エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

アニキの友人

   

そのコーチは、アニキの古い友人だった。
アニキとコーチの話を、おれは横で聞いていた。
専門的な、難しい話だった。
格闘技に必要な柔軟性とか、筋肉の構造とか、
トレーニングの工夫とか、
アニキには分かるらしいが、おれはだめだった。
飽きてきた。
向いに座ってた2人の女子選手も話がわかるようだった。
目が鋭くて、みるからにスポーツウーマンだった。
コーチが「見せてやれよ」と言った。
2人は立って、ジャージを無造作に脱いで、下着だけになった。


アニキが、おいおい、いいよ遠慮するよ、と言った。
何が始まるんだろうと思った瞬間、きつい目で睨み返された。
2人ともブラを取って、
ショーツも、めくり下ろして片足立ちではずして、床に置いた。
陰毛の上の腹筋は3つに割れてて、大腿筋は三角に発達してた。
モデルにでもなれそうな、均整がとれた裸の女の肉体を、
おれは息をのんで見た。
コーチは、裸の2人のあちこち手で押したり叩いたりして、
また難しい説明を始めた。
一人が両足をゆっくり開いて床にぺたっと付けた。
女性器の奥まで丸見えになったが、その柔軟な体に驚いた。
コーチが太ももの内側をさわって揉んだ。
そのまま、にやにやと陰毛のあたりを手で掴んで、
その女子選手は「あー、ちょっとー」と言って苦笑いした。


アニキがやっとひとこと「すごいな、見事だよ」と言った。
コーチはフリチンになって、海パンみたいなのに履きかえて、
女子選手に仰向けを指示して、馬乗りになった。
女子選手がブリッジした。
その股間がこちら向きに開いて、一瞬、まともに見れなかった。
コーチが体を揺すってみせたが、びくともしなかった。
コーチが、お前もって言って、アニキに海パンみたいなの渡した。
アニキは、受取った海パンみたいなのを、やりにくそうにゆっくり履いた。
そして、もう1人の女子選手にぎこちなく乗った。
「いいですか、いきますよ」と言った瞬間、アニキの体が跳ね飛ばされた。
おれも言われて、海パンみたいなのをはいた。
おれだけ勃起してて、女性2人は吹き出して笑った。
ブリッジしてる上にこっち向きに乗って、彼女の陰毛を見下ろした。
どこでもいいから、つかまって下さいと言われて、
片方の太腿を両手で掴んだ。
手首が女性器に触れた。
ぬるぬる濡れてた。
いいですか、と言われた瞬間だった。
体がふわっと浮いて床に落とされた。
すぐ彼女に馬乗りになられて、後ろ手を取られた。
それが痛くて痛くて、少しだけ横向きにしたら楽になった。
彼女は濡れた女性器を、おれの脇腹にくいくい押付けた。
それはおれへのサービスだったと思う。
「受身がいいですね。柔道とか、してましたか」と聞かれた。
たしかにおれは昔、小学6年から中学2年のあたりに柔道をしてた。


あとでアニキが言った。
あの2人の女子選手は多分、コーチの女になってる。
女子選手をコーチするのには、男と女の関係になってしまうのが手っ取り早い。
性的な関係ができれば、たいがいの女子選手は素直に指導を聞くようになる。
外人の女性トップアスリートに美人が多いのは、偶然ではないって話。

そのコーチは、アニキの古い友人だった。
アニキとコーチの話を、おれは横で聞いていた。
専門的な、難しい話だった。
格闘技に必要な柔軟性とか、筋肉の構造とか、
トレーニングの工夫とか、
アニキには分かるらしいが、おれはだめだった。
飽きてきた。
向いに座ってた2人の女子選手も話がわかるようだった。
目が鋭くて、みるからにスポーツウーマンだった。
コーチが「見せてやれよ」と言った。
2人は立って、ジャージを無造作に脱いで、下着だけになった。


アニキが、おいおい、いいよ遠慮するよ、と言った。
何が始まるんだろうと思った瞬間、きつい目で睨み返された。
2人ともブラを取って、
ショーツも、めくり下ろして片足立ちではずして、床に置いた。
陰毛の上の腹筋は3つに割れてて、大腿筋は三角に発達してた。
モデルにでもなれそうな、均整がとれた裸の女の肉体を、
おれは息をのんで見た。
コーチは、裸の2人のあちこち手で押したり叩いたりして、
また難しい説明を始めた。
一人が両足をゆっくり開いて床にぺたっと付けた。
女性器の奥まで丸見えになったが、その柔軟な体に驚いた。
コーチが太ももの内側をさわって揉んだ。
そのまま、にやにやと陰毛のあたりを手で掴んで、
その女子選手は「あー、ちょっとー」と言って苦笑いした。


