エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

セフレ

   

つい先日、セフレのオバチャンと会った。

オバチャンちのインターホンを押しドアを開けると、オバチャンが全裸でオレを迎え入れるように抱きついてきた。


でもビックリしたのは、オバチャンがパイパンだったこと。


なぜパイパンにしたのか聞いたら…

自分のワレメの状態を見たかっただと。


オバチャンは、貪るようにオレとキスしながら俺をスッポンポンに。


オレはキスをしながら、オバチャンのワレメに指を這わし指マン。
オバチャンはオレの棒をしごく。


オバチャンのワレメが濡れ、オレの棒が元気になると、どちらともなく連結。

オバチャンの脚をオレの肩に掛け駅弁スタイルでオバチャンのマンコを突きまくった。


オバチャンを駅弁スタイルのまま抱え家中を歩き回ったせいか、廊下には二人の愛液が滴り落ちていた。
当然オバチャンは、イキまくり。

 - 未分類 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
友達の股間に顔をうずめて…

ゆうべ夜中に寝ていたら夜中に女友達のAがDVDを持って突然遊びにきた。初めのうちは談笑しながらDVD観ていたんだけど、少しして気がついたらAは眠っていた。Aのスカートがいい感じにめくれ上がっていて、俺は一気にフル勃起。Aが起きないように足を使ってそーっとワンピースをめくりあげたら形の良い尻があらわになった。ひとつ残念だったのが黒いストッキングをはいていたこと。でも十分にパンツも見えていた。ここで更に俺は魔が

no image
ゴメンね。傷つけてゴメンね

社会人2年目のある日、直属の上司だった係長の自宅に招かれた。係長は一見大人しそうで人畜無害なタイプ。あまり若手を誘って飲みに行く人じゃないから意外だったが、俺を元気づけようとしてるんだなと考え、ありがたく招待された。実は俺、その半年ほど前に、長年付き合っ…

no image
★アレの感触が凄かったので忘れられない

 都内に住むOLです。毎日通勤は満員電車です。年齢はもう40を超えました。独身です。20年以上、毎日満員電車で通勤してます。本当は満員電車でなくてもいけるんです。学生のころに始めて痴漢に会いました。怖かったです。 でも衝撃でした。知ってる人でした。先生・・毎日触られました。触らされました。エスカレートしました。逝かされるようになりました。射精もさせられました。私のハンカチに。ある日、電車から連れ出されま

no image
★若い女体を好きな様にして良いのだろうか

 新入社員の有希子は高校を出たばかりの18歳で、長い髪の清純無垢な美少女でした。それは半年前、酔っ払いに絡まれていたところを助けた女子高校生でした。半年振りの偶然の再会は、俺よりも有希子の方が感激が大きく、声を掛けようか迷っているうちに有希子の方からアプローチをかけてきました。 断る理由などありません。こんな清純派の美少女を手に入れられるのは、私レベルの男では今後ありえないと思いました。私は入社2年

no image
★サークル合宿の時の事件

 俺が21、後輩が18のときの話です。初めて事件が起きたのはサークルの合宿に行ったとき。夜はみんなで酒を飲んで盛り上がってて、かなり酔ってきた頃に友達に枕投げに誘われた。そんでみんなで枕投げしてたけど、そのときに相手の後輩の女の子もいたのね。皆凄く酔ってたから枕投げは激しくなって、やがて布団を投げあうような別のゲームになってた。  それで、最終的には俺と後輩の女の子が布団で生き埋めにされて、その状態で

no image
半熟成卵巣シリーズ(第二) ?

"『第一章 美少女スクール水着・性的虐持』-俺のマンションの窓からは小学校のグランドが良く見え休み時間となれば少女達のはしゃぐ声 笑い声がビルの谷間にこだまする新築マンションに引越し当時は少女達の声に「うるさい所に引っ越したな」と耳栓をしながら暮らした日も…

no image
★下宿先の若奥さんといい仲に

 私は大学時代、北海道で下宿していました、家主のじじばば、 その息子と奥さんその息子、で広大な敷地の農家とその敷地内のこじんまりとした母屋につながる6部屋ほどの下宿で、じじばばは農業、だんなさんは東京に単身赴任。で北海道、主に下宿人の世話は若奥さん、毎日見ていても飽きない、清楚で、明るくて、やさしい感じでスタイルはやせ気味、 胸はFカップ、そしてちょっとアンバランスな大き目のお尻、よくサークルで遅く

no image
性生活が有料で離婚したら粘着うざー

どっかのまとめサイトに載ってたんだが俺も同じ事があったから思い出して書いてみた。嫁と知り合って2年で結婚して子供でもそろそろとお互い話していたが嫁が急に渋りだした。男はずるい!というのが根本にあるらしく私としたいなら金を払うべき!ときた。初めは冗談かと思…

no image
夫の前で乱暴されました

 公認会計士の夫が経営する小さな事務所で、一緒に働いている三十路半ばの妻です。契約先企業の不正経理が見つかり、是正を求めにその会社へ夫と行きました。しかし、応対した若い社長と経理部長は逆ギレし、会計適正のハンコを押せ、と迫ってきました。夫が拒否すると、彼らは夫を殴り倒し、そして私に襲い掛かって…。

no image
成人式の後で…

もう少しで22才になる妹と関係を持ったのは去年の成人の日だった。正確にはその翌日なのだが、それは後ほど話します。成人式当日、妹は朝早くから振袖を着る為、美容室へ行きそのまま式場に向かい式典が終わると今度は親戚まわりをして夕方帰宅するや直ぐに私服に着替える…