エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

えっちゃん

   

もう20年前になるが、親友Yの家に遊びに行った時のことだ。Yの両親と妹のえっちゃんは家庭の事情で田舎に帰っており、Yは一軒家で一人暮らしをしていた。その日はえっちゃんだけ遊びに来ていたが、Yの家に行くまでそのことは知らなかった。
えっちゃんはその時15歳。以前から可愛いと思っていたが、久し振りに会うえっちゃんは更に可愛くなっており、少し大人びた印象を受けた。高1になったのだから当然かな。
ゲームや酒を飲んだりして時間を過ごし、夜も更けたので俺は一階の居間で、兄妹は二階でそれぞれ眠りについた。
朝、テレビの音で目が覚めると、えっちゃんだけが下に降りて来てテレビを見ていた。
「おはよう。Yは?」
「寝てるよ?全然起きないよ?」
こちらを見もしないで答える。えっちゃんは寝間着のスウェットのまま、女の子座りをしてこちらに背を向けている。スウェットから少し白いパンツが見えており、それを見た瞬間、俺は毛布を被ったまま後ろからえっちゃんに覆い被さって、首に手を回した。「男が寝ている側にそんな格好で来たら、襲われても文句言えないぞ?」と少しふざけながら言った。えっちゃんは何も言わず頷いただけ。
「…いいの?」と聞くと何も答えない。もう何も考えられなくなって、そのまま布団に彼女を連れ込み、キスをした。口を噤んだままのキス。「初めて?」と聞くと頷く。俺も若かったし、こんな可愛い娘の処女をいただけることに興奮してしまった。顔や首にキスをしまくり、慌ただしくスウェットの上をたくしあげた。ノーブラだった。膨らみは控え目だが、きれいな…とてもきれいなピンク色の乳首が二つ。
処女には優しく…などとはまったく頭になかった。乳首に吸い付き、片手はもう一つの乳首を転がしながら、可愛いおっぱいを揉んだ。
どのくらい両胸を弄んだかわからないが、えっちゃんはうっすら涙を浮かべながら「あ…、うっ…」と声を出していた。
涙を見て我に帰った俺は「ごめん、痛かった?」「大丈夫…でも優しくして…」と小さな声で言われ、ようやく冷静になり、もう一度キスをして「ごめんね。優しくするね」と言い、最初からやり直した。
ディープキスを教えて、優しくおっぱいを揉みほぐし、腕や腹、背中にお尻、足や爪先まで舐めて触りまくった。えっちゃんはされるがままになっていたが、時折声にならない呻きを出していた。周囲をじっくり責めたせいか、えっちゃんの顔は紅潮し、息が荒くなっていた。
「気持ち良い?」と聞くと「わからないけど、ボーッとしちゃうよ…」と言う。とりあえず感じていると判断した俺は、フェラを教えることにした。恐らく大人の性器を見ることは初めてだろうから、いきなり咥えさせようとしても嫌がるだろう。キスをしながら手を握り、その手を既に勃起したペニスへ持って行った。
えっちゃんはそれとわかった様子だったが、軽く握ってきた。「上下に扱いて…」と言うと少しずつ動かしてくる。「気持ち良いよ…」と言うと、両手を伸ばして握り、扱きだした。
体勢を入れ替えて、えっちゃんにペニスを見せた。眼が釘付けになっている。
「舐めてみて…」恐る恐る言ってみると、顔を近付けて口を開いた。
「えっちゃんが俺のを咥えてくれる!」今度は俺がえっちゃんの口から眼が放せない。
舌を出して亀頭を舐める(というより舌を当てているといった感じだが)その後は言われるままペニス全体に舌を這わせ、ついには亀頭を飲み込んだ。えっちゃんの口の温かさにすぐイキそうになったが、時折当たる歯が逆に高ぶりを鎮める形になり、射精は免れた。
えっちゃんをもう一度仰向けに寝かせた。下腹部を撫でながら薄めの陰毛に手を伸ばした。淡い色の陰毛だ。指に絡ませるように愛撫しながら、割れ目に指を。そこは熱を帯び、湿気を発散していた。閉じられた足の間から指を入れて上下に動かすと、明らかに濡れて液体が染み出している。
「えっちゃん、エッチだね。まだ触ってなかったのに濡れてるよ」と言うと「いやあ…」と良いながら顔を両手で覆う。少し足の力が緩んだ時に一気に足を開いた。
薄い陰毛に包まれた、ピタリと陰唇の閉じたマンコがそこにあった。愛液で濡れ光るそこは、本当にきれいだと思った。顔を近付けると、チーズに似た臭気が鼻をつく。
舌を出して愛液を舐め取った。塩っぽい味。指で割れ目をゆっくり開く。中は鮮やかなピンク色。クリトリスは完全に埋もれていたが、上から舐め上げた。
腟は小さな穴しか確認できないが、指を少しずつ入れてみた。「あっ…」と声を出したが、痛いとは言わなかったので第二関節くらいまで入れてみた。ヌルヌルとした中は、指を締め付けてくる
しばらく出し入れを行い、我慢の限界に達した俺はえっちゃんに覆い被さった。
「入れるよ」
「…。」
俺の顔を見ながら何も言わない。えっちゃんを蛙のような格好にして、マンコにペニスを当てがった。えっちゃんは目を閉じている。少しずつ体重をかけてペニスを挿入していく…亀頭まで入った。
「う…う…」
眉間に皺を寄せながらえっちゃんが呻く。痛いのだろうけど、敢えて聞かずに根元まで一気に入れた。途中、抵抗が急に軽くなった時があったが、全体的に締め付けてくるのでよくわからなかった。
「あうっ…!」軽い悲鳴を上げて、えっちゃんは俺にしがみついてきた。涙ぐんでいる。無言で腰を振った。あまりにキツくて痛いくらいであり、挿入を果たした瞬間から射精感が込み上げて来ていた。恐らく1分と保たなかったろう。俺はえっちゃんの中に出してしまった。それまでのセックスでは味わったことのない、最高の射精だった。
二人とも抱き合ったままどれほど時間が経ったのか…気が付くと、Yが側に立っていた。

