エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★彼女とSEX贅沢な時間

   

.
.
.
.
.
2015/07/29(水)
 彼女は家庭の事情で働きに出る事になった。某生命保険の外交。ある日の夕方彼女から携帯に電話があった。もしもしって答えると・・ああっ、あんっ・・オナニー電話をしてきた。立駐のワゴンの中でしているらしい。

 いいっ・・ほしい・・あなたのがほしい・・私が入れるよって言うとうん!ちょうだい。しばらくテレエッチを楽しんだ。明日会えない?って聞いてくる。仕事は?と聞くと、その会社は出勤して外回りすると仲間の女性同士で喫茶店でしゃべってるらしい。で、時間がくると帰社したらいいらしい。
 翌日いつもの町の駐車場に行った。いつもならすでに来ている彼女はまだ来ていない。待っているとジャ○コの中から出てきた。今度は小柄な女性と一緒に・・。私はすぐにピンときた。メールでも出てきた日本海の旅館の板場さんと不倫している女性だった。

 2人は私の自動車に乗りこみ、彼女は話を聞いてあげてと言ってきた。自動車の中で話していたが、ご主人とはセックスレス。板場さんと不倫の関係ではあるが夏は忙しくてなかなか会ってもらえないらしい。その彼女も彼女の職場仲間だった。

 とりあえずこんな話はファミレスでするのもねって言うと、彼女はいつものとこでって答えた。私はいつものホテルへ自動車を走らせ3人でチェックインした。そして話をし、夏が終わればまた会ってくれるよって1時間ほど話していた。その彼女は不安そうに"だといいんだけど"っていいトイレにいった。

 トイレにたったとたん彼女は「会いたかったの・・」ねっして・・ってキスをしてきた。でも人の前でって答えると、いいのよ彼女も不満が溜まってるし・・って。トイレを流す音がし、扉が開いたが彼女はソファに座る私を求めてくる。その彼女が出て来ると彼女は私の手を引いてベッドに誘った。

 彼女がその彼女に「ごめんね、私我慢できないの」って言うと、その彼女は「いいよ見ないから」ってベッドと反対の方に体を向けた。彼女は自分でブラウスを脱ぎ、ブラを外し私を寝かせて乳首を私の口に持ってきた。なめてあげると・・ああっいいっ感じちゃう・・いつもより大きな声で感じる彼女。

 私は彼女を寝かせ口で乳首を感じさせながら、内ももをさすって感じさせていた。ソファに座るその彼女はうつむきかげん。脚をもじもじさせいてる。彼女はちょうだい・・私をむちゃくちゃにして・・っと言う。私も服を脱ぎ彼女を本気で抱きだすと、ソファのその彼女は手を股間あたりに置き、じっとうつむいてる。

「あなた・・ほしいの・・ちょうだい」って言う頃には、ソファに座る彼女は少し脚を開き手でスカートの股間を窪ませていた。挿入すると彼女は・・ああっ素敵・・いいの、もっと強くってまるでその彼女を挑発しているようだ。ピストンしながら肩ごしに彼女を見ると体制を崩し胸をもんでいた。

 ああっ・・いっちゃう・・いっていい?って彼女はいった。私は中に入れたまま、腰を振るのを止めて肩越しからソファのその彼女を見ると、すでにスカートのサイドジッパーを下し手を入れて動かせているのがわかった。私もいくよってまた腰をふりはじめると、彼女は又感じてきた。

 グチュグチュと大きな音をたてると、ソファのその彼女はついにソファに寝てスカートの下から手を入れ、ブラウスのボタンを外し胸をもみ、チラチラとこちらを見ている。私は大きな声で「きもちいいよ、いっていい?」と言った。彼女は一緒にいこって同時にいった。しばらくしてソファの彼女を見ていると、まだいっていないらしい。

