エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★清楚な社長婦人とのエロ情事

   

.
.
.
.
.
2015/09/11(金)
 大阪に出張した。ヒルトンホテルのティールームで書類の確認をしていた。隣に色白の品のある女性がいた。30 代後半でテーブルの陰で足がきれいに伸びていた。スレンダーで白のノースリーブが似合う清楚な女性だった。興味がわいた。

 話しかけるには唐突すぎる。視線を送ってみた。二度三度。気付いたのか「えっ?」っていう表情をした。笑いながら「暑いですね」と苦し紛れに言ってみた。戸惑った表情だったが、微笑んでくれた。「本当に…」「東京の人間でこのあたりわからないんですが、ここに行くには何線が…」と強引に隣に移動してしまった。
 驚いたことに44才だった。肌が美しかったので意外だった。ちぐはぐな会話のあとメールアドレスを交換した。「主人ですか?でも大丈夫よ。メールはお友達ともしてるから。」東京に戻った。彼女はお嬢様女子大を卒業して、すぐに某企業の跡継ぎと結婚したのだそうだ。

 婚前つきあった男性がいたがキスだけでご主人しか知らない。ただ最近同窓会である男性に告白され、甘いキスをされ、身がとろける思いをしていた。男は海外にいってしまい、しばらく眠っていた、性欲が呼び起こされた奇妙な感覚に男性を求める気持がわいてきていたのかもしれない。

 女は恵子といった。子育てに一区切りつき、気が付けば、とめどない男性への欲望が呼びさまされたのかもしれない。男は一人しか知らない。しかし、一人で指を使ってしまうことも打ち明けた。ただ品のいい環境に育ったので、誰にも言えない、欲求だった。

「男性のものを口に?そんなことできないわ。あつしさんとは、これ以上のいやらしい話はできないわ。」「逢うなんて?無理無理。そんな冒険無理よ」こんな会話が続いた。三週間も続いただろうか。ある日メールがきた。

「今度の月曜日、東京に行くの。息子のバスケの応援よ。よかったら逢わない?」俺は快諾したが「ご飯食べるくらいかな…あれだけ固いしなぁ。」ところが逢う数日前から少しずつメールが変化した。「あつしさん、夜は時間とれるかしら何時まで平気?」「今主人と温泉にいるんだけどつまらないわ。今もやもやして指が動いちゃったの。いやだわ」恵子の好奇心の変化だろうか。

 当日。宿泊はさすがに社長夫人。会員になっている名門Tホテルだった。ロビーで久しぶりに逢った。白のノースリーブ、膝までのスカートしなやかな脚、白い肌、うつむき加減で顔をあげた。そして緊張した顔でかすかに微笑んだ。

「きちゃったわ。恥ずかしいわ。」「食事に出ようか」レストランに誘った。どこまでの気持ちできているのだろう。恵子の表情が固かった。

「どうしたの?」
「ちょっとドキドキよ。男の人と二人切りはあまりないもの。」
「誘われるでしょ?」
「子供のお母さんとばっかりだもの。さっぱりないわ」
恵子は食べられなかった。様子をみてとると
「いこうか?」
恵子を誘った。店を出た。今度は肩を抱いた。

恵子は夜道に今度は身を寄せた。名門ホテルの別館のエレベータのボタンを押す。恵子の目が泳いだ。女の顔だった。俺の胸に軽く顔を埋めた。部屋に入った。静かだった。ベイサイドの明かりが美しい。窓のデスクに腰かけてソファに座った恵子をみた。

「おいで…」窓際に恵子を誘った。高層ビルと海の景色が広がった。静寂につつまれた部屋。恵子の肩に手をまわした。脚がよろけた。唇を押し当てた。恵子の舌が遠慮がちに反応した。さらに噛むように口を動かすと舌が激しく反応した。成熟した女の口内を舌が這い回った。

 むせかえるような女の吐息の匂いがした。右手の大きな手の平を背中にあてた。左手が胸を軽く揉みしだいた。恵子の顔が完全に上を向い。二人とも立ったままだった。俺の男の指がスカートの後方から忍び込んだ。下着の上からヒップをつかんだ。そして下着の端から、しかもヒップのほうから男の節くれだった指が侵入して恵子の秘部をとらえた。

 愛液がしみだしていた。指は容易にクリトリスをとらえ、先端の敏感な部分を探し容赦なく、翻弄を始めた。恵子の膝が揺れた。我慢の限界だった。さらに恵子の唇に舌をいれると手をついて崩れてしまった。