 - 未分類 , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★コンパニオンは稼ぎがいいですが

 私27歳、夫28歳、私はコンパニオンをしています。以前は普通に会社員だったんですが、この不景気でリストラされました。色々、職を探したんですが、中々見つからず繋ぎとして始めました。結婚して直ぐに家を購入し月々の支払いも大変だったので、コンパニオンは良い稼ぎでした。 コンパニオンは、密室での接客の為、お客さんによってはかなりヤバいこともされます。最近では、個室での接客を禁止しているホテルも多いが、古びた

no image
★奥手で地味な事務員をSEX好きに

 事の発端は忘年会。帰り道が一緒なのとお酒の勢いもあってホテルへ・・・。あまり興味をもってない女でしたが付いてきました。名前は京香(27歳)銀縁メガネの高卒真面目な事務員です。SEXしてもほぼマグロ・・・。フェラは歯があたり大した快感を得る事ができませんでした。  ただ、初めて見たのですが、メガネを取るとけっこうイケてる。そして何よりDカップの谷間・・・。普段は会社の制服のベストでわからなかったんですね・・・。

no image
中出しOKの熟女はエロくて最高♪♪

自分は27ですが、1年前に仕事(電気工事)で訪問した一人暮らしの55歳の熟女と今関係しています。旦那(婿養子)とは離婚し、息子は仕事の都合で他県に住んでいるそうです!ちなみにその熟との関係の始まりは、初訪問時仕事が片付いてから、お茶を頂いてるとき、部屋にピンクのパンティー、ブラが干して有り、自分がその下着を見ていると熟は「あらこんなオバサンの下着みても嬉しくないでしょ?」なんて言うので、自分は「いい

no image
お仕置きされた

2年前のこと。会社を辞めることを上司に告げ、有志だけが集まる夜の送別会に備えて駅の裏口(風俗街)で時間を潰していました。何とはなしにそこから少し離れた中古や新品のアダルトDVDを販売しているお店に入り、タイトルをチェックしながらぼーっと店内を散策していまし…

no image
★ワリキリ希望の女の子とパコパコしました

 C県C市駅前店の蔵の5月4日の話です。3本の電話は21歳のワリキリ希望の女の子でした。名前は、U香。待ち合わせのコンビニに面接にいくとそこにいたのは申告より若い子だった。たいがいは申告より年上の牛のような女が多いのに今日はラッキー。 話を聞くと、どうも家出娘のようだ。まずいと思った。お金ないし付き合ってよ。歳はいくつ?高3になったばかり、まだ退学していないから女子高校生だよ。(未成年か、やっぱま

no image
気味悪い男なのに…

俺が勤めている地元中小企業に去年、中学で同級だったK(♂)が入社してきたんだ。中2と中3で同じクラスだったんだが、別に友達でもなかったし、3年間で言葉を交わしたのは4回くらい(笑)。隣町の底辺私学へ進学したと聞いてたが、同窓会にも来ないし、卒業してからず…

no image
★血の繋がりはない兄と

 兄、と言っても血の繋がりのない兄です。母と私、母子家庭でした。小学校三年の正月、突然母が再婚の話しをしました。正直、私は乗り気ではありませんでした。今の苦しい生活から抜け出したい、母の強い説得で相手に会うことを承諾しました。 身なりのいい紳士と、人の良さそうな中学生、それが最初の印象でした。それもそのはず、継父はお医者さん、連れていかれた家も凄い立派なもので、母が再婚したらここに住めるのかと、私

no image
大笑い

 俺の妻は、身長168? B112(Kカップ)W63H95とダイナマイトなボディーをしている。結婚前(16歳から付き合い)からその体を堪能してきたが、結婚後 子供を1人産んでもくずれない体を今も変わらず愛し続けている。今年で31歳になり子供も2歳になったが、趣味のヨガの効…

no image
★長い時間入れられてヒクヒクしました

 27歳の私は、彼氏なしがもう丸三年。友人に誘われボランティアの団体を手伝うようになりました。そこで出会った48歳のタケシ(仮名です)さん。頭の回転が速く面白く趣味も良く見た目もステキな方。もちろん既婚者でしたがお子さんが無いせいで若く見えるのかもしれません。 気に入られていつも一緒にいましたし、平日の夜も打ち合わせで何度も会い、お茶のみや食事も二人でしていました。こんな人が彼氏だったらと思うよう

no image
手だけなら。

自分:21歳、大学生。彼女:20歳の大学生。146cmのロリ系、Dカップ。彼女に別れを告げられてから3ヶ月が経ったある週末、僕は未だ彼女への想いを拭いきれずに思い切って「今日暇だったら飲みに行かない?」とメールをしました。すると、彼女からは「久しぶりだね!う…