エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

社員旅行で

   

以前元母との関係を書いた者です。

今回は10代の終わりに勤めていた会社の社員旅行での出来事を書きます。

社員旅行とはいっても10数人の小さな会社。
15人乗りのマイクロを借りて交代で運転し、伊豆のとある温泉街へ1泊旅行。

途中バスの中では酒盛り、観光巡りをし夕方宿に着いた。

国内じゃ有名な某系列のホテル。

仲居さんに部屋に案内され部屋に荷物を置き、汗だくだったので浴衣に着替えて温泉にでも・・・と、浴衣に着替えようとするもうまく着れない。

見かねた仲居さんが、「おにーさん浴衣苦手? おばさんが教えてあげるよ」と手伝ってくれたが、途中まで着たのに一旦全部脱がされてTシャツとトランクスのみの姿に・・・

そこで仲居さんに「おにーさん身体細いね〜」と言われボディータッチされてしまいちょっと戸惑いつつも「こうやって、こう」なんて浴衣を着せてくれた。

最後に帯を締めるときに仲居さんが立ち膝になったときに胸元が少し見えたので眺めていると「ど〜こ見てるの?」と言いながらオチンチンを握られてしまいびっくりしましたが、強弱をつけて2〜3度握られたら半立ちに。。。

仲居さんはすぐに「あら〜若いわね〜」と笑いながらまた握るので、「そんなことしちゃ他の人に・・・」と言うと「あとでね」と言い「これで綺麗に着れたでしょ?」と言いながらお茶を入れて部屋から出て行った。

3〜40分位後に先輩にタバコを買ってくるようパシリをさせられ廊下に出るとさっきの仲居さんがニコニコしながらこちらに歩いてきた。

目の前まで来て「どちらへ?」と聞かれたので「タバコを買いにフロントまで・・・」と言うと、「ちょっといらっしゃい」といって座布団などがしまってある部屋に通された。

部屋に入るなり「こんなおばさんで良かったら1発抜いてあげるわよ」とニタニタしている。

年のころ40代後半から50歳くらいでムチムチ系。

私は当時から熟女好きだったしヤリたい盛り。

仲居のおばさんと抱き合って濃厚にkissをし、着物の間から胸をまさぐり反対の手で着物の裾から太ももに手を伸ばすと「焦らないの」と言われトランクスを下げて勃起したオチンチンの先にkissをされた。

そのまま積んであった座布団の山に押し倒して着物の裾に頭を入れ、下着の上から舐めまくった。

おばさんは既に濡れており「入れていいよ 時間無いんでしょ?」と言われたので一気にパンティーを引き下ろすと紫で横が網のようなイヤラシイ下着だった。

「ゴムは?」と聞くと「もう子供できないからそのままおいで」と言われ頭がプッツンして脱がしたパンティーを頭に被り一気に挿入。

おばさんのオ○ンコはニュルニュルよく締まり熱い。

ものの数分で我慢できなくなり「イキそう・・・出してもいい?」と聞くと「溜まってるの一杯出しなさい」と言い思いっきり抱き締められ我慢できずにドクドクとオバサンの中に放出。

オチンチンを抜くとおばさんが舐めて綺麗にしてくれた。

一息付いた所で背後に人の気配を感じ振り返ると別の仲居さんが食い入るように見ていた。

するとその仲居さんは「アケミさんまた1人で若い子を〜 私にも!」と言ってこちらに寄って来ましたがアケミさんは「この子買い物の途中だから一旦部屋に戻さないと・・・ケイコさんはそのあとで・・・」と言い、ケイコさんは残念そうに「買い物終わったら散歩行くフリして上の階のここと同じ部屋に来て」と抱きつかれkissされた。

とりあえず着衣の乱れを直し倉庫部屋から人に見られないように注意しながら廊下に出ると急いでフロントの自販機でタバコを買って部屋に戻った。

先輩にタバコを渡し、何食わぬ顔でお茶を飲んでから「ちょっとホテルの中を散策してきます」と言い部屋を抜け出しケイコさんに言われたように1つ上の階に行き、倉庫部屋の前まで行き廊下に誰もいないことを確認し倉庫部屋のドアをノックすると中からケイコさんが顔を出し「待ってたわよ 早く入って」と引きずり込まれた。

部屋には客間用のマットレスが真ん中に敷いてあり置くにはアケミさんもいた。

ケイコさんは「用意して待ってたから回りくどい事は抜きにしてしましょ」と自分から着物を脱いだ。

アケミさんと同じようにケイコさんもムッチリ体型。

驚いた事に着物の下は何も着けていなかった。

ケイコさんの裸を見てオチンチンはギンギンに。

するとアケミさんは「あら〜若いわね〜さっきあんなに一杯出したのにこんなになって・・・あ、ケイコさんはまだアレがあるからコレ着けて」とコンドームを渡された。

コンドームを着けるとケイコさんとマットレスに雪崩れ込み、貪るようにkiss胸やオ○ンコを愛撫。

その間もアケミさんは私のオチンチンを強弱付けて揉んでいる。

「来て」とケイコさんに言われたので正常位で挿入。

「あなたいくつ?」と聞かれたので「19です」と答えると「こんな若い子久しぶりぃ」と抱きついてきます。

とにかくヤリたい盛り。

ガンガン突いてすぐに果てた。

アケミさんに「若いわね〜まだできるでしょ?」と言われ仰向けになった状態でフェラされる。

すぐに元気になり今度はアケミさんが上になり・・・

その後ちょっと休んでケイコさんともう1回。

夕食までにおばさん2人と4回もしました。

(つづく)

