エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

下宿のお姉さんに見つめられながら

   

10 9月

2015年09月10日 14:05

カテゴリ

下宿のお姉さんに見つめられながら

もう一昔前のことですが、いまだに感慨深い出来事です。高校生のころある事情で下宿生活してまして、たしか真夏の頃でした。ほぼ毎日のようにオナニーに耽る年頃で、夏休みのその日も昼間から部屋の中で開始。下半身丸出しにてエロ本を下に置きそれにぶちまけるのが俺流?しかし、開始しばらくして何か目線というか視線を感じてしまう。ちなみに下宿の部屋は2階の6畳部屋で、窓が2箇所の変哲もないつくりなのだが丘の頂上付近にあり、窓の外は真正面が通路(坂道)でその下宿の犬小屋があった。普段はまず人など通ることのない道である為、まったく意識せずに窓全開にしてた。そして、たまたまその下宿の娘(当時短大生)が犬にエサを上げに来て、目の前にある窓の向こうで俺がペニスをしごきまくっていたというシチュエーション。俺の方から見ると、彼女が犬小屋に体半分向け、半分位は窓を向いて、えさをあげながら犬の頭をなでているような、目線はいつでも窓を見れるような微妙な体勢。でも雰囲気的に確実にオナニー姿を観察していると直感した。
そのとき「うあわ見られた!」と思うと同時に今までにない興奮が押し寄せ
それこそ「ふおお」と声をあげながら、MAXの射精を経験してしまった。そして彼女は気づいているはずなのに、決して逃げる素振りもなく終わった後そーとその場を離れていった。それからというもの、当然癖になってしまい彼女が犬小屋へくる度に反応しオナニーを始めるというまさにパブロフの犬。そして文章で伝えることが出来ないがいつも必ず見ていてくれるのだ。言葉を交わす訳でもなく、その後からだの関係になるとかそういうことはなかったが、彼女は視姦し興奮していたと思う。あの時彼女はどういう心境だったのだろう。彼女のオナネタになっていたなら良いのだが。俺はというと、そこから目覚めた露出オナニーは癖になり今でもやめられないが、辺りかまわず出来る訳でもなく、もっぱら風俗(オナクラ、エステ等)で見られながらのオナニーや手こきで性欲を満たす日々であるが、この頃のオナニー環境がいまだに最高であったなあとしみじみ感じる。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
岩だらけの海岸で裸で泳いでみたい

あまり人のいない、岩場だらけの海岸で泳いだ。岩かげで、海パンを脱いで、裸で寝てた。気がつくと、女の子供が二人横にいた。 「こんちわ」  あいさつしたら返事してくれた。 「近くに住んでるの?」   「学校は、いつまで休み?」いろいろ話した。 二人は、おれの…

no image
JKの彼女と付き合ってる時にその母親とやっちゃった

俺が21歳の学生の時、航行の彼女の家でやってると出かけてた母親が帰ってきていきなりドアを開けてきたのでビックリ。気まずいったらありゃしない。それから2ヶ月後いつものように彼女の家に行くといたのは母親、彼女は、まだ帰ってきてなかった。てっきり母親は仕事に行…

no image
★SEXは好き勝手してきました

 こんにちは愛子です。26歳主婦です。私には結婚前から付き合っているセフレS君がいて、結婚後も切れないでいます。高校時代のクラスメイトです。彼は水曜日が休みです。だから、私は水曜日になると主人を送り出して、彼のマンションに出かけます。この日は夕方までずっと一緒です。 エッチはいつも彼のマンションです。 彼はずっと3Pがしたいと言っていました。愛子が他の男に辱められるのを見ながら、嫉妬心に駆られて、

no image
海外リゾートのプールで

海外旅行で泊まったコテージ型のホテル。プールの利用は夜は「自己責任」。 つまり自由につかえということなので、二人で9時過ぎに入った。 プールサイドにレストランはあるが、プールの海岸側は暗くて見えない。そもそも人工岩などがあり死角になる。 ほのかな月明かりと星…

no image
★転勤してきた部下を口説き抜きまくる・・1/2

 私は46才管理職ではあるけれど部下を持たない「特命部長」で、ある意味フリーな立場で若い連中の悩みや不満を聞い、てガス抜きするようなこともやっている。カミサンとははっきり言ってもう2年もしてないセックスレス性欲旺盛なので、以前は彼女とかセフレみたいな女性もいたけど、最近はいないので月イチでラブホで人妻デリヘルを呼んで発散してる。 1年前に私の部署に転勤してきた30才の黒岩由美は、165くらいの長身

no image
★体を自由にさせてくれるという美人

 図書室の美人司書は35歳の裕美という女だった。裕美は、9歳の娘を実家に預けて働くバツイチ4年目だった。俺は、裕美のかつての職場の上司で、バツイチになった裕美今の職場の口を利いてやった。 この日は、恋女房に先立たれた私に、男日照りの裕美が体を自由にさせてくれるという。裕美を連れて、都会の喧騒を離れた山間の和風の戸建てが立ち並ぶ連れ込み宿に着いた。

no image
映画研究会

大学時代の話だ。俺は4流私大で映画研究会に入っていたんだが、3回の時変わった奴がクラブに入ってきた。そいつが山田だ山田(仮名)はテニスでインターハイベスト8まで行き、スポーツ推薦でうちの大学に入った、身長180センチ、顔は吉川晃司(古い)という、あまり映…

no image
★思わず感じて失言してしまいました

 27歳のOLです。仕事は運送会社で総務・経理を担当しています。そして昨日の残業中に、社内に残っていた別の部署の課長にレイプされました‥最初とても怖くて 最期まで嫌でした…けれども途中から混乱してしまい(本当は久しぶりの男性に反応してしまい…)最期に課長が腰使いの激しさを増しながら『いくぞ!膣内に出してやるからなあ、タップリ味わえよぉ!!』と言われました。 私は「イヤです!許して下さいっ、それだけは絶対にヤ

no image
★レイプされた後に3軒で最高って

 結婚して新興住宅地に引っ越して間もない、妊娠中の話です。そこは、まだ空き地がまばらに有って、平日の昼間は共働きが多く、時々車やバイクの音が聞こえるだけの、静かな時間が流れていました。 いつものように車でスーパーから戻ると、隣の家にミニバイクが2台が止まり、乗っていた3人(1台は2人乗り)が玄関の鍵を開けていた私に近づいてきたと思ったら、ヘルメットで頭突きされ、頭がくらくらしている間に、家の中に入

no image
★義父のアソコは夫より元気

 夫が海外出張で家を空けた1カ月間、夫の父親・徹夫と2人だけの生活になった時のことです。ある日の朝、洗濯する時、私のショーツがべっとり湿っているのに気がつきました。匂ってみて、それが精液だということはすぐにわかりました。体中、カ〜ッと火照って熱くなりました。 「お義父さん、私のショーツでオナニーしてるんだわ」以来、義父を意識するようになりました。警戒するというのではなく、してほしい、犯されてもいい、