エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

限界集落 前編

   

3 9月

2015年09月03日 03:05

カテゴリ

限界集落 前編

みのりの秋を迎え、稲の刈り取りが盛んに行われてます。

あたし、この季節が好きです。

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)によって日本の農業が変わろうとしています。

限界集落や過疎問題にも直面する日本の農業政策。


あたしの飲み友達でもある、須田浩二君はそんな日本の農業に関心のある青年です。
彼が今年の夏、いい体験をしてきたというので聞いてみたら・・・。

では、須田君の話を今日はします。

彼は在籍する農学部で勉強するかたわら、実地体験の大切さに気づき、大学が夏季休暇中に各地の農村を回って農家のお手伝いをしながら、今何が必要なのかを追求していたのです。

バッグパッキング姿で、京都は美山町の多々良地区にやってきました。
この地区は、限界集落の典型と言われ、彼の担当教授も非常に注目している場所なんです。

「安井さんって言ったよなぁ。この道で合ってんのかな」
ぼくは、教授からもらったメモ書きをたよりに、多々良地区に入った。
もうツクツクボウシが鳴いている。
細いせせらぎに沿った山道を行くと、ぱっと視界が開け、黄金の稲穂が絨毯のように棚田を飾っていました。

日本昔話の世界でした。
田んぼの中に一軒家。

そこに続く一本の道。

庭に人影が見えます。

「あそこかな。聞いてみよう」
ぼくは、歩を速めて、汗をふきふき、その家に近づきました。
「こんにちはぁ」
ぼくが挨拶しますと、四十代半ばの女性が手を振って下さいました。
「いらっしゃい。遠いとこから、大変やったね」
「安井さんですよね。須田です」
「お手紙いただいたんで、そろそろかなと思っとりましたぁ」
小さく見えた家は、入ってみると天井の高い、そこらの分譲住宅よりはよほど広いものでした。
仏間兼客間に通され、井戸水で冷やされた麦茶とマクワウリが出されました。
「なんか、恥ずかしね」
奥さんの安井佳代さんは言います。ぼくは、なんのことかなと思っていると。
「うちの人が亡くなってから、男の人をこの家に入れるのは何年ぶりやろ。それもこんな若い人を・・・」
「はぁ。ご主人、亡くなられたんですかぁ」
「ええ、動脈瘤が破裂してね、九年も前でしたわ」
そう言って、仏壇をふり返る。
「ここ、山奥でしょう、救急車なんか来てくんないし、間に合うはずがなかったわ」
「へぇ、そりゃお気の毒です。お子さんは?」
「娘が一人いますけど、神戸の大学にいってまして、一人暮らししとります。さ、なんもないけど、マッカ(マクワウリ)食べてね」
そう言って、台所に立ちました。
こりゃあ、大変そうだぞとぼくは思いました。
佳代さん一人でこの田んぼをやっつけるのは、とうてい無理なように思えたからです。
でも、九年間、そうやって来たんでしょうね。
香りの強いマクワウリは、疲れた体にとても安らぎを与えてくれました。

「母が居るんですよ。ハナレに」
「お元気なんですか?」
「ええ、まあ、農作業も手伝うてくれますし。頼りにしてます」
「ご挨拶してきましょうか?」
「今、寝てるでしょう。晩餉(ばんげ)のおりにでも・・」
佳代さんは四十半ばだと思うけれど、目がころっとしてて美人だとぼくは思ったよ。
体は、農作業で鍛えられたのか固太りって感じで、「この人なら、あれくらいの田んぼはわけなくこなすんじゃないかな」と思わせました。

「キュウリとナスを取りに行きましょか」
と佳代さんが誘ってくれました。
「はい、連れていってください」
家の南側のゆるい斜面にキュウリとトウモロコシ、ナス、トマトなどが植えられていました。
トウモロコシの中に入っていくと、もう外の世界はわからない空間です。

「須田君・・・って呼んでいいのかな」
「はい、コウジでもいいですよ」
「じゃ、こうちゃんにしよう。ここのキュウリをこのハサミでもいで行って」
「はい」
園芸バサミとカゴを手渡されました。
キュウリは、刺が鋭く、スーパーで売っているものとは比較にならないくらい新鮮でした。

収穫を終えて、家に帰るとおばあちゃんが台所で味噌汁なんかをつくっていました。
「おばあちゃん、この人。ほら言ってたでしょう。農業体験したいって・・・」
「ああ、来たんけぇ。細っこいなぁ。できるかぁ」
そういって、歯の抜けた口でフハフハと笑いました。
「須田浩二と言います。がんばりますんでよろしく」
「こうちゃんって呼んでやって。おばあちゃん」
「なんやぁ、幸太郎さんとおんなじかぁ」
そう、亡くなったご主人も「こうちゃん」と呼んでいたことがこのときわかったんです。

それから、二三日、佳代さんについて、手伝いながら農業の毎日の作業、いま抱えている問題を聞き取り、記録していきました。
幸太郎さんが使っていた部屋をあてがわれ、机もお借りして、調べものなどができるようにしていただきました。


でも、ある朝、洗濯物をしている佳代さんがぼくの汚れたシャツに顔を埋めているのを見てしまいました。
「ああ、この匂い、あの人と同じ・・・」
ぼくは、見てはいけないものを見てしまった気持ちで、金縛りにあったように動けなくなってしまったのです。
「佳代さん・・・」
佳代さんもオンナなんだ。「四十しざかり、五十のゴザ破り」と言うではないですか。
ぼくも童貞じゃないから、そういったことは知識として知っていました。
でも母親ほど年の離れた女性に欲情されるのはショックでした。

