エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

恵子3

   

ローターをそっとマンコの割れ目に沿って流していくと「あっ。。はっはっあ〜ダメェ」と声を上げる
そして、はみ出したクリトリスに強めに当てると「くっ くっはぁはぁはぁあんあんあ〜んはぁはぁ」
新しい彼の為に抵抗して、堪えていた心を快楽が飲み込むのも時間の問題だった。
あそこからは、ものすごい量の愛液が垂れて、クリまで濡れこんでいく。。。
俺「膝を立てて尻を突き出せ」
恵子「いや いやもうやめて、彼を裏切れない」
ローターで今度は、マンコ穴に擦り付ける
恵子「あ〜〜〜〜っだめーそこは。。。だめっだめっあんあん」
俺「早く尻を突き出せ」
恵子「いやいやダメ」
ローターをマンコの中へ入れると
恵子は、体をよじらせ
恵子「やめて!おかしくなるぅ〜」
俺は、ローターのスイッチを切った
恵子は、息を荒げていた。俺は、恵子の脚を持ちあお向けにした
そしてアイマスクを取ると泣いてたのかどうかは、解らないが
目を充血させつつも感じてる時の目つきになっていた。
恵子がいとおしくなりキスをした。今度は、抵抗なくディープキスをした。
アソコを見るともう尻のほうまで垂れてカーペットが濡れていた
足を閉じようとしても両膝の裏に棒が固定されてるので、閉じられない
恵子は、「なんでこんな事をするの?」聞いてきた。
俺は答えなかった。その代りまだ穴に入っているローターのスイッチを強にして入れた
恵子は「うっあ〜んぁあだ〜めっくっくっはあはああ〜」体をのけぞらせた
俺は、脚を持ちまた仰向けにして、腰を両手で持ち上げて、尻を突き出させた
恵子は、観念したらしく体勢を維持していた。
窓からの昼の太陽が、恵子の開いたマンコを照らし赤黒いビラビラが光っていた
ローターを穴抜き取りクリに当てると今度は穴が寂しいらしく腰を上下左右に動かし
「入れてほしい」ポーズを取り始めた。自分から言えない立場なのは、わかるが
何回見てもいやらしいダンスである。「入れてほしいのか」と聞くが、喘ぎながら
腰を振るだけである。俺は、アイマスクを再びさせて、計画通り一番太いバイブに
コンドームを装着してローションを一応塗りつけた。スイッチは入れずに
穴の周りをくるくると先端で愛撫した。この後頂くアナルがひくひくしている
そしてゆっくり挿入すると恵子の腰の振りは止まり入るものに神経を尖らせているのが解った
「あん」と甘い声を出す恵子。。。最初は、普通に入る感触だろう。。。
しかしそれは、徐々に大きく拡張される感触に変わる
恵子「ああああっ。。。くっ痛い。。。なに入れてるのやめてっ。。。」
真ん中まで挿入して、一度抜き取りローションをばバイブとマンコにたっぷり塗りこんだ
そして一気に挿入した。恵子は、「あああああっだめだめだめ貴方の物じゃないの?貴方の物をいれて」
ローターのスイッチを切りバイブの分かれた先をクリに固定してスイッチを入れた
恵子「あああっなにこれ 大きい。。。あんあん。。。動いてる。。。あ〜だめだめだめ イク イク イクぅ〜」
この状態でしばらく放置した。遠くから恵子の喘ぎ声と何かを哀願していたが、息が上がりながらで、聞き取れない
身をよじっては、動きが止まり痙攣しながらまた身をよじる。「はあはああああお願いおしっこさせてぇ」
恵子は、おしっこを哀願していた。小柄な女だ子供を抱きかかえるようにユニットバスに連れて行き
抱きかかえながらおしっこをさせた。「お願いだからもうやめて。。。腰が抜けて歩けないかも」
俺は、無視をして、今度は仰向けにして、右手を右膝の拘束用具へフックを掛け左も同様に拘束した。
カーペットは、ヌルヌルで、今度は、バスタオルを引いた。バイブを挿入しようとマンコを見ると
ポッカリ空洞になっている。。。ライトを当てれば子宮が見えそうだった。「もうやめて。。。」力なく哀願する恵子
俺は、再び挿入して、スイッチを入れた「あああああああっなんでこんな事するのぉ〜復讐なのあああっあん」
恵子は、何回も逝き何回も失神して痙攣をした。俺は、抜けそうになるバイブを押し込みローターで乳首を責めたり
乳房を揉んだりそしてキスマークを付けたり。。。気が付くと恵子は、痙攣して動かなくなった
バイブを抜くとポッカリ穴が開いた真っ赤なマンコと白濁した愛液が垂れ流しだった。。。拘束を解きアイマスクを外すと
うつろな目をしている声を掛けるが答えない。。。アソコをテッシュで拭いてやりしばらくそのまま恵子は寝ていた
アナルを犯す気がしなくなった。抜け殻の様な恵子を見ているともう勃起すらしなかった。
恵子は、立ち上がり無言で服を着て出て行こうとした。「明日も待ってるからな」と俺は、声を掛けた
しかし恵子は、何も言わずに出て行った。。。