 私は横で力尽きてる彼女を見て、そっとベッドから降りその彼女の手を引いてベッドに寝かせた。その彼女は凄く感じてるらしく、ベッドとソファの間でスカートがずれるも、脚で止める事もできずにスカートを床に落とした。ストッキングから見えるショーツはピンクのレースのTバック。

 この彼女もエッチな下着で仕事をしているらしい。私はその彼女を抱きだすと、力尽きた彼女も正気に戻ってきた。「何してるの?」って言われるかと思うと彼女は乳首を感じさせている。私はいったとこで硬くなるまでその彼女の下を感じさせた。いいっ・・久しぶりなの・・もっとぉ〜って感じている。

 だんだんと硬く大きくなってくる私。彼女に入れていいの?って聞くと「今日だけだよ」っと答える。そして挿入・・ああっ大きい・・痛い・・。私はゆっくりと挿入して奥に当てた。ゆっくりとピストンをはじめると、彼女はなれてきたようだ。ああっ!きもちいいの!もっと強く・・って言ってくる。

 彼女はというと・・キスをしながら手でその彼女の乳首をつまみ、自分でもアソコに指を入れて腰を振っている。ああっ・・凄〜ぃ・・いく・・私もいきそう、彼女もキスをやめ必死で腰を振りながら指を入れている。そして少しタイミングがずれたがほぼ同時に3人はいった。

 私のを綺麗にしてくれるのは彼女。またまた口と舌で綺麗にしてくれている。帰社までにギリギリの時間になったのでシャワーを浴びた。最後に彼女がシャワーを浴びに行ってる時、その彼女は私に紙切れを渡した。

 紙を見る間もなく、彼女は着替えを済ませバスルームから出てきたのでズボンにその紙をしまう。そしてチェックアウトし、ジャ○コの駐車場で別れた。舞鶴道を走ってる時にズボンの紙に気づき見るとその彼女の携帯番号が書かれていた。

 激しい時は今までの彼女。優しくいちゃつくような時はその彼女と贅沢な日々もあった。

↓他のHな体験談を見る

・・神待ち女の子も利用しています・・

.
.
.
.
.

 - 社会人の体験談 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★やはり看護師はエロくて天使だね

 サイトで知り合った恵里。歳は23で、5つ離れてたが喰いつきもいい。だが真夜中にメールが来たりして職業秘密になってたので、ホステスかなんかでは無いかと思っていた。ある時にこっちの職業を聞くので、向こうにも聞いたら看護師だとか。誘って見たら「いいよ…土曜日の夕方は?」と言われて会いました。 八時から夜勤らしいので早めに合うと、見事な巨乳のムッチリした体で「太くてごめん」と言うが、こちらにして見たら願っ

no image
★ストリップ小屋での体験談

 西船xのストリップ劇場に週3回は通ってました。舞台に上がる勇気の無い私は、もっぱら出番の終わった踊り子さんに個室で別料金で本番を楽しんでませてもらいました。確か1回、3000円位だったかな。若かったので最低2人の踊り子さんにお世話になってました。 場内の脇に個室が3つ位あって、ドアが閉まっていると使用中で、開いていて、中に踊り子さんがいれば、早い者順です。中に入ってお金を渡します。下半身だけ脱いで、せん

no image
★幼少期に目撃した母の淫乱した姿・・1/2

 父が不在の日になると、なぜか母の様子が変わってしまう。母は朝からそわそわとして落ち着きがなくなるのだ。 化粧もいつもより入念だし、服装も、父を送り出してから再び着替える事が多くなった。父が居る時は楽そうなワンピースなどを着ているけど、着替えた母は、必ずといっていいくらいに、身体のラインがくっきりと目立つ服装になる。  そんな日の母は、朝に付けたばかりの下着すら穿き代えているらしく、顔を洗ったついで

