エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★研修後の修学旅行の夜事のい思い出

   

.
.
.
.
.
2015/09/29(火)
 私は35才、今から20年前の話です。 私は就職していましたが、5ヶ月の研修があり、その最後に修学旅行が一泊でありました。場所は宮島でした。夜の宴会が終わり仲間五人とホテル地下のラウンジで飲んでいると、私たちと同年代の女性2人が新たにラウンジに来ました。

 2人ともホテルの浴衣姿で色気がありました。1人はとびきりの美人でもう1人はどちらかと言えばぽっちゃりなブス、当然私たちはみんな美人の方に興味をもち、接近しましたが、私は一人ぽっちゃりなブスにアタック! 直ぐにラウンジからの連れ出しに成功!
 でも部屋に連れて帰るのは無理です、私は考えました、宴会が終わって片付けたばかりの宴会場が頭に浮かび宴会場に連れて行きました、宴会場は朝食の準備がしてあり綺麗に片付けてありました。 ぽっちゃりなブスの子と思っていた子もよくみると可愛く見えてました、

 私が座布団の上に寝かし、浴衣の襟から手を入れて柔らかいオッパイを揉むと「やさしくして」と声が漏れてます、すぐに浴衣の腰ひもを取り、パンティとブラだけにすると以外にもスタイルいい、ウエストはシマリ胸は大きい、ブラを外すと大きなピンクな乳首が出てきて思わずしゃぶりつくと「嬉しい嬉しい」と言って私の頭を胸に押さえ付けてきた、

 何が嬉しいのかと聞くと、いつも美人の友達の引き立て役でモテなかった自分に最初からアタックしてくれたのが嬉しかったとの事、私は彼女が凄く可愛く思えた、パンティを取ると気持ち程度しか生えていないのでピンク色のあそこから透明の液体が流れているのがわかった、

 私が口をつけ液体を舐めて舌をオメコの中に入れるように愛撫すると「久しぶりなの」と言い、私の頭を自分の股に押さえ付けてくる、私は液体を一滴も残さずに舐めた、今度は私のもしゃぶって貰う為、バンツを下ろし彼女の顔の前に勃起してカチカチになった物を出した「えっ大きい」と言いながら濃厚なフェラが始まる、

 これが凄く上手い約10分、シックスナインの体勢でお互いの性器を舐めあった、私も我慢の限界になり彼女を座布団の上に寝かせ正常位で合体、彼女「凄い気持ちいい、激しくして」と言いながら私にキスを求めてくる、私は唾液を彼女の口の中に大量に流しながら腰も激しくついた、酒が入ってるせいか、長くもった、今度はバックから突きまくった、

 すると彼女は「いく~」と叫び、身体から力が抜けるような感じになった、いったのだろうが、私は腰を突きまくった、やっと私も最後を迎え、彼女に中に出すよと聞くと「中に出すのは止めて口に出して」と言うので口に大量に出すと彼女は全部飲んでくれた(^O^) セックスが終わり色々な話をした、

 彼女は警察官だった、見知らぬ男性とのセックスも男性の精液を飲んだのも初めてで、セックスでいったのも初めてだそうだ、彼女が言うには旅行と飲酒で解放感があり大胆になったと言っていた、凄く彼女が可愛くなり、また抱き締めた、今度は彼女が積極的になり、終わったばかりで小さくなった、

 私のモノをパンツから出してフェラしてくれた、直ぐに元気になり、二回戦さっきのようにバックから突きまくったら、五分で彼女は「いく~」と言って腰が砕けた、私は彼女の腰を支えて後ろから突きまくった「またいく~」と直ぐに腰が砕けた、

 私は彼女の腰を支えて後ろから突きまくった「いく~ダメ~いく~」の声に合わせるように今度は彼女の膣内に放出してしまった、全てが終わり、中に出した事も許してくれた。 それからまた色々な話をした、

 彼女、「こんな気持ちいいセックスは初めて」このまま別れるのは嫌だと言って私の連絡先を聞いてきた、携帯のない時代だったので、職場の番号を教えた、が私には妻子がある、もったいないような気がしたが、その後、職場へ何回か電話があったが無視した! 後から仲間の話を聞くと美人の子は固くて何もできなかったとの事だった。

↓他のHな体験談を見る



.
.
.
.
.