そっと、その場を後にして、部屋に戻りました。
ぼくのあそこは、しかし、キンキンに硬くなっています。
肉体の疲れとは裏腹に、性欲は強くなるといいます。

パンツを脱ぎ、激しくしごきました。
長いこと、仕事に没頭してたので禁欲状態でしたから、フィニッシュは1分ぐらいで迎えてしまいました。
黄色い粘い液体が大量に飛び散り、古い畳を汚しました。

ティッシュというものが、この部屋にないことに今更ながら気づきました。

慌てて、履いていたパンツで始末し、新しいものに履き替え、汚れたものをどうしたものかとうろうろしていると、フスマが突然、開いて、
「あら、着替え中?ごめんなさいね。それ洗うの?今洗濯中だから貸して」
「え、あ、これは・・・」
「いいから」
そう言って、ぼくの手から汚れたパンツを取り上げて行ってしまいました。
「どうしよう。出したてで、すごい匂いを放っているぞ」

そっと、ぼくは後をつけました。
裏の洗濯機のところに立っている佳代さんが見えました。
「やっぱり・・」口の動きでそう言ったのがわかりました。
彼女が、ぼくのパンツを広げて見てます。そして鼻を近づけました。
「ああ、もうだめだ」
でも彼女の顔は満足げに微笑んでるように見えました。


「ほんで、どうやったん?須田君」
「なおぼん、もうこれ以上は、勘弁してくださいよ」
「あかん。話して。ちゃんと!」

きっと続くよ。

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
初めて

俺の初体験は中三の春休みです。 俺のことを好きな人(綾)がいて俺はそのことを知っていました。俺も綾の事が好きでした。しかし、何もないまま卒業を迎え、会う機会が無くなりました。 しかし、綾からメールが来て、「返したい物があるから、今から家行っていい?」って…

no image
カルピス

一人で晩飯を食べていたら風呂上りのピチピチ肌の妹が裸のまま台所に入ってきやがった。隠すべき所も隠さずにバスタオルで体を拭きながら。そして冷蔵庫を開けて言った。「え~、ジュース何もないよ~。お兄ちゃ~ん」「そんな事知るか。下のコンビに行って買ってくりゃあい…

no image
俺と翔子ちゃん 終

しょこたん、どうしてるかな…。見上げた空には雪が降っている。俺のしょこたんへの想いは、俺がフラれて、完全に終わったんだ。フラれてからの俺は、しょこたんを想像しても勃たなくなってしまった。魅力的なしょこたんなのにな。失恋の、精神的なものなんだろう。もっぱら…

no image
★私にとってレイプは恐怖と快楽が同居

 27歳OLです。今年の最高気温だったので一寸油断してました。マンションは8階の部屋なのでまさか男が忍び込んでくるとは夢にも思いませんでした。夜中の11時も回りくーらーも程よい部屋でシャワーを過ごして真っ裸でPCに向かっていた時でした。覆面の黒ずくめの男がペランダから侵入してきたのです。 あっと言う間もなく羽交い絞めされ気が付くとベッドの寝かされてその男が私の股間にいるではありませんか。気付くまで何をさ

no image
修学旅行で

私はクラスの中で浮いていました。ずっとアメリカで暮らしていた帰国子女の私は日本の学校には馴染めませんでした。クラスの女子には、それがお高くとまっている、と感じられたらしくいつの間にか、クラス中の女子からシカトされるようになっていました。そして、あの修学旅…

no image
マッサージを受けながらの初体験談

「もったいないー!こんなにいい物もってんのに」いつものようにオイルを付けしごかれている。このホテルのマッサージ嬢の彼女とはもう3年の付合いになる。もう何十回抜いてもっらたか?このホテルには4人の嬢がいる。一応全員とお手合わせしている。彼女は一番最後だった。…

no image

これ実話です。体験談を勝手に書きます。読みたい方だけどうぞ。自分には妹が3人いる。その中の、一番上の妹との話。この妹との怪しい関係は自分がまだ小学生の頃から。なにをしてたかというと、ひたすら俺がクンニ。フェラとか手コキをさせるんじゃなく、ひたすら妹の毛も…

no image
妹に性教育2

俺が初めて小4の妹にオナニーを見せてから、その後何度か妹にしごかせて射精しました。ある日俺は友達の家で、友達の大学生の兄貴が持っていたアダルトビデオを友達とこっそり見ました。そのビデオの中で女が男のチ〇ポをしゃぶったりくわえたりしてて、俺は知識では知って…

no image
いつも以上に興奮したH ?B

俺「はぁ、はぁ…でも、中は、マズい、だろ?」彼女「あっん、あっ?ん…今日は、多分、大丈夫…っあ?ん」俺「いいの?…なら、中にだすよ?」彼女「いいよ…あっ?ん…いっぱいちょうだい」「○○君の…いっぱい、いっぱいちょうだ?い…あん、ダメェ?」「うぉ?!イクよ?!」既…

no image
可憐の女店主が全裸で土下座した

大学生の時、よく近所のラーメン屋に行っていた。そこは可憐の女店主が威勢良くラーメンを作ることで評判の店だった。その日も僕は醤油ラーメンを頼んで、雑誌片手に麺を啜っていた。ランチ時間の過ぎた変な時間だったためか店には僕以外客はいなかった。そこへ、見知らぬ男…