エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

結婚数年後の出来事   4

   

2 9月

2015年09月02日 10:05

カテゴリ

結婚数年後の出来事   4

ミッコとマサ君と1年位 経った頃、  
マサ君が転勤になり本社に栄転との事、 マサ君は「会いに来ますから」と
別れました、代わりの人(50代後半位)がミッコの部屋に出張で来た時
泊まるからと、半年位経ってからミッコに逢いにアパートに行くと出張で来てると
マサ君の交代の人がミッコと飲んでいました、帰ろうとしたらミッコに引き止められ
部屋へ 何回か会った事はありますが 一緒に飲むのは初めてで少し緊張してましたが
話が上手で楽しく飲んでました、気分も良くなった頃はHな話になってました、
ミッコの携帯が鳴り「先輩が飲みに出てこい」と言ってるからと 出かけようとしました           マサ君の時を思い出しミッコの部屋に行き、問うと「ごめんマサ君の交代で来てノンを
見た時から来るたびに 「一緒に飲みたい出来ればしたい」と来るたびに言われていたそうで
手をついて「ごめん お願い」と出て行きました、私も少し酔いもあり あきらめて
2人きりになり飲んでいると、手を握ってき 私が拒まないでいるとキスをされ乳を揉まれ
アパートに来る時からミッコとオメコをする事を考え 私もその気になっていたので、
されるがままに 手をズボンの上に導かれ触ると硬くなっておりチャックを下げ
硬くなったチンコを出し「しゃぶって下さいお願いします」と頭を押されチンコへ
少し汁が出ている洗ってない 臭いチンコをしゃぶり始めると
着てる物を脱ぎ、私も脱がされ二人裸に 部屋を移動し布団の上でしゃぶっていると
手で乳を揉んだり 乳首を摘ままれたりされ 気持ちよく感じていると
腰を引かれ手がオメコへ 指を入れられ動かされるとクチュクチュと濡れたオメコから音が
69の姿勢になり舐めあって気持ちも良くなり、私から「欲しいいれて」と
大きさはミッコと同じ位で 足を広げられチンコが入って来たとき 初めての人でしたが
「気持ちいい」と声が出てしまいました、色々と体位を変えられミッコやマサ君と
違った快感に酔って上になり腰を動かしていると「何処が気持いい」と聞かれ
恥ずかしく言わないでいると、チンコを抜かれ「オメコが凄く気持ちいい」と自分から
手を添えチンコを 私のオメコへ 腰を激しく振り「逝く逝く」と抱きつきキスを
しばらく動けないでいると、「チンコをしゃぶってお願い」とミッコやマサ君の時も
しゃぶっていたので 体から降り 私のオメコの汁がついてるチンコにしゃぶりつくと
「嬉しい感激」と喜んでくれ69の姿勢になりオメコを舐めたり豆を舐めたりしてくれ
欲しくてたまらなくなり「入れて下さい」と自分から四つん這いに「後ろから突いて」
と腰を振っていたら チンコをオメコにあてすぐに入れてくれず、じらされ
「何処に欲しい」と 私はたまらなく「チンコを私のオメコに入れて下さいお願いします」と
言うと突っ込まれ、激しく腰を振られ激しい快感に襲われすぐに逝きました
私が倒れこむと体を上向きにされ、尻を持ち上げられチンコを入れてき
ゆっくり腰を動かしながら「チンコの入ってるのが見えるか」と私は気持ちいい快感に
頭が ふぁっとなり思わず「大きいチンコが私のオメコにはいってる気持ちいい」と
上から突かれるように激しく腰を振られ「逝く」とチンコをオメコから抜いて
乳の所にドクドクと射精しました、私が精液を手に取りなめると「チンコも舐めて」と
口元へ 精液と私のオメコの汁でヌルヌルになっているチンコを舐めたり吸ったりして
綺麗にし心地よい快感のまま眠りへ、 ミッコが帰って来たのも分からず朝まで二人で
寝ました。朝起きたらミッコがパンを焼いて朝食の用意をしてくれまっており、
「昨夜はごめん嫌だったら後はいいから」と私は「ミッコが人に言わないでくれたら良い」
と答えました、彼も起きてき聞いていたのか「ありがとうよろしくお願いします」と
喜んでました、彼をミッコがヒデさんと呼んでいたので私もヒデさんと呼ぶように
?番号とメールアドレスも交換し 来た時に逢う事になりました、
家に帰り夫に?して昨日の事を報告しました、夫は何時ものように
「報告してくれて家庭を大事にしてくれてるからいいよ」と
夫に感謝してます。  続く

