エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

けんじくん

   


同い年の従兄のけんじ君と仲良しで土日はいつも遊んでいた。
けんじ君は本家の内孫で、私達家族が行くのをいつも毎週楽しみにしていた。
私達はいつもふたりでおじいちゃんの仏間で遊んだ。私とけんじ君はいつも一緒だった。
小5の頃、ある日、私がリカちゃん人形で遊んでいると
けんじ君がガンダムのフィギアを持って部屋に入ってきた。
私は急に、自然に夫婦ごっこがしたくなった。
けんじ君に「けんじ君は旦那様だから上手に話してね!」と指示をした。
けんじ君は言うことを聞いた。「あなたお帰りナサイ。お風呂にしますか?お食事にしますか?」
けんじ君が黙っていると私が「じゃあ、あなた。お風呂にしましょうね。
私が服を脱がせてあげるわ」そう言って、着てもいないガンダムの服を
リカちゃんの手を使って脱がせる真似をしました。
けんじ君は「恥ずかしいよ。」とモジモジしました。
「駄目よ。あなた。旦那さまなんだから、私が体を洗いますわ。」

そう言ってリカちゃんの手を持ってガンダムの体を洗う真似をしました。
そして体を拭くフリをして「次は食事にしましょう。」と言いました。
でも私は少し変なことを言いました。「裸でご飯を食べましょう。」
けんじ君は「うぅ・ん。」とびっくりしながらもデレデレして言うことを聞きました。
私はリカちゃんを裸にしてダイニングに座らせました。
リカちゃんマニアだった私はダイニングセットもベッドルームもほとんど持っていました。
「あなた。ご飯の後は寝ましょう。」キッチンからベッドルームに来させると
ベッドに寝ようと言いました。今度はけんじ君も楽しそうです。
「あなた。好きよ。」私はリカちゃんをガンダムの上に乗せて
「あん。あん。あなたーーーーー。」と体をクネクネさせました。
するとけんじ君が「たえちゃん。好きだよ。たえちゃん。好きだよ。」
と今度はガンダムを上にさせました。私はガンダムの口にリカちゃんの唇を持っていき
「あなたチューして。」「あん。あん。」と言いました。
けんじ君が激しくガンダムの体をくねらせながら何度も「たえちゃん愛してるよ。」と言いました。

私はお兄ちゃんが友達と話していた言葉を盗み聞きしていて
どうしてもそれを使いたくなりました。「けんじ君。私とセックスしましょう。」
「私たちセックスしましょう。あん。あん。あん。」ともだえるように言いました。
けんじ君も「そうだね。たえちゃん。セックスしよう。セックスしよう。」と興奮気味に言いました。
ふたりで「気持ちいいね。」「気持ちいいよ」と言い合いました。
よく解からないまま、二人は興奮しながら裸のリカちゃんと
ガンダムフィギアの体をもつれ合わせました。

しばらくすると、おばあちゃんに呼ばれたので私達は慌ててこの遊びを止めました。
私は「これはふたりの秘密だから誰にも言っちゃ駄目!だからね」と言い、
けんじ君も「うん。秘密な。でもまたやろうな。」と言いました。
その後私が遠くへ引っ越してから私達は19歳になるまで会いませんでした。
再会した時、私達はお互い付き合ってる人がいて「私たち子供の頃イケナイ遊びをしてたよねw」
と笑いながら語りました。けんじ君は「俺ずっとたえちゃんの事好きだったんだからな。」と言いました。

今の彼女もたえちゃんに似てるから好きになったんだぜ。」
と言って写真を見せられました。
確かに言われてみると何となく私に雰囲気が似ていまいました。
彼女もいっしょに会うと「やっとたえちゃんに会えて嬉しい」と言われました。
ドラマみたいな話だけど、けんじ君は「子供の頃すきだった従兄妹」
として私の話しを繰り返し話していたそうです。

後から「俺はずっと、たえちゃんと付き合いたかった。」と言われてびっくりしたけど
私はそのことは遠い思い出だったので意外でした。
そして何より、あんな卑猥な遊びをしかけた私を好きになるなんて
そうとうど変態なのね…。と思いました。
でも多分私達従兄妹はすごく相性がいいと思うので、
今25歳だけどまだお互い独身だからいつかセックスしてみたいなと思います。:゜(。ノω\。)゜・。。

