エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

シベリアンハスキーと

   

みなさんこんにちは、友美っていいます。
今年の夏にした変態H体験を聞いてください。

うちにはケントっていう名前の
シベリアンハスキーがいます。
実は、私にHなことを教えてくれたのは
ケントなんです。

私が中学生で、
まだケントが小さかった時のことです。
部屋の中でケントと遊んでいるときに、
スカートの中に入ってきたケントが
足の付け根のあたりをペロッて舐めたんです。


その瞬間、ぞくぞくってして
体に電流みたいなのが流れました。
その頃はオナニーしたこともなかったので、
私にとってはすごい衝撃でした。

それから毎日のように、
私は親に隠れてケントを自分の部屋に入れて、
体を舐めてもらうようになったんです。

最初の頃は恥ずかしかったので
パンティーを履いたままでした。
パンティーのアソコの部分に
牛乳を垂らしてあげると、
ケントは喜んで舐めてくれます。


それがいつからか直接舐めてもらうようになりケントのザラザラした舌で
乳首とかクリトリスを舐められると、体がビクビクッてするようになっていました。
初めて私にイクッてことを教えてくれたのもケントなんです。
ここからが本題なんですが、夏休み中のある日のことです。
私は大喧嘩して彼と別れました。
原因は彼の浮気で、それも私の親友と寝たんです。
その日は一日中頭にきていて、夜中になっても寝ることができませんでした。
それで、部屋にケントを入れて、愚痴を聞いてもらっていたんです。
そうしたら、気分が少し良くなってきて、愚痴を言っているのもバカらしくなってきました。


それで、ケントを見ているうちにちょっとHな気分になって、オナニーをして気分転換しようって思ったんです。
部屋に鍵をかけたあと、いつもみたいに素っ裸になってベッドに浅く腰掛けました。
私が足を開くとケントが足の間に入ってきます。
いつもしているのでケントも分かっていて、いまでは牛乳なんか垂らさなくてもいつまでも舐めてくれます。
「あっ・・、ああっ・・・」ケントのザラザラした舌で舐められて、私はどんどん気持ちよくなりました。
腰がクネクネ動いて、無意識に声が出てきちゃいます。
アソコからイヤらしい液が溢れてくるとケントはそれを舐めとろうとしてよけいにベロベロと舐めてくれます。
でも、その日は嫌なことがあったせいか、なかなかイクことができませんでした。
おまけに、ずっと舐められていたせいか挿れて欲しくてたまらなくなってしまったんです。


気がついたときには、私はケントの下にもぐり込んで、ペニスをペロペロ舐め回していました。
いつも彼にしてあげてたみたいに、舌の先でチロチロしたり、パクッてくわえてチューチュー吸ったりしてあげました。
そしたら、ペニスの先から透明な液体がポタポタ垂れ始めたんです。
私はすぐにベッドに寝て、ケントの前脚をベッドの上に引き上げました。
ちょうど正常位の格好で、アソコのすぐ先でケントの真っ赤なペニスが揺れています。
でも、あと一歩前進すればすぐに挿入できるのに、ケントはジッとしたままです。
私はケントを引き寄せて、ペニスに手を添えて自分の中に導きました。


「あぁっ!!!」ケントのペニスが奥深くまで入ってくると、
私は欲しかった物をようやく貰えたという感じで大きな声を出してしまいました。
おまけに、彼のよりも太くて長いみたいです。
私が腰を前後に動かすと、いきなりケントがピストンを始めました。
「んんっ、あっ、ああぁっっっ!!!!」ケントのピストンはすっごく激しくて、
結合部からビチャビチャという音が聞こえてくるほどでした。


私はどんどん気持ちよくなっていって、アソコからドプッドプッて愛液が噴き出していきます。
「あんっ、ダメエッ!!、イクッ、イッちゃうよぉーーー!!」
我慢していたものを一気に吐き出すように、私は簡単にイッてしまいました。
体がビクビクッてして、腰がブルブル震えています。
私はシーツをギュッとつかんで、口を大きく開けてハアハアと息をしていました。
「あっ・・・」私がイッたすぐ後で、ケントの動きが止まって温かいものが流れ込んできました。


私の中でケントのペニスがビクって震えるたびに、膣の奥に勢いよく液体がぶつかってきます。
妊娠するわけでもないし、体を動かすのがかったるかったので、私はケントの精液を受け止め
てあげることにしました。
ところが、ケントの射精はなかなか終わりませんでした。
彼だったらピュピュッて出した後、ペニスを引き抜いて終わりです。
でも、ケントは腰をグイグイ押しつけながら、ずっと射精してるんです。
アソコの中が精液でいっぱいになって、子宮の中にまで流れ込んできます。
結局、ケントは5分くらいずっと射精していました。


