エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★飲み友達の妻をイタダキマシタ

   

.
.
.
.
.
2015/09/09(水)
 行きつけの小ぢんまりとした居酒屋に訪れる政夫・京子夫妻と何時しか意気投合し、互いに連絡先を交換する仲となって久しくなっていました。政夫は大手企業の中間管理職の51歳で私の1歳下。。京子は福祉系の派遣社員の46歳。2人には子供がなく、周囲が照れてしまう程の仲の良さ。

 政夫はどちらかと言えば派手に飲んでいつしか飲まれるタイプ。決して強くはないのであろう。それに対し、京子は淡々と飲むタイプで、間違っても乱れることのない方。実はこの京子。顔立ちは地味系で、お世辞にも美人とは言い難いが、私の初恋の少女の面影が時折見え隠れし、初対面の時から心惹かれていました。
 我社の歓送迎会が企画され、二次会までは顔を出していたものの、三次会以降は若者だけに場を譲り、近場の小料理屋へ身を潜めるように移動しました。カウンター10席と小上がりのテーブル1卓しかない、私好みのタイプの店は絶えず客が出入りし、繁盛していたが、何より嬉しいのが、一限の私が遠慮せずに会話を楽しめる店でした。

 どれほど飲んだだろうか。小上がりのグループから1人の女性が仲間に別れの挨拶をした後、覚束ない足取りで出入口付近に座っていた私の方へと歩み寄ってきた。間違いなく京子であった。

 軽く挨拶をしたものの、京子の足元は危なっかしく、取り急ぎ会計を済ませて共に店を後にしました。まともに歩けない京子を抱きかかえる様に歩き始めました。京子の家は正確にはわかっていませんでしたが、私の自宅の方と同じ方角とは知っていましたので取り敢えず大通りに出てタクシーを探しました。

 週末で、空車が見つからずにいたのでしたが、気が付くと私の胸の中で寝息をたてた京子の姿がありました。ようやく空車に巡り合えた時には熟睡していて、やむを得ず繁華街と自宅の中間地点のホテルへ走ってもらいました。

 チェックインを済ませ、京子を担いで部屋に入り、ベッドへ寝かせました。コートとスーツ・ブラウスを脱がせてクローゼットにかけ、下着姿の京子を横目に私も下着姿に。キャミソールを脱がすと段々になった腹部が。

 デブ専ではない私でしたが、予てからの想いのせいか「痘痕も靨」のことわざ通り、思わずふくよかな腹に頬ずり。処理をサボっていた腋の下も微笑ましく感じ入ってしまいました。白無地のブラジャーを外すと気の毒なほどに小さな膨らみでしたが、色素の薄い乳首が乳輪共々存在を誇示していました。

 ショーツもお揃いではないと思うが白無地で、股上の深いオーソドックスなもので、パンストごと一気に脱がして全裸に。熟睡していても執拗なオーラルで準備万端。正常位できつい秘部に挿入。

 意識がないので大掛かりな体位変換はできなかったものの、挿入後10分程経過したバックでの時、不意に喘ぎ声が漏れ始めた。

 顔を覗き込むとまだまだお休みモード全開。自宅で政夫と戯れている夢でも見たのであろう。小一時間楽しませていただいたが、それでも起きないのでタイマーをセットしてそのまま就寝しました。

 朝、タイマーで目覚め、風呂に入っているとベッドルームが何やら騒がしい。パニックになった京子の声が聞こえてくる。バスタオルを巻いて風呂を出ると京子がショーツを履いているところだったが、私の姿を見て驚きの余りにバランスを崩し、背後のベッドへ転がるように倒れ、弾みで秘部が露わになったが、慌てていて身体の自由が効かないでいた。

 私は賺さず酸っぱい臭いのする秘部に顔をうずめ、両手を上に伸ばして乳首を刺激した。京子は嫌がり手足を激しく動かしていたものの、男の力には叶わなかった。手足の動きが鈍ると、反比例に腰が動き始めた。嫌がる声も徐々に鼻にかかってきた。

 履きかけのショーツを脱がす時は既に無抵抗だったので、京子を転がし、私はうつ伏せになった京子の身体の下に仰向けで潜り込み、再び酸っぱいところに顔をうずめた。少々激しく動いたせいか私の硬くなったモノは顕になり、京子の顔に密着しているのがわかった。そして、京子が喘いだ瞬間先端が口に収まった。

 事後談では京子夫妻も結構なレスが続いていて、相当性的欲求が溜まっていたらしく。強固な貞操観念や羞恥心も執拗なオーラルには敵ではなく、喘いだ弾みで偶然咥えたのが人生初フェラになってしまったらしい。

 どれだけ寂しい思いで生きてきたのだろうか。初めて政夫以外を受け入れた秘部は貪欲になってしまった。2日と開けずに誘いのメールが届く。ムダ毛処理も確実にしているし、下着にも投資をするようになった。支持をするとローターやバイブをも購入し、持参してきた。

 人生最後の勝負をかけた感が否めないのが悲しいが、トコトン甲斐々々しく尽くしてくれる可愛らしさが、だらしない体型にも優っている。閉経前なので中出しははばかれるが、そろそろアナル拡張に入りたいと思っています。

↓他のHな体験談を見る

・・神待ち女の子も利用しています・・

.
.
.
.
.

