エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★妻の中に他人のペニスが

   

.
.
.
.
.
2015/09/10(木)
 ハイキングを兼ね紅葉を観に山歩きを 数時間の歩きでしたが運動不足の妻は宿に帰ると足が痛いと言い出しました。よかったら僕がマッサージしましょうかと同行した友人の増田が躊躇する妻に、いいじゃないかやって貰えばと言うと渋々承諾しました。

 風呂上がり浴衣で布団に俯せになるといよいよマッサージ開始です。奥さんどこが痛いですか?とふくらはぎと、普段から腰がちょっとと妻がいつも立ち仕事で腰が痛いと漏らしていました。それじゃ失礼しますと言うと浴衣の裾を捲り足から始めました。
 他人に触られる妻を見てると、ドキドキしながらも興奮して来ました。増田の手がふくらはぎから徐々に上へと・・太ももの裏を押さえると、ああ~気持ちいい~と妻が浴衣の上からですが尻を包むように両手で揉むと、ああ~と声を腰に少し体重を掛け押し込むと、ああ~上手なんですねそこがいつも痛いんですと妻が・・

 すると増田は本当は素肌が効くんですが少し捲くってもいいですか?と興奮してた私は妻より先に・・いいぞ素肌で頼むと妻に、なあ~いいだろ せっかくだからと言うと小さく頷くのです。

 そうだもう浴衣脱げよ、その方が増田もやりいいだろと言うと私は肩から浴衣を・・すると妻も帯をゆっくりと肩から浴衣を脱がせると、ブラをしていませんでした。増田は唾を飲み込んでいます。浴衣をを取り去ると白いパンツ一枚です。四十代ですが背中にはシミも無く綺麗でした。

 それじゃ始めますねと言って肩から揉み始めました。背中のくぼみから臀部へ・・見てる私は興奮で前を大きくしてしまいました。
増田を見ると、やはり大きくなってるようです。背中側を終えたので、私は今度は前をと言うと妻が、エッ前?とそうだと、せっかくだから前からもやって貰えよと言うと・・

セフレ希望の異性を探すなら・・「セフレ支援サイト」

 でも恥ずかしいよと、何言ってんだお前みたいなおばさんじゃ増田も、どうって事ないよさあ向いた向いたと言うと、ゆっくりと手で乳房を抑えながら上を向いたのです。しっかりと手で胸を押さえながら、恥ずかしさに耐えてる妻が愛しく見えてしまいました。

 私はタオルで妻の目元に掛け、少しでも恥ずかさを和らげたのです。下着からは黒い毛が盛り上がって見えます。肩から順にマッサージをしながら、増田が奥さん手をどけて下さいと乳房の上の手を両脇へ・・張りの無くなった乳輪の大きい乳房が横に流れます。

 下乳から手を差し入れ乳房全体を揉み上げると、あっうっと妻が声を・・増田は乳房を重点的に揉んでるようです。乳首が起っています。マッサージと言うより愛撫のようです。増田、何を勘違いしたのか、乳首を舌先で舐め出したのです。

 これには妻もイヤッダメっと言いますが、ムンズと掴みながら交互の乳首を愛撫すると、パンツの股に染みが・・感じてるんです妻は増田の乳への愛撫に、増田の前は大きくせり出し今にも妻に向いしうです。

 私はこれも取ろうかなと言うと、妻は無言のままでした。そっとパンツに手を掛けると妻は腰を上げ脱がせよくするのです。もうそこは溢れんばかりの大洪水状態でした。こんな濡らした妻は何年ぶりでしょう。

 増田が妻の脚を割りマンコを覗き込みます。妻のあそこから女の匂いが、その匂いに余計に興奮した増田は、マンコを左右に開くと口を近ずけ舐め初めたのです。年相応の褐色のマンコにビラが食み出しています。

 もう妻も覚悟をしてるの腰が微妙に動き出していました。私は増田にやれよと合図をすると、浴衣を脱ぎ妻の上に・・灯り消して お願い暗くしてと居ながら、増田の他人棒を受け入れました。

↓他のHな体験談を見る

・・神待ち女の子も利用しています・・

.
.
.
.
.

