エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

先輩・パチさん

   

13 9月

2015年09月13日 22:05

カテゴリ

先輩・パチさん

やった訳じゃ無いが聞いて欲しい。
遅いのと駄文は許してくれ。思い出垂れ流しだ。


高校一年の夏、毎日地元の仲間(ほぼ一個上の先輩。タメに仲間すくねぇww。)と遊んでた。
男二人と女二人でカラオケ行ったり、先輩の家行ったりしてた。
その女の片方は俺が中学の時から仲良くて密かに気になってた。あだ名はパチさん。
中学の時から本人は冗談でも腕にしがみついたりしてきたりしてた。無防備ってか無垢な感じがしてた。

その先輩達と理由は忘れたけど飲み会することになった。

みんなの中で飲み会をした事無いのは俺だけだし、みんな一個上。
内心、俺は場違い?なんて考えてた。
でもパチさんと夜飲み会出来るってだけですごく嬉しかった。
この頃から俺はパチさんを好きになっていた。

夜になって集合場所に行くとパチさんはまだ来てなかった。
先輩に迎えに行って来いよ。なんて言われ渋々迎えに行った(内心ちょっとドキドキしてたw)。


パチさんはデニムのチューブトップにミニスカ。目のやり場に困った。
パチさんは「どこ見てんのww。あんまりみないでよぉ。]]
なんて冗談ぽく言ったけどホントにドキドキってか体が熱くなった。ウブなんだもん。


集合場所に向かう時も

「お酒飲めんのぉ?私より先に潰れちゃダメだよ?ちゃんと介抱してね? 」

俺赤面しっぱなし。
先輩に遅いなんて怒られたのなんて右から左。
き こ え ま せ ん 。

なんだかんだで飲み会が始まってた。
パチさんは俺の隣で酎ハイ飲んでた。
みんな酔っ払った頃パチさんも大分上機嫌で昔みたいにおんぶしながら、「ぎゅっ」とか言ってた。
胸が当たって勃起したのは内緒。カウパーがパンツを冷たくした。


俺はたいして呑まなかったけど気付いたら俺とパチさんだけ起きてた。

パチさんも大分酔っ払って
パ「全然飲んで無いぢゃん!んもぉ!! 」
お「俺本当に無理っす!てか顔真っ赤っすよww 」
パ「全然酔って無いもん!ほらっ!」
って言いながら俺の手を掴んでいきなり胸へ、、。

お「あっ、ちょっ、何してんすかっ///」
パ「ドキドキして無いでしょ?」

服の上からでも分かる胸の感触に俺は頭真っ白。

俺が黙っていると
パ「あれぇ?もしかして始めてw?顔真っ赤だよ?」
お「あっ/// 」
パ「見せたげよっか? 」

パチさんはニヤニヤしながらチューブトップの上を開いた。
真っ白な肌にピンクのブラ膨らんだ胸がパチさんは大人なんだと思わせた。
童貞の俺には刺激が強すぎた。見ちゃいけないのに目が離せない。釘付けだ。
パ「本当に見るなよwwwエッチwww。」

わ れ に か え っ た 。

お「ちょっ///俺が恥ずかしいっすよ!」
パ「ねぇ…教えたげよっか。そと行こ?みんな寝てるし 」
お「あっ…はい。 」

既にビンビンの小ぶりなマグナムをスタンバイしつつ外へ。すでにパンツビチャビチャw
土手を手を繋いで歩いた。
エッチとは関係無い事をダラダラ話しながら。
俺は幸せだった。付き合ってるみたいで、きっとカップルってこんな感じなんだと思った。
土手で座って話ていると
パ「ねぇ、〇〇がしたいなら、私教えてあげる。」
お「いっ…いんすか?」
パチさんは頷いて服を脱いだ。
本当に華奢で真っ白い肌。

俺はブラの上からゆっくり触った。
パ「ここが気持ちいいんだよ?」
パチさんはブラを外した。
月明かりでしか見れなかったけど、乳首は綺麗で少し膨らんでた。
俺は始めての実物の胸に本当にドキドキして、臓物が口からでるかと思った。
体が熱くなるのがわかった。
俺「パチさんっ… 」
乳首を吸ったり指で摘んだり、必死でAVを真似た。
パ「んっ…上手だぞっ…いゃっ…気持ちいっいよ…。」
ついに童貞卒業かとおもった。

パ「私…最近振られて寂しいの。 」

俺バカだった。今ならやってるよ。慰めるって大義名分あるし。
でも本当に純粋だったの。
俺はすごくパチさん好きでパチさんと一つに成れるって気持ちなのに、、
パチさんからしたら俺は慰める為の手段なのかと思ってしまったわけですよ。


お「パチさん…俺パチさんの事……。いやっなんでも無いっす!戻りましょう?」
パ「えっ…。うん。でも…したくないの?」
お「いいっす!大丈夫っすよww。なんか恥ずかしいしw 」
パ「私の方が恥ずかしいよw 」

