エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★おばさん新入社員との恐い体験談

   

.
.
.
.
.
2015/09/14(月)
 24歳、会社員です。うちの会社に新入社員が入って来た。と言っても54歳のおばさんで、名前は水原さんといいます。太めで、メガネで、顔もイマイチですが、胸だけは異常にデカく、気になって仕方ない程。

 そんな水原さん、まあ仕事の覚えが悪い。頭の方が、あまりよろしくないと思われる。ですから、仲間からも段々と見離されていきます。1ヶ月もすると『辞めてもらうか?』と内々に話が持ちあがりました。
 可哀想になり、僕が仕事を手伝い、教えてあげることにしました。それには、上司は何も言いませんでした。水原さん、教えたことは分かる。けど、それ以外は…つまり、応用力がないんです。それでも何とか二人三脚で頑張りまして、2週間が過ぎました。

 何とかですが、モノになって来まして、会社の連中からは『水原さんは、小暮君の担当。』と言われる程です。ある日、『ご飯おごらせて。』と水原さんから誘いが。彼女もいなかった僕は『行きますか?』と返事をします。あのデカい胸にかなり興味がありましたから。

 水原さんの車に乗り『どこ行こうか?』と話をすると『私が作るから。』と自宅に行くようです。『旦那さんは?子供は?』と聞きましたが返事もなく、到着。『誰もいないんですか?』と聞きましたが返事がない。

 まあ、誰もいないんだろう。と、そのまま連れられ、玄関から居間に向かいました。ふすまを開けると、寝っ転がりテレビを見ている怖そうな坊主頭の男性がいます。恐る恐る『こんばんわ、おじゃまします。』と声を掛けます。

 男性は『おう。』と一言だけ言い、テレビを見ています。帰りたい、来なきゃよかったと後悔しました。頼みの水原さんは、台所なのか、部屋なのか居ません。しばらくして、水原さんが入って来たのですが、そのまま座り込み、食事が出てくる様子もありません。

 長い沈黙がありました。テレビがついているのが、救いです。60歳を過ぎた旦那さんと思われる男性が口を開きます。『うちのが世話になっとるらしいなぁ。』と言い放ちました。会社のことなのか、変な関係になっていると誤解してるのかが、わかりません。

『こちらこそ、水原さんには会社で!お世話になってます。』と会社でを強調しました。またしばらく沈黙し、次に出た言葉が『うちのと、したんかい?』でした。水原さんの顔を見ますがうつ向いたまま。『はあ?』と聞き返すと『うちのと、マンコしたんかい?』と問い詰められます。

『旦那さん、誤解してませんか?』となだめます。すると!寝ていた旦那さんは、起き上がり、座り込みました。『したらええがい。ヤリたいんやったら、マンコしたらええ。』とイカれたおっさんです。もう、愛想の笑顔も引き吊ります。

旦那さんが『おい!なにしとんや!脱げ!』と水原さんに命令します。水原さんは、こっちは見ずに旦那さんの顔を見てますが、顔が『許してください。』と言っています。水原さん、ドMなんだ。旦那とこういう関係なんだと、すぐにわかりました。恐いのですが、興味もあり、帰ることを忘れていました。

『なにしとんや!脱げ!!』と言いますが、動揺しています。旦那さんが立ち上がり寄って行きます。『イヤ、イヤ。』と水原は体を反対にして構えましたが、『なに甘えたげにしとんや!!』と事務服の胸元を掴み、強引に引っ張りました。ボタンは飛び散り、服も破けたと思います。

 水原さんは必死に胸元を隠しました。僕の方は興奮するというより、かなりひいていました。旦那さんは、『それでええんじゃ!こっちは見い!』と命令します。水原さんは動きません。『なんやぁ!言うこと聞かんのか!』と再び立ち上がりかけると、『わかったから、わかったから…シュンシュン…』と、泣いているようです。

 水原さん、やはり動けません。『こっち見んかい!』と命令が飛びました。水原さんは『もぉ~、わかったわぁ~。』と、やりきれないのか足をバタつかせ、諦めてこっちを振り向きました。

 両手で胸元を隠しています。目を閉じていましたが、涙が見えました。『手ぇ、どけんかい!』と命令され、胸元から手が離れました。離れた手は涙を拭いているのか、顔を隠します。事務服は、ボタンは弾け飛び、ほとんど残っていません。胸元は、デカい胸が白いブラに包まれていました。

『服脱げ!胸だせ!』と命令があります。観念したのか、ここからの行動は早かった。破れた事務服を脱ぎ、デカいブラを取りました。予想通りのデカい胸が顔を出します。乳首は、デカくて黒い。手は相変わらず顔を隠しています。

 この後、どうなるんだろう。と期待と興奮でいっぱいでした。ところが、『兄ちゃん?後、やったらええ。ワシ、出掛けるから、マンコでも何でもやったらええ。3日くらいは帰って来んから、好きにせえやぁ。』と笑顔で言われます。

 そして、水原さんには『兄ちゃんに世話になっとるんやろ?ちゃんとせえ!言うこと聞くんやぞ!わかっとるなぁ!』と言い、水原さんは『うんうん。』と頷きました。そして、旦那さんは本当に出ていったのです。一気に緊張がほぐれました。ひいた血の気も戻ってきたと思います。

 ところが、水原さんは立ったままで動きません。再び、別の緊張が生まれました。まだ、終わってなかったからです。

↓他のHな体験談を見る



.
.
.
.
.