 - 知り合いとの体験談 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★男は浮気者ですね、でも巨根だから・・

 昨日の夜、彼と一緒に食事をしてから映画でも借りて彼の家に行きました。彼のマンションのエレベーターを下りて部屋に向かう途中に若い女が前から歩いて来ると、彼が急に変な動きをしはじめて、あからさまに顔を隠そうとしていました。 女が近づいて来ると「あれ?彼女いたんですね?あたし忘れ物しちゃったみたいで取り来ただけなんですけど、 取って来てもらっていいですか?」と笑顔で言っていた。私は一瞬で状況を把握しま

no image
★女性同士の怪しい背徳感って

 毎週ジムに通いはじめて半年。よく見掛けてた年上のきれいなおねえさんが、最近話しかけてくれるようになり、ジムのあと「一緒にご飯に行こうよ」と誘われました。女同士だし、もっと仲良くしたかった私はふたつ返事でOK。「私の家の近所においしいとこがあるの」という事で、ジムのあと二人でそこにむかいました。  そこは洋風の居酒屋で、車だった私は「車なんでお酒は…」と断ったのですが「少しなら大丈夫!それに、いざと

no image
★女性同僚が泥酔いしたので狼に

 先日、会社内で飲み会があり同僚のKちゃんが呑み過ぎて意識不明になり、なりゆきで僕が車で家まで送る事になった。Kちゃんの家はクルマで20分ぐらいの場所にあり、送っている最中に道が分からなくなったので、後部座席の彼女に道を尋ねると返事がないので、のぞいてみるとぐっすり眠り込んでる様子。  この日の彼女はジーパンに、上はビビットカラーのキャミソールで、胸元からほんの少しのぞいてる。白くふくよかな胸元が何

no image
★知り合いの後輩に悪戯され

 昨夜、アルバイトの帰りに後輩のA君(20)と一緒に電車に乗っていると、不意に私のウエストの辺りに手を回して来て、スゥーと撫でられてしまいました。「えっ!?」と驚いて、A君の顔を見ると彼はボソッと耳元で『バックが好きなんでしょ…あと騎乗位も凄い感じるんだよね』と呟きました。 そうして彼の手は、周囲にはバレない様に動き出し私の腰を撫でながらも、徐々にバストを掠め始め出しました。私は、固まりながら(やっぱり…あ

no image
★昔憧れていた同級生と夢のような一夜

 去年の夏のことです。ビヤガーデン→行きつけのバー→ラーメン屋とお決まりのコースで、さぁ帰宅というところで向こうから偶然に高校のときの同級生に会いました。彼女の名前は「ゆか」と言って僕のほうが一方的に憧れていました。でも結局言い出せなくて終わってしまいました。 ゆかもこれから帰るところでしたが、懐かしくて喫茶店で話すことにしました。今は僕もゆかも家庭を持って子供もいます。ゆかは短大を出た後、中学校の

no image
★深夜当直のエロな御褒美

 それは僕が30代の頃でした。病院勤務で深夜当直の夜。当時お付き合いしていたY子(その当時40代後半) から内線電話がかかってきて、僕は患者の容態が急変したのでは。と思って受話器をとると。Y子の甘いささやきが聞こえてきました。夜の12時ころだったかな? ひととおりの見回りも終わり横になろうとしたときでした。 何?と聞くと、今からそっちへ行ってもいい?とのこと。ちょ、ちょっとまずいんじゃ〜といいかけたら、電話がき

no image
★妻の思わぬ相談事に迷っている

 うちは同じマンションに住む服部さんご夫婦とはすごく仲良くしている。奥さん(30)と嫁(27)が昔からの親友のごとく仲良しだからだ。うちも服部さん家も子供はまだなので、ちょくちょく4人で飲みに行ったり、来年は旅行にでもなどと計画したりして楽しくやってます。 ご主人(40)は大手の商社マンで海外出張が非常に多く、私(35)も製造会社の営業部で海外によく出張しているため、ご主人とはお互いの出張先での苦

no image
キャンプ場でエロなパラダイスを体験

 大阪支店にいた時の話です。毎年社員旅行に行くのですがその年は仕事が忙しく中止になりました。積み立て金が帰ってきたので若いヤツだけでどこかに行こうという話になったのです。大阪から近い淡●島に「ぱらだいす」があると深夜番組の○○ナイトスクープでやってたんで、一回行ってみようと言う話になり(単なる趣味の悪いキャンプ場ですが…)20代の男女4人ずつでキャンプに行くことになりました。

no image
男と女の三角関係の結末の告白・・1/2

 アルバイト中の俺の携帯電話が鳴ったのは、日付が変わる頃だった。発信者はゼミの仲間で、浅井由美という女である。「もしもし」「川本君?ちょっと、直子が大変なのよ」直子とは俺が付き合っている女の名前だ。由美と直子は仲が良く、いつも一緒に行動している。この時、俺は直子が酔い潰れでもしたのかと思った。女二人で飲んでたりすると、稀にそういう事があったからだ。

no image
可愛い子だけど、そこの締まりはイマイチだった

 AVにスカウトされた事のある女性とセックスした事があります。街を一人で歩いてたらスカウトマンが、あなたならこの業界で通用しますよ、お金にもなりますし、お話しだけでもと名刺を渡されて・・まぁ結局本人いわく「そんな気はありません」という事で丁重に断ったと・・!で、その娘とは同じ会社、オイラは営業、その娘は事務員名前はA子としましょう。 前々から「乳、デケェなぁカワイィ顔してんなぁ」とか思ってたのだが