エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★ヤハリ女の体は良いですね・・2/2

   

.
.
.
.
.
2015/09/26(土)
 だんだんと酔っ払ってきた彼女は二人きりになりたいと言った。我々は2階にあるカップルスペースへ移動した。個室は乱交用になっているので10畳ぐらいはあろうかという広さだ。昼間で客が少ないので誰も使っていない。我々の貸切状態だ。一面にはマットが敷いてある。

 照明は赤くエロティックである。すでに二人は甘いムードに包まれていた。目隠ししてほしいというので荷物を取りに行って、目隠し、さらには手枷をはめた。ナース姿の彼女が一人ゴロンと横たわっている。さて、どのように責めてやろうか。まずはスタンダードに責めるのがいいだろう。
 俺は彼女とともに横になって、耳元で囁きながら、手で全身をなで上げながら、彼女のツボを探りあてていく。「これはどう?」と聞きながら耳たぶを舐める。また「これはどう?」と聞きながら首筋に指を這わす。彼女は首筋が感じるらしく息を荒くした。だんだんと胸に近づくとさらに息が荒くなっていった。

 俺は徐々に指を乳房へ近づけていく。彼女は「乳首が感じるの」と言う。俺は「じゃあ、まだだ」と言って触らない。乳首を素通りして太ももを撫でる。ナース姿は暑いらしくじっとりと汗をかいていた。コスプレのまま責めたくもあったが、服を脱がすことにした。

 いっそうのこと全裸にしてしまおうと、ブラもパンツも剥ぎ取った。目隠しと手枷はつけたままだ。今度はお待ちかねであろう、乳首を責めることにした。「乳首が好きなんやろ?じゃあ今度は乳首しか責めないからな」と言って、乳首を撫でたり舐めたりして他の場所は一切触らず乳首だけを責める。

 彼女はあえぎ声をあげながら体全身をよじりながら快感に耐えているようだった。彼女は「噛んでほしい」という。俺は「こうか?」と聞きながら乳首を軽く噛んだ。彼女は「あぁ!」と息を漏らして感じた。俺は抓ったりもして乳首に強い刺激を与えた。千切れるんじゃないかと思うほどの強い刺激を一瞬だけ与える。

 その度に彼女は息を荒げた。かと思うとやさしく舐めたりもする。その繰り返しで存分に乳首を楽しんだ。彼女は入れて欲しいという。しかし、まだだ。あそこへの愛撫もしてないではないか。俺は一転して彼女の下半身を覗き込んだ。すでに愛液でぐちゃぐちゃである。

 俺は「凄い濡れてるね」と楽しむように彼女にあそこの状態を教えてあげた。俺はまず指でクリを撫でた。彼女はまた激しくあえいだ。乳首より感じているんじゃないだろうか。俺はそのあえぎようが楽しくてしばらくクリを撫で続けた。そして、次第にま○この方も刺激していく。

 徐々に指を入れていく。そして、Gスポットを刺激する。俺は経験上ここかと思う部分を刺激してみたが違うようだ。女性によってGスポットの感じる場所は違う。彼女は穴の随分手前が感じるようだ。他の場所と反応が違うので分かるのだ。「ここが気持ちいいんやろ?」と聞くと彼女は激しくうなずいた。

 いずれにせよ、感じるツボが分かればあとは簡単だ。激しく責める必要はない。軽く撫で続けるだけ良い。撫で続けると彼女は「逝く!」と言っていってしまった。あそこが激しく絞まり指が動かせないほどだった。逝ったあともドクドクとあそこの中が波打っているのが分かった。

 この絞まりは凄い。今度はいよいよ俺のモノを入れることにする。穴が狭いのかなかなか入らない。俺はたっぷり自分の唾をつけてやっと挿入することができた。しかし、入り口がきつく彼女は痛がった。俺のち○こは人より一回り大きく、その中でもカリが一番太い部分なので、相手によっては入れるときに痛いときがあるのだ。

 入れてしまえばあとは問題ない。正常位で軽く突く。軽く突くだけでも彼女は激しく喘いだ。奥の方を突くと痛いと言う。俺はなるべく手前を刺激するように調整した。彼女の喘ぎようは凄い。すぐに逝ってしまうのではないかと思っていたら、案の定あっさりと逝ってしまった。

 ただ、逝くときに上にずり上がりなら逃げるように逝く。そして股も閉じてしまうので、スポっとち○こが抜けてしまうのだ。逝く寸前で抜けてしまうので「逝ったのか?」と聞くと分からないと言う。俺はおかしいなあと思って再び挿入した。しばらくするとまた逝くのだがやはり逝く瞬間抜けてしまう。

 彼女が騎乗位が好きなことを思い出して騎乗位に体位を変える。しかし、俺のち○こが奥に刺さりすぎて辛いようだった。対面座位を試してみるとこれは気持ちいいようだ。しばらく対面座位を楽しむ。しかし逝くまでは至らず、やはり手前の刺激が与えられる正常位がよいようだ。

 実は俺は過去に同じようなケースでち○こを押し出してしまう女性がいたことを思い出した。俺は当時を思い出して再びチャレンジした。逝く瞬間相手の肩をぐっとつかんで抑える。しかし、やはり抜けてしまう。しかし、彼女は実際は逝っているようだ。逝ったあとはしばらく放心状態になっているからだ。

 しかし、さらに刺激するとまた感じ始める。彼女は何回逝ったか分からないぐらい逝きまくった。ここで店のスタッフが7時になることを知らせに来た。7時からは夜の部で追加料金になるからだ。我々は十分ハプバーを堪能したこともあって店を出ることにした。俺は結局ハプバーでは一度も逝かなかった。

 このあと、彼女が和食が好きだというので、和風の居酒屋へ行く予定をしていたが、多分疲れていて食事どころではないだろうからホテルへ直行することにした。なかなかオシャレな良い店であったが次の機会にしよう。ホテルでもさらに激しくセックスすることになる。

 やはりこの至福の世界は辞められない今年いっぱい続けて見よう。

↓他のHな体験談を見る



.
.
.
.
.

