エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

あんま

   

"

とあるハマーム(現代日本の銭湯に相当)で、一人のあんまが
若者(金持ちのボンボン)にマッサージをしていました。

その最中若者のモノが見えましたが、それは赤ん坊の小指ほどの小さなモノでした。
あんまがその事を若者に告げると、若者はまだ童貞であることを告白し、
使っていないから育っていないんだろうと答えます。
そしてさらに、コレを育ててくれる女性を紹介してくれれば金貨100枚を
渡すといいました。
あんまは考えました。
(金貨100枚なんて大金を逃す手は無い。
 正直女の知り合いなんて妻以外にいないが迷っている場合じゃない。
 それにこんなついてるのかついていないのかわからないようなモノになら
 妻が抱かれてもあまり腹も立たない。
 それに何といっても金貨100枚だからな)

考えのまとまったあんまはさっそく妻を呼び、説得しました。
あんまの妻は大層な美人で、それだけに気位も高く、最初は自分が夫以外の男に
抱かれることを承知しませんでした。
しかし、あんまは金貨100枚もらえることと、ここで誼を結んでおけば
今後もいい目を見られるかもしれないこと、さらに若者のモノが入っているのか
入っていないのかわからないような大きさであることなどを告げて説得しました。
そして、妻もその熱意に負け、一度きりで二度はないことを条件に、
とうとう承知したのです。

そしてあんまは、善は急げとばかりに妻を若者の所に連れてゆき、
金貨100枚を受け取ると、ホクホク顔で帰ってゆきました。


さて、あんまの妻は夫以外の男に抱かれるということでイヤイヤながら
やってきたのですが、若者が思っていたよりも美男子であることを見て、
やや態度を軟化させました。
(考えてみれば自分の妻を他人に抱かせる夫が非常識なだけで、
 この子に罪がある訳では無い。
 それにあの大きさなら、そもそも貞操に影響するとは言えないかもしれない)
若者はハマームに入っていたため丸裸、モノが見えています。
それは実に可愛らしい大きさで、あんまの妻の不安を大いに解消させたのでした。

「あ……あの、貴女が僕のお相手を?」
おずおずと若者が問いかけます。
「ええそうよ。ご不満かしら」
「いいえとんでもない。
 こんなに綺麗な人が来るとは思っていなかったんでびっくりしたんです」
慌てて答える若者にあんまの妻は好感を抱きました。
若者がお世辞などではなく本心から言っていることが分かりましたし、
彼のような美男子に褒められて嬉しくならない女はいません。
愛する夫は、釣った魚になんとやらか、最近妻の美しさを褒めることが無いのです。
(いい子だわ。聞けば童貞ということだから、最高の初体験を演出してあげよう)
「お姉さんに任せておきなさい。とても気持ちよくしてあげるわ」
流し目を与えながら、若者の前でゆっくりと服を脱いでいきます。
天女でも仰ぎ見るような若者の眼差しが心地よく、若妻の""女""を刺激します。
そして一糸まとわぬ姿となった若妻は反応を見るために若者の股間に目をやり、
驚きに目を見開きました。
つい先程まで自分のクリトリスと大差ない大きさだったソレが、
夫のソレと大差ない大きさまで膨らんでいたのです。
若妻が見つめているとさらにムクムクと大きくなり、夫のモノより一回り大きな
イチモツへと成長しました。
「す、すごいや。こんなに大きくなったの初めてです。
 お姉さんを見てると僕、堪らなくなって……」

511 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2010/09/28(火) 01:40:52 ID:ML6A9q6t
「そ、そう。私を見てこんなに興奮してくれるなんて嬉しいわ」
正直なところ、見たことの無い大きさに怖気づく気持ちもありましたが、
あんなに小さかったモノがこんなに大きくなるほど自分の身体が魅力的だと
言われているようで、嬉しくもありました。
(こんなの入れたら……どうなるのかしら……)
貞淑な彼女は当然ながら夫以外の男を知りませんから、
にわかにそのような興味がわいてきました。
(最高の初体験を演出してあげようと決めたんだし……)
自分に言い訳をするように、「若者のために」身体を与えることを決意します。


