エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★飽きの来ない人妻の女体

   

.
.
.
.
.
2015/09/21(月)
 22才大学生です。30才の人妻直子とは月1-2回Hするようになって1年。一昨日ファミレスで飯を食った後、無言で車を走らせていると「今夜ゆう君のマンションに寄りたい」さっきの会話の中では今夜と明日は旦那が旅行でいないと言っていた。

 俺のマンションの部屋に着くとドアを閉め後ろから直子を抱きしめた。「あ~ん、せっかちね」そう言って腰を上に持ち上げ、お尻で俺の股間を撫でるようにして笑った。俺はそのまま直子の胸を揉みながら腰を動かし直子の下半身を刺激する。
 直子の方も徐々に声が上ずってきて「ここでして」俺は直子の服を脱がせると下着も喪服の色に合わせ上下黒。俺の興奮は高まるばかり。下着姿の直子の体を折れは気が済むまで舐め続け、ブラは直子自身が外すと小さめな乳首がツンとしていて胸も垂れてはいない。

 俺は子供のように直子の乳首に吸い付きながら、パンツの上から直子の秘部を触るとかなり濡れているのが分かった。「直子さん、すごく濡れてるよ」そう言って脇から指を忍び込ませ弄りだすと直子はのけぞるようにして「あ~凄くいいわ~。久しぶりよ~もっといじって~」俺はパンツを脱がせ直子のアソコを見ると陰毛が愛液でいやらしく光っている。

 俺は直子に脚を開かせ舌を伸ばすと、直子は声を出しながら俺の頭を押さえながら感じている。5分くらい舐めていると突然「あっ・・イクッ・イッちゃう」「いいよ、直子さん思いっきりイっていいからね」「ああああ・・」直子はがくがくしながらそのまま床にへたり込んだ。

「ゆう君上手だね。あの頃はこんな風になるとは思わなかったけど・・あれから随分女を泣かせてきたでしょ」
「そんなこと無いよ。ただ直子さんが綺麗だから感じて欲しいと思ってしただけだよ」
「フフフ、口も上手ね。今度は私がゆう君に気持ち良くさせてあげる」

 直子は俺のカチカチになった肉棒をさすりながら「すご~い。カチカチだね。うれしいわ」そう言ってカリの部分を舌先でいじりながら肉棒をしごきだした。「あ~ガマン汁が出てきた~。舐めちゃおう~」そう言って舌全体を使ってカリを舐め上げると一気に奥まで咥え込み「うっ・・あ~きもちいよ」思わず声が出てしまった。

 直子はディープフェラで喉の奥まで入れてもあまり苦しがらず、その感触が俺にはたまらなかった。サオを舐め上げながら舌をまとわりつかせジュルジュルいやらしい音をたてながら「このままイってね。最初に飲ませて」俺はもうガマンできないから出すよと言うと小指を立てながらシコシコされ、

 直子が舌を出してその上に沢山の精子を出すと、ゆっくりとゴクッゴクッと飲み干して「おいしわ~。若い人の味がする。今度は2人でイこうね」そう言って、直子はワンワンスタイルになり俺もまだ痛いくらいにビンビンなのでそのまま挿入してピストンを始めた。

人妻が作った出会いサイトです。マンネリ化した夫には内緒で火遊びしたいです。

 直子の体に覆いかぶさるようにして俺は胸を揉みながら「奥に出して~」直子の声と同時に直子の奥に熱い精子を注ぎ込んだ。肌が合うとはこの事なのか。以来直子と関係を続けているがまったく飽きの来ない体。

↓他のHな体験談を見る



.
.
.
.
.

 - 学生の体験談 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★俺の初体験は先輩のお母さん

 僕の初体験、今年の夏です。相手は高校の先輩のお母さんでした。僕はまだ、高校3年生で、別の社会人となっている友達と飲みに行っていた時、街でバッタリであったのです。先輩のお母さんなので、高校生で飲みに行っていることが、先輩(卒業し、 現在は大学生)の耳に入ると恐ろしくて、どうしょうかと思いました。でも「黙っていてあげるから、今日は一緒にどう」の誘いに、2次会のカラオケに同行しました。先輩のお母さんと女友達

no image
★僕が過ちを犯した体験談

 当時僕は大学生で21歳で二つ下の恭子という彼女がいました。僕は恭子のことが大好きで、学校を卒業して仕事に就いたら結婚も考えてました。夏休みを利用して旅行へ行こうということになり、海はよく一緒に行っていたので、今回は北陸へ観光へ行くことにしました。 3泊4日の旅で、北陸は初めてだったので、添乗員さんが付いてくれるプランにしました。参加者は思ったより多く、1台のバスが満席でした。バスガイドさんはいま

