エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★変わったHで妻とSEX

   

.
.
.
.
.
2015/09/01(火)
 36歳のサラリーマンです。最近妻とのチョットアブノーマルなHにはまってます。妻は35歳。子供を2人産んでおりますが、体系が崩れる事もなく、美人系の妻は20代後半から30歳位にしか見られません。SEXは週1回~2回くらいくらいです。

 結婚して7年にもなり、SEXも倦怠気味。。と感じ始めた昨年暮くらいから、色々なHに挑戦しております。最近の一番のお気に入りは放尿プレーです。ある日子供が寝静まった後に、久々に一緒にお風呂に入ることにしました。
 身体を流した後で
「あ、トイレに入って来れば良かったぁ、どうしよう」というので、
「ここですれば?見ててあげるよ。」と言うと、
「いやぁだぁ~、恥ずかしいし、汚いじゃないのぉ。お風呂出るまで我慢しよ。」との拒絶反応。

 私は最初半分冗談で言ったつもりだったのですが、そのシーンを想像したとたんにどうしても見たいという衝動に駆られました。
「お願い!見せて!」と言うと、
「えー、どうしよう。人になんか見せた事ないし、だいたい緊張して出ないよ。」と言いました。
「頑張ってみて。。」と懇願すると、「まったくしょうがないんだからぁ。」と了解!彼女を床に座らせて脚をM字に開脚して待つ事1分位。「・・・・」

 割れ目の中から(ちょろっ)て感じで出ました。そしてSTOP。「やっぱ、こんな格好じゃ無理よ」と妻は言うもののどうしても勢い良く出るところが見たく「頑張って出して!」と再び懇願。彼女の秘部は良く見ると少し腫れぼったく膨らみ、割れ目の下の方に白濁した液体が。

 彼女はどうも緊張より、興奮して出ないようです。そっと割れ目を手を触れると「あ、出そうよ・・」その直後(シュル、シュル)そして(ジャー・・)彼女が無性にいとおしくなり、覗きこんでいた顔をそのまま彼女のおしっこの迸る割れ目に押し付けていました。

「あっ、駄目! 汚い…あぁぁん…」でも拒否もしませんでした。おしっこも止まりませんでした。その時何故そんな事したのか自分でも判りませんでしたが、その後のSEXはいつになく2人共燃えました。それ依頼、彼女がいとおしくて堪りません。

 当然、彼女には時々放尿を見せてもらってます。相変わらず、「えー恥ずかしいからやだぁ」と言いますけどね。(^_^)妻とはその後、充実したSEXライフを送っておりまして、最近では妻がセクシーな下着で兆発してくる事もしばしば。

 ちょっと濃い目のヘアーが気になるようで「はみだしてるとカッコ悪いかしら」というので「処理して見れば?」と私が言うと、「自分では難しいのよねぇ」そこで私が「じゃ、俺が処理してあげるよ。」ということになりました。

 さすがに私もT字カミソリは傷つけるのが怖いので女性用のシェーバーを使用しました。土手の部分を最初にセクシー下着に合わせて幅3cmくらいに剃り、下の割れ目の周りは“つるっつる”の状態にしました。今まで気にした事はないのですが、良く見るとかなり内側の柔らかい部分にも生えているようなので、割れ目を広げシェーバーを当てようと・・ビックリしました。

 彼女の秘部は愛液にあふれて小陰唇、クリトリスも膨らんで凄い事に。私はシェーバーの本体を縦に割れ目にそっとあてがいました。すると彼女は「あー凄くイイーー!」

 それ以来彼女はすっかりシェーバーバイブの虜になっております。又、彼女はつるつるになったあそこが今まで以上に感じるようで、ローションをたっぷり塗った手で丹念に愛撫してあげると、感じまくり腰を振って喜びます。

 先日は少しヘアが伸びてきて、チクチクすようなので、又シェーバーでソリソリしました。例によってまたぐちょぐちょになり、彼女の要請で20分くらい続け、穴に2本の指を入こねくり回すと、ビクンと痙攣していくのと同時に潮まで吹きました。

「イヤーン、はずかしー!」と叫びながら1m位はピュッ、ピュと撒き散らしました。初めての経験にお互いビックリ。でもお風呂場で良かった。ベッドの上だったら大変な事になってました。今度、本格的にピンクローターに挑戦してみようかと思ってます。妻はいやだって言ってますけどね (^o^)/

↓他のHな体験談を見る

・・神待ち女の子も利用しています・・

.
.
.
.
.

