エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

U先生

   

いつも相談にのってもらってる地学の先生がいた。
若い男の先生で、男女関係なく生徒からも人気があった。
地学室の隣に地学準備室があって、放課後なんかはそこでいつもくつろいでた。
普段なら友達も一緒で、お菓子を食べたりしながらおしゃべりを楽しんでいたけど、
その日はたまたま、私と先生二人きりだった。
私は当時、彼氏と別れたばかりだったが、未練が残っているらしい彼氏に困っていた。
そのことでU先生にはかなりプライベートなところまで相談していた。
その日も、ホームルームが終わった後、元彼に言い寄られ、イライラしながら
地学準備室に駆け込んだ。
「先生!またT(元彼)に話があるとか言われたよぉ。正直もう嫌なんだけど。」
「Tもしつこいなぁ・・・。二人、そんなに長くなかっただろ?」
私たちはつきあって3ヶ月もしないうちに別れた。でもその間にHは何度もしてた。
「私じゃなくて、体に未練があるんじゃないかな。」
苦笑しながら言うと、
「そういう奴って・・・本当に別れて正解だよ」
と、U先生は真剣な顔をして言った。
優しいなぁ、と思った。甘えちゃいたい、とも思った。

「ねぇ、先生。ちょっと寝ていい?」
と言って、部屋の中のソファーに横になる。
「いいけど・・・爆睡するなよ?」
このまんま、Hまで展開するのかな?しないだろうな。
先生は先生だし。いくらなんでも・・・
そんなことを考えながら、私は見事に爆睡した。
変な感触に気づくまで。
U先生が私の制服に手をかけていた。
「・・・ん・・・先生?」
しっかりと寝ぼけていた。脱がされているのか、毛布をかけようとしてくれているのか。
キスされてから気づいた。
「ん・・・ふ・・・ぅ」
U先生の舌が入り込み、息がうまくできない。
「ちょ・・・せん・・・せっ」
「ごめん・・・なんかすごい・・・無防備だったから」
そう言うと先生はそのまま私のスカートの下に手をいれ、長い指で太ももをなぞった。
「やっ・・・」
声を出すと、先生は私に覆いかぶさったまま俯いた。
「やっべ・・・」
何が?聞こうと思ってもまたキスされる。Tのキスなんかよりずっといやらしいキスだった。
先生の右手は下着を脱がそうとしていて、左手では胸を揉んでいた。
「・・・んっ・・・いき・・・できないよっ」
「Mが誰にも言わないなら、最後までいくよ?」
先生ならいいかな。もうどうせここまで・・・
制服はスカートを残してもう身についていなかった。
ブラと、スカートだけ。ここまできたら、と思った。
「いいよ。U先生だし」
U先生はそれを聞くと何も言わず私の首もとに吸い付いた。
そこから少しずつ先生の口は降りていき、胸にたどり着く。
「あんっ・・・」
自分でも珍しいほどに声がでてしまい焦った。
先生は上目で私を見ながら乳首に噛み付く。
「きゃっ・・・ぁ・・・」
その間にも右手は下をまさぐっていた。
「もう・・・ぁ・・・せんせ・・・んぁっ」
右手にあわせて、左手にあわせて声をあげる。
やらしい声、と笑う先生を見ると切なくなった。

「ねぇ、彼氏にもこんなことされてた?」
ううん。Tはいつも脱がせてキスして入れるだけ。最後に抱きしめて「愛してる」。
「Tなんて・・・ぁっ・・・ぁん・・・」
まともに喋ることができないくらいに、U先生からの攻めは続いた。
胸を吸いながら腰をなぞり、下をいじりながら乳首に噛み付く。
「も・・・だめ。先生・・・だめだよぉ」
次の瞬間、先生の指が中に入るのを感じた。
「きゃぁぁっ・・・んぁぁんっ・・・はっ・・・ぁ」
こんなに前戯をされたことはなかった。思考がうつろになっていくのを感じた。
「随分、声出るのな。まだ一本だよ?」
先生の指は長い。友達だってみんなそう言っていた。
私の内壁をなぞる先生の指はいつのまにか二本になっていた。
中をめちゃくちゃにかき回す先生の指に、私は声をあげ続けていた

「いやっぁぁぁん!・・・ぁっ・・・もう・・・先生、だめ・・・」
「いいよ、イっても」
そういうと先生は一際大きく指を曲げた。
「ぁぁぁぁぁんっっ」
いやだ、イけない。そう思って先生にしがみつく。
「いやだ、先生。いれて?・・・ぁっ・・・」
先生は指を上げて私に舐めさせた。ちゅぷ、と音がする。
綺麗になった指でシャツを脱ぎ捨て、先生はまた私に覆いかぶさる。
私の足をM字に開くと、口を近づけ息を吹きかけた。
「ひゃぁぁんっ・・・」
「うわ、声えっろ・・・」
「もう・・・むりぃ・・・ぁぁんっ」
きっと声を楽しんでたんだ。先生は内腿から初めはちろちろと入り口に近づくにつれてねっとりと舐めだした。
「ぁぁんっ…はぁっ・・・ゃぁ・・・」
どれくらい声が出ていただろう。
しばらくすると先生がベルトをはずす音が聞こえた。