 - 未分類 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
事務員のおばさんと楽しい事しました

 事務員に 57歳に成る 太ったオバサンの高橋さんが居ます。新入社員の歓迎会を兼ねた 花見会が13日に有りました。二次会を出た記憶が有りません!朝4時過ぎに目が覚めビックリ!真っ裸のオバサンが俺に背中を向け 眠ってました!布団の中はザーメン臭く、俺も真っ裸で朝勃ちまでしてました。全く記憶がが無く そ~っと顔を覗き込みました! 事務員の高橋さんでした。

no image
寝取られたあげく悪者にされたが、一発逆転した話

大学生の頃、付き合ってた彼女がいた。付き合い始めの頃のスペック俺大学3年生、身長185cm、体重78kg 以下「俺」体を鍛えるのが好きで、学生の頃キックボクシングを趣味でやってたので体格よし。K-1ミドル級で出てた佐藤よしひろに似てるらしい。彼女高校3年生、身長160…

no image
★元彼の乳首へのナメナメで

 私は25歳OLです。私の今までの経験で最高のエッチの話を聞いて下さい。高校2年の時に付き合っていた彼と、一年ぶりに高校も卒業と言う事で、友人の男の子3人と女の子3人でカラオケに行く事になりました。 私はその彼にはふられてしまってから、一年近く片思いでいました。でも、一年の間に心も強くなっていて、きっとそんな私に好意を感じてくれたのかみんなと別れる時に「今週とか時間ある?」と誘ってきてくれました。

no image
彼は未だ元気でした  

一緒に趣味でやっているお花で知り合った彼(と言えるものではありませんが)に誘われ紅葉を見に彼の車で連れてってもらった帰り、突然彼は車ごと乗り入れることが出来るホテルに滑り込むように入ってしまいました。 私、こんな処に来たことなど無く最初は全く判りませんで…

no image
続・みっちゃん

「いや?美味しかった!これならいつでもお嫁にいけるよ!」み「本当ですか!?お兄ちゃんの…その、お嫁さんにも…なれますか?」「うんうん!大歓迎だよ!みっちゃんみたいな可愛くて料理の上手な子がお嫁さんならいつでもカムヒアだよ!」手を広げてオーバーアクションすると…

no image
双子の一線を越えた瞬間

俺が小学5年の時に双子の妹SとやったおれとSはいつも一緒で仲が良かったお風呂も寝る時も一緒に寝ていたそんな夜俺が寝ようとしたとき隣で寝てるS が俺のズボンに手を入れチンコをしごきはじめた俺は驚いてSの手をどかしたそれでもしつこくSは俺にズボンにまた手を入れてき…

no image
性感マッサージでイカされるなんて

■性感マッサージでイカされるなんて(主婦の告白) 30代前半の主婦です。誰かに言いたいのですが、流石に誰にも言えないのでカキコしちゃいます。先日、都内某所で性感マッサージを経験しました。と言っても今回の方以外にも何人かお願いした事はあるのですけど。はじめて信頼できる方と巡り会えた気がします。他の方と大きく違った点はすごく話を聞いてくれること。私のSEXの悩みや、女性の体のこと。まるでお医者様のよう

no image
★私の妻を色メガネで見る友人

 38歳、妻39歳の夫婦です。私の友人に橋本と言うスケベな奴がいるんです。家に来ては家内の事を色気があると私に言うんです。酔うと妻の後ろ姿を見ながら小声で あ~いいケツしてんな~とスケベな目で見るんです。 彼に言わせると 奥さんは痩せ過ぎで どっちが前か後ろか分からないと笑わせるんです。私の妻は 少し崩れ気味ですが 彼に言わせると 腰の張りがたまらないそうで 特に太ももの立派さがお気に入りのような

no image
あなたのこと『だけ』訂正するようにしてあげるから

ちょっと過去の話です。そのころ旦那の転勤で行った先の社宅が空いて無くて、その頃としては珍しく借上げ社宅として結構田舎の町のアパートに住んでいた。そこの町に義弟夫婦が家を建てた。義弟嫁とは親しくなかったけど、大きいものを買うのでワゴン車に乗っている我が家に…

no image
【閲覧注意】隣の美人女子大生を便器にして投げ捨てた話

昔、どこかの掲示板で途中まで書いたことのある話だけど、思い出してムラムラしたので改めて書いてみます。当時、俺23才、大学留年中、フリー。彼女19才、彼氏あり。・出会い?初めて彼女の存在を知ったのは、隣の部屋からのあられもない声でした。「あぁんっ!あぁんっ!あ…