若妻は、若者に仰向けに横になるように指示しました。
経験者の自分がリードするべきと考えたのもありますし、
大きなものがいきなり入ってアソコが壊れたりしないように
自分でコントロールしたいという思惑もありました。
若者のソレはへそにつくくらいに反り返っていて、騎乗位で繋がるためには
手で持って天に向けなければなりませんでした。
(ああ、こんなに固くて熱く脈打っているなんて……あの人のとは全然違う)
手のひらに伝わる感触に、歳のせいかだいぶ柔らかくなってきた夫との差を
感じずにはいられませんでした。
そして、いよいよ野太いものが入ってくると、その圧迫感に若妻は息苦しさを
感じると共に新鮮な悦びを感じていたのです。
そして、ついに一番奥まで挿入した時の自分の中を隅々まで満たされる悦びは、
夫との営みではついぞ感じたことの無い感覚でした。
「ああっ。お姉さんの中気持ちいいです。凄く気持ちいい。天国にいるみたいです」
若者のイチモツがさらに太さを増したように感じました。
ただでさえいっぱいいっぱいの膣がさらに押し広げられます。
若妻の道具はただでさえ締め付けの良い名器だったのですが、
モノが大きいだけにさらにきつく締め上げました。
「お姉さん。動いていいですか? 僕たまらないんです」
「え、ちょ、ちょっと待って、馴染むまでもう少──きゃあっ」
もちろん童貞少年に我慢出来るわけがありません。
初めて知った快感をもっと味わうべく、猛然と腰を突き上げ始めました。
「ごめんなさいっ。お姉さんのが気持ちよすぎて我慢できませんっ」
謝りながらも突き上げは緩めず、力強いストロークで若妻の身体を上下させます。
若妻はもはやされるがままです。
最初のうちこそ痛みもあったものの、じきに痛みはひき、代わりに圧倒的なまでの
快楽が押し寄せてきました。
発達したカリで膣内を擦られる度に目くるめく快感が若妻を襲うのです。
しかし、ソレは唐突に終わりを告げました。
若者が射精したのです。
ドプドプと大量の精液を膣内に注ぎ込まれる感覚に、若妻は妊娠の危険を
感じるよりも、わずかな時間しか感じられなかったあの快楽をもう一度
味わいたいという気持ちでいっぱいでした。

そんなでしたから、若者のアレが一度射精しても柔らかくならず、
自分の中で固さを保っているのに気付いたときには驚くと共に
もう一度アレを味わえるかも知れないという期待を抱きました。
「あの……もう一度いいですか? 僕、また堪らなくなって……」
若者の懇願に対して渡りに船とばかりに頷きます。
「仕方がないわね。いいわよ、満足するまで出しなさい」
若妻の許可を得た若者は、鎖から解き放たれた獣のように若妻の身体を求めました。
若妻を押し倒し、組み敷くと正常位で激しく女体を身体を貪ります。

512 名前: 名無しさん@ピンキー [sage] 投稿日: 2010/09/28(火) 01:41:20 ID:ML6A9q6t
すでに若者の巨根に馴染んでいる若妻のアソコは最初からこの上ない快楽を感じ、
若妻はむせび泣きます。
巨大なイチモツが入ってくる時の圧倒的な充実感と被征服感、
モノが抜けていく時の内臓全てをかき出されるような喪失感と、
カリで膣壁を隅々まで刺激される快感。
全てが若妻にとって初めての感覚で、これまでの性体験の全てが吹き飛ぶような
強烈な快楽に、若妻はひとたまりもなくアクメに追いやられました。
「ア、ア、ア、アーーーーーーーーーーーーーーッ」
「うわっ。凄くキツ──ウッ」
アクメの瞬間一気に強くなった締め付けに、先程まで童貞だった若者も
たまらず精を漏らします。
二度目とは思えないほど大量の精が若妻の胎内に注ぎ込まれてゆきます。
しかし、二度の射精にも関わらずすでにケダモノとなった若者はすぐに
腰の動きを再開させました。
射精したにも関わらずギンギンにそそり立つ剛直が再び若妻を啼かせ始めます。
「お姉さん、さっきお姉さんもイッたんだよね。
 あの時のお姉さんの顔、凄く綺麗でいやらしくて、最高だった。
 もう一度あの顔を見せてよ」
「あっ、あっ、そんな、ダメ。あんなだらしない顔見ないでえ」
「だらしなくなんてないよ。最高に素敵な顔だったよ。
 だから見せてよ。確かさっきはこのあたりを──」
「ヒイッ。そこダメ。そこはダメ。あ、止めて。
 また、ダメ。ああ、見ちゃダメなのに。そこしないで。
 ああっ。ダメェーーーーーーーーーーーーーーー」
凶悪なまでのイチモツに責められた上、弱点まで見つけられては若妻に
抗うすべはありませんでした。
哀願も空しくあっけなく二度目の絶頂に押し上げられてしまいます。
同時に若者もしたたかに精を吐き出しますが、剛直にはいささかの衰えも
ありません。
すぐに抽送を再開します。
そしてさらに三度目、四度目へと。
その度に若妻は、若者の剛直の逞しさとこの上ない喜悦を
その身体に刻み込まれていったのでした。