「Mの声、えろいな。Tに聞かせてたんだ?」
「そんなことない・・・ゃっ・・・」
先生は大きくなった自分のものを私に当てながら体のあちこちを指でなぞる。
「おねがい・・・もう・・・だめぇ・・・」
先生のものは私の入り口にはいるか、はいらないか刺激し続けていた。
「Mってばかわいいのな」
そういうなり、先生が入ってきた。
「ぁぁぁぁぁんっ!ひゃっ・・・あああ・・・!」
奥までついてくる先生。Tなんかとは違う。こんなところで大人を感じた。
「はっ・・・・はぁっ・・・」
先生の息も荒いでいた。
「んぁっ・・・ぁぁぁぁんっ・・・せんせ、ぁぁっっ!」
地学準備室にはじゅぷじゅぷ、といやらしい音が響いていた。

そこからは二人とも、快楽を求めることに夢中だった。
しばらくして同時に果て、起きたときには先生はデスクに座ってた。
「・・・避妊とか、そういうのは大丈夫だから」
大人だな、先生は。そう思って立ち上がるとまだ体にはだるさと妙な熱さが残っていた。
「今日、帰ろっかな。」
「Tに気をつけてな。」
「ありがとうございました。」
あとから考えれば、何にお礼を言ったんだか。

終わりです。長々とすみません。
高校のときの実話です。
その後先生とは何度かHをしました。
卒業してからは連絡とってません。



 - 未分類 , , , , ,

  関連記事

no image
彼女とエロビ

タイトルにエロビって書いたけどそんなに古い話じゃなくてエロDVDね。エロビの方が語呂がよくてエッチに聞こえるからそうしただけ。オレの彼女はすごい恥ずかしがりやで人付き合いが苦手なのはもちろん恋愛についてもめっちゃオクテ。顔は池脇千鶴を地味にした感じで、普…

no image
素直に「教えてもらってもいい?」

高校のときの話なんでもうだいぶ前の話ですが…バイト先のお姉さんに筆下ろししてもらいました。居酒屋でバイトしてたんですが、前から仲の良かった2つ上のお姉さんに、「今日両親いないからバイト終わったら家で飲まない?」って誘われて…恥ずかしながら当時童貞だった自分…

no image
女子トイレ覗き【こもり専門】の体験談

高校の時、覗き目的で籠もった。高1の冬、土曜日の放課後(土曜授業が普通にあった時代だ)教室に残っていると、当時好きだった三田貴子(仮名)がなにやらあせった様子で廊下を歩いていくのが見えた。「これはトイレに行く」と直感して三田貴子のあとを追った。案の定彼女…

no image
姉貴と脱衣ファ○スタ

 親父の7回忌で夏に実家帰った時のこと。 親戚集まって、法要して飲み食いした後、俺と姉貴は実家の2階に布団しいて寝ることになった。母さんは明日パートが早いので、1階で11時に就寝。それから俺と姉貴は二階にビールやらチューハイ運んで飲みの続きすることになっ…

no image
風俗店に行って来た

ネットで風俗店の女の子を見ながらヌク日々におさらばするために勇気を持って電話してみた。「はい、○○でございます」「あ、あ、あ、、」「ご予約でございますか?」「は、は、は、、」「ご指名はございますか?」「ふ、ふ、ふみ、、、」「ふみかさんでよろしいですか?」…

no image
彼女の友達

俺は24歳のサラリーマン。同僚の同い年の彼女もいる。でもHは満足できない部分があった。それは、俺がM的願望が強い上に彼女も責められる方が好きなので、いつもM的欲求だけは満たされない。そんな俺が東京へ研修に行ったときに見つけた風俗店。名前は「秘○倶楽部」とい…

no image
罰ゲーム

いじめられた方だがかいていいか?まず初めにいっとくと俺はデブでアトピー持ちで死んだ魚みたいな顔してる。自覚してるからいいんだが、あんまきもすぎてイジメられることもなかった。嬉しいのか悲しいのか。やべ泣きそう。部活もしてない、いかにも遊んでる系の男子達のグ…

no image
転校生

「行ってきます…」小学生の太郎は誰もいない家に向かってそう言うと学校へ歩き始めた。桜が舞散る都会の町並みを歩きながら、太郎は新しい学校でうまくやっていけるか不安でいっぱいだった。なにせ、その小学校で六 年生の男子は太郎だけだと言うのだ…太郎はずっと田舎の…

no image
不倫相手を寝取られて~通算?~

人間というものは、当たり前だが相手が年をとると当然自分も年とるので、年月が経っても相手の見た目があまり変わらなく見える場合があるとよく言われるが、確かにそういうことは一理あるかも知れない。ただそんなことを超越して、久々に会った美沙子は年を重ねて、少しふっ…

no image
ぼくらをつなぐもの~リカちゃん露出野外オナニー~

学生の頃の話。大学の後輩にリカちゃんっていうのがいて。格好とか今時のオシャレな子で背は165センチくらいのスレンダーな子。胸はぺったんこで顔もめちゃくちゃカワイイわけではなかったがよく言えば大塚愛に似てるような感じ。オレはいつも建物の屋上一歩手前みたいな…