Trackback

Comment

コメントする

名前
 
 
 
 

 - 未分類 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
妻の秘密 その1

あれは妻が二人目を産んで間もない夜の出来事でした。久しぶりのセックスだったせいかその日に限って私は「俺を興奮させてくれ!」と妻に言うと「怒らない?」と返事が返って来ました。怒らない?何の事だか判らないけど何か嫌な予感がした瞬間今までにない興奮が襲いました…

no image
昔高校時代にコクられて断ったK美と再会して 2

1でも書きましたがこれは実話ですが、台詞などは15年以上も前の事なので詳しく覚えてない部分もあるので、読む方により興奮してもらえるように一部脚色してあります俺はK美に脱いだばかりのストッキングを嗅がされ、K美が数時間前まで履いて捨てたストッキングをチンポにかぶ…

no image
一晩に3人中出し

まだ正式な妻ではないんですが、今夏結婚を予定していて現在2年以上同棲中なので内縁の妻という事で書かせていただきます。その彼女とは処女の時から付き合って約11年、付き合い当時僕はバツイチで18才になったばかりの彼女を必死でくどいてやっとものにしました。僕は…

no image
少女の花びら ?

"『 第十章 美少女の下部になる教頭 』、「うっ眩しい・・」夏季に入り太陽の強い日差しが肌を小麦色に焼くモクモクと上がる入道雲に手が届きそうそうだひまわりと小麦色肌の少女達が合う季節になった「夏」・・・それは・・・女性達は肌を露出全開性欲を煽りたて男を誘惑…

no image
露天風呂であったエッチな体験談

26歳の主婦です。先日、主人とお友達の夫婦4人でスキーへいきました。といっても、私はスキーできないので温泉のある旅館に泊まり、私は温泉を楽しむことにしてました。 3人は朝からスキーへ、私は旅館の喫茶店でコーヒーを飲んでました。そこへ一人の30歳くらいのオトコが近づいてきて声を掛けてきました。なんでも、朝起きるのが遅くて、友達に置いてかれたとか。話てるうちにすっかり意気投合しちゃって・・・私が温泉を

no image
焼き鳥屋の熟女

40歳のTです。少し前に高校時代の同級生Kと彼の家の近所の焼き鳥屋に行った。店はこじんまりとしていて、カウンター5席、ボックス4人がけが3テーブルぐらいだ。おばちゃんが一人でやっていて、いままでに何度か行ったことはあるが、いつもおっちゃんたちのたまり場の…

no image
パイパンマンコから溢れ出し子種

私には、以前から中出し奴隷がいます。単に私はラッキーで、相手に恵まれただけ、だったのでしょう。奴隷を作るにあたって一歩間違えば、人生を棒に振っていたと思います。相手は32歳N美。見た目、桑波田理恵を可愛くした感じで、体型はけっこう貧弱系、きっと一般的には、けして美人ではないでしょう。N美は、私が引っ越した時には、既に入居していた一家で、私と同じマンションに住む、旦那と子供の三人暮らしの人妻です。先に

no image
★おじさんのナンパ話です

 小生58才自営業の男です。先日、新宿某所のワインバーのカウンターで一人で来ていた女性に話し掛けて、一緒にワイン談義をしながらワインを堪能して、その晩は携帯番号・携帯メルアドを交換して次回の約束をして別れました。 2回目はそれから2週間後に会い、六本木のJAZZ&ワインバーで色々な話をして楽しみました。話はプライベートな部分までいき、ご主人は10才違いの65才でEDらしく、ここ3年セックスがないそ

no image
入院中に看護師と付き合いフェラしてもらった話

今はなくなってしまったが、豊○市の病院に俺が入院した時の話。その病院には隣に寮があり、見習い看護婦さんが昼間は看護学校夕方から病院で働くという感じだった。俺は20才の大学生だったのだが、入院患者は若い男が少なかったこともあって看護学生たちは個室の俺の部屋へ…

no image
どMな美紗のオナニー鑑賞プレイ

『み、見てください…』クチュッ…クチュッ…美紗のいやらしいオナニーの音が部屋に響いてきた。。私は女性のオナニーを見るのは嫌いではない関係している女性の半分は自分からオナニーを見て欲しいと懇願してくる女性だいわゆる見せたがりで見せることで高揚し、それを見て…