エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★マンネリした夫婦の刺激

   

.
.
.
.
.
2015/09/24(木)
 結婚して15年が過ぎました。私は圭二、妻は由美子です。お互い来年は四十を迎えます。子供が出来なった事も有り 倦怠期も早くやって来たようで、何か刺激の有る事を二人で話し合い、私の願望でもあった3Pを提案してみたんです。

 私が初めての相手では無かった事もあり 妻は私がよければ従うと言うのです。選んだ相手は妻も知ってる友人の片岡でした。彼はバツイチで皆の噂では浮気が原因で別れたそうです。仲間内では一番のイケメンで妻も あの人カッコイイねと聞いたこともあるんです。
 片岡でどうだと最初切り出したところ えっと驚きながらも少し照れた顔で小さく頷いたんです。やっぱり妻は彼がお気に入りだったんです。片岡に絶対内緒だからなと私達の願望を打ち明けたんです。

 奥さんよく了承したなと言うので うん、どうやら以前からお前の事が好みだったようだと言うと、よし分かった俺でよければ奥さんを満足させてやるよと自信有りげに言うのです。彼のその自信有りげな言葉が後で分かりました。

 バレないように慎重に 日にちと場所を決め お互い現地で待ち合わせたんです。少し離れた町のラブホを下調べし。その近くのスーパー駐車場で彼と待ち合わせたんです。彼は待ち合わせ場所で待っていました、私は緊張で少し喉が乾いていました。

 妻も緊張か恥ずかしいのか下を向いたままなんです。ラブホに入り まずは緊張を解くために飲みました。何本か缶ビールを空にすると 緊張も和んで来たんです。そこで私が、もう崩れた身体だけど 喜ばせてやってくれないかと切り出すと、そうですか、それじゃ奥さん一緒に風呂へと言うんです。

 えっと戸惑いを見せる妻に、いいから行って来なさいと言うと、ほら旦那さんもあ~言ってるから入りましょうと肩を抱きながら風呂場へ行くんです。脱衣所のドアが締まりました。近くで耳を澄ますと いいえ大丈夫です自分で出来ますと妻の声がするんです。

 えっイヤッ もうと声がするんです、奥さんのオッパイ見たら もうこうなりましたと言ってる声が どうやら もう大きくしてるようです。中のドアが開くと二人で風呂へ入ったようです。しばらくすると アッ良い~大きい~アンアンと声が聞こえて来たんです。

 もう始まってるようでした。しばらくすると彼が先に出て来ました。ヤッタか?と聞くと、あ~ヤッタと言うのです。奥さん 歳の割には 良い身体してんな~と言うので、子供産んで無いからなと言うと あ~それでか締りもよかったよと言うのです。

 中に出したのか?と聞くと、あ~もちろんさ、それに奥さんも 中に欲しがったぞと言うのです。そうこうしてると妻が 恥ずかしそうにバスタオルを巻いて出て来たんです。私が、もう恥ずかしがる事ないだろ 全部取れよと言ってみたんです。

 そう言うと、バスタオルを取り去ったんです、垂れた乳、腰回りには肉が少しついてますが 全体から湧き出る色気が有るんです。奥さん色っぽいですよ また俺 こうなっちゃったよ言って腰のバスタオルを取り去ると びっくりでした、思わず デカッと口走ってしまったんです。

 彼の自信はここから来ていたんです。妻は そのデカを風呂場で受け入れていたんです。私が 良かったかい彼の物はと聞くと ウンと頷くんです、今度は三人でと言うと またウンと頷いたんです。彼は妻のマンコをねぶり回すとお豆を甘噛するんです、これには妻も声を上げ耐え忍んでるようでした。

 膣の中にまで舌先をコジ入れながらのクンニ攻撃に妻は あっけなくイカされてしまいました。風呂場でも軽くイカされたそうで 会って一時間程で2回もイカされてしまったのです。

 ベッドではこれ以上開けない角度の大開脚を披露し 奥深く彼のデカチンを挿入されると 最後は少し失神したようにみえました。少し回復を待って私も恥ずかしながら挿入すると 気のせいか緩く感じるんです、あのデカチンの後からのせいかも、妻は私の時ではほとんど声を出さず仕舞いでした。

 彼は締まりの良い妻のマンコの中に3回中出しでした。別れ際 彼が よかったらまた呼んでくれないかと言い残し帰って行きました。妻はまだ夢心地気分で 腰がフラついてるようでした。

 帰ってからでした どうだったと聞くと、言って良いの?と聞くので、あ~本当の事が聞きたいと言うと、ごめんなさい何度もイカされました、すごく良かったですと告白したんです。

↓他のHな体験談を見る



.
.
.
.
.

