エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

ゆきちゃんとの初めての日

   

20 9月

2015年09月20日 14:05

カテゴリ

ゆきちゃんとの初めての日

わたしのあそこは、もうゆきちゃんのものです。
ゆきちゃん13才、今のダンナ48才、ダンナの方が1回あたりのシツコサは
ずっと上だけど、結婚したての2年間はほぼ毎晩だったのが、最近の1年間は
せいぜい週に1回。
前戯は長いけど、オチンチンは15分も保てば良い方、自分が終わったらさっ
さと寝ちゃうし、34才のオンナをバカにしてる。
それに比べて、ゆきちゃんのオチンチンはずうーと長持ち、1回あたり30分
以上。
スゴイ硬いし、前のダンナに似たのか大きめ。
わたしとするようになってまだ1ヶ月だけど、ほぼ毎日、夏休みの間は義理の
娘やダンナが出かけたら、即、ゆきちゃんの部屋で1日に2回か3回はしてた
し、新学期始まってからはゆきちゃんが学校から帰って来て、だいたい4時か
ら、6時くらいまで1回か2回はしてる。
きっかけは、今年に入ってから、わたしと義理の娘(17才)の下着が何枚か
無くなって、下着ドロボーかなとか家族で騒いで、干すのにも気を付けていて
それでも、わたしの下着が無くなっていて、夏休みに入って犯人を発見したこ
とがきっかけ。
夏休みに入ってゆきちゃんが少年サッカーの合宿に出かけた後、ゆきちゃんの
部屋を片してたら、ベッドの下に差し込んだ掃除機にわたしのショーツ1枚が
引っかかって出てきたの。
しかも精液でガビガビに固くなって。
ちょっとショックだったけど、こっそり部屋中を探すと、クローゼットの中か
ら、娘とわたしのショーツがそれぞれ2枚ずつ出てきて、オナニーに使った後
が全部にくっきり。
それにDVD2枚、近親相姦もので1枚が姉弟、1枚が母息子だったから、大
ショック。
オトコの子って家族でもそういう目で見るんだ、でもまだ13才、去年までは
小学生で、、、、とか思ってちょっとだけ悩んじゃった。
気になったけど、元通り、下着もDVDも隠した。
子供の性とか、その日の内に図書館に行ってそれらしい本も読んだけど、余り
ピンとくる本が無くて、翌日に新宿の大きい本屋に出かけたけど、見つからな
くて、あったのは小さい本屋にエロっぽいタイトルの秘密○○本や、文庫本、
マンガだけ、、、、結局5冊くらい買っちゃった。
家に帰って、没頭しちゃった。ぜーんぶエロい。真面目に書いてあった図書館
の本とはえらく違って、どうして「近親」したか、「近親」が気持ちいいとか
間違った本を買ってきて、ただコーフンしちゃった。
翌日、ダンナと娘が出かけた後に、ゆきちゃんの部屋に入って、DVDを引っ
張り出して見てしまった。
スゴかった。モザイクは入ってるけど、ほとんど生セックス。
オトコの子が射精してるのも、ホンモノっぽいし、リビングで見ながら思わず
オナニーしてしまった。
それからゆきちゃんが帰ってくるまでの1週間、わたしはレンタルショップで
合計7枚も近親相姦ものを借りて、昼間中オナニーに狂っちゃった。
8月20日、ゆきちゃんが帰ってくるのが怖いような、待ち遠しいような、変
な気分で待ってた。
午前中にバスで帰ってきたゆきちゃんは真っ黒に日焼けして、ちょっと精悍、
背がわたしより5,6センチ大きい167,8センチ、あらためてオトコ!、
って感じに見えた。
ダンナは会社だし、娘は予備校、家に二人きりでそれまでになく息苦しくて、
ゆきちゃんがシャワーを浴びて、自分の部屋に昼寝しに行ったときは、何だか
ほっとした。
でも1回癖になったら止められなくて、わたしも自分の部屋でDVD見ながら
オナニー、ゆきちゃんの顔を想像して、軽くイっちゃった。
2時間くらいして、ゆきちゃんの部屋を覗きに行った。
部屋の前まで行ったら、中からかすかに呻き声、思わずドアをちょっとだけ開
け、覗くと、暗くした部屋の床にゆきちゃんが下半身裸で足を投げ出しいて、
パソコンの画面は母息子のAV大写し、ヘッドホンをあてて音が漏れないよう
にしてたけど、自分の呻き声は隠せなかったみたい。
大きくなったオチンチンをわたしのショーツでくるんで、オナニーの最中だっ
た。
『ママぁあ』切なそうにわたしを呼んで、一生懸命、自分のオチンチンを扱い
てる、ゆきちゃん。
わたし自身、オナニーしたばかりでコーフンしてた、っていうのもあったかも
知れないけど、もうダメだった。
廊下で手早く裸になった。
あそこはもう、ヌルヌル、乳首もびんびんに立ってて、スゴイ、コーフンして
頭の中は真っ白になってしまってた。

