エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

野外授業

   

21 9月

2015年09月21日 22:05

カテゴリ

野外授業

亜樹を車に乗せ、走り出した。
NPの亜樹の太股にゆっくりと手を這わせ、奥へ奥へと忍ばせる。
亜樹は恥ずかしそうに太股を硬く閉じようと力を入れた。
俺は 早く開きなさい、周りの車に見られちゃうよ!と言うと
亜樹は力を抜いて軽く開いた。
俺は一気に割れ目に指をねじ込み、わざとに聞こえるようにクチョクチョと
音を立たせるようにかき回した。
亜樹は 恥ずかしいよう?やめようよ、後でいっぱい舐めるからお願いと
顔を真っ赤にしながら切なそうにつぶやいた。
 亜樹の大好きなお豆を摘んだらどうなっちゃうんだろう?
ダメ!!それだけはダメ!!!汚れちゃうよ??
じゃあこれだけなら大丈夫だよね! と言いながらクリを指先で刺激した。
亜樹は身体をシートに埋めるように次第に息を荒くして身体をくねらせた。
人気の無い道を選ぶように走り、亜樹にしゃぶるように命じる。
亜樹の小さな手がファスナーをゆっくりと下ろし、ぎこちない手つきで
俺の固くなったものを取り出した。
身体を寄せ、舌を絡めるように吸い付いてきた。
俺は意地悪く、対向車がきたよ!もっと深くくわえなきゃ見られちゃうよ!
と言いながら頭をグイグイ押し付けた。
俺もたまらなくなり、古びたキャンプ場に差し掛かった時、車を止めて
しばらく亜樹の舌先の動きを堪能した。
周りを見渡すと、トイレと人の居ない管理棟を見つけた。
俺は亜樹に目隠しをして外に連れ出し、後ろからスカートの中に手を忍ばせな
がら歩かせた。
管理棟を覗くと人の気配は無く、中に入れるようになっていた。
そっと入ると意外と綺麗な状態で奥には仮眠室のような部屋があり、
パイプベットと椅子が置いてあった。
亜樹を椅子に座らせ肘掛に両足を開いて乗せた。
割れ目からジュースが溢れ、それが差し込んだ光に照らされキラキラと
輝いていた。
俺は顔を埋めジュルジュルと吸い付きながら味わった。
そして勃起したクリを摘んで擦ると、勢い良く潮を吹いて床を汚した。
いけない子だなあ?こんな所でお漏らししちゃうなんてぇ・・・
違うよ?!お漏らしじゃないもん!おしっこじゃないよ?!
そう?じゃあここでおしっこして見せてよ!
えぇぇ?無理だよ?!出来ないよ???!
良いからしてごらん!俺の為なら何でも出来るんだろ?
・・・・
俺は辺りを見渡し、亜樹の足を縛り付けれるようなものが無いか物色した。
都合よく紐が見つかった。
肘掛と両足を固定し、更に両手を後ろ手にしながら縛り付けた。
早くしないと誰か来るよ!
亜樹はいじめられると感じちゃうんだよな?
感じないもん!そんなのやだよ??
俺はクリを摘みながら、じゃあ何でここは感じちゃうんだ?
お漏らししながら感じる方が変態だろ!? ほらほら!
亜樹は一瞬 あぁ!と声を漏らしながら身体を仰け反らせ同時に潮を吹いた。
何度も何度も潮を撒き散らし、今までに無い大きな声で喘ぎ出した。
身体をガクガクと痙攣させ、声を上げる度に潮が吹き出る。
早くおしっこしなさい!
待ってぇ!待ってぇぇ!あぁん あぁん うぇぇん!
おしっこするからやめてぇぇ!
さあ早くしてごらん!
・・・・
俺はタバコに火をつけじっと見つめていた。
やがて亜樹の割れ目の筋肉が動き出し、尿道が開きだしたと思った瞬間、
チョロチョロ?と小便を漏らし始めた。
尿道に指を押し付けながら、我慢しないでもっと出しちゃいな!というと
我慢しきれずに一気に噴出した。
これからは毎日俺の目の前でおしっこするんだよ、と言いながら舌を這わせる
と潮とは明らかに違う味が口の中に広がった。
縛り付けたまま たまらず亜樹の中にねじ込み腰を振ると、亜樹は少女独特の
高い喘ぎ声をあげた。
どうした?昨日よりも感じてるんじゃないの?
うん!凄く気持ちよくて不思議な感じだよ・・・
亜樹は俺に苛められると感じる身体なんだよ・・・
他の男とエッチが出来ない身体にしてやるかもっと素直に感じてごらん。
亜樹は今までに無い声を上げながら身体を震わせ、変になっちゃう!
ねえ、怖いよ!変 変 ねぇ!変なのぉ??????
と言いながらガクッと力が抜けて身体全体で呼吸をしているようだった。
どうやらイッてしまった様だ。
俺は紐を解いてやると、亜樹は俺に抱きつき泣き出してしまった。
帰りに、亜樹に服を買ってやり、ネックレスをプレゼントしてやったら
無邪気に喜んでくれた。
このギャップが俺を更にたまらなくしてくれる・・・・
今夜は亜樹がハンバーグを作ってくれた。
もちろん裸で・・・・
さて冷蔵庫の中のきゅうりはどう使おうかな・・・・

