エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

狙われた彼女11

   

29 9月

2015年09月29日 00:05

カテゴリ

狙われた彼女11

一階に下りてきた沙織はまっすぐに私の隠れていたトイレのところまできた。
沙織がトイレのドアを開ける。ドアを開けて私を見つけた沙織は、「○○…。ここにいたんだ…」とつぶやいた。がっかりしたようなその声のトーンに、私は否応もなく気付かされてしまった。沙織は私じゃなくて、先輩2がここにいることを期待していたのだ。さっきまで覗いていた沙織の痴態…。あれは本気で嫌がってなんかいなかったのだ。冷静に考えてみれば当たり前だ。いくら私に呼ばれたからとはいえ、レイプした相手がいるところへのこのこ来るわけがない。二人きりになるようなシチュエーションを受け入れるわけがない。恐らく沙織は心のどこかで望んでいたのだ、またあの日のように犯されることを。二階のトイレで先輩3を見つけたとき、きっと沙織の心は高鳴った。無理矢理犯されてしまう自分の姿を想像して、すでにうずいていた。襲われて、形だけの抵抗はしたのかもしれない。けど心の中では先輩との激しいセックスを望んでいた。
私の家で、すぐそばに私がいるのに、声を押し殺しながら先輩の欲望を受け入れていたのだ。声を上げて私に助けを求める気なんてさらさらなかった。ただ先輩に荒々しく突かれる快感に身を委ねていたのだ。

トイレのドアを開けて私の顔を見つめる沙織の顔は無表情だったが、さっきまで犯されていたからなのか心なしか上気して、普段の彼女より一層きれいに見えた。
「沙織…」
なんて声をかけていいかわからず、彼女に近寄り手を握った。沙織の手はしっとりと汗ばんでいた。
「○○。見つけられたから二階で待ってて。私先輩2さんを見つけてから戻るから…」
私の手を握り返しながら沙織が言った。少しだけ笑い顔を見せる。私が知っている、いつもの沙織の表情。さっき先輩に犯されているときとは全然違う清楚な表情…。沙織、そんな顔をしながら君は、私を二階に追いやって先輩2と二人きりになろうとしているのか?私がいなくなった一階で、先輩2に抱かれるつもりなのか?悲しみ、憎しみ、嫉妬、後悔…。ありとあらゆるネガティブな感情が胸の中で渦巻く。ごちゃ混ぜになった感情が私を締め付ける。けれど私は、そのごちゃ混ぜの感情の中にどす黒い期待があることを感じていた。欲情が治まらない。さっき沙織の痴態を覗いたときからずっと勃起し続けていた。
「…わかったよ。二階に行って待ってる」
「うん。すぐ見つけて戻るから…」
握っていた手をそっと振りほどいて沙織は言った。トイレから出た僕を沙織はじっと見ている。その顔はまた無表情で、私の知らない顔になっていた。しばらく無言で見つめあう私たち。沙織は私が二階に上がっていくのを確認するまで、トイレの前から動こうとはしなかった。私が二階に上がっていくとき、沙織がちらっと私の股間に視線を送ったような気がした。私はまだ勃起し続けていた。そのことに彼女が気付いたかどうかはわからない。ただなんとなく気まずさを感じて、沙織の視線から二階へ逃げた。

下に戻るべきかためらいながら階段を上っていくと、そこには先輩3がニヤニヤしながら待っていた。
「○○、すぐ見つかったな」
話しかけてきながら、無言で私の部屋に戻るよう促す。先輩2のサポートをしようとしているのは見え見えだった。へらへらと下品な笑顔を浮かべながら「まいったよ。沙織ちゃんなかなか見つけてくれなくてさー」と言った。完全になめ切ったせりふだった。心の中で私のことをあざけり笑ってるに違いなかった。「お前のカノジョ、いただいちゃったよ」と。アホな彼氏をうまく騙しているつもりなのだ。頭の中がカッと熱くなった。

そこからの記憶はない。気付いたら私は血だらけだった。血だらけのカッターナイフを握っていた。いつの間にか一階にいた。視界の隅になにか真っ赤な塊が見える。一瞬気をとられかけたが、その塊に視線を送る気は起きなかった。私はただ目の前だけを見ていた。目の前に真っ赤に染まった沙織がいた。沙織の腹に、胸に、顔に、カッターナイフを突きたてながら、私は沙織に挿入していた。私も沙織もなぜか裸だった。沙織の中はいつもより濡れてヌルヌルしていて、でもそれが愛液なのか、血なのか、それともすでに射精してしまっている精液なのか、私にはわからなかった。そう言えば先輩も中出ししていたっけ…。それを思い出し、さらに力をこめてカッターナイフを突きたてた。柔らかくて刃が刺さるところならどこにでも突きたてた。突きたてながらひたすらにピストンを繰り返していた。何も考えられなかった。ぼんやりとした意識の中で誰かの悲鳴を聞いたような気がした。かまわずに腕を振り、腰を振り続けた。沙織、愛しているよと呟きながら。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
スワッピングパーティーで完全に浮いてた