 - 会社員の体験談 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★JKと禁断の援交を体験しました

 若い子が好きな俺です。若いってよりロリ系が好きなのですけどね。今はお金でJC・JKとエッチが出来るので良い時代ですね。5年前に援友のJCから「後輩で可愛い子いるから」と誘われました。写メみたら普通な感じの子でした。会ったら小柄で細くて可愛い系で、当時は髪も染めてないしメイクもマユも弄ってないアヤカでした。 紹介料も含めると結構な金額になりましたが、アヤカの処女を貰えるならと出しました。でもホテル

no image
★社員旅行で女子社員とSEXしました

 今から10年ちょっと前の話…当時、26で体育会系のノリの会社に勤めてて、社員旅行である温泉に行く事になった。社員は20人ぐらいの小さな会社で、女子社員は20代が6人、社員同士で付き合ってるのも居たけど全員未婚だった。 その中でも抜群に可愛かったのが陽子(21歳、比嘉愛実似)で、狙ってる奴もたくさん居た…旅行はバスの中から宴会で、陽子は俺の隣に座ってた。少しすると全員酔っ払い始め、陽子の隣に居た俺の同期の奴が

no image
★嫁を朝いきなり襲って犯してみた

 昨晩、些細な事で嫁とケンカした。私が頼んだ用事を見事に忘れた事に腹を立ててのケンカだった。今考えると大人げなかったと思うが、その時は腹が立って仕方なかった。いつもなら11時過ぎに嫁と一緒にベットに入るのだが、昨夜は私が先に寝てしまった。1時間くらいしてから嫁もベットに入って来たが、端の方で私に触れないように寝ていた。 そのまま朝になり、私は出勤の為に起きた。いつもなら嫁はまだ寝ている時間だが、昨

no image
★外資系の客室乗務員と至高のSEX

 恵美と知り合ったのはメールでだった。アメリカ在住、44歳、外資系の客室乗務員をしているとのことだった。写真が好みだったのでアプローチしてみたら、見事返事があったのだ。それでもアメリカ在住なら、日本で会うチャンスはないだろうと思いながら、やり取りをしていた。 スラッっとした体型はとても44歳にはみえず、ましてや子供がいるとは思えない清潔感漂う女性に見えた。写真からは笑顔が素敵だったので、さわやかな雰囲

no image
★美人な女性は心がトキメキマスね

 24の時に転勤による新しい配属先で出会ったH美さん(当時46)。美人・・と言うタイプには、程遠い感がありましたが清潔な感じの女性で、何よりも私の目を引いたのはその大きなバスト!!しばらく女性と接していなかった こともあり、クラクラ来てしまいました(笑) 転勤後、まもなくH美さんが女性トイレでコンタクトを落とし、一緒に探すのを手伝ったのですが・・H美さんは胸元が大きく開いた服を着ていたためこちらを向くたびに胸が

no image
★一人旅先の混浴風呂でのエロな出来事

 以前、北海道へ一人旅をした時。ある無料露天風呂に入ったときの事。温泉に入ろうとした時は昼間にもかかわらず先客が無く私一人の貸切状態でした。しばらくすると女子大生位の子が2人入ってきました。そこは混浴でなおかつ脱衣所が無いので私の存在を知って退散するのではと思ったら、意外や意外。タオルで隠す事無く堂々と服を脱いでいるではありませんか。 逆に私の方が恥ずかしくなる位でしたが、彼女たちは私に「失礼しま

no image
★素晴らしい女子高校生の体を堪能

 以前勤めていた会社でバイトをしていた、JK3の涼子ちゃんとハメハメしちゃいました。涼子ちゃんは会社ではアイドル的存在で顔も可愛く人気がありました。私は転職したんですが、ちょこちょこ涼子ちゃんとメールをしていましたが、最近忙しくてメールもご無沙汰でした。 そして先日、久しぶりに涼子ちゃんからドライブに行きたいとメールがありました。仕事も落ち着いてきたし、たまには気晴らしするか!と言うことでドライブ

no image
★元妻の赤裸々な体験がSDメモリーに

 元妻と離婚して5年が経ちました。離婚して元妻の持ち物は、すべてなくなったはずでしたが私の車のトランクポケットに、元妻のポシェットが見つかりました。妻が置き忘れたのか、隠していたのかはわかりませんが、その中にアクセリー小物とSDメモリーが入っていました。 SDメモリーの中には離婚に至るまでの元妻の赤裸々な体験と、心体の変化が日誌として残っていました。高校の同級生のスナックを手伝いだして2ヶ月、仕事

no image
★職場の飲み会で打ち解けて・・

 職場の(複数の部が合同)飲み会で、業務の話しかしたことが無い女性と隣り合わせになった。最初は話が全然弾まなかったものの、学生時代のクラブが同じだった事が途中で分かり、俄然盛り上がった。一次会が終わり、二次会の店(カラオケ)に向かう途中で『一曲歌うぐらいだろうね』との問いかけに少し真顔の顔で『別の店に行く?』と答えてきた。 こちらの『行こうか?』には答えず腕をくまれ、二次会の店と逆の方向に歩き出した。

no image
★会社行事で嫌な女とキャンプに

 2年位前の夏かな。会社の行事で威哥王キャンプに行ったんだ。女が2人、男が13人くらいか。女は2人とも20代だったけど、男のほうはみんな30以上。俺も含めて3人が独身で他はみんな妻子もちだった。 今までこういう行事があったとき、女は1人しかいなかったので参加したことはなかったんだけど、その年の春に入ってきた女の子が参加したいということで、もう1人のほうも半ば頼まれる形での参加になった。