エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

近所の奥さんの手コキ

   


女友達じゃないけど、近所の奥さんに手コキしてもらった事はあるよ
その奥さんは30代後半でちょっと松下由樹ににてる。乳はそんなに大きくないけど。。
その時、俺はジョギングの帰りで、たまたま犬の散歩をしてた知り合いの近所の奥さんと
遭遇して、ついでだからその散歩に付き合った。途中、いつもの散歩のルートらしく駐車場
に入った。2,3分ぐらいそこでなんだかんだしゃべっていた中、急に俺は小便がしたくなっ
てしまった。まだ家までは10分ぐらいあるしもう漏れそう。。俺は意を決して、奥さんに「ちょ
っと立ちションしてもいい?」といった。すると、「いいわよ。おばさん見ないから」といって後
ろ向き、俺はその場でチンポをさらけ出した。さすがに小便中ちょっと緊張して半立ちしてし
まった。俺は「やべっ」とつい声に出してしまった。するとおばさんが急に「どうしたの?」と
振り返ってきた。

俺は目が点になった。おばさんは「あっごめんね。もう終わったのかと思
ってたから。」といい、「○○君のアソコ初めて見ちゃった。」といわれた。俺は気が動転して
「見た感じどうですか?ちょっと立っちゃてるけど」というと、「え、私で勃起してるの?うれし
いわね。ちょっと恥ずかしいけど、、でも本当に硬くなってるー?」といってきた。
俺は「本当ですよー。なんならチェックします?」というと、奥さんは「チェックって触ってもい
いって事?でも緊張するなー、若い子のアソコなんて触った事ないから。」といい、連れてた
犬のロープを近くの木の枝に引っ掛け、「じゃあお言葉に甘えて、触るわね」といった。
まずは、指先でおそるおそる亀頭をツンと触ってきた。もうおれのチンポはカチコチ、、、
奥さんは「本当にパンパンね。なんかこのままにしておくのもかわいそうのなかなー。」とい
ってきた。

俺は「なんか期待しちゃいますよ、そんな事言われると」というと、「コレだけ大きく
してくれたんだから、手でだけならサーヒ゛スしてあげるよ。」といってくれ、俺のチンポの根元を
強く握り上下にシコシコしてくれた。まじで快感だった。奥さんは「どうかな、あんまり上手じゃ
ないけど気持ちいい?」といってきたので、俺は「最高ですよー」と答えた。
やがて、最高潮に達した俺は、手コキのピッチを上げてきた奥さんに「出ます!」といい正面
の壁に射精した。意外と量が出たので、奥さんもビックリしていた。でも奥さんは射精した後
も俺のチンポから精液を搾り出すようにじっくりしごいてくれた。

そして、持っていた小さいハン
ドバッグからポケットティッシュを取り出して、左手で俺のチンポを掴み、きれいに拭いてくれ
た。奥さんは「はい、もう終わり。もう満足してくれた?」といってきたので、俺は「大満足です。」
と答えた。奥さんは俺の履いてたズボンまで着せてくれ、最後に亀頭をツンと触って、俺の
チンポをズボンにしまってくれた。俺は「またシコシコとかしてもらいたいなー」とジョークでいう
と、「だいたいこの時間ならお散歩してるから、勃起しちゃったら声かけてもいいわよ(笑)」
なんてジョークで答えてくれた。
その後俺と奥さんはちょっとエロトークを交えて帰路についた。


 - 未分類 , , , , , , , , ,

  関連記事

no image
女孔明

中学生の時の体験を投下。修羅と言う程の激しさがあった訳ではないし、恋愛要素も極めて低いのでかなり物足りないかもしれないが、14才で幼かった当時としては衝撃的な出来事という事で許して下さい。私代・・・14才女美・・・14才・私代とは違うクラス、T先輩が好き…

no image
見せる

私は38歳 ごくごく普通の主婦です、結婚して12年 男の子2人主人は12歳上の50歳とってもスケベで優しい人です、でも最近は回数が減り月2回がやっとです、子供が男の子なのでワンパク盛りで言う事を聞かずストレスが溜まり ついセックスで紛らわそうと思いますが主人が応え…

no image
ふうふふふふh

 長岡タクシーは、すぐに見つかった。旅館と同じ通りに面しており、50メートルも離れていない。 だが。 旅館から長岡タクシーまでの道はブロック塀に挟まれており、、雨を回避できるような屋根や軒下が無かった。そのうえ、傘は昨晩壊れて捨ててしまったので、その50メー…

no image
快楽特急「イケメン」行き

付き合ってた彼女が男と歩いてるのを偶然発見。俺は久々の営業でラフな格好からスーツに変わってるから目の前から歩いて来ても男に夢中で全然気が付いてない。腕組んじゃってイケメンとトキメキ会話中orz通り過ぎた後メールしてみた。【今日は営業で外回り、あちぃねぇ!美香…

no image
薄着のお母さん

出張に行ってきました。博多から在来線の特急に乗りかえて、とある地方都市へ。帰り、博多までの特急の車中での事です。僕の席は窓側で、隣は空席。通路をはさんで反対側の席には、2才ぐらいの男の子を連れたお母さんと、お婆ちゃんの3人組。お母さんは、サマードレスとい…

no image
Hな告白や体験談ブログ 2015-05-02 16:17:04

 40歳のTです。少し前に高校時代の同級生Kと彼の家の近所の焼き鳥屋に行った。店はこじんまりとしていて、カウンター5席、ボックス4人がけが3テーブルぐらいだ。おばちゃんが一人でやっていて、いままでに何度か行ったことはあるが、いつもおっちゃんたちのたまり場のようになっていた。 だけど、この日はちがって、おばちゃんの友達らしき熟女が一人でカウンターで飲んみながら、おばちゃんと話をしていた。オレたち二人

no image
僕の風俗体験日記

1996年、春。隆志はとある高校を卒業した。受験に落ちた隆志と、大学に合格した友人である健太郎は、とあるたくらみを企てていた。「なあ、健太郎よ。俺らはついに高校3年間で童貞捨てられなかったよな・・。」「ああ、そうだな・・。」 3月とはいえ、まだまだ冷たい…

no image
けんじくん

同い年の従兄のけんじ君と仲良しで土日はいつも遊んでいた。けんじ君は本家の内孫で、私達家族が行くのをいつも毎週楽しみにしていた。私達はいつもふたりでおじいちゃんの仏間で遊んだ。私とけんじ君はいつも一緒だった。小5の頃、ある日、私がリカちゃん人形で遊んでいると…

no image
漫研のA美先輩

「ほんとにやるんですか、先輩・・・」上半身裸の僕はジーンズのベルトに手をかけたまま、A美さんに尋ねた。「当然でしょ、約束は守ってもらわないと」暖を取るためストーブを焚いたせまい部屋の中、椅子に腰掛けたA美さんは腕組みしながら言った。その姿勢のせいで、彼女…

no image
ミキの成長

小、中、高と同じクラスだったミキは凄かった。小学校4年くらいから明らかに他の女子より膨らんでいるのがわかった。俺は家が近かったのもあり、ミキと仲が良く、マラソンの時は一緒に走った。横を見ると、この世の物とは思えないほどブルンブルン揺れているミキの胸俺はずっ…