かなり前の話だけどスワッピング(乱交?)パーティーに参加したことがあるそこはカップル限定のところで、おれは当時付き合ってたセフレを連れて行ったおれが35歳、セフレが30くらいだったかなちなみにその子はポチャ&ブスだったが愛嬌があってかわいらしく、何よりエロく…

no image
★もう一度体験したい笑い話

 ほんと笑い話のような出来事なんですが、夏の民宿での出来事です。友人夫婦と子供連れで海水浴に行きました。みんな日頃のストレス発散にほとんど寝ずに遊んだあげく、新鮮な魚介類に舌鼓を打ち、お酒もたくさん飲みました。 9時ごろには子供たちがダウンし、子供たちを寝かせに奥さんたちも部屋に寝に行き、ぼくと友人二人でお酒を飲んでました。多分11時をまわったころか、友達もその場で寝てしまい、食堂で寝かせるわけに

no image
★酒癖が悪い女房とヤクザとの話

 俺の女房は俺が言うのも何だが35歳で結構可愛い顔をしてる。だが昔、薬を使ったセックスをしてたらしい。数年前に本人から聞いたのだが、ヤクザの情婦と言うか厳密には単なるセフレと言うか奴隷なのかも知れんが・・ もう8年くらい前の話なので、俺は結婚してから聞いたのでそんなに気にもしていないのだが、10年前にそのヤクザだかチンピラだかに知り合ったらしい。(詳しいことは女房も知らんらしいが・・)

no image
高3処女

1月2日、カラオケボックスで女の子2人組をナンパした。同級生かと思った2人は姉妹。姉は都内大学生で、妹は静岡県内の高校3年生。姉の帰省で久しぶりに2人でカラオケに来たということだった。姉は保育を専攻で、見た目通りの大人しい印象だったが、妹は超ロングヘヤで…

no image
★エロを覚えさせた女性は今

 僕は女の子をイジメてもうだめーって言ってもらうのを、何より楽しみにしてます。今日、お伝えするユウは着かず離れずで、もう6年くらい合体トモダチ(笑)です。6年前は短大生だったユウも今じゃ、銀座と新地を新幹線で異動する売れっ子ホステスです。 素敵な女の子は若いうちから手塩に掛けておきましょう。そしたら、後で帰ってくるものが凄い大きいから。(笑)てのを、実感できる合体トモダチです。で、今日は“クラブのねー

no image
【AKB総選挙】あっちゃんと大島、涙の抱擁

第4回AKB総選挙】大島優子がセンター奪還!あっちゃんと涙の抱擁あっちゃんは大島を全然祝福してなかった。まゆゆに勝ってほしかった感が見え見えで、大島が勝ったと分かった瞬間、残念そうな表情でした。ま、当然でしょうね。自分を一度負かした憎々しい大島が負けて「ザマ…

no image
陸上部のかわいい部長

俺の所属している陸上部にはかわいいキャプテンがいたそいつを仮に岡村としよう。岡村はあまり胸は大きくはないが一生懸命走るとどうしても胸が上下に揺れてしまっていた。それを俺が見ないわけもなく・・・。他にも陸上のユニフォームからのぞいていた、しろいスポーツブラ…

no image
「何すんだよもう~、なぁんかさ~、へんなババアが…」

だいぶ前の話。私は実家の隣の県に進学して当時、一人暮らしをしてました。彼男とは大学のサークルで知り合いました。彼男は一浪でひとつ上。かなり遠くの県の出身の人でした。サークルのムードメイカーという感じで、とにかく明るい盛り上げ役。盛り上げるためならかなり下…

no image
芸者・奈津子

ワシは若い時から芸者遊びを覚えてしまった。お客に料亭に連れて行かれたのが事の始まりだった。そこで西川流の踊り手の奈津子と出会った。中々の日本的な美人でワシの好みにピッタリの女だ。料亭には若いお客が少ないとみえ、若いワシは結構モテた。奈津子とデキたのは三ヶ…

no image
6年前に援した人妻~からまさかの電話が

 すごい偶然なんだけど5,6年前に円した人妻と電話がつながった。当時33くらいで背が小さくやせ型で好みだった。しばらく定期で付き合っていたが旦那の転勤とかで別れた。その後自分も引っ越し、ふらっと入ったテレクラでこの人妻と繋がったんだから世の中狭いものだ。声に聞き覚えがあり、話すうちに向こうも思い出してきて思い出話に花を咲かせた。