 - 知り合いとの体験談 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★以前の家庭教師と生でSEX

 わたしが高2の時のことです。学校帰りに本屋で立ち読みしてたら、偶然中学の時の家庭教師に会いました。先生はその時大学4年でした。久しぶりだねー!高校は楽しい?とか色々話をして盛り上がり、先生がご飯をおごってくれることになって車でファミレスへ行きました。  わたしは先生に恋愛感情は無かったけど、夏服でブラウス、リボン、ミニスカ、ルーズソックス姿のわたしの足と胸を、車を運転しながらチラチラ見ている先生

no image
★行き付けの定食屋のおばさんは凄かった

 フロントが透けた紫色のレースパンティを脱がせようとすると、激しく抵抗しました。でもそれは拒否するための理由でそうしたのではないことがすぐに分かりました。固く閉じ合わされた股間から、無理矢理そのパンティを剥ぎ取ってみると、股間から透明のぬめりが糸を引き、パンティのクロッチ部分は色が変わるほどベッタリと濡れているではありませんか。 いやだ、いやだと抵抗しながらも力ずくで受けた愛撫によっておまんこをす

no image
★外科系医師のHな体験談

 おれは某大学病院勤めの外科系医師。GWは独身の若手はバイト病院で日当直をやるのが当たり前だった。おれは某病院で朝までの当直を終え日中はフリー、夜から明け方まで趣味の釣りに行く予定だった。そういえば釣り場に行く途中の田舎病院で2年後輩の女医、根本が4泊5日の大胆な(ほぼGW全部w)日当直をしてるのを思い出した。  ちょうど半分終わったくらいなので暇してるだろう。メールしてみると「ひまひまですよ~持

no image
忘れられない人妻との一発

 先月、雨の降った日のこと。 職場で結構仲のいい女「24歳人妻、バレーの大友にちょっと似てる、かなりおバカ)が、そんなに職場内寒くないのにガタガタ震えていた。「寒いの? 風邪でもひいたのか?」「いや、今朝会社来る時駐車場のところで転んじゃってずぶ濡れになっちゃったんですよ 」「あ~そりゃ大変だ。」傘差して携帯みながら歩いていたら滑って水たまりにスライディングしたとのこと。

no image
童貞の初エッチは手コキで射精

 大学の研究室の後輩。よくなついてくれてる娘で、俺も妹みたいにかわいがってた。ある時、研究室の飲み会のあと、なんか二人きりになった。「どっか次の店行くか」と聞いたら、「ウチで飲みませんか?」と言う。冗談か本気かわからなかったんだが、酔ってた勢いもあり途中のコンビニで酒買って、その娘のアパートへ。その娘はあんまり飲めないんで、ほとんど俺だけ飲んでた。

no image
★勃起不能になった友人の奥さんと

 まだ三十歳の友人がED(勃起不全)と診断されたそうです。彼は真面目な仕事人間でストレスが原因だそうです。そこで僕に刺激を与えてくれと言うのです。彼の計画は、自分達夫婦と私の三人で温泉混浴する事でした。スケベなお前が、裸の妻を視姦すれば、嫉妬が刺激になるんじゃないかと言うのです。 僕は良いけど奥さんはと聞くと、最初は戸惑っていたけど見せるだけならと承諾したそうです。彼も、くれぐれも見るだけだぞと念

no image
★女支店長とのエロで満たされています・・1/2

 俺が勤めている仕事場の当時31歳の独身女支店長との体験を書きます。俺の勤めていた支店は支店長を含め女性が6人、男性が俺を入れて2人の某有名健康食品を販売、営業する小さな支店でした。支店長は小西真奈美に雰囲気が似ていてました。性格は内気で、職場の飲み会なども全く参加した事はありません。 しかも仕事は要領が悪く、他の社員には好まれてませんでした。女性社員から聞いた噂だと、男性経験もかなり少ないと言っ

no image
★いい事があった同級会の話

 高校の同窓会が5月の連休にありました。卒業20年です。全員で127名 出席は78名、立食パーティーで、周りには椅子が置いてありました。会も進むとグループ感じで塊ができてました。高校3年で同じ組の憧れだった女性が来てました。 20年経っても綺麗で可愛かったです。声を掛けようとしましたが皆に囲まれて・・僕も飲みすぎ、椅子に座ってると、その彼女が僕の隣に来たのです。

no image
★彼女と一泊旅行をした告白

 1ヶ月前、彼女と山梨のRというリゾートホテルに行きました。1泊2日だったんですが。二人にとって初めての旅行だったのでとても楽しみでした。新宿から2時間半で目的地に到着。早々にチェックインを済ませ、部屋に行きました。その日は台風が九州に迫ってて、もしかしたら帰れなくなるかもね。 など話しながらマターリムードに…同じ職場での付き合いでいつもは隠しているので、開放感からかお互い積極的になってたみたい。

no image
★お金が無い事は悲しい、姉の旦那に

 月末に近くなると、財布の中も預金も少なくなり食費にも影響が。そんな時は、いつも姉に相談する事もあります。その日は違いました。姉に電話で相談したのですが、持ち合わせが無いと言うので断れたのです。 その電話から数分後、公衆電話から電話がかかり電話に出ると姉の御主人でした。姉の御主人は私と姉との電話を横で聞いていたらしいのです。姉の御主人は「さっきまでパチスロをしてて勝ったから貸してもいいよ」と電話で