 - 会社員の体験談 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★もてない男のエッチ体験談・・2/2

 高そうなジャケットだったから気を使って脱がせた後ハンガーに掛けていると、俺のベルトを外そうとしてくる。手伝いながら上も脱ぎトランクス1枚になってから、今度は彼女の服を丁寧に脱がせた。もちろん脱がせながら常にキスしてる感じ。上下薄いピンクの下着は清楚感ありあり。 小さながレースで縁取られていて可愛らしいんだが、恥骨の上辺りは薄くなっていて陰毛が透けて見えていた。押し倒してまたキスをしながらも、今度

no image
★目をつけていた女性をやっと

 単身赴任を終え、本社に帰って2ヶ月。目をつけていた女性をやっとモノにしました。本社ビルの清掃をしている紀代子、53歳です。小柄でおとなしそうな、好みの女性です。帰任して間もなく、男性トイレでしゃがんで便器を拭いていた彼女のパンティラインをみて欲情して以来、ねらっていました。 何日か後「食事しませんか。電話してください」と書いた紙切れを渡していました。1ヶ月以上たって諦めかけていたころ、電話がかかって

no image
★男ですがエッセンシャルマッサージを体験

 エッセンシャルオイル等を使うお店で、女性のお客がほとんど。使い捨ての紙の薄いパンツとガウンに着替えます。ガウンを脱いで、ベットにうつぶせ、薄いシーツを上からかけられます。 頭・背中・腰・おしりとマッサージが始まりました。おしり辺りに来ると、なんと、紙パンツをフトモモのちょい下まで下げるではありませんか。ち○ち○に引っかかって下げずらい状態だったので、腰を少し上にあげてあげました。

no image
★男同士で話した奥さんとのSEX話・・1/2

 ちょっと前、職場の先輩の家で夕飯を呼ばれたんだ。奥さんや子供さんに迷惑だろうな、と思いつつ、酒が入ると話も弾む。奥さんも娘さんを寝かせた後、しばらく付き合ってくれたが、酔って先に部屋へ戻ったんで、俺と先輩の2人で深夜まで飲み明かした。 男2人だと話題もシモに広がる。俺、半年くらい前に彼女と別れたんだが、給料が安いから風俗にも行けない。「右手が恋人だとやっぱ溜まりますよ~」みたいなこと言ったんだ。

no image
★うつ病の女性同僚との体験談

 30歳の頃 つきあっていた女は 結構背がたかくて顔はごくふつう 脚はそれなりにきれい なぜかロングスカートをいつも着ていた。ある日その女が「わたし 躁鬱なの」とある日ささやいた。僕はどんな病気かしらず普通に接していた。 ある日二人とも残業があり 結構夜遅くまで2人で食事した。もちろんアルコールも入っていた。そのためか彼女の肌はピンク色になり色気を感じた。誘われるままに彼女のアパートに初めて行き畳の

no image
★温泉地で女性を呼んでもらった

 岐阜に出張で出かけた際、ついでなので温泉地に宿泊した。スナックにのみに行き、SEXをしたくなった私はママに、できるとこがないか聞いた。ママ:「この辺はそういう店もないし、若い子でそういうことする子はいないよ。」若くなくてもいいから誰かいないかたずねると、確認してくれるとのことだったので、旅館に戻って待ってると、ママから電話が掛かってきた。ママ:「やっぱり若い子はいない。50代の人でもよければいけるみた

no image
★初めて入ったスナックのママ

 初めて投稿します。先週、会議で出張した夜のことです。宝塚の某ホテル近くのスナックに同僚と3人で出かけました。会議後の宴会で同僚2人は酔っぱらってましたが、私は酔ったふりをしてました。 どこのお店に入るか迷いながら適当に店に入る。ママと女の子が2人、お客さんが2人、ちょうど1人のお客さんが帰る所だった。ママは50代のスレンダーな美人さん、でも胸とお尻はボリュームあり。あとの2人は20代と30代のポ

no image
★事務員募集に応募してきた女性

 会社の事務員募集のチラシに応募してきた彼女。選考面接日は 8人と面接 午前中に終える事ができました。採用にはかなり迷いましたが、真紀の印象は強く感じました。二年前に離婚してとかでバイトして生活し、安アパートに住んでました。 36才でもまだ20代後半に見え、身体は太ってる訳じゃなく可愛い。子供もいないし、既婚者みたいに休みの多い人でもない。パソコンのできる事も条件に合う。即採用を決めた。夕方に携帯に電話

no image
★入院した時の看護師さんとの体験談

 1ヵ月半ほど前、下痢がひどく高熱が出たとき、2階の寝室から1階へ降りようと階段を降り始めた時足を踏み外し、下まで落ちてしまいました。一人暮らしだったので、自分で救急車を呼びました。左足首の骨折・右腕骨折・腰部打撲。おまけに急性胃腸炎で入院になってしまいました。 6人部屋は満室で個室しか空いていなかったので個室に回されましたが、古い病院なので料金も3500円高いだけだったので保険で全然まかなえました。寝間

no image
★中国人女性とのエロ話

 滋賀県のとある町には多くの企業の工場や倉庫が沢山ある。そしてその一帯のエリアにはそういった企業に臨時で勤める中国人がとにかく多い。それは誰でもかは知らないが、中国人は人生に1回だけ1年間という定められた期間だけだが、日本での就労ビザが下りるため、 中国人の18歳~30歳くらいまでの男女は、これから中国で商売していく上での資金をガッツリ溜め込むために、キリのいいタイミングで1年間日本に来日し、合法的に