エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

メールと彼と猫の事。

   

4 9月

2015年09月04日 07:05

カテゴリ

メールと彼と猫の事。

メールをする時、エッチなメールになっています…。
送るのもドキドキするけど、彼のメールを読むのもドキドキします。

内容は…、こんな事したい、こんな風に、こんな感じでしたい…ということをメールで打って送信しています。
よく、寝る前に想像してるので、その内容をメールに打つだけなので、スラスラ打てますが…。

ちょっと前の事です。
とあるスーパーで買い物をしてた時、不意に入り口から入って来た彼に気付きました。
大きくドキィっとして
〔わ…、凄い偶然…。
彼もスーパー来たりするんだな…。
姿が見れて嬉しいな。今日もカッコイイな…。〕と思うのと同時に、ちょっとはぁはぁ…、と同時に、
〔きゃー!!私いつも、彼にエッチなメール送っちゃってるんだよねー!!
それを彼、読んでるんだよねー!!〕って、心の中でアタフタしていました。

エッチなメールを送っているのはいつもの事なんだけど、心の準備ができてない時に不意に会うと、恥ずかしくて、心の中でアタフタしてしまいます…。

普段はデートする日が決まった時から、会う時まで心の準備をしておいているので、エッチなメールの事があって恥ずかしくても、何とか大丈夫なんですけども…。

やっぱり、会えた時には、せっかく会えたんだし、顔を見たいし、声、聞きたいしで、エッチなメールの事は恥ずかしいけど、顔を見たり、声を聞く事に専念したいので、心の準備をしておくんです。

それでも、密室空間に2人だけのときは、メールの事を話題に出されるのは、とても恥ずかしく感じてしまいます。

そんな私達のごく一部ですが…。
「モナ(私です。モナカが好きなので)のメール、いつもドキドキするよ…。」
「ウーちゃん…(彼です。ウーロン茶が好きなので)。私もだよ…。」
「ニャーン(彼の飼い猫です。仮名、ゴマちゃん。彼、ゴマ団子も好きなので)」

そんなわけで、部屋に2人だけの時は、ゴマちゃんをだっこしながら、一緒にいる感じです。
そして彼は、いつもそんな私を、ゴマちゃんごと、だっこしてる感じです。

「ちょっとづつ、エッチなメール、過激になってごめんね…。」
「ニャーン」
「うう、ゴマちゃんじゃなくて…」
「モナ…。」
「ニャーン」

こんな感じで、ゴマちゃんがいてくれると、いつも、雰囲気がなごむようで助かるんです。

その時彼の、私とゴマちゃんを抱き締める力が強くなって…、
窮屈だったのか、ゴマちゃんはスルリと私の腕をすり抜けて、トストスと、お部屋からいなくなってしまいました。

〔ゴマちゃん、待って…。私も連れてって…。〕って思いました。

だって私、緊張してしまうから…。
それなのに、ウーちゃんに、はぁはぁしてしまうから…。

彼にはぁはぁしてもおかしくないかもしれないけど、女なのに…って、変な気がしてしまうからです。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
美優さん

僕がまだ結婚どころか今嫁と出会ってもいなかったから、7~8年くらい前の話です。当時山崎さんという別の課の先輩と仲が良くよく飲みに行ってました。きっかけは、新規開拓ルートがたまたま一緒で、出張先で頻繁にあって飲むうちにプライベートでも遊ぶようになりました。…

no image
メイドINジャポンpart1

メイドは見違えるような衣装で、主の部屋に顔を出した。「旦那様、ただいま戻りました」「これはこれは、どこのお嬢様だ?」飾り立てられてはいても、主従の一線は越えずに接してくる。「外見くらい磨かれないと、旦那様が私をお入れになった意味がありませんでしょう?」花…

no image
巨尻の人妻たち プール編

とにかく高校生の頃から大きな白いお尻が好きだったのです。くびれから極端に大きく張った、サイズでいうと90以上の巨尻を後ろからわしずかみにして…妄想はつきません。自転車に乗っているお尻にもすごく興奮しました。若くてピチピチしたお尻より少しだらしないモチモチ…

no image
母の不倫

これは私が小学4年生の時の話です。一年程前から母がよく私に預かり物などと言っては、私が集めていた文具やお菓子などを渡してくれていました。「誰がくれたの?」って聞くと母のパート先に出入りする業者のお兄ちゃんだとの事です。私は特に何の疑いもせずに喜んで貰って…

no image
美樹の白い三つ折りソックス

皆さん三つ折りソックスって知ってますか?今でも売ってないわけではないし、履いている女性も全くいないわけじゃありませんが、おそらく今の若い人は知らないでしょう、でも俺と同じ年代(40代)なら知らない人はいないはずです。リブ付きの白いソックスで、伸ばして履けば…

no image
会社の後輩の嫁

俺の会社の後輩で26歳の子がいるんだけど、性格はどちらかというといまどきの子って感じなんだけど、驚いたことに嫁は18歳。顔は以前みたことはあるんだけど、顔はすごく可愛い顔してる。その嫁が16歳のときに子供を作ってしまっていて、高校中退し、出来ちゃった婚だそうで…

no image
忌むべき日常行事_2

翌日の夜半、お実は寝間着姿のまま母屋を抜け出した。 その夜は満ちた月が南東の山稜から昇り、一帯は蒼い月明かりに照らされていた。本格的な梅雨入りまでまだ間があるこの時期、夜の空気は寒さを感じるほどに冷え込んでいる。 畑を抜けたお実は月明かりを頼りに裏山の小…

no image
死んだ女房の骨壺

223 名前: 名無しさんといつまでも一緒 [sage] 投稿日: 2007/01/29(月) 10:38:34 0ちょっと静かなんで友達の会社の上司に起こった話を投下。1年くらい前の話な。また聞きなんで推測で書いてる所は理解してくれ。友達会社上司=旦那さん(40)妻(38くらい)旦那さんと妻は共通…

no image
おっさんがかつてAV女優と遊んだ話

あれはおっさんが21歳だったように思う。22歳だったかもしれない。当時そこそこの人気があった単体女優との卑猥な物語だ。10年以上も前といえば、今ほどAV女優の質は高くなかったような気がする。どこの学校のクラスにでもいるちょっとかわいい感じのお姉さんがAV男…

no image
子どもの頃

34 (無題) 削除依頼 投稿者:(無名) 2008/11/20 16:39:32 (XGkPLh/q) 投稿削除 子どもの頃住んでたアパートにユリとユキって姉妹が住んでました。ユリは2コ上でユキは同級生です。女子と遊ぶとからかわれるので遊ぶのは夕方や雨の日でした。どっちの家も貧乏で両親は…