エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

彼と私と猫の事。

   

4 9月

2015年09月04日 10:05

カテゴリ

彼と私と猫の事。

メールをする時、エッチなメールになっています…。
送るのもドキドキするけど、彼のメールを読むのもドキドキします。

内容は…、こんな事したい、こんな風に、こんな感じでしたい…ということをメールで打って送信しています。
よく、寝る前に想像してるので、その内容をメールに打つだけなので、スラスラ打てますが…。

ちょっと前の事です。
とあるスーパーで買い物をしてた時、不意に入り口から入って来た彼に気付きました。
大きくドキィっとして
〔わ…、凄い偶然…。
彼もスーパー来たりするんだな…。
姿が見れて嬉しいな。今日もカッコイイな…。〕と思うのと同時に、ちょっとはぁはぁ…、と同時に、
〔きゃー!!私いつも、彼にエッチなメール送っちゃってるんだよねー!!
それを彼、読んでるんだよねー!!〕って、心の中でアタフタしていました。

エッチなメールを送っているのはいつもの事なんだけど、心の準備ができてない時に不意に会うと、恥ずかしくて、心の中でアタフタしてしまいます…。

普段はデートする日が決まった時から、会う時まで心の準備をしておいているので、エッチなメールの事があって恥ずかしくても、何とか大丈夫なんですけども…。

やっぱり、会えた時には、せっかく会えたんだし、顔を見たいし、声、聞きたいしで、エッチなメールの事は恥ずかしいけど、顔を見たり、声を聞く事に専念したいので、心の準備をしておくんです。

それでも、密室空間に2人だけのときは、メールの事を話題に出されるのは、とても恥ずかしく感じてしまいます。

そんな私達のごく一部ですが…。
「モナ(私です。モナカが好きなので)のメール、いつもドキドキするよ…。」
「ウーちゃん…(彼です。ウーロン茶が好きなので)。私もだよ…。」
「ニャーン(彼の飼い猫です。仮名、ゴマちゃん。彼、ゴマ団子も好きなので)」

そんなわけで、部屋に2人だけの時は、ゴマちゃんをだっこしながら、一緒にいる感じです。
そして彼は、いつもそんな私を、ゴマちゃんごと、だっこしてる感じです。

「ちょっとづつ、エッチなメール、過激になってごめんね…。」
「ニャーン」
「うう、ゴマちゃんじゃなくて…」
「モナ…。」
「ニャーン」

こんな感じで、ゴマちゃんがいてくれると、いつも、雰囲気がなごむようで助かるんです。

その時彼の、私とゴマちゃんを抱き締める力が強くなって…、
窮屈だったのか、ゴマちゃんはスルリと私の腕をすり抜けて、トストスと、お部屋からいなくなってしまいました。

〔ゴマちゃん、待って…。私も連れてって…。〕って思いました。

だって私、緊張してしまうから…。
それなのに、ウーちゃんに、はぁはぁしてしまうから…。

彼にはぁはぁしてもおかしくないかもしれないけど、女なのに…って、変な気がしてしまうからです。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
フェラがなくては生きられない

21歳の時会社で残業していると同僚の太めの結構ぽっちゃりした真里子が僕を見つけて彼女も僕の横の席に来て一緒に残業していた付き合ったことが、まだない僕でも「こいつ俺に気があるな」と解っていた話しながら仕事をしていると真里子は「S(俺の事)は彼女いたことある…

no image
★お金に困っている妹の友達

 高2の妹がいます。妹とは仲が良いので色んな話とかするんですが、先日、妹から「友達が援助交際した」という話を聞いてしまいました。その友達のコは時々遊びに来ているコなので、よく知っているコです。そこそこ可愛いです。なので話を聞いたときはブルーな気持ちになりました。 先月末の土曜日に駅でばったりそのコと会いました。「なんだこのタイミングは・・」と思いましたが、行く方向が一緒だったので、一緒に電車に乗り

no image
2つの事件と其の続き!

私は42歳で妻は37歳です、結婚して15年に成りました。夫婦仲は普通でSEXは月に1度位です、妻は身長165cmでバスト98cmのFカップで少々ポチャですが太くは無くて色気が有り、顔も体系も熟女のAV女優「風間ゆみ」さんによく似ています。何人かの友人にも妻がよく似ていると…

no image
離れの部屋で、妹を

74 名前:離れの部屋で、妹を 1 :04/05/16 06:51 ID:9ZIi0K7s ちょっと昔のことです。 俺は高校2年で、妹の静奈は俺の2歳年下です。 静奈は黒髪が長くて色白で、俺の自慢の妹です。 当時はその時期の少女特有の妖精のような儚さを持っていて、ヤバイくらいかわいかったで…

no image
10年ぶりの快楽

妻は加奈子36歳、私は忍35歳、子供は二人でごく普通の家族である。子供も大きくなり小学生の為、最近のセックスが夜ではなく、朝方に行う事が多くなってきた。それは夜であると妻の喘ぎ声が睡眠の浅い子供達を起こしてしまうからである。だが流石に眠い!昼間は睡魔に襲われ…

no image
ふうふふふふh

 長岡タクシーは、すぐに見つかった。旅館と同じ通りに面しており、50メートルも離れていない。 だが。 旅館から長岡タクシーまでの道はブロック塀に挟まれており、、雨を回避できるような屋根や軒下が無かった。そのうえ、傘は昨晩壊れて捨ててしまったので、その50メー…

no image
美和さん

  ある日、いつものように学校から帰って玄関の鍵を開けようとポケットの鍵を取り出そうとすると、すすり泣く声が聞こえてきた。 ふと顔を上げて、向かいの家をみると、美和さんが後ろ向きになってるのが見えた。 小さな庭に入り、濡れ縁まで近づくと、美和さんは、横座…

no image
2人の男に犯される母 3

母に欲情する以上に、母が犯されてることに興奮するってのはたぶん寝取られ属性みたいなものなんでしょうね。今となってはわかるけどその時点では得体のしれない淫靡な感情に頭がおかしくなったのかと思ってました。まだあれから数年しか経ってないけどあのどろどろした下半…

no image
おかあさんに見せたい

お母さんに裸を見せてからどうすればまた裸をみてくれるかなあって考えてたら今日そんな機会がおとずれました。今日は夏休みに入って久しぶりの良い天気でしたので、お母さんとお買い物に出掛けました。買い物と言ってもただ食料品を買いに来ただけだったので思い切って前に…

no image
奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした13

"嫁のユキとは、結婚してまだ1年程度の新婚です。付き合いだしてから数えても、まだ3年も経っていないので、まだまだラブラブで毎日が楽しかったです。それが、ちょっとの好奇心で、とんでもないことになりました。ユキがパートしていたパン屋さんのお客さんで、料理教室みた…