エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★義父でしたが久しぶりに入れられて

   

.
.
.
.
.
2015/09/07(月)
 去年の10月に夫が癌で亡くなって3か月後の1月、私は亡夫の実家を出ようと思いました。義母も3年前に癌で亡くなっていて、家にいるのは義父と二人だけでした。亡夫の四十九日が済んだ12月ごろから義父の私を見る目つきが変わってきて、私は年が明けてから義父に、家を出てマンションに住もうと思いますと言いました。

 すると義父は「奈津美さんはまだ28歳だから、これから再婚できるだろうが、相手の男が見つかるまでこの家にいてくれ」と言われました。私はパートで病院の受付兼事務員をしており、義父は会社を定年退職したばかりでした。それから1週間ほど後の土曜日の夜、自分の部屋のベッドに入って間もなく、義父が部屋に入ってきました。
 私はびっくりして起き上がり「お義父さん何ですか」と言いました。義父は私に抱きついて「奈津美、オレはもう我慢できない」と言って私に覆いかぶさりました。義父の力はとても強くて、私は「お義父さん、やめてください」と言ったけど、パジャマを上下とも脱がされてしまいました。ブラはつけていないので、あと身につけているのはパンティだけです。

 乳房を握られ乳首を吸われて、私は「あぅっ!」と呻きました。すぐにパンティも脱がされてしまい、私は「いやっ、ダぇーっ」って言ったけど、義父は「奈津美、オレは奈津美が好きだ」と言ってアソコに指を入れてきました。「あぁーっ、ダメぇっ」と言ったけど、アソコの中を2本の指で掻き回されて、私は喘ぎました。

「ほら、すごく濡れてヌルヌルじゃないか」と言われて、太腿を大きく開かれ、アソコにおちんちんを押しつけられました。「いやぁっ、ダメぇっ」と言ったけど、太いおちんちんをズブズブッと奥まで差し込まれてしまいました。

 乳房を揉まれながらおちんちんを出し入れされて「奈津美のおまんこ、長い間使ってなかったから、すごく締まりがいい」と言われて、私は何も考えられなくなって、突き上げてくる快感に身をまかせてしまいました。

 義父のおちんちんは亡夫のものより太くて長いうえに、半年以上もおちんちんを受け入れていなかった体は一気に燃え上がってしまいました。私は義父の体にしがみついて大声で喘ぎ、悶え、絶頂へいきました。そして2回目の絶頂へいった時、義父も「あぁっ、我慢できないっ」と言って射精しました。

 膣の奥深くに放出された精液が子宮までドクドク入ってくるような感じがして、私は物凄い快感とともに意識が薄れていきました。

↓他のHな体験談を見る

・・神待ち女の子も利用しています・・

.
.
.
.
.

 - 近親相姦の体験談 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★従兄の奥さんとキッチンSEX

 平日に突然、従兄の家に行った。勿論、目的は奥さんとSEXするためです。郊外のマンションのインターホンを押すと奥さんが出た。奥さんは慌てて玄関のドアを空け、どうしたの?と私に尋ねた。私は一人と尋ねると、うなずいた。ドアを閉めると私は玄関でいきなり抱きつき、キスをした。彼女は驚いたが、私の行為を受け入れた。 長いディープキスだった。私は彼女のスカートをめくりパンティーの中に指を入れた。もう、かなり濡れて

no image
★夕立ちで濡れた義妹に欲情して

 嫁の妹とセックスをする関係になって一年になります。義妹の彩未は28歳で結婚してます。きっかけは嫁が出産のため実家に帰省しているとき、家事などをしにちょくちょく家に来てくれてある日、俺は嫁が妊娠中はセックスをしてなかったので、家来る途中で夕立に遇い下着が透けて見えるほどびしょ濡れの義妹をみて、欲情し襲いかかって仕舞いました。 彩未は嫁とはタイプが違い、小柄な身体に不釣り合いなでかい胸に抱えがいのあり

no image
★叔母とエロしてしまった

 僕の会社は転勤出張の多いサービス業界です。3度目の転勤が 叔父(父の弟)の近くで、子供が居なかった叔父夫婦が「アパート借りるんだったら 家に来い!」と言う事で 下宿する事になりました。 毎日の1時間程のランニング!そのは休みだったので 少し遅く出て10時頃帰り、シャワーを浴びようと風呂場に行くと叔母が洗濯してました。「あら 凄い汗ね! 早く脱いで 洗濯するから!」まったく意識する事無く素っ裸になり浴室に

