エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

一恵さんと僕(2)

   

29 9月

2015年09月29日 03:05

カテゴリ

一恵さんと僕(2)

一恵さんが僕から体を引きはがし、僕の腹の上で膝立ちになった。
一恵さんの中心からポタッポタッと白いものがたれて僕の腹の上に落ちた。
一恵さんがティッシュに手を伸ばし、自分の中心にあてた。
それを足で挟むようにして僕の横に座ると、僕の腹の上に落ちたそれをティッシュで拭き取った。
「あの、一恵さん。」「うん?」「ナカに出しちゃったんですけど。」「そうだね。」
「大丈夫?あの、まだ学生だし。」「ああ、たぶん大丈夫だから。今。」「ふーん。」
「あきら用意なんかしてないでしょ。」「、、、うん。」「大丈夫だから心配しないで。」
「、、、うん。」「それに、初めてなのに直接じゃなかったら可哀想でしょ。」「、、うん。」

二人でシャワーで汗を流した。
一恵さんの中心を良く見せてもらった。不思議なものだった。
『この中に僕のが入ってたんだなー』と思ったらなんか不思議だった。
お互いに流しっこして洗いっこしてるうちにまた元気になった。
「すごい、また元気になったねー」と一恵さんは嬉しそうにした。
「入れていい?」って言うと、「うん。」って言ってバスタブの中でヘリに手をついた。
そして水着のラインも鮮やかな丸いお尻を僕に向ける。
その中心には菊の花のような部分の下にさらに不思議なピンクの唇があった。

僕はそれを見てさらに元気になり、本能のままに自分のものを無我夢中でそこに突き立てた。
ニュルっとした感じがして僕のは一恵さんの谷間をスルっと抜けた。
どうやら思っているのとは入り口が違うらしい。
すぐに一恵さんが後ろ手に僕のを掴むと、尻を動かして僕のを導く。
「ちょっと腰を落として、そう、そこから斜め上にあげて。」
僕が言われたようにすると、僕の硬くなったものがムニューっと収まった。
『気持ちいい!』さっきのとはまた違った感触が僕を包んだ。
僕の裏側になんかザラザラした感触があたり、先端はなにかに引っ張られているようだった。
一恵さんが僕の根元をギュッと締め付けて来た。

僕は動物的本能で白い尻を両手で掴むと、何度も何度も腰を打ち付けた。
ペタペタという音と、それにつれて「あ、あ、」という声がバスルームに響いた。
一恵さんが僕の片手を取って自分の胸に持って来た。
求められるままに僕は動きながら一恵さんの胸を揉んだ。
一恵さんの声が「あ、あ。」という小さな声から「あーん、あーん」という長い大きな声になった。
見下ろすと一恵さんのすべすべした背中とくびれたウエストからぐんと張り出す白い尻。
そしてその白い尻の中心に僕のものが突き立てられて何度も出入りしているのだった。

その光景を見て僕のはさらに大きくなったような気がした。
一恵さんの中に収まりきらず中で破裂してしまいそうな気がした。
僕は再び一恵さんの丸い尻を両手で掴むと、ナカに出し入れする速度を速めた。
一恵さんに出入りしている僕の根元で快感が爆発した。
「一恵さん!」と叫んで動きを止め、尻にぎゅっと指を立てて目をつぶる。
一恵さんは僕をぎゅっと締め付けて、そのまま待ってくれていた。
僕の硬いものが脈動して愛の証が一恵さんのナカに再び放出された。何度も何度も。

嵐が過ぎると、僕は立っていられなくなり、自分を抜き取るとバスタブに腰掛けた。
一恵さんも振り向いて向かい合うように腰掛けた。
ちょっと小さくなった僕の先端から、まだ白いものが染み出て来ていた。
一恵さんのあそこを見ると白いものが中心で光って、時々ポタリと落ちていた。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★夜の営みでは夫はバック好きです