 - おじさんの体験談 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
出会い系で若い子と援交した妄想話

 私は45歳のブサイクで老け顔のロリコンなオジサンです。でもこんな私でも援交でなら若い女の子とエッチ出来るのが、この国の素晴らしいとこです。私はいつものように援交でなら会える出会い系サイトを使い、18歳の女の子のプロフを一人一人見て年齢認証してない子に・・まず最初に一枚で食事デートしながら、エッチの条件を相談させてくださいとメールを送った。

no image
★人妻の摘み食いに人生を謳歌しています

 道楽で会社を複数経営しています。世の中を見ていると、結構みんな隙があると言うか、そんな感じに思えてしまいます。私もこれまで4人の人妻と言われる方々と関係を持って、さらには続いていたりもします。1人目は、浮気癖が激しい旦那さんを持つ人妻さんです。 この奥さんの旦那さんは浮気癖が激しく、奥さんには無関心ですが、奥さんは何とか旦那さんの気を引こうと、エステ通いまでされるほど努力をしていました。お子さんは

no image
★ワリキリ希望の女の子とパコパコしました

 C県C市駅前店の蔵の5月4日の話です。3本の電話は21歳のワリキリ希望の女の子でした。名前は、U香。待ち合わせのコンビニに面接にいくとそこにいたのは申告より若い子だった。たいがいは申告より年上の牛のような女が多いのに今日はラッキー。 話を聞くと、どうも家出娘のようだ。まずいと思った。お金ないし付き合ってよ。歳はいくつ?高3になったばかり、まだ退学していないから女子高校生だよ。(未成年か、やっぱま

no image
★女の体を触りたいならマッサージから

 54歳既婚オヤジです。実話・現在進行中。相手も既婚(以下「N」50歳・大学2年♂高校2年♀の子あり)。知り合ったきっかけは、私の職場に常駐する、ある仕事の駐在員でした。詳細な経緯を書くと長くなるので割愛しますが、ある日雑談の最中にNが「偶にマッサージを受けに行っている。」と聞き、 私が「マッサージぐらいしてあげる(オイルやリンパマッサージ、普通のマッサージは得意です)。」と話したところ、一度やって欲しいと言

no image
★こんなおじさんでも若い女を

 PCMAXサイトで知り合った20歳の子。小柄で白いワンピースの似合うロリ系の子だった。俺は39のオッサン。ふつうに過ごしてたら出会いはない歳の差。 聞くと彼氏とは半年前に別れたとか。1人暮らしを始めてお金がないとのこと。「援助してあげるよ」と言ってやった。こういうことをするのは2回目だとか。ほんとかうそかはわからんが、それは大変だねと話を聞いてやった。

no image
★女子校生のエロ歓声には奮い立ちます

 待ち合わせには可愛いヒラミニ女子高生。かなりのミニな為、座るときやしゃがむだけでおじさん相手に、豪快に白パンティを見せてくれる。あまり意識しないのか今の女子高生らしく、パンツを見られているか気にせずキャピキャピ。しかも小さめのギャルパンティで勃起しっぱなし。 学校でも先生に呼び出されて、エッチなことさせられるらしく慣れた様子。ホテルに連れていく。まず下だけ脱がせてまん毛丸出し慣れているらしく、可愛く

no image
★女子大生にM教育を施したが

 女子大生、彼氏ありとの最近の体験。スペック 自分:オッサン31歳、リーマン、独身、フツメン(と信じたい) 相手:女子大生21歳、misono似(以下、ミソノ)、3年付き合ってる彼氏あり  コミュで仲良くなって、直接メールするようになってた。もらった写メがmisonoに確かに似てたけど、misono自体に興味なかったから、ふつーにメールしてた。3週間くらいメールしてなかったけど、ミソノが「今日は合コン!楽しみ!」って

no image
★嬉しい事に20才差の愛人ができました

 普通の出会い系サイト登録して、1日に2~3回のメールのやり取りで半月経って直アドレスを交換してました。お互いの生活、学校、友達の事等話して。彼女の名は【香織】20才大学3年 宮城県仙台市在住 毎日自家用車で通学 男性経験は1人 実家は山形で現アパート暮らし 俺は【ひろし】41才 バツイチ歴2年 子供無。自営業 年収1300万 出張も多い 秘書兼経理担当の28才と交際中(社員120人程度の小社だから)秘書兼経理係の真由美は

no image
★町内会のバスツアー

 町内会の日帰り温泉バスツアーに参加した。参加者は夫婦、それも定年を過ぎた老夫婦ばかり。単身は私と世話役の町内会長の奥さんだけで、自然にバスでは同じシート、温泉会館での食事も隣り合わせの席になった。 そのせいで、日ごろ話す機会がなかった奥さんとすっかり打ち解け、帰途に。そのバスの中でのことだ。私と奥さんは一番後ろの2人掛けシートに並んで座った。窓際に奥さん、通路側が私。湯疲れもあってか、ほかの参加

no image
★数十年前の伝言サービスの体験談

 昔は携帯キャリアが伝言サービスを行っていたころ、連休の中日で家族が出かけて暇な私は色々残された伝言を聞いていました。その頃は女性も積極的にお相手を募集していました。そこで始めての女性の伝言が・・「連休で暇してます。誰か遊んでもらえませんか?30台の主婦で~す。できれば話の合う同年代の方でお願いしま~す。」と、非常に軽いお誘い。私も軽いノリで・・