no image
★姉妹丼を体験した俺の体験談

 30歳の冬、2歳年下の女性里美を母の友人から紹介されて付き合っていた。彼女は3兄妹の真ん中で縫製会社のOL、両親や兄夫婦の実家から離れ一人でマンション暮らし、妹の面倒も見るしっかり者。何度かのデートを重ねたが、キスするチャンスもない程ガードが固い女性に俺はイライラだ。 ある夜、マンションに送る時に肩を掴み無理やり唇を奪った、胸の感触はさほど大きくない。今度は、いよいよ彼女の割れ目に固い肉棒を入れてやる

no image
★女性の下着を桃色するのがスキ

 倦怠期の友人が、奥さんを若い男性を交え3P体験させたと、秘密を打ち明けてくれたんです。私と友人は常々 何か興奮するような刺激が欲しいと言ってたんです。よく奥さん承知したな~と言うと、彼は熟女が好みだそうで四十代までなら大丈夫だそうです。 友人は彼の勃起した画像を奥さんに見せたそうなんです。奥さんは興奮して ゴムを付けてならとOKしたそうです。友人に言わせると 恥ずかしがってたのは最初だけで 後は

no image
★電車の席で隣に座った爺の企み

 これは嫁と嫁の母親と出掛けたことだった。嫁と嫁の母親は電車のベンチシートに座ってた時、母親がトイレに行った時、嫁の隣に80代前後ぐらいの爺Aが隣に座ってきた。そして同い年ぐらいの爺Bが吊革を握りながら、話をしてたことで、嫁はその吊革を握ってる爺に席を譲ってあげた。その爺Bが「若いもんありがとうな。君は年齢いつ?」嫁「29才」爺A「若い子はいいね。今からどこへ行くの?」嫁「お母さんとコンサート」爺B「親は

no image
手コキでシコシコして出してもらった体験談

 大学2年のとき、アルバイト先の本屋でパートのおばさん(当時37歳)に返品倉庫で、手で出してもらいました。倉庫で返品作業をしている時に、狭いダンボールの影に隠れながらの事です。返品倉庫には、他に誰も居なかったけれど、結構緊張しました。おばさんは、「セックスは出来ないけど」と言っていましたが、僕は、初体験の時の経験からか、挿入よりも手コキのほうが好きなのでぜんぜん問題ありませんでした。

no image
★幻滅した私のアイドル

 私が大学4年の頃ですから、もう、4年前の事です。当時、某素人投稿雑誌を買って、AVではなく世間の素人さんがどんなエッチをしてるのか、同学年の彼女と一緒に見てエッチの参考としていました。その投稿写真の1枚に、見覚えのある女性を見つけたんです。 目線が入っていましたが、高校時代に清純派の純情乙女で憧れてたT美にとても良く似ていました。すると、「県立高校時代は校内の清純派アイドルで男子生徒の憧れの的だっ

no image
★駄目もとで飲みに誘って見たら

 副業で某薬局でアルバイトしてた時の話です。同い年の女(仮にアキとしておこう)アキは俺より1年早く副業として働いてて、同い年って事もあってすぐに仲良しになり、色々仕事の事を教えてもらってた。アキは結婚はしてるが子供はなし。俺はいつしかこの女とやりたい…そう思うようになり、ダメもとで飲みに誘ってみた。 アキはすんなりOKし『旦那には嘘ついて出掛ける』って言っていた。その瞬間に『絶対やれる』そう確信した。

no image
★酔った綺麗めなOLさんとHしました

 夏くらいの事。時間にしたら0時過ぎくらいかな。コンビニに行こうとして駅前を通ったんだわ。ちょうど駅から人がぞろぞろ出てくるところで、そこに一人、ショートカットのきれいめなパンツスーツのOLが、フラフラと出てきたんだわ。少しの間観察していたら、どうやら駅前の駐輪場にちゃりを取りに行く様子。しかし酔っているようで、うまくチャリを取り出せないでいる。「大丈夫ですか?」「あ、はい。ちょっと自転車が引っかか