エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

姉にしてやれなかったことPART2

   

俺は姉をなだめるように、ベッドへ寝かして、別の話をしてみた。
俺「姉ちゃん、笛のテストの課題曲ってあれなんだったっけ?」
姉「翼をくださいって曲だよぉ。好きな歌だけど上手く吹けなかったよぉ。」
俺「そっかぁ、何点だったの?」
姉「63点だったの。ダメな点だったの。」
俺「それって追試?」
姉「ううん。ギリギリ合格だったの。よかったぁ。」
俺は姉の頭をポンポン軽く叩きそして撫でながら言った。
俺「姉ちゃん。入れてもいい?」
すると姉は、目を瞑り、人呼吸してコクリと頷いた。
俺は姉の股を広げ、指でマ○コを少し触って、挿入させた。
グチュ。
いやらしい音が姉の中から聞こえたかと思うと、
姉「ん...な、なんか、か、硬い、うっ、痛い..」
俺「姉ちゃん、どうしたの?」
そしてゆっくりと出し入れすると、
姉「あっ..い、いや!なに..ち、違う。」
とっさに、自分のマ○コの中に入ってるモノに手をやり、何かを確かめていた。
姉「や、やだ!なんで、こんなの入れるのよぉ。」
そう、俺は自分のチン○をいれず、なんと笛を姉のマ○コに挿入していた。
俺「ごめん。吹いてもらおうかと思って。」
わざとらしく謝る俺。
姉「吹けるわけないでしょ。」
俺「潮は噴いたのに、笛は吹けないね。」
姉「も、もう、変な冗談言わないでよぉ。」
姉は呆れた笑顔で溜め息をついた。
俺「じゃ、ホントの入れて欲しい?」
姉「もう違うのは嫌だよ..。」
俺「それじゃ、欲しいモノをください。って言ってみて?だったら入れてあげる。」
姉「そ、そんなぁ。言えるわけないよぉ」
俺「じゃ、や〜めた!」姉「いじわるぅ。」
姉はプゥーっと頬を膨らませ、ご立腹モードを演出させている。
しかし、恥ずかしさを押さえて、口を開く。
姉「...をくださぃ。」
俺「恥ずかしいね〜。もうやめよっか。」
俺は立ち上がり、止める気などこれっぽっちもない癖に意地悪く言ってみた。
すると姉は俺の腕を掴んで、
姉「チ、チ、ンくださぃ..」
俺「は〜い、ダメ!」
俺は、姉を見下して、ホントに悪いやつだと思ったが、ついに姉は重い口を開いた。
姉「チ、チ○コをください..チ○コをください!!」
遂に言わしてしまった。
俺は姉にとびかかり、大股を開かせて、強引にチ○コを姉のマ○コに挿入させた。
姉は、細い腕でガッチリと俺を抱いて、足も、ガッチリ、交差させて、しがみついてきた。
姉「あ〜、温っかいよぉ。」
姉の中はとても、小さく、キュ、キュッと絡み付いて締め付ける。
『な、なんだよ。これは!』
俺「あっ、ヤバイ、気持良すぎる。出る!」
まだ、挿入して、一分の発っていないのに、イキそうになってしまった。
中出しはさすがに出来ないので、離れようとするが、姉の足が放そうとしない。
俺「あ、足どけて!マジ出る!」
姉「ま、まだ、大丈夫なのぉぉぉ!」
俺が腰を降るのを止めると、姉は激しく動かし始めた。
俺「な、なにしてるん!あっっ!」
ドピュッ!ドピュッ!ドピュ!
イッてしまった。しかも、俺は三擦り半しか腰動かしてないのに..。
さらに姉の中に出してしまった。
恐る恐る姉の顔を見ると、平然な顔をして、こちらを見ていた。
泣くか、怒るか、どっちでくるか。
すると、姉が口を開いた。
姉「チ○コをくださいは何点かなぁ?合格?」
ニッコリ笑い、問掛けてきた。
俺は、泣いても怒ってもいない姉が不思議でたまらなかったが、思わず
俺「あっ、す、すごかった..100点満点。」
と、正直に答えると、姉は姉「やったぁ!」
はしゃぐように俺に抱きついてきた。
俺「姉ちゃん、俺は何点?」
潮も噴かしたし、変態な事もしたし自信があった俺も逆に聞き返した。
姉「えっとね。0点。」
耳を疑ったが、確に0点と言った。
俺「えっ。」
姉「嘘うそ。60点くらいかなぁ。でも、不合格だよ。」
俺「や、やっぱり早くイキ過ぎたから?」
姉「そ、それは仕方ないよぉ。あたしはアレが好きなのぉ。アレをされてみたかったのぉ。」
俺「えっ、アレ?って。」
姉「教えな〜いよぉ〜だ。」