気がつくと床の上のゆきちゃんの体にまたがって、騎乗位、ゆきちゃんの
オチンチンを銜え込んで、お尻を揺すってた。
「ゆきちゃん、ゆきちゃん、」
どれぐらい経ったのか分かんないけど、ゆきちゃんに正上位で攻め立てられて
泣き叫んでた。
「ママ、ママ、気持ちいいよ!、ママあ!」
ぎこちないけど、激しいピストン運動で腰を動かし、わたしの乳房を両手で
揉みくちゃにしながら、わたしを無茶苦茶に狂わせてくれた。
ゆきちゃんが2回目(たぶん?)の射精をする前に、わたしは何回もイって、
ゆきちゃんのガシガシ動く腰に両足を絡めて、お尻を揺すって狂った。
「ママあああ!」
射精の瞬間、ゆきちゃんが腰をがくがく動かして、わたしの中に熱い精液を
打ち込んで来て、わたしも絶頂した。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
まりこちゃん、水着姿で保健室へ

箱入りで、体の発達もやや遅れている14歳のまりこちゃんには、理科の時間に哺乳類の子孫繁栄について勉強してもまだ性的な詳しい知識がありません。8月の半ばにプール開放で中学校に行った時、中の良かった教師Aに頼まれて水泳部という事もあり平泳ぎを見せることになりま…

no image
ふとしたキッカケで出会った女性と・・3/4

 確かに20代とは違うがまだ張りは残り、形の良い乳房と少し大きくはなったのだろうが上を向いて付着している乳首があった。「ごめんね、かなり吸われちゃったから、形も悪いでしょ。」「そんなことないよ、とても良い感じだよ。」と言い、「こんなになってるよ。」と我慢汁の出始めている私のペニスにトランクスの上から手を誘導する。

no image
★女同級生の罠でオモチャにされています・・2/2

 バイブを出し入れされ、クリトリスまで指で転がされると遂に限界が訪れ、私は彼の目の前で逝かされました。ヒクヒクしながら意識朦朧となっている私の目の前に彼は、大きく怒り狂った肉棒を差し出して来たんです。夫の物とは比較にならない位の大きさに驚きを感じていました。 そして、彼はバイブを抜くと、自分の巨根を差し込んで来たんです。身動きできない私はただ彼の肉棒を受け入れるしか無く、メリメリと襞が開かれ奥に奥

no image
甘えん坊な妹に挿入してイカしてやった

俺には高校生の5つ年下の妹がいます。人前ではちゃんとしていて優秀かつモテている妹です。そんな妹なのですが家だと甘えん坊になります。ギャップが激しいとも言えます。俺が自分の部屋に行くとついてきたがったり、一緒に寝たがったりします。ある日彼女と別れて2ヶ月たっ…

no image
★ミス大学の投票用写真撮り時の悪夢

 私はつい最近までバージンでした。友達にはみんな彼氏がいるのに、私にはいません。好きだと言ってくれる人はいたのですが、いかにも体目当ての男ばかりでその気になれませんでした。それがこんなに恐ろしい形でバージンを失うことになるなんて想像もしていませんでした。大学2年の夏、携帯に電話がかかってきました。「ある方から文化祭のミス大学の推薦をもらったのですが、出来ましたら、今から投票用の写真を撮らせていただ

no image
★人妻と円をした体験談

 今回ははじめて円を利用?したときの話を書きます。自分は外回りの仕事をしているのですが、数年前のある日、非常にむしゃくしゃしていて円のサイトを見ていたら、近くで32歳の主婦の募集があったので「別1でどうですか?」と返事したら「いいですよ」との事。 仕事中?もうどうでもいいや!ということで、待ち合わせ場所に駆けつけました。まあ、年齢なりといった感じのちょいヤンキー入った感じの女性。ぎこちないながらも

no image
近所の奥さん 

 高2です、この前近所の奥さんと初体験出来ました。 奥さんとはよく犬の散歩で一緒になりました。優しくて綺麗な人で憧れていました。 ある日、犬の散歩中奥さんのお尻や股間や太ももを見ていると、だんだん我慢できなくなって、思い切って「奥さんとセックスしたい」と…

no image
★女と見てくれたのが嬉しかった整体師さん

 本日、初体験で整体に行ってきましたぁ!私は45歳(おばさん?)の普通の主婦ですが、もちろん『下心あり』でしたので、電話帳で近郊の整体を探し、色々な所に電話して、『予約制の1対1で、若い人の施術!』をモットーに探しまくりました。 そしてついに・・予約制の1対1で電話の声は若い・・とりあえず行ってみようと、10時からの予約を取り本日施術を受けてきました。もちろん、上は白のTシャツにノーブラで、下は白のジ

no image
逢ったら細くてスタイルがいい美人さん

 31歳の三つ上の人妻と知り合い、逢う事にしようとしたが、なかなか逢うのをためらってた。「人に逢うつもりはない…」とか「結婚してるからさぁ…そういうのは」と言ってて、あった事は無い人の様子で「三十過ぎの子持ち女より独身の若い子の方がいいよ!」と言ってたが、何度か誘って「一度逢う?」と言われて逢いました。

no image
★変態夫婦と交わりましたが

 単身赴任で来た土地にも慣れた頃 また転勤になりました。五十に手の届く身体には 少し辛い事でした。妻も訪ねて来ては身の回りの世話を数日間してくれ助かりました。明日 帰ると言うので 近くの温泉へ連れて行った時、思わぬハプニングが その事を報告したいと思います。 そこは部屋数も少なく 平日だと言う事も有り 私達ともう一組の宿泊客しかいませんでした。同年代に見え 廊下で顔を会わすと どちらからともなく挨