 - 会社員の体験談 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★職場の飲み会で打ち解けて・・

 職場の(複数の部が合同)飲み会で、業務の話しかしたことが無い女性と隣り合わせになった。最初は話が全然弾まなかったものの、学生時代のクラブが同じだった事が途中で分かり、俄然盛り上がった。一次会が終わり、二次会の店(カラオケ)に向かう途中で『一曲歌うぐらいだろうね』との問いかけに少し真顔の顔で『別の店に行く?』と答えてきた。 こちらの『行こうか?』には答えず腕をくまれ、二次会の店と逆の方向に歩き出した。

no image
★新婚旅行で思いがけない事が

 新婚旅行での思いがけない出来事を書きます。新婚旅行はお金もなかったので、グアム島までしかいけませんでした。そういうことでもあったのか思いがけないことがありました。 家内も私も初めての海外旅行ということもあり、少々疲れ気味でした。4泊5日くらいだったと思いますが、最初の一泊は大阪、2日目からがグアムでした。妻も到着してからの観光で知り合いもできたのか、他の女性と話したりしていました。グアムで2日目く

no image
★警備員のエロ行為の目撃話

 私は、35歳の独身でビルの警備員しています。この時期は、花火大会が行われる時は、ビルの会社がお客様を招待してビルの屋上を解放します。そのため、私はビルの中を見回りをするため花火が見れないので、せめて招待客のいい女を見つけて目の保養しています。 家族の招待客が来た時に見ていたら見覚えのある女性が居ました。その女性は、私の住むアパート近くの超豪邸に住んでいる奥さんでした。私が超豪邸を通った時に家から

no image
★唇から精液が垂れるのがエロい

 研修が終わってから大阪に帰ると東京配属になったことが判明。 一つ下で同じ大学の彼女に泣きつかれたが、俺はその時点で既に遠距離で続ける自信はなかった。そして4月1日にT支店と発表。支店内に普通の営業チームと女性主体の営業チームがあるが、俺は普通の営業チームで女性主体の営業チームの方に木下優樹菜みたいな感じの軽そうな子、そして事務に青木裕子似の小柄な子が配属になった。 優樹菜とは研修が別チームだったの

no image
★上司の女課長がバックから入れてと

 昨今、女性の管理職も増えてきたのか、内の職場でも部長クラスの人も出て来て、私の課にも女性の課長が来るようになってきました。最初の印象は、体格もいい女性で、少し厳つい感じの人でした。私は万年主任をして、あまり人がしたがらない仕事を捜しては、片付けているモノですから、あまり評価も高くないせいか、 それとも人が嫌がる仕事をしているせいか、人よりは転勤が多いみたいです。新しく来た、課長に早速呼出されて、

no image
★泊まりの研修でエロ研修も

 会社の保養所で1泊2日の社員研修がありました。同期の女子社員の4人部屋で、12時頃には消灯しましたが、のどが渇いたので一人で玄関の自販機に飲料を買いに出ました。ちょうど2年先輩のSさんが自販機で買っているところでした。 しゃべりながら一緒に部屋に向かい、途中でいきなり腕をつかまれ食堂に引っ張り込まれました。真っ暗な食堂の中で抱きすくめられ、キスされ、驚いて持っていたペットボトルを床へ落としてしま

no image
★慰安旅行での悪夢な事

 数年前の慰安旅行のときのお話です。その年は、混浴で有名な温泉旅館に行きました。旅館に着いて宴会までの空いた時間に各自温泉に浸かりのんびり過ごしました。宴会が始まり、お酒の弱いあきは、なるべく断るようにしていたんですが・・そこは上司から注がれるお酒・・なかなか断れず、飲み進めているうちにかなり酔ってしまったようで、 男性社員の膝を枕に寝てしまいました・・。目を覚ますと・・男性社員の何人かがあきの顔

no image
★たくさんの社員が狙っているOL

 当時、26で体育会系のノリの会社に勤めてて、社員旅行である温泉に行く事になった。社員は20人ぐらいの小さな会社で、女子社員は20代が6人、社員同士で付き合ってるのも居たけど全員未婚だった。 その中でも抜群に可愛かったのが陽子(21歳、比嘉愛実似)で、狙ってる奴もたくさん居た…旅行はバスの中から宴会で、陽子は俺の隣に座ってた。少しすると全員酔っ払い始め、陽子の隣に居た俺の同期の奴が強引に腰を抱き、陽子が嫌

no image
★男の願望を叶えてくれたナース嬢の話

 以前、3年付き合った人妻でナースの奈緒という女がいた。彼女とは、様々なプレイを楽しみ、およそ男の願望をほとんど叶えてもらったと言っても過言ではない。奈緒は決して美人ではなかったが、どちらかと言うと萌え系で巨乳。若干ぽっちゃりで身長も低い。ぶっちゃけ、初対面の時はタイプではなかったが、時間が経つにつれ不思議な魅力と可愛らしさに惹かれてしまった。 しかも、俺より12も年下の当時28歳。コスプレが大好

no image
★部下との秘めたエロな出来事

 あの日は、取引先の一人と上司二名(部長と課長)と俺との四人で居酒屋で飲んでいた。※因みに全員男。取引先の人とは、途中でふけて別のグループに合流する事で既に示し合わせていた。その人と俺は、別のグループの連中に連絡し、合流すべく落ち合う場所に向かった。その場所には別の取引先の人二名と、さらに別の上司、部下三名(うち女性二名)とがおり、総勢8名でドンチャン騒ぎが始まった。 相当に酒が入っていたが、当初の取