 しゃがんだ恵子の手を強く握った。ソファに誘導した。俺は恥ずかしがる恵子の両足首をもって開脚させてしまった。白いハイヒールが跳ねあがった。舌が足首から這いまわった。膝の裏をねっとりと旋回すると、内股を切り開きながら、脚の付け根に達した。染みた下着。淫らだった。片足からはずした。淫らな秘部があらわになった。

 薄い茂みに秘部が、愛液に光りながら充血して口を開いていた。俺の舌は肉襞をじらすようにたどるとクリ本体を舐めあげた。「んーっ!」快感が腰全体に走ったのだろう。ブラを手早くはずしノースリーブをたくしあげた。

 薄い色の美しい乳首があらわれた。右手でクリ周辺を触りながら乳首を舌で入念に愛撫した。高まった恵子は何度もいったようだが、俺はおかまいなしにスリムなボディを攻め続けた。恵子の愛液はもはや白濁液が混じり、内腿を濡らし、アナルまで垂れていて、ソファを濡らしていた。

 俺の舌はクリ先端を小さくノックしながら時には根元から旋回した。俺自身のものが猛り狂うようにそそりたっ剥き出しにされた恵子の秘部が俺の怒張した男根を欲しがっていた。意地悪く聞いた。「入れて欲しい?太いやつ」「んーっ入れて!欲しいの」恵子はあられもなく叫んだ。

 やすこは、自分の開脚した足のあいだから男根が差し込まれるのを目撃した。肉襞をめくりあげながら男根がズブリと入る瞬間だった。衝撃的に淫らな映像は恵子の思考能力を完全に奪った。硬い男根は恵子の奥まで届き、亀頭が粘膜を鈍く刺激した。俺は角度をつけ、えぐるように激しく腰を使った。快感が恵子の全身を貫いた。

 俺は恵子の背後に回った。胸を両手でつつむようにまさぐった。そして背中から首筋に唇を押し当てて、とくに髪の生え際に舌を這わせた。恵子の全身が震えた。同時に俺は後ろ手に自分の勃起した男根をやすこに握らせた。亀頭の先端から愛液がにじみでていた。

 恵子は自分の体に興奮してでた液体に愛らしさを感じたのか、たまらなくなって口に頬張った。性の営みに没頭する自分の姿に恵子は激しく興奮した。たまらなくなり、叫んだ。「あつし舐めて!もっとたくさん」俺は恵子を床によつんばいにした。白い尻が突き上げられた。

 恵子の全てが丸見えだった。俺は、後ろから、口を開いた陰花植物の淫らな姿を堪能した。舌はアナルから はじまり割れ目を舐めあげ、クリを根元から持ちあげた。全身を貫く快感に恵子は自ら腰を揺すった。舌は上から下、下から上と丹念に旋回しながら生き物のように動いて、膣の中まで侵入した。

 もはや、恵子は後ろから突いてもらうことしか考えていなかった。俺は隣部屋に聞こえる音をたてて獣の営みをした。恵子の首がのけぞって、そして垂れた。十回を恐らく超えるエクスタシーだったろう。ベッドを使わずに、床の上で恵子は果てた。

 首にかかる高貴なネツクレスのみが社長貴婦人を物語っていた。ぱっくり口を開いた淫らなよつんばいの姿が屈辱だったかもしれない。

↓他のHな体験談を見る

・・神待ち女の子も利用しています・・

.
.
.
.
.

 - 会社員の体験談 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★会社の人妻事務員を落した告白

 先週末に職場の忘年会があり、以前から目をつけていた人妻の事務員をぐでんぐでんに酔わせてラブホに連れ込み合体に成功。意識はそこそこあったものの足にきていて真っ直ぐ歩けなかったので、腰に手を回して抱きかかえながら、歩けるようになるまで「休むだけだから大丈夫。」などと騙し騙し強引にIN。 「早く帰らないと旦那に叱られる…」とか「子供が待ってるから…」とか言っていたが、部屋の入口でキスをしながら尻をなでま

no image
★旦那に飽きた職場の人妻とのSEX

 横浜の31歳独身です。一緒の職場で働いている千裕は40歳で小学生の子供が一人いる人妻です。千裕が仕事でのモヤモヤがあるので、飲みに行き話を聞いてあげることになった。食事をして、バーに移る頃には仕事の話も終わり、プライベートな話になっていた。だんだん話がエッチな方に行き、彼氏が欲しいなど言っていた。 旦那とは10年ほどエッチはしていなく、千裕自体もあまりエッチが好きではなく、やはり10年ほどしていないらし

