上のねーちゃんとは3つ違い)のとき、部活で汗だくになって帰ってきたオレは家について即行で風呂に行った。脱衣所のドアを開けると、ねーちゃんが風呂上りで体を拭いていた途中で…

no image
オナニー見せ風俗って所で従姉が働いてるんだ

バイト始めたから遊びに来る? って言われてカードみたいなのをもらった割引券+名刺って感じのやつだ。いやらしい不潔な事はしてないって言うし、スナックとかキャバクラみたいな所かなと思って冷やかしに行ってみた確かに非接触ではあるけど…これはどうなんだろう?従姉は…

no image
年上の嫁

あのな、おまいら、ロリ妻とか、年の離れた若い嫁さんとか言って喜ぶヤツが多いけど、俺は、嫁にするなら年上がいいと思うぞ。ノロケとかじゃなくって。ウチのは、2つ年上なんだわ。で、何がいいかって、とにかく楽。いろんな場面で、いろんな意味でな。それと、姉萌えに通…

no image
罠にはまった夫婦?

現在別居中の妻は、身長171センチのスタイル抜群で、顔も超美人である。私は都内の一等地で8階ビルを構え、家賃収入や自称株投資のプロとして、悠々自適の生活をしている。丁度一回り違う妻と知り合ったのは、5年前の私が34の時で、資産家の両親も亡くなって、私はす…

no image
帰り道に公園で

 たった一時限しか講義のない土曜日。少し前までは、面倒くさくて大学をサボりがちだったこの日だけど、今では毎週土曜が待ち遠しくて仕方がない。 大学からの帰り道、この公園でアミカちゃんに会えるからだった。 僕は自転車を止めて鍵をかけ、周囲を気にしながら公衆ト…

no image
寝取らせて妻の潜在的淫乱な心と体を引き出す事に成功した

半年程前から、私は妻に「3P やってみない?」と言い続けていました。妻は「何考えてんの」「なんで?」と聞くと「私が見ず知らずの男とHしてるところ、見たいの?」「見たい!3Pをきっかけにして、チンポコが元気になるかもしれないし、お前に対する愛情も確かめたい」「バ…

no image
秘密基地

小6のとき、社宅に住んでいた。社宅には独身棟があって、昔は寮母さんまでいたが、その時はすでに廃止になっていた。同級の女の子が一人いて近所に同世代がいない者同士よく遊んでいた。ある日、独身棟の非常階段で遊んでいるとき鍵が開いているのに気付いた。中を探検し、自…

no image
兄の射精

まあ妄想ばかりは激しいです。ひとりで部屋で保健の教科書とか家庭の医学とかじ~っと読んだりね!男性器がどうとかそのへんが載ってるあのあたりね!彼氏はいたけどでもそのへんの地を出すのがなんか怖くて。まあそんなせいかどうかわからないけどしばらく付き合ったけど別…

no image
妹の友達

妹の友達が遊びに来ていた。夜も遅くなったので、泊まっていく事になったのだが、俺は妹とその友達と3人で遅くまで酒を飲みながら、話していた。妹は酒に弱いので早く寝かそうと、飲ましたら、先に部屋に戻ってぐっすりと寝てしまった。俺は妹の友達に酒を飲ませながら、Hな…