エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

姉 痴漢電車

   

井の頭線上り渋谷ゆきは今日も通勤通学客でいっぱいだ。
「しょうがねえナア」
と舌打ちしながらも、俺は最先頭車両へ急ぐ。
混雑度合いが更に激しい1番前のドアに乗り込む。
これ以上乗れないよ、という状況から
俺の後ろに一人乗り込んできた。
「ちっ…」
悪態をつこうとしたが
背中越しに若い女性らしいことがわかり
「まぁ、いっか」という気になる。

乗り込んで来た女性はドアのほうを向いており、
丁度俺とは背中あわせになったような感じだ。
次の駅で反対側のドアから乗車があり
さらにその女性と密着した形になってしまった。
俺のお尻に女性のお尻がぴったりとくっ付いている。
かなり薄手のスカートらしくヒップの肉の感触が伝わってくる。
(あぁ。なんかイイなぁ)
別に痴漢をしているわけじゃない。
ただ満員電車の中でとなり合わせてしまっただけだ。

(でもどんな人なんだろ?)
お尻の感触だけじゃなくて
顔も見たくなってきた。
次の駅で少し客が流れたので俺は
身体を反転してみた。
髪で顔が隠れていてハッキリとはわからないが
27〜8歳といったところだろうか?
身体を反転させたところでさらに混んできたようだ。
女性のムチムチのヒップが俺の下半身とぴったりと密着してしまった。

(や、やばい…。勃ってきちまった)
現在三浪中。童貞の俺。
そんな俺にこの状況はやばすぎた。
しかも今日は生地の薄い麻のズボンを穿いている。
ムクムクと俺のチムポを堅くなっていった。
(ちょっ、ちょっと…)
身体を変えそうとするがそれもままならまい。
とうとう勃起したチムポが女性のお尻にくっ付いてしまった。
(あぁ。何て気持ちイイんだろう)
そんな気分に浸っている場合じゃなかった。
もし痴漢と思われて通報されたら。

(と、とにかく何とかしなきゃ)
その時女性の付けてる香水が俺の鼻腔を刺激した。
(あぁイイ匂い…)
またも俺のチムポは堅くなっていく。
チムポの先っちょのほうで何かがチロリと流れ出る感じがした。
(あ、でもこの匂いって…?)
確か、姉さんの部屋もこんな匂いしてたよな。
おんなじ香水なんだろうなぁ。
と思ってたら、女性がやや逃げるような形で身体をくねらせた。
もちろん満員状態なのでどうにもならないがその時女性の顔がチラリと一瞬見えた。
(ねっ、姉さんっ)

危うく声が出るところだった。
満員電車の中俺はチムポを女性のムチムチのお尻に押し付けている…
その女性がこともあろうに姉だったとは!
(や、やばい。とにかくコイツを落ちつかさないと…)
俺は必死になって違うことを考えた。
いくらやってもわからない予備校の数学の授業のこととか…
昨日テレビで見た細木数子の顔とか…
なんとか、俺の昂ぶりはおさまりそうになったその時、
姉のお尻に添えられていた俺のチムポが
ぎゅうぅっと姉のお尻にはさみこまれてしまった。
(あぁうぅーーっ)

普段から見慣れていると思っていた姉のヒップだが
この状況でチムポを咥え込まれてしまったらもうたまらない。
(ね、姉ちゃんっ、やばいよ。そ、そんなのっ)
おそらく姉は少しでも体勢をずらそうとして
力をいれたに違いない。
まさかそれが弟のチムポを咥えこんでしまうとは思わずに。
(ね、姉ちゃん、これは不可抗力なんだよ。
 違うんだーっ)
電車の振動が心地よく俺の身体に響き
そしてチムポの先にもその振動は伝わっていた。
そして俺の射精感をたかめていった。

(…っ。で、出ちゃうかも
 俺。電車の中で、ね、姉ちゃんにぃ。
 っうぅ…。くふぅ。ふぅむう…)
電車は神泉を過ぎ渋谷に近づいていた。
(もうこうなったら、射精してやる。
 姉ちゃん。姉ちゃんが悪いんだぜ…
 俺のチムポをこんなにしちゃってよ)
電車が渋谷に到着する。
俺の我慢が限界にきていた。
(駄目っ。姉ちゃん。で、出るぅぅ)
俺は姉にもたれかかり熱い息を
姉のうなじにふきかける。