no image
★姪との肉体関係は夫の公認

 41歳の主婦です。私は、夫の甥と不倫関係にあります。彼は20代で独身。彼が高校生の時からの関係で、彼にとって私が初めての女性でした。半年ほど前、夫に二人の関係を知られてしったのです。夫は私達二人を前にして、とても激怒しました。 夫に知られた以上、私はこの家で生活することは出来ない。それならば、彼の望むとおり夫と別れて彼と暮らすことも考えました。でも数日後、夫は条件付きで私と彼の関係を許してくれた

no image
★叔父が直ぐに済むからと・・

 年明けから風邪を引いてしまいました。お正月早々、近所でお葬式ができて朝からお手伝いに行きました。風が冷たくて、とても寒い日でした。数日前から熱が出て、寝込んでしまいました。義姉のミズエさんが心配して来てくれました。私の好きな乾燥芋を持って来てくれたのでストーブで温めて食べました。  風邪薬が効いたらしく、午後から炬燵でウトウトしてました。人の気配で目を覚ますと、目の前に幹雄が立っております。あわ

no image
■妻の妹と良い仲になりホテルへ

 俺は、28歳の会社員。先週の土曜日、俺は、会社の飲み会に行っていた。3次会で行っていた店で、偶然、妻の妹の美江子に会った。美江子は24歳。小柄だが、凄くスタイルがよく、かわいいタイプ。美江子も今日は、会社の飲み会だったそうで、以前、妻と美江子の旦那と美江子と俺の4人で飲みに来たことのある店なので、なんとなく寄ってみたのだそうだ。 折角なので、一緒に飲むことにした。何時間くらい経っただろうか?時間

no image
★従姉のお姉さんの裸が眩しかった

 夏休みに田舎に遊びに行った時、母屋から離れたところにお風呂があった。当時15、6歳の従姉のおねえちゃんがお風呂に入っていた。脱衣所の中に入ると木枠の扉には、節穴があいていた。そっとその穴から中を覗き見る。そこには、おねえちゃんが素っ裸で、正座をして髪を洗う姿があった。  丸くて柔らかそうなお尻が、足の裏のかかと部分に乗っていた。こちらにお尻を突き出すような格好で髪を洗うおねえちゃん。ドキドキした

no image
★兄嫁に逝かせてもらいました

 春休みに兄嫁だけが幼稚園児の女の子を連れて帰省して来た。兄貴は当然仕事で 長く休暇を取れないらしい。今日の午後、母が孫を連れて、デパートに買い物 に出かけた。俺は春休みで毎日ぶらぶらしているが、今日は兄嫁が珍しく、色々と話しかけて来た。兄が仕事熱心なのはいいが、子供にも、自分にもさっぱりかまってくれないので、最近は少しいらいらしている。 「何か刺激が欲しい。」と俺の顔を真面目に見ていたので、「今度

no image
★兄貴の嫁は過去にSEXした女だった

 兄貴が婚約者を家族に紹介した。相手は、自分が高校時代に何回か寝たことがあった女だった。当時、隣県の不良が集まる高校に下宿して通っていたが、そこのボス格の女だった。気分によって俺を含む3~4人の子分にもお裾分けがあった。自分の童貞はこの女によって失った記憶がある。 婚約者の方もなんとなく分かった様子だったが、その場では2人とも黙っていた。式が終わって、1月ほど経ってから兄貴の新婚家庭を一人で訪れた

no image
★従妹はすごく美人でSEXしたかった

 俺、28歳。従妹、26歳。震災をきっかけに関係を持つようになりました。震災で職を失い、某県の避難所で職を探しながら過ごしていた従妹。諸々のストレス発散を兼ねて、都内の私のもとを訪ねてきました。従妹は身内の私が言うのもなんですが、ものすごい美人。  いつかそういう関係が持てたらと妄想はしておりましたが、でも本気でそう考えたことはありませんでした。訪ねてきた従妹にホテルを取ってあげて、そのホテルのレ