エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★素晴らしい女子高校生の体を堪能

   

.
.
.
.
.
2015/09/06(日)
 以前勤めていた会社でバイトをしていた、JK3の涼子ちゃんとハメハメしちゃいました。涼子ちゃんは会社ではアイドル的存在で顔も可愛く人気がありました。私は転職したんですが、ちょこちょこ涼子ちゃんとメールをしていましたが、最近忙しくてメールもご無沙汰でした。

 そして先日、久しぶりに涼子ちゃんからドライブに行きたいとメールがありました。仕事も落ち着いてきたし、たまには気晴らしするか!と言うことでドライブに行ってきました!
 涼子ちゃんは県立高校の3年でそこの高校は私の大好きなセーラー服なんですよ~ それで高校が終わってから高校の近くのコンビニまで迎えに行きました。コンビニで待っていると、セーラー服姿が眩しい涼子ちゃんが手を振りながらやってきました。

 車に乗せどこに行きたいか聞くと、海に行きたいと言うので海が見える景色がキレイな所へ行きました。前からちょっとエッチなメールをしてましたので、車の中でもちょっとエッチな会話を…

 海の見える駐車場に着いて、学校の話や私が転職した後の会社のことなどを話をしていましたが、黄昏時になりいい雰囲気に… ついつい肩を抱いてしまいました。すると涼子ちゃんは強張ってしまいましたが、次第に頭を私の胸にうずめるような感じになり、たまらなくなってキスをしちゃいました!

 涼子ちゃんも覚悟してたみたいでキスを受け入れてくれ舌をレロレロ!ここまできたらもう止められません! 勢いで涼子ちゃんのおっぱいをセーラー服の上から揉むと、思っていたよりも大きい! 涼子ちゃんは恥ずかしそうに『あんっあんっ』と声を漏らしています。

 その声にたまらなくなり、セーラー服と薄い黄色のブラをたくし上げおっぱいにむしゃぶりつきました!形も大きさも良くで乳首はキレイなピンク色、もう最高でした。涼子ちゃんも感じているようで、左手で私の股間を摩ってきました。既にギンギンで先っぽからは汁が…

 今すぐにでも入れたいのを我慢して、、涼子ちゃんのマンコにパンツの上から触るとパンツの上からわかる程ヌルヌルになっていました。もう我慢できず涼子ちゃんのパンツをずらし、マンコにむしゃぶりつきました! 毛は薄く粘膜は赤くヒクヒクしていました。

 そして運転席のシートを後ろに下げ、自分のジーンズとトランクスを下げパンパンになった股間を解放し、涼子ちゃんに『舐めて…』と言うとコクリッと頷いてフェラをしてくれました。高3なのにフェラが上手いんです! 以前に付き合っていた社会人の彼氏に仕込まれたようです。

『ペチャペチャ、ズルズル』奥までくわえたりカリをレロレロしたり最高です! イキそうになり『出ちゃう…』と言っても離しません。我慢も限界になり『イクよぉ~』と言って口の中に出してしまいました。涼子ちゃんの表情は苦しそうでしたがこの表情がたまりません!

 射精したあと更に吸われ腰が抜けそうなくらい気持ち良かったです。涼子ちゃんは口の中に放たれた白い液を私の差し出したティッシュに『べぇ~』と出しました。この画が好きなんですよ~ 変態でしょ!?(笑)その後、また『カプッ』とくわえて大きくされゴムも付けずに運転席に座っている私の上に乗ってきました。

 涼子ちゃんは私の上で腰を振り、私は涼子ちゃんのおっぱいにむしゃぶりつきました。車の中はムンムンとした生暖かい空気となんとも言えない匂いです。涼子ちゃんの中はギュウギュウと私のモノを締め付けてきます。

 さすが女子高生! 若い体は最高です!! 私の上で『あんあん』言っているセーラー服の現役女子高生! このシチュエーションに我慢も限界。『イキそう…』と言っても抜こうとはしません。そのまま中に出してしまいました。

 涼子ちゃんも同時にイッたようで、私のモノを締め付けながら私の上でぐったりしていました。その後、キスをしながらモノを抜くと私の腹の上に白い液が垂れてきました。涼子ちゃんは『大丈夫かなぁ?』と笑いながらティッシュで拭いていました。

 その後、涼子ちゃんを家の近くまで送る途中に『これお小遣ねっ』と言って諭吉2枚を渡そうとしましたが受け取りませんでした。無理矢理涼子ちゃんに握らせ『また会ってよ』と言うと『うん!』と言って寄り添ってきました。

サクラがいない出会いサイトをお探しの方必見!会員数500万人突破!!

 そして『またメールするねっ』と言って笑顔で手を振りながら車から降りていきました。憧れのセーラー服の現役女子高生と、しかも口内発射と生中出しができて最高な時間でした!

↓他のHな体験談を見る

・・神待ち女の子も利用しています・・

.
.
.
.
.

 - 会社員の体験談 , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★最低なエロ体験談に笑わないで下さい!