俺は朝までパチさんの悩みを聞いてた。
パチさんもなんかすっきりしたみたいで朝方には寝ちゃてた。

俺はパチさん寝てから泣いたよ。
なんか失恋みたいでさ、気持ち伝えたわけじゃないのにね。

でもピュアな良い思いで。ふっと思い出したから惰性で書いてしまった。
みててくれた人には半端だし、スレ違いだし、本当にすいませんでした。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ランチ合コンでセレブ妻とのなり染め

その日友達3人と人妻3人とのランチ合コン俺達はナンパや出会い系そしてジムや教室などありとあらえる手段を使ってネタをまわしていた熟女バー、人妻サークル、人妻クローバー、若妻快楽世界など人妻や熟女の溜まり場をあさりまくっていた若い女に飽きた俺達は人妻や熟女がは…

no image
クンニ大好き!

こんにちは。クンニが三度の飯よりも好きな、みらいです。特に好物なのは、若い女の子の新鮮なアソコです。初々しい反応がカワイくって、何時間舐めても飽きが来ないですね。ついこの間なのですが、19歳の女の子を舐める・颪・△蠅泙靴拭まbr> 私が31歳なので、12歳も年下の…

no image
★田舎でホテルを探すが大変

 私、大阪、♀、 21、159/50 学生、大村彩子。相手 兵庫、♂、25、175/65 仕事なんやったか忘れた、写メは佐々木蔵之介。もとからセフレ希望。写メはいい感じだったものの、忙し過ぎて三ヶ月ぐらい放置。それでもちょくちょくメール来るのでじゃあ面接しましょうと。某田舎の駅で待ち合わせ。用事が出来たため30分程遅れるorz  電話しながら探してると近付く影発見。ってか電話しながら来られると、出会い系ってバレるから嫌なん

no image
よく出来た両親に勧められた?

バブル経済絶頂期 僕の学生時代の体験です。体育祭の打ち上げで居酒屋で大いに盛り上がり、2軒目のカラオケでも盛り上がった。僕達は始発まで飲んで明かすつもりだったが2ツ下の智美は完全に酔っ払っていた。智美は初めて酒を飲んだらしく、ハイテンションだった。。そし…

no image
★外資系の客室乗務員と至高のSEX

 恵美と知り合ったのはメールでだった。アメリカ在住、44歳、外資系の客室乗務員をしているとのことだった。写真が好みだったのでアプローチしてみたら、見事返事があったのだ。それでもアメリカ在住なら、日本で会うチャンスはないだろうと思いながら、やり取りをしていた。 スラッっとした体型はとても44歳にはみえず、ましてや子供がいるとは思えない清潔感漂う女性に見えた。写真からは笑顔が素敵だったので、さわやかな雰囲

no image
★女性のエロ意識も色々です

 GREEを初めてからひと月。誰からも足跡やミニメールも来ないで、コミュニティにダラダラ独り言を書き込んでいた或る日の夜にコミュニティから来たとの女からメールが届く。僕と同じくジャニーズファンとの事。話が弾む。 翌日もメールしてると、突然の飲みのお誘い。今日誕生日だけど独りで暇してるとの事だが、昨日の今日の誘いなんて、奥手の僕は警戒心全開。でもGREEとかでは普通なのかと待ち合わせて、行くと女の子2人。

no image
★逃した魚は大きいと言うけど、ほんと大きかった

 昨年の8月位の話です。知人に進められたデリヘルを初めて利用した時の事です。行く前に知人に体の写真と年齢を告げらていてその子を指名しようと思いとトアル有名なデリヘルに電話した所、そのあいにく空いておらず代わりにNO1の可愛い子が空いてますが如何ですか?と聞かれたので、一端保留して取り敢えずそのそのお店のデリヘルサイトを携帯で検索して進められた女の子の情報を見てら何と、そのお店では、SSSの女の子だ

no image
★お固い職業でもエロ事になると

 私が市役所に就職して最初の配属先だった公民館でのお話です。公民館でのその年の新人職員は私だけでしたが、もう一人、臨時のアルバイトの女の子も4月から新しい人に変わったので、二人並んで紹介されました。アルバイトの女の子は高校を出たばかりの純子さんで、浅田真央ちゃんに似た可愛らしくて大人しい子でした。 私と純子は年も近いこともあって、すぐに仲良くなり、休日も遊ぶようになりましたが、公民館のみんなにはバ

no image
初めて裏ショタビデオ見ました3

2人とも全裸でB少年とねっとりとしたキスをしてる最中、お姉さんが少年のおちんちんを握っているのがわかりました。そしてお姉さんが「じゃSEXしよっか」と言うと少年はまたほんと小さな声で恥ずかしそうに「うん」と頷きました。するとお姉さんはその表情が可愛いと思…

no image
初めて母の性器を見たとき

もう40年以上も前のこと。初めて、母親の性器を見た。そして更にもっと衝撃的な姿での母親の性器を見ることになった。私は小学生のころから、女性が前屈みになった時にお尻の間から見える女性の性器に興奮していた。最初に見たのは、祖母の性器だった。私の家は、商売をやっ…