私、そうとうエロいかなー。



 - 未分類 , , , , ,

  関連記事

no image
★昼間の人妻の男アサリ

 世の既婚男性の旦那さん方、あなた達の妻が昼間、なにをやっているかご存知ですか?ある出会い喫茶の日常は、30~40代の人妻さんが一時の出会いを求めて、いやらしいことを他の男としているのですよ。  他の男のために化粧をして、胸元が開いたいやらしい服(もちろん下は触られやすいミニスカ)を着ています。ミニスカの奥には小さな陰毛がはみ出しそうな、またはスケスケのTバックパンティーをはいて、今日も見ず知らず

no image
混浴で熟女に囲まれた僕

大学を出て就職1年目のまだ僕が22才だった頃の話です。僕は東京で会社に採用されて、そのすぐ後に福島県の営業所へと配属されました。そこでの僕の楽しみと言えば当時買ったばかりの車で40~50分のところにある露天の温泉に週末1人で行く事くらいでした。ある時、いつ…

no image
課長さん

不倫と言う事ではありませんが、私の体験をお話します。当時私は24才で結婚して半年の人妻です。家計の足しと思い派遣会社に勤務してその紹介で某商社に勤務する事になりところがその会社の課長さんは歳は50才でかなりの女好きなのです。仕事中にも私の胸の谷間を見たり…

no image
妹と俺と時々母さん

俺が小学校にあがる前、結構歳行った母さんが妊娠して妹が産まれた。その前には弟が産まれるはずだったんだけど、母さんは俺がまだ小さい頃に脳梗塞で倒れて、弟が腹に入っていた時も家の事は一人でやっていたために腹に負担が掛かって6ヶ月で死産した。妹が産まれた時母さ…

no image
修羅場の話

友達の話だけど、間違いなく修羅場だったので投下します。彼  当時22歳 大学四年生彼女 当時20歳 専門学校生(トリマー科?)出会いは彼のバイト先に、彼女が友達と遊びにきていて、彼に一目惚れ。そのまま告白され、彼女のかわいさに彼も惚れ、付き合うことに。彼女…

no image
会社の倉庫で新人♂と

前勤めてた会社だけど倉庫で新入社員の♂を食べちゃったことあるYO最後には逆に食べられたけど「誰か来るかもよ?」なんて言ったけど言った自分の方がかなり萌え短い時間の間に3回はイキましたw当時私は会社の人事担当新入社員の健康診断の手配やら入社手続きやらで接すること…

no image
交差点 vol.1

俺が二十歳の頃。デザイン学校を卒業して、一年ブラブラし、ある会社に就職した。企画物のグッズや小物の制作会社で、オープニングスタッフを募集してるとか何とか。そこで面接して、あっさり決まった。20~23歳くらいの同じような歳の連中が集まった。俺を入れて男三人、女…

no image
外国人妻

川崎には路地裏でいろんな女が立っていたが、おととしの冬のこと。深夜にレンタルビデオ店にCDを返しにいった帰り、ひとりの女が寒そうに立っていた。いつもの女たちかな?と思って、金もないし目を合わさないようにして通ると、案の定声をかけてきた。「お兄さん、フェラ…

no image
放物線

 以前、外食産業に勤めていたときの新入社員歓迎会の話しです。エリアマネジャー、店長、その部下を含めてその地域の全社員総勢20名で居酒屋の2階を貸しきって歓迎会を行ったときのことです。エロい話しは全くありませんのでご容赦下さい。登場人物酒にOマネジャー(熱い…

no image
キャンプ場でノーブラな彼女

何年か前の夏に友人カップル6名とバーベキューに行った時の話し丹沢にある大きなキャンプ場は夏休みシーズンともあり家族連れなどでたいへんな賑わいでした。自分の彼女は体が細い割りに胸が大きい、いわゆるやらしい体つきをした自慢の彼女です。準備をしている時もタンク…