no image
★可愛い女子大生2人と連続でエロしました

 高校時代に某C掲示板で仲良くなった子がいた。仮名みぃとする。みぃは岡山住みで俺は神奈川住み。 メールもするようになって仲良くなるうちに彼女はプチメンヘラであった。少なからずみぃに好意があったので、メールで支えたりしていくうちに,メールで猥談(画像とかは無)などもするようになった。  大学に進学しみぃは東京の大学に進学した。当然の流れで落ち着いたら会いたいねという話になったが,お互い予定があわずみぃが

no image
★映画館が縁で未亡人とエロフレに

 前に日活ロマンポルノで28歳位の女性に痴漢することができたので、この日も一人で成人向け映画館に行き、後方で一人で観ている女性が居ないか探していると、40歳くらいの女性が入ってきたので、後を追い女性の左隣の席に座ることができた。 私が隣に座ると、彼女は一瞬こちらを見たが、別に気にする様子も無く普通に映画を観ていた、そこで彼女の太腿に左手を載せてみると、彼女はこちらを睨みつけ、右手で私の手を払い除けなが

no image
★余り体験できないチョット良い話

 学生時代オートバイ便のバイトをしばらくしていた時期があった。某テレビ局の取材テープを夕方のニュースに間に合わす為に現場で待機するのだが、その日は大きなマリンショー(ボートやジェットスキー、スキューバ、アウトドア関係etc..)で要するに見本市みたいなものだが、 私は”控え室”でカメラマンからテープを手渡しと連絡を受けテレビ局の腕章とpressのIDタグをもらって会場へ入っていった。会場は広すぎて場所を探すのが

no image
★不慣れな愛撫でしたが筆を下ろしました

 恥ずかしい話ですが、大学一年の時に筆下ろししました。相手は同級生の香織。小柄なややポチゃボディで、胸もおっきくて、高校時代はか香織はモテていた。丁度夏休みに地元に帰りバイトをしていた店に香織が現れた。「アレッ?たかしくん?」と陳列してる時に声を掛けてきた。就職した仕事帰りか、ブラウスにスカートの制服姿だった。 親しくは無かったがたまたま三年間同じクラスで、卒業以来だったから盛り上がりメアドを交換

no image
★看護師さんのペースでしたが

 大好きなMちゃん(中学時代の後輩)との初体験を想像してました。SEXは子作り行為、避妊などの事を考えMちゃんが大学生になるのを待ってました。それが好きでもない人と初体験。父親が交通事故で足を切断する大怪我。緊急手術は成功。今後まだ何度も手術は必要。でも今は一般病棟で療養中。 高熱が出たりすると泊まり込む事もありました。毎日、学校の帰りに洗濯を取りに寄ります。毎日の事、顔見知りの看護師さんもたくさ

no image
★好奇心で女子更衣室を覗きに・・1/2

「ようやくこれを実行に移す時が来た。」僕は手製のカギを握りしめて震えた。インターネットで手に入れたカギの簡易複製キットで作成したカギ。オリジナルのカギは、全校集会で貧血で倒れたふりをして無人の職員室から10分だけ拝借。粘土で型を取った。年上のお姉さんと付き合うのを夢見て、全寮制の中高一貫校に入った。 実際に待ってたのは、この背の低さと童顔からくるカワイイキャラの定着。高等部や中等部3年の上級生、中2

no image
★下宿の管理人はバツイチ女性

 22歳の学生です。下宿しているアパートの管理人さんをセフレにしています。管理人さんはバツイチなので、不倫ではないっす。管理人さんは、離婚後に子供を連れて実家へ戻り、実家が経営している賃貸アパートの管理をしているのです。 離婚の理由は知らないけど、顔だちも整ってるし、年相応に脂肪は付いてるけど、巨乳でスタイルもかなり良い。若い頃の写真を見せて貰ったけど、大抵のミスコンなら応募すれば第一次選考は通るだ

no image
★彼女と初旅行の思い出話

 社会人一年目だった2年前の夏。その時付き合ってた高3の彼女と仙台に1泊の旅行に行きました。5月に付き合い出してから、それまで、まだキスもしてなかったけど、夏休みに旅行しよってことで2人で話してて。 夕方に向こうに着いて、宿って言っても普通のビジネスホテルだけどツインを予約してて、荷物置いてから街中をぶらぶらして。ホテルでテレビ見ながら夕飯食べたいって言うからコンビにでお弁当買って。