 付き合って四人目の人と、32歳の時(二年前)結婚しました。でも私は今まで付き合ってきた人が心ない人ばかりで、エッチにはかなりのトラウマがありました。最初に付き合った人と、三番目に付き合った人に、「なんか、おまえのって今まで付き合った中で緩い」って二人にも言われちゃったんです。 それから自分の体じゃダメなんだって、彼が気持ちよくないんじゃないかってエッチに集中できなくて濡れなくなり、彼の性格も嫌だっ

no image
朝のお天気お姉さんが

先週金曜は残業があって、その後社員の女友達と飲みに行った。女友達はおれと同い年、24歳の彼氏持ち。2時間くらい飲んで結局そのまま店出て別れたんだが、正直そいつのこと前から結構好きだったから、彼女のにおいとかが良くて、家帰ったら速攻オナニーしようって思って…

no image
★縛られての拘束プレイの体験談

 はじめまして、みかんです。この間「今日は、違うところに行ってみよう」と、彼氏に連れられて、いつもとは違う、海沿いのラブホテルに行きました。いつも行ってる所より高いし、なんで彼はそんなこと言い出したのかな? と思いながら部屋に入ると、その部屋には、なんと鎖で繋がれた手枷と足枷がついてる椅子が、ドーンと置かれてる…「おー、拘束椅子が置いてあるってほんとだったんだ~」と喜んでる彼。どうやら知ってたみた

no image
主婦と混浴

40年程前、青年団の旅行で宿泊した温泉旅館での体験談です。旅館には男女別の小浴場と混浴の大浴場がありました。 宴会も終わり同室の男4人で混浴の大浴場に、同行の女性団員も宿泊していたし、何処かの町の婦人会も宿泊していたし、 少し期待して行ったのですが、待てど…

no image
★レイプされたお爺さんと続いて・・

 こんにちは私は麻美といいます。私は帰り道に犯されました。それも60くらいのおじさんに犯されるとは、予想だににしなかった。私は友達と別れいつものように帰っていました。しかし後ろから誰かにつけられているんです。私の住んでいる所は田園風景が広がり街灯も少なく、 しかも近所なんてkm単位でしかないだから、叫んでもこだまが帰ってくるだけなので、不審者がいても耐えるしかない。私もその時も耐えてはいたのですが

no image
人助け

会社の取引先に勤めていた女(A子 26歳)であったが、その取引先でも非常にガードが固く有名であった。顔は普通、スタイルは中々良い感じであったが、噂どおりガードは固かった。取引先の人たちと飲む機会に恵まれ、A子も来ていた。飲み会が終り、2次会に行く人は2次会へ、…

no image
上司に仕組まれたスワップ

会社の人事移動があり、課長に昇進した私は、専務に自宅での祝賀パーティに誘われました。当日が来まして、私たち夫婦は専務の自宅へと向かいました。私は30才、妻24才で子供はまだいません。妻はB92W59H85で街角では誰もが振り返る美人です。私もそれが楽しく、わざと派手な…

no image
まだ一緒だった頃

夏の終わりの涼しさが肌寒くも感じる明け方。彼の部屋の扉から寝ている彼を見た。部屋のなかは窓からの光が入り青く明るかった。彼は熟睡していた。そっと忍び込んで横に寝てキスをした。ぷくっと柔らかい唇を私の唇で挟むみたいにやさしくキスして・・・しばらくして彼は気…

no image
★熟女さん達の「おもてなし」に精子が枯渇

 大学を出て就職1年目のまだ僕が22才だった頃の話です。僕は東京で会社に採用されて、そのすぐ後に福島県の営業所へと配属されました。そこでの僕の楽しみと言えば当時買ったばかりの車で、40~50分のところにある露天の温泉に週末1人で行く事くらいでした。 ある時、いつものように僕がお昼過ぎくらいの時間から1人で露天風呂に入っていました。そこは温泉の湯の表面に湯の花と言われる玉子スープのような白い泡がプカプカと

no image
泥酔いした同僚OLをお持ち帰り

 先週泥酔した同僚をお持ち帰りしたよ。そんなに美人では無いし、華奢で貧乳あまり期待せずに、お持ち帰りしたけど絞まりと悶えっぷりは、よかったな。では、稚拙な文章ですがお付き合い下さい。