やがて、余りに長時間妻が帰ってこないことを不審に思ってあんまが
様子を見に来ました。
「おうい、いつまでヤッてるんだ。いくらなんでも遅すぎだろう」
そんなことを言いながら部屋の扉を開けたあんまは思わず立ちすくみました。
妻が後背位で犯されながら快楽の喘ぎをあげていたからです。
いや、本当にこれはあの妻でしょうか?
あんまは閨で妻のそのようなだらしない顔を見たことがありませんでした。
声も嗄れんばかりに叫んで快楽を訴えるのを聞いたことがありませんでした。
そもそも、気位の高い妻は後背位という体位を許すことがありませんでした。
あんまは、最愛の妻を好き勝手に犯している若者ににかわに怒りと嫉妬を覚え、
止めようとしました。
「おい、もう十分楽しんだだろう。いい加減止めろ」
しかし、意外なところから制止の声が来ました。
「いやあ、止めないで。もっとシてぇ」
妻です。
夫の目の前というのに、いやらしく腰を振り、他の男のモノをねだっています。
「何を言ってるんだ。おいお前、帰るぞ」
「帰らないわ。私この方に誓ったの。アナタと別れてこの方のモノになるって。
 この方にお仕えする代わりに犯して頂くの。
 ああ、もっと激しく突いてくださいまし」
「ああ、たっぷりイカせてあげるよ。だからあの顔を見せて」
「はいぃ。見てください。私のだらしないアクメ顔みてくだしゃいぃ」
呆然とするあんまの前で妻だった女は至福の表情で絶頂に達し、
若者は膣からあふれ出るほど大量の精液を女に注ぎ込みました。


こうして、あんまは金貨100枚を得、妻を失いました。

"

 - 未分類 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
にいちゃんが代わりに洗ってくれない?

高校3年生になって50ccの原付免許を取得した妹。俺はその時、既に車の免許を持っていたので、それまで使っていた原付バイクには興味が無くなり、ほとんど乗る機会がなくなっていた。そこで俺のバイクを妹に譲り、メンテナンスを含めて主に妹が乗ることになった。俺の友…

no image

 高3の真夏のことです。親が親戚の結婚式にいって、一晩だけ私と弟と二人で過ごしたとき、Hしちゃいました。 弟は高1で、高校になってからなんとなく、急に男っぽくなってきて、朝とかあそこがとがってるの(朝勃ちっていうのかしら?)見かけたりしてたので、私のほう…

no image
無理やり

 高1の夏、友達二人と伊豆の海に行った。浜で女の子3人と知り合った。さえないやつらだった(中学卒業して、どっかの工場で働いてるって言ってた)けど、男だけじゃつまんなかったし、3対3だったし、まあ、胸とかけっこうあったし、そんな感じだった。 偶然、民宿が同じ…

no image
結婚してる女エロいって知ってる?

つい最近のことなんだけど、人妻と遊んだ何がエロいかって言うと、人妻と会うまでの流れもまたエロいのねこれがとりあえず、オレ彼女いるんだけど、その彼女にばれないように、友達がやってた掲示板で暇つぶしてたわけ何気に使ってる気分だったから会えるとか全然思えてなか…

no image
離れられない

32才になる主婦です。同じマンションの隣に住む大学生と肉体関係になってしまいました。毎週土曜日の昼すぎに呼び出され抱かれています。きっかけは、私が伝言ダイヤル遊びにはまっていたためなのです。私の夫は海外勤務で単身赴任1年目、任期の残り3年を私は一人さびしく待…

no image
★人妻との堪能なSEXの体験談

 熟妻コミュで絡んだ。42歳の人妻Мさん。Mさんの仕事終わったってのが書いてあったからおつかれの書き込みした。ダイレクトでメッセ交換して待ち合わせ場所へ行った。お互い写メ交換してて、俺の顔はメールで送ってたしMさんは写メと同じ白ヒールだったからすぐあえた。 画像より可愛いねつってハグされた。服は皮のコート。タイトのスリット入ったミニスカートに刺繍入ったアミタイ。ロクシタンの香水つけてた。コンビニで

no image
マンコをペタペタ

これは俺が小学生の時の話です。俺にはとても仲のいいロクさん(あだ名です)っていう友達がいて、ヤツはけっこうませてたからHの知識なんかはほとんどロクさんから仕入れていた。薬屋の外にあるスキンと書かれた小さな自販機が何なのか、そしてそのスキンとやらは何に使うも…

no image
30代童貞という都市伝説

〈注=筆者は推定50代のオッサン(既婚)らしい〉性にまつわるいい加減な噂話に若者が振り回されるのは、なにも今に始まったことじゃありません。ただ、ネット社会の弊害でしょうか、眉唾の情報に一喜一憂して、正常なのに「自分は異常じゃないか」と悩んだり、逆に「誰でも…

no image
「いつ覗くの?」「今でしょ!」のタイミングだった

「女性のスカートの中を盗撮した」として逮捕者が続出する昨今。これは世の中がそんなことの規制が、おおらかだった古き良き時代の話です。当時の私は高校生でアイドルのパンチラ目当てに「投稿写真」とか「スーパー写真塾」とかの投稿系エロ本を読み漁っていたのですが、そ…

no image
アカシアの君に

実家からバス停までの間、毎年初夏になるとなんとも言えない甘い香りに包まれる場所があった。香りの正体はアカシアという木が咲かせる白い可憐な花だった。枝には棘があって、近づくのもはばかられるけれど、その香りに魅せられた自分は、その木が好きだった。学生時代、ア…