エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

視姦される妻

   

昨日、高校時代の同級生の披露宴&二次会に31歳になる嫁と共に参加。
嫁は両肩が紐になってて胸元と背中が大きく空いた黒のドレス姿。
子供を一人産んだとは言え、小柄で華奢な身体ながら形崩れしてないEカップのロケット乳は健在。
二次会での立食パティーでのこと。
円卓に置かれたビールを友人に注ごうと手に取った時に両肩の紐がズレ落ちてしまったその瞬間をハッキリと目撃してしまった。
ドレスに合わせ下着はロケット乳に貼りついているだけのいわゆるヌーブラ。
嫁はビール瓶を手にしたまま何が起きたか状況が掴めないまま。
やっとドレスの紐がズレ落ちて上半身がヌーブラだけの状況に気付いて悲鳴をあげた。
その瞬間、テーブル近くにいたほぼ全員が妻に注目。

とりあえずそ胸元を両腕で隠しテーブルの陰に隠れるようにしゃがみ込む嫁。
真っ赤な顔をして必死になってドレスを引っ張り上げようとした瞬間。
今度は無理に動かした左手がヌーブラを押し上げてしまい左乳のヌーブラが落下。
左乳が露出し、完全に乳首までが晒されてしまった。
友人はもちろん、その場に居合わせた男達に視姦されてしまった。
嫁は恥ずかしさのあまりに泣きそうな顔をして助けを求めてきたが、
こっちはその異様な光景と男達の視線に興奮しまくってしまった。

嫁は絨毯の上に落ちた左乳のヌーブラを拾い上げるとドレスの胸元を押さえたまま部屋から走って行きました。
騒然とした余韻が残った中で友人が「嫁さん見に言ってあげろよ」と言うのでとりあえず部屋から出てみた。
トイレにでも行って服装を整えるんだろうと思ってトイレの前で待つことに。
待つこと30分。真っ赤に目を腫らし、うつろな目をした嫁が出てきた。
オレの顔を見るなり「ごめんなさい」と謝る嫁。
まさかその光景を見て興奮してたなんて言えないオレ。
軽く抱き寄せて頭を撫でながら「大丈夫。一瞬のことだし誰もちゃんと見てないから」と心にもないフォロー。
もう帰りたいと懇願する嫁をなだめているうちに二次会は終了。
三次会はカラオケに行くと言うので嫁を説得して連れて行くことに。
友人たちのオレと嫁に接する態度はよそよそしい雰囲気と嫁を見る好奇な視線。

恥ずかしさのあまり顔を伏せたままの嫁。
被虐心の強いM性を持つ嫁は多数の男の前で生き恥を晒してしまったことに興奮を感じていることは分かった。
セックス中に言葉責めをしてやるだけで我を失うほどのスケベ嫁。
オレの目の前でオレ以外の男に犯されてみたいと告白しながら昇天することもしばしばだった嫁。
不覚に露出してしまったことは実は嫁がセックス中に願望として告白するシチュエーションと似ていた。

嫁の横に座り耳元でわざと意地悪をするように囁く。
「さっき、一瞬のことだしちゃんと誰も見てないって言ったろ?
本当は服が脱げたとこから丸見えでみんな見てしまってたよ、お前の乳首まで」
嫁がガクンと震える。
やはり予想は的中。嫁のM性にスイッチが入っている時に見せる独特の身震い。
続けざまに「〇〇(友人の名前)なんか、お前でシコれるって言ってやがったよ」と。
嫁がさらに震える。そして何かを懇願するかのような視線をこちらに向けた。

異様な興奮を覚えてしまったオレは嫁の懇願するような目を見ながら、背中から回した手を嫁の尻に這わせ鷲掴みにした。
一瞬ハッとした目になるがさらにトロンとした目になり視点が定まらない。
「本当はオレの目の前でオレ以外の男達に乳首まで見られる生き恥さらしてお前は感じてるんだろ?」とたたみかける。
嫁は口を半開きにさせたまま定まらない視線をこちらに向けるだけ。
「まさかお前、濡らしてないだろうな?まさかな?」
「あんな生き恥さらして濡らしてたらお前は変態だよな」
「お前のこと犯す想像して何人がオカズにしてくれるかな」
たたみかけるたびに嫁はこちらにしなだれかかってきた。
そしていつもの脱力した時と同じようにドレスの裾からキチンと合わせていたはずの膝が自然に開く。
嫁の膝は20〜30?近く開いていたと思う。
完全に嫁は出来上がってしまっていた。