アニキがやっとひとこと「すごいな、見事だよ」と言った。
コーチはフリチンになって、海パンみたいなのに履きかえて、
女子選手に仰向けを指示して、馬乗りになった。
女子選手がブリッジした。
その股間がこちら向きに開いて、一瞬、まともに見れなかった。
コーチが体を揺すってみせたが、びくともしなかった。
コーチが、お前もって言って、アニキに海パンみたいなの渡した。
アニキは、受取った海パンみたいなのを、やりにくそうにゆっくり履いた。
そして、もう1人の女子選手にぎこちなく乗った。
「いいですか、いきますよ」と言った瞬間、アニキの体が跳ね飛ばされた。
おれも言われて、海パンみたいなのをはいた。
おれだけ勃起してて、女性2人は吹き出して笑った。
ブリッジしてる上にこっち向きに乗って、彼女の陰毛を見下ろした。
どこでもいいから、つかまって下さいと言われて、
片方の太腿を両手で掴んだ。
手首が女性器に触れた。
ぬるぬる濡れてた。
いいですか、と言われた瞬間だった。
体がふわっと浮いて床に落とされた。
すぐ彼女に馬乗りになられて、後ろ手を取られた。
それが痛くて痛くて、少しだけ横向きにしたら楽になった。
彼女は濡れた女性器を、おれの脇腹にくいくい押付けた。
それはおれへのサービスだったと思う。
「受身がいいですね。柔道とか、してましたか」と聞かれた。
たしかにおれは昔、小学6年から中学2年のあたりに柔道をしてた。


あとでアニキが言った。
あの2人の女子選手は多分、コーチの女になってる。
女子選手をコーチするのには、男と女の関係になってしまうのが手っ取り早い。
性的な関係ができれば、たいがいの女子選手は素直に指導を聞くようになる。
外人の女性トップアスリートに美人が多いのは、偶然ではないって話。

 - 未分類 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
某高校の新体操部

数年前、私が高校生の時に体験した見てはいけない!?母校で本当にあった新体操部の秘密・・・当時(今もそうだがw)私は根っからのレオタードフェチで、ムスコが「我慢できない」と主張するときはいつも放課後の部活の時間になっては体育館の隅っこで練習してる新体操部を(隠れ…

no image
前立腺マッサージ講座

さて、前立腺と言えば欠かせないのがアナル開発でしょう。一般人にとってアナル開発は不要のモノですが、プロにとっては避けては通れない道です。 でも、嫌悪感や恐怖がその没入を妨げます。そこでどうしたらいいか?。それはアナルによる快楽を信じることです。期待すること…

no image
奈津子ー4

こんばんわ 今日は奈津子の友達の泉の話を書きます。泉とは奈津子を通じて会いました。最初は、友達として付き合っていましたがいつかいただこうと考えてました。そんな時、チャンス到来キャンプに泉と奈津子と他2名の女の子と男が4人これはチャンス何といっても男四人は当…

no image
3Pへの興味

一度恋人に発展したが「「なんか・・・違う」」とお互いに感じて別れた幼馴染がいる。エロい話も平気でしちゃうような女だが、顔が可愛いので男はよってくる。ただ皆高嶺の花として見ているようでなかなか彼氏はできないらしい。というか俺が彼氏だと思われてるっていうのも…

no image
奥手の嫁と友人夫婦で、少しだけ刺激的な経験をした6

ケイスケさん夫婦との刺激的な経験を経て、嫁のユキとの関係はより良いものになりました。もともとユキは僕にべた惚れで、僕もユキにべた惚れなので、不満自体がほぼ無い生活でしたが、セックスがより積極的で濃厚なものになったことで、愛も絆もより深くなったのを実感して…

no image
今では、時効と思うけど

もう時効だと思うのでカキコさせてもらいます。正確には職場といえるかどうか。出張先での出来事。うちの会社は出張が多いのですが、男女ペアになることはめったにない。会社も気を使うのだと思います。しかし、その時はスケジュールの都合で、俺とMの2人で出張だった。俺…

no image
ソープで童貞を・・・(ry

今日行ってきました、やっとこさ童貞卒業。なんか体がけだるいです。今電車の中。しかし充実感があるっていうか・・・いい感じにマターリ厨。いつも童貞卒業しようと思ってはいたのですが、一歩踏み出せず。そこで先週の土曜日でオナニーをやめて禁欲生活に突入。水曜までは…

no image
昔の思いで

俺の田舎の昔話だが、中学生の頃大好きだった佐智子と言う女子がいた。小学生の時からの幼馴染で頭は良く運動神経も良く運動会のリレーなんかでは、毎年スターターだった。おとなしい子で顔は普通で俺は、小学生の時から好きだった。只 その当時では、ありえない位胸が大き…

no image
中学生に寝取られた_3

「よ、よーし。最後はおれだな」 邦夫はしならせた男根で太腿を叩きながら浴槽を出た。朱美と向き合い、睨みを利かせる。だが、たじろいだのは邦夫の方だ。 朱美の潤んだ瞳は妖しく輝き、一心にこちらを見詰めている。それは他でもない。挑発する女の顔だった。「ど、どう…

no image
新入女子社員にハマッてます

55才のバツイチ男性会社員です、先月中途採用で22才の女性と34才の男性が入社してきた、二人は私がしばらく指導することになった、女性の方は、黒髪に童顔の田舎出身、まじめでおとなしく、多分処女と思われる、私は彼女を口説き本番するなどという度胸は毛頭なく、チマチマ…