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
16歳と29歳の恋

私が16歳で高校生の時、29歳の彼氏が出来た。私の携帯によく電話をしてきて「今から飯くおーぜ。おごってやるよ」というラフな関係だった。お兄さんような、お父さんのような、とても大人の男性のように感じた。その日、私は親に嘘をついて、彼氏の家に行く事にした。お…

no image
★自動車の教習所で教わった事は

 サキは2月・3月と春休みずっと免許を取るため自動車学校に行ってました。サキは3月の後半生まれだったので、教習所自体が空いた頃に通ってて、友達も知ってる子も誰も居ないではじめのうちは教習所が超つまんなくて、3月に産んだ親を恨んでました。 でも、そんな一人ぼっちのサキのこと気にかけてくれた指導員の人がいました。会うたび「サキちゃん元気?」とか声かけてくれて。まだ20代で指導員なりたての、結構イイカン

no image
大学時代の憧れのマドンナと結ばれた夜~~~。

「どうしてこんな関係になってしまったの?」恵子は僕の胸に顔を埋めて囁いた。その日の夕方、僕と恵子は新宿通りの紀伊国屋書店の前でバッタリ逢った。もう何年ぶりだろうか。恵子と僕は大学時代の同窓生で同じサークルで、恵子はその美貌から皆の憧れのマドンナだった。僕…

no image
首筋をハムハム吸い込む

もう下着もビショ濡れでクチュクチュ音がするくらい感じてたんだけど、やっぱりイケなくて…そのうち起きなきゃいけない時間になったので、シャワーを浴びて何とか気持ちを切り替えて学校に行きました。でも頭の中に靄が掛かったようにボンヤリして、自分の席に座ってるのがやっと。3時間目になって、もう変な事も考えてないし触ってもないのにアソコがジワーッと気持ち良くなり始めて、どうしていいか分からなくなりました。説明し

no image
ブス系お嬢様と、性欲に負けて

"じゃあ投下します!初めて投下なんで足らない情報あるかもだけど、それは聞いて下さい。答えられる範囲で答えますんで。では改めて…2年前位のことなんだが、うかつにも親友の(元)彼女とやってしまいました。性欲に負けてorzしばらくマジへこみしたが。相手は親友Sの元…

no image
従姉妹3

ずいぶんと泳いだのでプールから出たが、バスの時間までまだまだあったのでそこらへんをブラブラと歩いていた。10分くらい歩くとちょっとした山があり、ハイキングコースみたいのもあったのでブラブラと歩いていた。しかし5分ほど歩いた頃だったか「お兄ちゃんおしっこ漏れそ…

no image
★バスガイドのズボズボ初体験

 私の初体験を書かせていただきます!私は処女を捨てたのは周りの人よりも遅く、21歳の時でした。私は某バス会社のガイドをしていて当時、仲の良かったドライバーさんと泊まりの仕事に行きました。その人は既婚者で30代半ば。年齢の割には若く見られ表向きは紳士的な方でした。 けど女性の噂は耐えない人でした。泊まり先での晩翌日の打ち合わせを食事場所でする事を忘れていた為、部屋の電話に電話をすると「じゃあ、ちょっと僕

no image
大学2年 後輩と初体験

俺は父方の父(おじいちゃん)がアメリカ人で、ちょっと雰囲気が違うので、中学まではそれでいじめられる事が多く、コンプレックスになって、なんとなく積極的になれず彼女もできずにいた。大学2年の時、サークルの後輩に入ってきたN子は顔立ちも派手で、黒いロングヘアが…

no image
★かわいくても・・苦い経験をしました

 苦い体験と言うかちょっと笑った話です!前に飲み会で知り合ったかわいい子とエッチをした時の話です。何回か遊んで付き合う寸前の関係の子で、その日は俺のアパートに遊びに来ていました。お互いにエッチするんだろうなみたいな雰囲気で、自然と始まりました。 女の子の服を脱がすと、かわいい下着で内心この子もやる気だったんだなとか思いながら・・俺は恥ずかしながらアナルに興味があるので、女の子を四つん這いにして後ろ

no image
★飽きの来ない人妻の女体

 22才大学生です。30才の人妻直子とは月1-2回Hするようになって1年。一昨日ファミレスで飯を食った後、無言で車を走らせていると「今夜ゆう君のマンションに寄りたい」さっきの会話の中では今夜と明日は旦那が旅行でいないと言っていた。 俺のマンションの部屋に着くとドアを閉め後ろから直子を抱きしめた。「あ~ん、せっかちね」そう言って腰を上に持ち上げ、お尻で俺の股間を撫でるようにして笑った。俺はそのまま直