 - その他体験談 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★女装が趣味で凄い経験をしました

 わたしは、パンスト好きなM完全女装子です。ちょっとエッチなポーズで写真を撮ってほしくて、普段からホームレスの方にお願いしていました。ある夕方、高架橋の下に住んでいたホームレスの方に声をかけたとき、わたしの姿を、舐めまわすように見ていました。 わたしの格好は、下着が透けてみえるブラウスとフレアスカート、パンストにヒール5cmくらいのパンプスを履いていました。お化粧もバッチリメークで、気持ちも完全女

no image
★職員室の事務員とのエロ話

 俺が最初に就職したのが、予備校だった。教員免許は国語なんだが、数学の講師が不足しているということで、数学を教えることになった。予備校だから、別に免許も必要なくて、何を教えても良いわけだ。職員室があって、たいてい俺たちはそこにいるんだが、そのほかに事務室があった。  事務員は女性二人、一人は大卒で去年入社したという由紀(仮名)、もう一人は入社8年目の良子(仮名)、二人はそこにこもりっきりで、生徒達

no image
★美人な妻は隠れ巨乳で嬉しかった

 私37歳、妻33歳の結婚して4年になる夫婦です。上司の薦めで妻とお見合いをして、その美しさと上品さにひかれて押しの一手で結婚した次第です。妻と知り合う迄はいろんな女性と交際して来ましたが、妻は今までに無い程の美人で私は嫌われないようにと真面目を装い、結納が決まるまでは手も握らないと言った感じでした。 やがて結婚の日取りも決まり、デートの帰りに車中でキスをした時に軽く胸を触れて、私は一瞬びっくりし

no image
★お堅い職業の公務員のエロ体験談

 彼女が4人での行為で一番感じてしまったのは、上と下とに男性を受け入れたことだそうです。この行為は当然一人の男性では出来ません。彼女は以前からオナニーをする時に、こういったシーンを想像していたそうです。最近の女性で、こうした願望や妄想を持っている人は多いようです。人に言えないような行為に感じてしまうのでしょうか。 4人での楽しみが一服すると、Aさんがカバンから真っ赤な縄を出してきました。Yさんは、一瞬

no image
★仕事の為に我慢して枕営業しましたが・・1/2

 私はインテリアデザイン事務所を経営する33才の女です。主にマンション等の内装のデザインを手がけています。有名な建築家の方に好意にして頂いているので、不景気でも何とか仕事がまわってくる状況です。 私自身、少しだけ有名と言うか、私としては不本意ですが「美しすぎるインテリアデザイナー」なんて特集で建築雑誌に載ったこともあります。本来は顔でなくてデザインで特集してほしいところではあります。

no image
★公然の電車内でヤクザが・・2/2

 ヤーさんの頭の動きからしか分からないけど、強引に舌を奥さんの中に潜り込ませる事は間違いない。「んぐぅ!ぅぅ、ぇぅぅ」と奥さん喉から押し出すような声を出してた。ヤーさん奥さんの両脚の間に巧みに片方の脚を割り込ませ股を閉じさせない。で、ヤーさん最初なにやってんのか分からなかったんだけど、何やら内ポケをごそごそやってんのよ。 したらニベアクリームの容器みたいな薄べっらい容器を手に持ってる。(な、なんだ

no image
★妻を試しました体験談を告白

 妻に何度か3pや夫婦交際を持ちかけたのですが、その都度『そんなのイヤ!私はあなただけで充分なの。』と断られていました。私だけで充分と言う妻の言葉は、私にとって満更でもないのですが『本当かな?』と思うことも・・。 そこで試してみることに・・とあるサイトで『妻を口説いてみてください。』と募集したところ沢山の応募があり、その中から適任と思われる妻好みの年上の紳士Tさんにお願いすることにしました。

no image
★ある研究機関の調査体験談

 知り合いの医者(♀)に、ある事を頼まれた、医者と言っても研究が専門らしく、ある物の採取に協力して欲しいとの事だった。それは「精液」の採取だった。それも、10代前半の子から採取したいと言われた、知り合いの説明では、各年代別に精液に含まれる精子の量を調べている関係と言われた。(環境ホルモンに関する研究とか?) 既に、数人の子から採取済みだった、出来るだけ多くの子から採取して、ちゃんとしたDATAを作りたいらし

no image
★信じられないですがこんな事が起きるんですね~

 先週の土曜日、信じられないようなことがありました。私は今年の春に大学を卒業して、京都市内の保育園で保育士をしています。その日は運動会でした。園児は30名くらいしかいない割と小さな保育園なので、応援に来ている保護者の方々とは既に顔見知りです。  近くの小さな公園を借りて開催されたので、競技スペースと保護者席とも目と鼻の先です。5歳児のぞうさん組でやった、障害物走で事件は起こりました。この競技は競争

no image
★PTA役員時の女性との思い出話

 それはもう、かれこれ15年くらい前の話になる。小学校の子供の同級生の母親との話だ。たまたまPTAの役員になったのがきっかけだった。あるとき妻の代わりにPTAの会合に出席していたときの出来事だった。ある女性が意見を求められ、それに答えられずパニック状態になっていた。 周りの委員のあまりに冷ややかな態度に、私は違和感を感じ、正義感から、つい口出しをしてしまった。それ、会合という名を借りた、大人のいじめ