エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

今では、時効と思うけど

   

11 9月

2015年09月11日 12:05

カテゴリ

今では、時効と思うけど

もう時効だと思うのでカキコさせてもらいます。
正確には職場といえるかどうか。出張先での出来事。
うちの会社は出張が多いのですが、男女ペアになることはめったにない。
会社も気を使うのだと思います。
しかし、その時はスケジュールの都合で、俺とMの2人で出張だった。
俺32歳既婚、M25歳独身♀。
俺とMは中途入社組で妙に馬が合い、何人かの仲間でよく飲みに行く仲だった。
時にはY談もしたが、それは仲間内でのこと。
Mにも彼氏がいたし、恋愛感情などはなかった。まあ美人だし、好みといえば好みなのだが

出張先で一日目の仕事がおわり、一緒にホテルのレストランで食事をしてるとき、いつものようにY談になった。
ただ2人だけというのがいつもと違った。 お互いのセックスや趣味など。
すると、アナルセックスの話になり、「アナルだと彼氏がいくのが早い」とM。
「え?お前アナルとか使えんの?彼氏に教えられた?」
ときくと、前の会社で不倫してた上司に教えられたとのこと。
この見た目いい女が、おっさんにいいようにされてたと思うと、妙に興奮し、あらためて女として見直してしまった。
その他にも色々と教え込まれたらしい。
「へ?、じゃあ俺も、一回お願いしようかなあ・・」と冗談ぽく言うと
「いいよ?w。でも奥さんに悪いから、やっぱりだめ?」と笑う。
一度、皆で俺んちに遊びに来た時、妻とは面識があった。

結局、その日は何もなく翌日2日目の仕事を終え、明日、帰るだけとなった。
お互いがそれぞれもち歩いた商品を持ち寄り、合わせてチェックするために、
俺のホテルの部屋で2人で伝票とチェックする。
いつもはパンツスーツの多いMだったが、その日はタイトスカートのスーツだった。
ベッドに腰掛けたその足が、妙になまめかしかった。
チェックも終わり「飲みに行くか?」と誘うと、「時間も中途半端だし、いいよ・・・」 とM。
その割りに、自分の部屋に戻るとも言い出さない。

自販機でビールを買ってきて飲みながら、話をした。
俺は、昨日の話が気になって仕方がない。それとなく水をむける。
Mはまたその話に乗ってきた。そして、俺はMの隣に座りなおすと
俺「やっぱ、気になるな?。お前のセックス・・・」
M「試して見たいの・・・?」
少しアルコールが入って座ってきた目で見つめてくる。
俺「させてくれんの?」
M「内緒に出来る?私どろどろとかヤだから・・」
俺はチャンスとばかり肩を抱き、キスをする。Mの舌はビールの味がした。
そのまま押し倒そうとすると、
M「あ、だめだよ。シャワー浴びないと・・・」

俺「いいよ、そんなの」というと、
M「だめぇ。後ろも使いたいんでしょ。きれいにしないと無理・・・」
なるほど道理である。
シャワールームにMが行き、シャワーの音が聞こえ始めてから
俺もその場で服を脱ぎ、シャワールームに闖入した。
M「わ、ちか?んw」
言いながら特に嫌がる様子はない。
M「洗ってあげるよ」と、俺の全身に手でボディーソープをなすりつけながら、
愚息にも手を伸ばす
M「げ。でかいじゃん。入るかなぁ・・・無理だったらごめんね」
と念入りに洗う。まるで風俗嬢のようだ。

ベッドにいくと俺は懸命に奉仕した。
Mの体は想像以上にきれいで、スタイルが良かった。
声を抑えながらも敏感に俺の責めに反応した。
M「ふわあ、すごいね。さすが既婚者。今度はあたしがしたげる」
と、体を入れ替えてフェラチオ。
M「固くしないと、後ろ入らないからね。」
M「じゃあ、まず前から入れて・・・・」
俺「でも、俺、ゴムとか持ってないぞ・・・」
M「いいよ。生で。いく時、後ろに出せば・・」
正常位で挿入。Mのそこは、愛液でべとべとだった。

しばらくMの前を楽しんだ後、M「じゃあ、後ろ入れる?」と自分で両足をもって、足を大きく広げた。
俺はそこに挿入していった。
思いのほかすんなり入っていく。
先に前に入れさせたのは滑りをよくするためだったのか、と妙に感心した。
搾り出すようなうめき声を聞きながら、強いしめつけを楽しみ、
最後はバックスタイルでしりあなのの中に放出した。
俺「すげーな。お前・・・気持ちよかった・・・」
M「ふふ。惚れちゃった??休んだらもう一回しよ?」