no image
★温泉宿で妻のハプニングを期待しました

 連休に夫婦で温泉にでも思い、安い温泉宿を捜してると新聞広告に、人数が増える程、安くなる温泉ホテルがあったんです。いいね~食事もバイキング方式で、寿司、カニ、ステ―キと豪華版なんです。二人なら、一万二千か一人が、四人なら八千円ちょっとなんです。私が、内の工場の若い奴 誘ってみようか、負担減るからと言うと、私は別に良いけどと言うので、ダメ元でメールしてみたんです。 以外にも、二人が行きますの返事なん

no image
★出張先でエロないい思いをしました

 上司の鞄持ちで地方に出張した時に泊まった旅館での出来事です。その宿には大、小2つの浴場がありましたが、男女が公平に使用するために、3時間ごと男湯と女湯が入れ変わる仕組みになっていました。各浴場の入り口には、男湯、女湯の木製の看板が掛けられ、3時間単位で男女別に利用できる時間帯が書かれています。 大浴場は夜10時からは男性専用です。夜中の12半頃でしたが、さっとひと風呂浴びて寝ようと思い浴場に行き

no image
★精子が枯渇した女上司とのSEX

 これは僕がリーマン時代の話。僕は地元では大きい方の住宅建設会社に勤めていた。その日1泊付の忘年会に出席する為、伊豆の旅館へ。総勢25名程度 飲めや、歌えやの大騒ぎ。宴会も終り、潰れている人、寝る人、外へヌキに行く人を除いて2次会へ。10名程で旅館を出る。  その中に足元フラフラの女性有り。設計担当のNさん33歳。いつもは仕事の出来る大人の女性といった感じだが、今日その面影は無い。「一昨日振られたんだって

no image
★警備員のエロ行為の目撃話

 私は、35歳の独身でビルの警備員しています。この時期は、花火大会が行われる時は、ビルの会社がお客様を招待してビルの屋上を解放します。そのため、私はビルの中を見回りをするため花火が見れないので、せめて招待客のいい女を見つけて目の保養しています。 家族の招待客が来た時に見ていたら見覚えのある女性が居ました。その女性は、私の住むアパート近くの超豪邸に住んでいる奥さんでした。私が超豪邸を通った時に家から

no image
★やはりメイドインジャパンが良いですね

 先週、当社の主要取引先である米国企業の部長と奥様を接待することになり、事前の情報から伊豆の温泉に案内させていただくことになりました。僕は英語が得意ではないので、秘書と4人で行き、食事を食べ、お酒を飲んでいると部長から秘書にスワッピングの提案があった。 奥様の希望で日本人男性の硬いペニスに興味があり、是非とのこと。奥様は50歳くらいで年の割りにきれいですばらしい体をされています。秘書は御遠慮したいと

no image
★職場に来る営業の女性との話

 職場に某乳飲料の営業の女性が出入りしていました。これって、子持ちの方がやっていますので、普通はそれなりの年齢の女性が来るのですが、彼女は子持ちながら22歳という若い女の子でした。 いっつも笑顔で愛想が良く、小野真弓に似た感じの彼女は、当然ながら職場のおじさんの人気者でした。いつもお尻を触るおじさんもいたのですが、明るく切り返していましたね。おれは当時26歳ですでに結婚していましたが、それでも可愛

no image
★パソコンのサポートで美味しい話

 私は会社でパソコンの管理・サポート何かをやってます。システム部門なんて無い会社ですので、業務の傍ら色んな無理難題を押しつけられてましたが、個人的に頼まれて何人 かにパソコンの導入・プロパイダーの接続・メール設定等。 まぁ、ビール数本で引き受けてました。むろん野郎ばかりでしたが、この前大変美味しい思いをしたので皆さんに報告致します。ことの発端は、事務の子から家のパソコンが壊れたらしい・・ので見てほ

no image
★女性が酔うと楽しいことが起こりますね

 この前、会社の送別会があり幹事を任された俺。飲むどころではなく、金の管理から赤を出さぬ様飲み物の調節やら途中から上司の帰り車の手配と追われまくってた所に、退社するS子(23)が皆に飲まされ過ぎて吐きそうだからと肩を貸しながらトイレへ。  小さい居酒屋な為、トイレは男女共同。入り口に鍵をかけるとS子は便器へ向かわず・・洗面所へゲロ。童顔でちょい巨乳なS子は会社でトップ3に入る可愛い娘だったがこの度、人の