いったいアレとは何なのか、俺には、いったい何が足りなかったのか。
深刻に考えていると最後に姉が
姉「また今度、追試しようね!」
と軽く、唇にキスをしてきた。



 - 未分類 , , , ,

  関連記事

no image
30年前

僕たちは男三人・女二人のイトコどうしでHごっこをしてました。僕は小四、あとの男二人は兄弟で小五と小四、女二人は姉妹で小六と小四でした。僕の母親と兄弟の母親と姉妹の父親が兄弟で、皆同じ町内に住んでいました(ややこしくてすみません)。僕には幼稚園の妹、姉妹には…

no image
母娘

もう5年前のことです。私が大学の4年生、母が46歳だったと思います。母が趣味の陶芸講習付き2泊3日の温泉旅行パックにイヤイヤつき合わされました。館内の和食風のレストランで同じ目的のパックできたご夫婦が2組と男性2、3人と私たちのパック一団が同じテーブルで食事を…

no image
秘密基地

小6のとき、社宅に住んでいた。社宅には独身棟があって、昔は寮母さんまでいたが、その時はすでに廃止になっていた。同級の女の子が一人いて近所に同世代がいない者同士よく遊んでいた。ある日、独身棟の非常階段で遊んでいるとき鍵が開いているのに気付いた。中を探検し、自…

no image
思い出したら眠れない・・・

おはようございます。埼玉に住んでいるのですが。昨日、帰りの途中の電車で痴漢されてしまって思い出したら眠れなくなってしまい、ふとんから出てきました。気付いたらもう朝方だし…。昨日されたことを書きます。そのとき私は学校の帰りで疲れていて、電車のドアに身をまか…

no image
満足させれば犯罪じゃなくなるの?

高校のときサッカー部のマネージャーだったんですが、2年上の先輩とつきあっていました。先輩たちが卒業して数ヶ月後、彼を含むOB7人と会うことになりました。みんなで食事するのかと思っていたら居酒屋で、当時わたしはまだ高2だったので気が気じゃありませんでした。…

no image
泥酔姉貴

俺の姉ちゃんは酒が弱い。弱いくせに大好きで、週末は必ず酔っ払って帰ってくる。そんな姉ちゃんは帰ってくると決まって玄関寝てしまう。ほっとくと朝まで寝ちゃうので、しかたなく俺が姉ちゃんの部屋まで連れて行く。ちなみに、俺と姉貴は実家に住んでるんだけど、姉ちゃん…

no image
後悔

私の名前は愛里。私は昔からオナニーをするときに必ずすることがあります。それは、露出オナニーです。中3の時にベランダで夜中にやってしまったのをきっかけにベランダでするのはもちろん、最近は公衆トイレ、デパートの駐車場、夜中の公園などでするようになってしまいま…

no image
放物線

 以前、外食産業に勤めていたときの新入社員歓迎会の話しです。エリアマネジャー、店長、その部下を含めてその地域の全社員総勢20名で居酒屋の2階を貸しきって歓迎会を行ったときのことです。エロい話しは全くありませんのでご容赦下さい。登場人物酒にOマネジャー(熱い…

no image
脱童報告

1年前の話で長くなるけどレポします。当時28歳 吉原 100分35kその頃ケガをしていたので月一で通院していて、診察自体は朝一で終わるので、その後に行こうと決意。前日迄にお店を決めていたので、当日の朝病院に行く前に店のHP見ながら電話をし、お昼頃に予約を…

no image
彼女の横で巨尻の生倉裕子ちゃんとH

僕の彼女・里香の友達に生倉裕子(いくらゆうこ)(27歳)ちゃんがいる。今は保育園の先生をしている。身長は150cmくらいだが胸は大きく、お尻もデカくて巨尻だ。顔は眉がくっきり、きりっとしてて卓球の愛ちゃんみたいな顔をしている。彼女の里香の部屋で3人で飲んで…