 - 未分類 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
初めてニューハーフヘルス行ったが新たな世界を見た気がする…

新たな世界を見た気がする…竿付きの女の子がこんなにかわいいなんて!実際風俗自体も初だったんだが、ニューハーフさんとしけこむ夢を見てしまって行く決心をした今日行ったとこは60分18000円、クーポンで1000円引いてもらったが安いと思う他の店はオプションとか付けまくっ…

no image
都市伝説

20年以上前の夏に、九州北部に広まった。都市伝説があった。内容は、次の通り、可愛くて、細身で、ショートカット、背は小さく、パイパンのサセ娘がいて、かなりの男が、ヤっていた。一晩で、何人も相手してるってな感じだ。俺も、出会った。夏の夜に、散々ナンパを失敗して、諦めて、風俗…

no image
初二輪車体験記

今日、初めての二輪車体験してきます。16さんのレポお待ちしてます16さん、初の二輪はどうだった?22:16:遅くなりました。のんびりレポします。ソプ自体は何度か経験あるものの、二輪車は経験なかった。そーゆうのがあるのは知っていたので、いつかは…と思ってたワケ…

no image
★礼儀正しい痴漢なんですかね

 20代のOLです。毎朝激混みの通勤電車に乗っています。半年ほど前のある朝、後ろの方に立っている人が、お尻…というかお尻の穴を下着の上から撫でてきました。痴漢かなと思いましたが、身動きも取れないので、犯人もわからないですし、放っておきました。 その次の日も、次の日も、お尻の穴を撫でられました。あそこと間違ってるのかな?馬鹿な奴と思っていました。ふと、会社に着くと、バッグのサイドポケットに500円玉が3枚入

no image
性欲に負けた時

友情が性欲に負けた時の話です。俺は23歳で看護学校を卒業して看護師になった。同期で一つ下の俊二、啓介も同じ病院の看護師として働いてて俺達は仲が良かった。そして朋美ちゃんと直子ちゃんと美恵ちゃんも同期で仲が良かった。女は他にも何人かいたが、この3人とは意気投合…

no image
今では、時効と思うけど

もう時効だと思うのでカキコさせてもらいます。正確には職場といえるかどうか。出張先での出来事。うちの会社は出張が多いのですが、男女ペアになることはめったにない。会社も気を使うのだと思います。しかし、その時はスケジュールの都合で、俺とMの2人で出張だった。俺…

no image
★痴漢と関った事で何かが変わりました

 6月から9月末まで勤務先が応援という形で変わりました。最初は混雑と思ったけど違いました。痴漢でした。乗る車両を替え数日は何も無く通勤。また痴漢されました。それも二日続けてです。当然抵抗します。でも声は出せませんでした。二日目は大胆にもスカートの中、ストッキングの上から触わり破って来ました。 私が体をくねらせ逃げようとしていると、横に居たサラリーマン風の人が気付き、扉側に私をやってくれ私の前(私に

no image
休日だから変態メンヘラ元彼女の性癖と黒歴史明かしてく

すぺっこ俺身長170cmちょい恐らく普通体型ややブサだけど雰囲気フツメンつくってた就職で上京彼女(以下T子)身長155くらいややぽっちゃり体型乳のサイズ小さめ大学生後にちょっとしたお嬢様校出身と判明(親が小金持ちらしい)出会いはしょうもないから割愛。付き合い始めた頃、…

no image
★会社員が気になると言えば女事務員

 私40歳事務員S子36歳の話です。事務員S子は同じ会社の事務員で、職歴は私より長く独身時代から(子育て期間休暇)で、独身時代は垢抜けない感じの女の子で、セックスの対象外でした。 お互い結婚して同じ年に子供が出来たので、共通の話題で結婚後よく話をするようなった。子供が小学生になるころには、下ネタにも 食いつくようになり、欲求不満なのかなと思っていたが・・

no image
妹が俺の部屋に入ってくるなり

妹「お兄ちゃん助けて!」いつも強気な妹が泣きべそかいてた俺「な、何?何事だよ?」妹「胸が小さいって馬鹿にされた・・・」俺「え?(笑)」妹「笑うな!笑い事じゃない!」俺「誰に言われたの?(半笑)」妹「友達。ううん、やっぱり違う、ライバルみたいな存在。」妹「…