結局その日は前に後に計3回放出した。Mは、朝まで俺の部屋で眠った。

Mは俺と体の相性がいいと言い、帰ってからもしばらく関係が続きました。
基本的に縛ったり、おもちゃ使ったり、と何でもOKでセフレとして重宝しました。
1年程関係し続け、表面上は仲のいい同僚で最後まで押し通しました。
俺の転勤、その後の彼女の結婚で終わりになりました。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
妻が風呂に入ってる間に高校生の娘を

俺は妻と高2の娘と3人暮らしで最近娘が可愛く思えるのと同時に娘は反抗期です。そんなある日妻が「私先にお風呂はいるわよ」とお風呂に言ったのを確認すると俺は娘の部屋を開け中を覗くと娘がベットでくつろいでいました。俺はもう我慢できなくなりそ~と中に入ると娘の上…

no image
姉を犯して自分のものにした話

まず初めて姉を犯したのは俺が中学三年生で姉が高校二年生の時だった。前から姉の下着の匂いを嗅いだりしてて興味があったんだけどその日は姉が風呂に入って薄着のまんまソファーで寝てて、それをみてものすごくムラムラして姉にのしかかりディープキスをした、そしたら姉が…

no image
デパガの妻

 結婚して半年、私は毎日が楽しくて仕方がなかった。妻と知り合ったのは、いわゆる合コンという奴だ。私がいた支店の取引先に、業界でも比較的老舗のデパートがあり、そこの経理部の男に誘われたのだ。「俺らの業界はだめっすよお。うちの店の女のこなんて、俺らのことなん…

no image
カルピス

一人で晩飯を食べていたら風呂上りのピチピチ肌の妹が裸のまま台所に入ってきやがった。隠すべき所も隠さずにバスタオルで体を拭きながら。そして冷蔵庫を開けて言った。「え~、ジュース何もないよ~。お兄ちゃ~ん」「そんな事知るか。下のコンビに行って買ってくりゃあい…

no image
夫に相手にされなくて7

ある日夫が新入社員を連れて家に帰って来た時の事なんですが『ただいま、新入社員の○○君だ』「こんばんは、散らかってますけどゆっくりしていって下さい」《こんばんは始めまして》『遠慮しないで上がってくれ』『○○君はお酒は飲めるのかな?』《はっはい少しなら》『ビ…

no image
★神社の巫女さんと神秘的な体験談

 結婚8年の36歳、妻は32歳ですが、このお話に妻は直接関係ありません。私の1年先輩の元同僚で、今では課長代理に出世している三浦さんの話です。実は、三浦さんの奥様の小春は、私の元カノだったのですが、秘密はそれにとどまらなかったのです。 13年前、私は新卒で採用されましたが3流大卒なので、県庁所在地の本社ではなく片田舎の営業所へ配属になりました。私は、あんまり田舎町に住みたくなかったので、電車で15分の隣の市

no image
★他人のアレで狂喜乱舞する人妻の私

 思い切って告白します。26歳一児の母、恵子です。1歳の一人娘、と31歳の夫と3人で小さいですが一戸建てに住んでいます。夫を裏切ってもうすぐ1年になります。去年の春に夫が隣の県に転勤になり、通勤できなくなったので週末だけ帰ってくる生活になってからです。 寂しさと子育てのストレスから出会い系のサイトでメル友を募集したのです。36歳の秀というバツイチの人と頻繁にメールするようになりました。一度食事でも

no image
★羽が伸ばせる温泉の混浴はエロなロマンが・・

 友達と温泉行って混浴に入った。そうしたら三人の男たちが入ってきてニヤニヤしながら話し掛けてきた。私はタオルで身体を隠してたけど友達のまき(仮名)はタオルなし。巨乳が湯槽に浮いて揺れている!まきはにこにこしながら男たちと会話してた。男たちにかこまれてまきは何となく変。どうやら湯槽の中で下半身を触られているようでダメ、あっ…とか言ってる。 気がつくと一人が私の真後ろに来ていて後ろからおっぱいを触って

no image
★美人の身体には興奮します

 これは四年前の話・・会社の事務に33才の綺麗な顔をしたMという女性が居ます。こんな綺麗な人が世の中に居るのかと思うぐらい、顔も身体も完璧で社内ではアイドル的存在です。ただ、残念な事に既婚者です。 そんなMと私はお互いの子供を連れて出掛ける間柄だが、Mの旦那も私の嫁も仕事が忙しいので、遊ぶ時は子沢山の夫婦にしか見えず、それがまた楽しくてしかたないのですが・・

no image
★林の中で空気がエロムード

 文筆家のA子さんと知り合ったのは三年前、仕事を通じてだった。彼女は女性誌関連のエッセイをかいたりしていた。郊外に住んでいるため、駅の近くのシティホテルのカフェが打ち合せの場所だった。 40代半ばだったが、色白で首から胸元のラインが美しく、胸元にのぞくネックレスがアクセントとなり、品と透明感を感じた。目が美しい女性だった。あるとき、たまたま自宅で打ち合わせをして、帰路に送ってもらうことになった。