 俺は高校を卒業し、大学へはいかず、就職した。そして車を買う余裕がないので、通勤用に原付を買った。大きなバイクではないけれど、俺はすごくうれしかった。今考えると何をはしゃいでいたのかわからないが、うれしくてたまらなかった。ツーリングとかいうかっこいいものではないけれど、乗り回していた。 そして入社して初めての大型連休。俺は原付の旅にでることにした。もちろん恥ずかしいので友達にはいえない。交通規則を

no image
★妻が秘密を告白してくれました

 結婚して10年目頃の話しです。その当時、俺は36才 妻33才子供は10才でした。あれから更に10年経ちましたが、今も続いている事の発端となる、妻の打ち明け話しです。知り合った頃は、清楚な感じの女性で 10年後、こんな話しを打ち明けるような女性には見えませんでした。打ち明け話の内容です。 妻は、小学生で自慰を覚え 中学の3年間で、いちいち覚えていられない程の、数えきれない人と関係をもち、高校の時には 乱パとかで複

no image
★不倫は麻薬ですね・・止められません!

 全くの健全な上司と部下の関係が一転、社内不倫となったのは、一瞬でした。部下の一人が退職するため送別会を開いたのですが、その帰りに帰る方向が彼女と同じでタクシーが一緒になりました。 お互いにだいぶ酔っていて、楽しく会話をしていた矢先、彼女が寝てしまいました。起こしてもダメなので、彼女のマンションまで肩を担いで連れていくことに…。久しく女性に触れることが無かったので、干支一回りも年が違う若い女の子に

no image
★俺のペニスにむ夢中になった女上司

 俺が25歳ぐらいの時の上司が、松嶋菜々子級の38歳の女性だった。仕事はできるがかなり性格もキツく、近寄り難い人だった…5年ぐらい前に離婚をし、美人だが男の噂も無く、仕事一筋って感じで、プライベートは誰も知らなかった。 俺は休みの日に遠方で買い物してたら菜々子(菜々子にしときます)を見かけ、あれ?って思うぐらい可愛らしい格好をしてて、興味本位で付いて行ったらアダルトショップに入って行った…

no image
★女性の太股にエロに魅せられて

 仕事が終わり、当時のスタッフ全員でカラオケに!実は、当時のスタッフは俺を除いて女性。12名程の全員が既婚経験があり、主婦をこなしながらの仕事の人もいた。さすがに俺一人で相手できないので、別部所の今でいうイケメンを二人誘った。主婦連中の大半は若いイケメンのまわりに陣取っている。 その中には、肉体関係のある康代もいた。彼女は、浮気する心配ないので、気にはならなかった。それより、そんな彼女達とは別の雰囲

no image
★何かおばさんってエロでも癒されます

 4年前に引っ越しで退職したおばさんの家に行ってみた。おばさんは56歳のはず。菓子折を下げて尋ねると「あらまぁ、久しぶり」と家に上げてくれた。4年前に新築した家だったが、会社からはかなり遠いので、おばさんはパートでもあるし退職したのだった。 実は、おばさんを訪ねた理由は下心があったから。多分旦那は仕事だろうし、子供はもう大学も出ていた筈だった。そこで、多分今の時間は一人だろうと思って行った訳。この

no image
★酔った女上司を悪戯した背徳な行為

 今の営業所に異動してきたときから直属の上司が女性だった。福元さんという女上司は当時41歳で、見た目はドラミちゃんみたいな感じで(影でドラミちゃんと呼ばれていた)子どもはいなかったが旦那さんが単身赴任中だと聞いた。とても豪快ながら仕事のできる人で、俺が異動してすぐに福元さんと2人でプロジェクトを任され、そのプロジェクトは幸い大成功し、その成功祝いの打ち上げと言って福元さんに飲みに誘われた。 一年間二人

no image
★彼女と思い抱きましたが・・騙された

 俺が仕事を終えてアパートに帰ると俺のベッドで誰かが寝ていた。俺は、彼女が待って居てくれたと思い、服を脱ぎ薄明かりの中ベッドに入り込んだ。彼女も裸だったからすぐに胸にしゃぶりつき彼女も喘ぎ声を出して感じていた。俺は、オマンコに手をやると濡れていたので、すかさずちんこを押し当て生挿入した。 腰を振りながら上体を起こすと薄明かりが彼女の顔に当たった。すると彼女じゃない!俺は、誰?と聞くとあなたの彼女の友

no image
★職場の奥さんに開放的なエロを感じ

 俺の名前は宮川翔太 33歳。大学を卒業後、大手機械メーカーに就職し職場結婚。昨年、家庭不和で離婚騒動があり、同じ時期に職場のゴタゴタに巻き込まれ人間関係が嫌になり退職し、その後離婚決定。僅かな退職金は嫁に持っていかれ、嫁の両親が後ろ盾となり親権も持っていかれ絶望感の中で郷里に近い町で再就職しました。 とにかく働ければいいかと今の職場、中○機械に就職したのだが給料が格段に安い! それと同僚6人は俺より

no image
★やはり看護師は天使だった

 ふくらはぎの腱を断裂してしまい、入院したのは 5年前のことだった。何もすることがなく、仕事のことが気がかりな数日間を乗り越えられたのは、その病棟にいた看護師さん、ヒカルのおかげだった。 といっても入院中に親しくなったわけではない。入院中に素敵だなあと思いをめぐらせ、ちょっとしたときめきを与えてくれたのが彼女なのであった。したがって、会話をかわしたわけでもなく、ただただ、清楚でかわいらしく、スタイル