ついにやってしまった、という感じです。これを書いていて恥ずかしくなってしまいました。
と言いながらも、実は今でもケントとしています。夏休みの間、毎日のようにしていたせいで、
ケントもすっかりテクニシャンになってくれました (^^;)。
もうちょっと聞いて欲しいことがあるのですが、長くなってしまったのでまた今度お願いします。

 - 未分類 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
元風俗嬢の嫁と寝取られ生活39

夜中の2時に帰ってきた嫁は、「ゴメンね!しょうくん、待っててくれたの?嬉しいなぁ・・・  すぐシャワー浴びてくるね。」そう笑顔で言いながら浴室に行こうとする嫁。嫁をいきなり抱きしめながら、キスをして舌を入れた。「しょうくん、どうしたの?ちょっと待っててね」…

no image
★男の視線に熱い物を感じるスポーツジム

 平日の仕事帰りと休日に近所のスポーツクラブに通って約半年になりますが、そこで出会う男性達の本性を、私は知っています。ストレッチマットや教室、マシン等を隣合わせたりする際には、笑顔で感じ良く挨拶や会話を交わしたりして来るくせに、ふとした瞬間に気付くと、私の身体特に胸やお尻、首筋や耳、背中や腰から脚にかけてを隙あらばの感じで、チラチラと横目や死角からの視線を使い、盗み見しているのです。 そしてそれは

no image
俺がダーツで負けたせいで彼女が手コキした

俺がまだ大学生の頃、一人暮らしの俺の部屋で、バイトで知り合ったフリーターの典子と同棲をしていた。典子のお姉さんはテレビのCMなんかにもたまに出るようなモデルさんでメチャ美人だ。典子も妹だけあって相当美人だった。柴咲コウさんを、もう少し目力を弱くした感じだ。…

no image
中学生に寝取られた_1

(ふふ、またすぐしわになるのにね) 思わず笑みがこぼれてしまうのは、今晩、夫の利之が出張から戻ってくるからだ。 そして、そんな夜は決まって抱き合うのが、ここ数年の約束事になっていた。家を空けがちな夫にしてみれば、「風俗に行かなかったぞ。浮気だってしていな…

no image
騎乗位で気持ちいい…

ぎゅってしてほしいな…ぎゅっ って欲しんですかwほんとは押し倒していきなりショーツまで脱がせて、柚季さんの恥ずかしい所を見ようと思ってたんですがw(優しく肩を抱きベッドに柚季さんを座らせ自分は隣に座り抱きしめる)ちなみに今日はどんな格好なのかな~ど、聞いてみた…

no image
おばさん

  中1の夏、家族と親戚とで海にいきました。  海からあがって、民宿の部屋にいくと、小さい子は昼寝しだして、おばさん(母の妹)がよつんばいになって、タオルをかけたりしてました。  おばさんのワンピースの胸の中は丸見えで、大きなおっぱいがぶらぶら揺れていまし…

no image
美和子物語 竹下さん 大好き

ある週末の事でした。竹下さんと約束の場所で落ち合いました。夕食を摂ってからバーへ移動して軽くお酒をいただき二人ともほろ酔い気分でした。竹下さんがダンスに誘ってくださいました。そこでカラオケスタジオへ出かける事になりました。女性同士ではカラオケに出かけてい…

no image
★自称「エロ仙人」の出会い系の話・・2/2

 ナース姿の彼女が一人ゴロンと横たわっている。さて、どのように責めてやろうか。まずはスタンダードに責めるのがいいだろう。俺は彼女とともに横になって、耳元で囁きながら、手で全身をなで上げながら、彼女のツボを探りあてていく。「これはどう?」と聞きながら耳たぶを舐める。 また「これはどう?」と聞きながら首筋に指を這わす。彼女は首筋が感じるらしく息を荒くした。だんだんと胸に近づくとさらに息が荒くなっていっ

no image
★妻の過去の衝撃的な話です

 初めて妻の小百合を見たのは24歳の時、職場の一つ上の先輩に彼女を紹介して貰った時でした。小百合は先輩の彼女で、ピュアな美形の清純お嬢さんで短大2年生、その小百合が私に紹介しようと連れてきたのが短大1年生の和恵でした。和恵は小百合よりも小柄のムッチリ系で、ロリ顔が可愛い女の子でしたが、どこか垢抜けていませんでした。「こ、こんにちは。私、○○から出て来たので、都会で緊張しています。」と言った和恵は隣の県の

no image
友達の家で旦那さんとトイレでHして

友達の由紀子ちゃん夫婦がアパートを引っ越ししたというので遊びに行きました。土曜の夜で3人で飲んだので、車で帰れず泊まることにしました。由紀子ちゃん夫婦は二人で寝室で寝て、わたしは居間に布団を敷いて寝ることに。夜中に(お酒でお腹がゆるくなり)お腹が痛くなっ…