ドアが開く。
他の客は降り始めた。
俺はまだ射精の途中だった。
姉にもたれかけながら
思わず声に出してしまった。
「っ、ぅう姉ちゃんっ」
突然、姉が振り返る。
目を見開いて俺を見る。
「○○ッッッ!アンタだったの!!
 どうして?どうしてなのよっ!」
他の客が興味津々といった目で俺たちを見ているようだが
俺はただ、ただ姉の身体にもたれかかるだけだった。


 - 未分類 , , , ,

  関連記事

no image
後輩の女の子をマッサージ器でいかせまくり

大学の時なんだがサークルの後輩の女の子1人+俺ら3年3人で友人Aの家で飲みってシチュエーションがあった。つか本当は後輩の女の子2人の予定だったんだがブサイクな方が帰ったため途中からそういうシチュヘ。ノリは良いけど彼氏がいるからって理由でデートとか誘っても絶対O…

no image
バイト中に集団で

先日、バイト先で痴漢されてしまいました。バイトはスーパーや酒屋などで試飲を勧めたり宣伝する仕事です。 その日はお酒のディスカウントストアで試飲を勧めていました。お昼の人が少なくなったときに野球のユニホームを着た人たちが最初5人くらいお店に入ってきました。…

no image
千裕先輩 3

学校が始まり、俺は毎晩のように千裕さんの性器を思い出したり、千裕さんとHしたことを思い出しながらオナニーに更ける日々が続いた。俺は陽子と別れたこともあり、4人で遊ぶこともなくなった。そして千裕さんは俺を避けてるのか、学校で会うこともなかった。毎日のようにオ…

no image
パネルマジック

厨レポです。自分は20歳。とりあえずHPみながら電話予約。待合室で人と会いたくなかったので朝一を狙う。朝一は新人ともう一人空きがあるといわれました。お目当ての子がいたが満員御礼らしい。このスレで「新人は辞めとけ」というレスがあった気がしたのでもう一人の姫に決…

no image
卒業旅行

大学の卒業旅行でオーストラリアに出かけた。シドニーまで行くと言うことだけが決まっていて、それ以外は現地に行ってから考えると言うスタイルで、女友達と二人でコンドミニアムで寝泊まりしながら毎日翌日の予定を考えるのんびり旅行だった。日本人の旅行客が多く、ゴール…

no image
自分の婚約者と上司が不倫してた

2年前の話になりますが、まさか自分の身に起きるとは思いませんでした。要約すると ・自分と婚約者(以下A子)は同じ会社の同じ部署。  (A子は結婚のタイミングで、別の部署に移動予定(会社の慣例から)) ・自分とA子は同じ上司(課長。以下B)を持つ。 ・A子とBは不…

no image
A子

昨日別スレに書いた話が今日ここに書くことになってしまいました。彼と出会ったのは向こうが大学生で私が高校生の時コンビニの同僚としてでした。現在彼は就職して退社して私は進学してバイトを続けてます。そこに私の学校の先輩でもありバイトの先輩でもある女性(A子)がい…

no image
尻の穴に電池を突っ込んだら抜けなくなりました

『質問・尻の穴に電池を突っ込んだら抜けなくなりました』どうしたらいいのでしょう?深く入ってしまい、抜けません。踏ん張ると痛そうなので、医者に行ったほうがいいのでしょうか?すごくあせってます、助けてください!一 体 何 を し よ う と し て い た …

no image
千裕先輩 完

俺が正面玄関で待ってると、ゆっくりと歩いてくる千裕さんが見えた。下を向いたまま歩いてきてるが、近くに来ると泣いてるのがわかった。泣いてるのは仕方がないと思う。何といっても危険日に裕樹の友達である俺に中出しされたのだから。そして俺の目は千裕さんの下半身から…

no image
彼女との思い出

今から1年以上前の話だ。文章がうまくないので箇条形式で書いてみる。とあるバイク系ミーティングで初めて彼女と会った。 ミーティング解散間際に後ろから女性の声、どうやら俺を呼んでる様子。  振り返ると、本当に俺に呼びかけていた。   「何です?」と俺。「あの…