 - 未分類 , , , , ,

  関連記事

no image
いよいよ別れるって時に必死の抵抗をする男

携帯からの書き込みで申し訳ない。文章が下手ですが2週間前に起きた私の修羅場を投下。私:M24歳彼:Y27歳(元同僚)私とYは2年半付き合っていて、Yは私が前にいた会社の同僚でした。元々、私がウェットで心配性で嫉妬深い性格にYが疲れていて2、3ヶ月うまくいってな…

no image
複雑な夜。

僕と元カノ(共に24才)は別れた後も仲が良く、週末に飲みに行ったり、映画行ったりと普通に仲の良い友達の関係でした。そんなある週末、たまたま会社の先輩を交えて飲む機会がありました。すると先輩がやたら彼女のことを気に入ってしまい、彼女も先輩がイケメンだったの…

no image
二人の姉

オレにはねーちゃん2人いるんだけど、オレが宙2でねーちゃん宙3(ねーちゃんとオレは年子で1番上のねーちゃんとは3つ違い)のとき、部活で汗だくになって帰ってきたオレは家について即行で風呂に行った。脱衣所のドアを開けると、ねーちゃんが風呂上りで体を拭いていた途中で…

no image
年上の嫁

あのな、おまいら、ロリ妻とか、年の離れた若い嫁さんとか言って喜ぶヤツが多いけど、俺は、嫁にするなら年上がいいと思うぞ。ノロケとかじゃなくって。ウチのは、2つ年上なんだわ。で、何がいいかって、とにかく楽。いろんな場面で、いろんな意味でな。それと、姉萌えに通…

no image
白い雲のように

友達から飲まないか?との誘いを受けて、それを了承。少し仕事で遅れてしまいつつも友達の待つ飲み屋に着いてみると、もう既にかなり出来上がっている彼を発見。彼は出版関係の仕事をしていて、それが上手くいかないと彼は僕を呼び出し一緒に酒を飲みながら愚痴を言う。今回…

no image
13回忌

修羅場といえるかどうか微妙ですが、気持ちの整理もこめてネタ投下~付き合って結構経つ彼氏がいます。彼は結構良いお家柄らしく、私と付き合いが始まってすぐ、彼の母親が私の身元の調査をし、私の姉に軽い知的障害があること、また、父が小さい工場に勤めており○○家にふ…

no image
優奈

私が妹と深夜のコンビ二に行ったときのことです。買い物をして帰ろうとしていたところで、ヤンキーみたいな4人組に絡まれました。「遊ぼうよー。」みたいな感じで言い寄ってこられて、すぐに断ったんですが全然あきらめてくれなくて私と妹は怖くて泣きそうになっていました…

no image
妻が黒人に・・・

今年40才になる平凡なサラリーマンです。不況の中、何とかリストラされずに頑張っています。妻、公江(37才・155・83・60・88)と子供が2人(小6・小3)小さな一戸建に住んでいます。去年の春から週に2回、我が家で英会話教室を開いています。講師は来日して10年になる、ジ…

no image
家飲み

数年前、学生だった時の話。結構仲のいい女友達がいて、他の友達数人と一緒によく遊びに行ったりしてた。その日も5人くらい(女は一人だけ)でボウリングとかで遊んだ後、酒飲みたくなった俺は、みんなに自分の家に来ないかと提案。あまり乗り気じゃないとか、仕事の都合とか…

no image
お風呂♪

(萌えたコピペ)僕が小学生だった時の話です。記憶では一番最初が小学校3年生くらい(9歳)の時だった。お姉ちゃんとは3歳の差が離れており、その時は小学校6年生(12歳)だったと思う。僕は姉からは「たっくん」と呼ばれ、姉のことを「お姉ちゃん」と読んでいた僕がお風呂に入…