エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

初めてのフェラなのに

   

ずっと仲良くしていた男友達(A君)に誘われていつものごとく夕飯を一緒に食べにいきました。
A君との付き合いはすでに5年以上になっていてお互い男女を意識せずに買い物に行ったり、
飲みに行ったりしていました。

その日はご飯を食べた後、いつものように「どこ行く??」と聞かれ、
おなかもいっぱいだし、夜だしカラオケもなんだし?ということで近くの海岸までドライブに行きました。
半袖が少し肌寒いくらいで最初開けていた窓も閉め、寒くなってきたね?
なんて会話して…

海岸について車をとめ、波音を聞きながらぼーっとしていると
おなかもいっぱいなのでついうとうととしてしまいました。
目が覚めると彼が運転席から手を伸ばして
ふともものあたりをなでていました。
え?!と思うとだんだん顔が近づいてきて
「だめかな…?」 もう驚いたのと動揺しているのとで返事なんかできません。
そうこうしているうちにもうキスされていました。

そのあとはなし崩し的に愛撫され… 初めてなのに気持ちよくてなされるがままになっていました。
そしていざ挿入!というときになって私はやはりこわくなってしまったんです…。
処女だったせいでしょうね。
彼も無理強いすることはなかったんですが、そしたら「舐めてくれる?」と。

処女ですし、そんなこともしたことありません。
ただエッチな本だけは読んでいたので知識はありました…。
 挿入させてあげられなかったのも申し訳なくて、彼のびんびんになったペニスを握って初フェラ。
最初は先っぽを舌先でちろちろ…(あ、ちょっとしょっぱいっ)
先っぽだけを口の中へおさめ、あむ・・ れろぉ・・
「う・・・ いいよぉ・・・ すげぇ上手い・・・」

彼の気持ち良さそうな声にわたしも興奮してどんどん舌の動きをエスカレート
していきます。 るろっ レロレロ… ちゅっちゅぱっ んっ
息継ぎの合間に私もはぁはぁいいながら舐めねぶりました。

「おまえ… これ、何回、目・・?! うあっ」
のどの奥までいっぱいに飲み込んで舌で裏側を刺激します。本でみた裏筋って
ここかな… と妙に冷静になりながら丹念に唾液を塗りこめて…
ちゅるっ ちゅっちゅ エロォレォロ ちゅぱちゅぱちゅぱ んっんっ んっ

「は、じめて・・・ だってばぁ (んっ ちゅぅぅ)」
彼のが口の中でどんどん大きくなっていきます。
それがうれしくていっぱい顔を上下に動かしてじゅるっじゅるっとピストン運動しました。
もう彼のは私の唾液でねとねとです…

いっぱいにほおばってのどの奥にあたったさきっぽを吸い込むようにすると
彼がうぅっとうめきます。「はぁ・・・ ほんと・・ 気持ちぃぃ… 上手すぎるよ」
時折おちんちんがびくんびくんと不規則な動きをするので
わたしは口元から離れないように根本をすこし押さえることにしました。
このほうがしっかりくわえられます。

このころには私も太ももをきつく閉じ合わせながらからだの奥の熱さを感じていました。
ちゅっ ちゅぱ くちゅくちゅくちゅ レロッ…レロォ
出っ張りの境目も忘れずに舐めました。(ここはかり、っていうんだっけ…)
ペロ・ぺろぺろぺろっちゅっちゅぅ

「うぅぅ いぃ あぁぁ ハァ・・ハァ」
彼の腹筋もびくんびくんと波打ちます。(気持ち、、よさそう?)
最初は気になったしょっぱさもいまは感じません。
彼が気持ちよくなってくれているのがなんだかとても誇らしくて
もっともっとしてあげたい…と一生懸命にしゃぶりました。

「ちょっ っちょ、、待って…だめ このままだといっちゃうよ…」
彼が情けない声で言います。
んっ じゅるっ ちゅぱっちゅ…んぐんぐ
わたしはさらに攻め立てました。

一層おちんちんが口の中で暴れます・・・
でも いったん口を離してみることにしました。
「はあっ 気持ち・・いいんだ?」意地悪するように聞いてしまいました。
「いいよっ おまえ初めてなんて嘘だろ?!いままでの彼女よかめちゃめちゃ上手いよ!」
助手席の足元にひざまずいたわたしをねつっぽくみつめています。

「ほんとだよ!!おちんちん見るのだってこれが初めてだし…」
嘘、といわれてなんだか腹がたった私はまた彼を攻めようとまだびんびんの
おちんちんをくわえました。 はむ・・ あむ・・・
唾液が乾いたようでさっきまでよりすべりが悪くなっていました。

唾液をまた絡ませるために全部をすっぽりとくわえて上下します…
あごが疲れていたいけど、、でも いかせてやるんだからっと
妙な使命感にかられてかまわずにじゅぷじゅぷ・・・んぱっ レロレロ…う・・ちゅぅ・・・

何度かえづきそうになりながらもさっき彼が反応していたように
のどの奥まで加えて吸い込むようにして裏側に舌をからめました。
レエェロォ… ンッンッ んんん
「あぁ、、も。だめ! 出る・・出るぅ!!」
その声を聞いて吸い込みを激しく、舌の動きも早くしました。

「うぅぅぅ!!!」
わたしの口の上下運動の上、の状態で彼はいきました。
口の中にびゅる!びゅっ!!と流れこんできます。最初に気になった
あの塩っぽさと生臭さが鼻につきました。うぇぇぇと思っていると
ティッシュを差し出し、「これに出していいよ」といいました。
わたしは口の中のものを全て吐き出し、ほっとしました。

見るとまだおちんちんが大きかったのでまだするのかな?と
くわえてみたら「いま、さわったらだめだよ!敏感すぎて痛い!」だって。
足元にいた私をひっぱりあげて彼はぎゅっと抱きしめてくれました。

このとき以来、妙にフェラ好きになってしまったわたしですww

ちなみにこの後A君とは何度か会い、せがまれてフェラだけしていました。
1年ぐらいかな? その後出来た彼氏も私のフェラが大好きですよww
いった後にさらに攻めて違うものが出たこともありますww
あれっておしっこかなぁ… 出たことある方いますか??

ずっと仲良くしていた男友達(A君)に誘われていつものごとく夕飯を一緒に食べにいきました。
A君との付き合いはすでに5年以上になっていてお互い男女を意識せずに買い物に行ったり、
飲みに行ったりしていました。

その日はご飯を食べた後、いつものように「どこ行く??」と聞かれ、
おなかもいっぱいだし、夜だしカラオケもなんだし?ということで近くの海岸までドライブに行きました。
半袖が少し肌寒いくらいで最初開けていた窓も閉め、寒くなってきたね?
なんて会話して…

海岸について車をとめ、波音を聞きながらぼーっとしていると
おなかもいっぱいなのでついうとうととしてしまいました。
目が覚めると彼が運転席から手を伸ばして
ふともものあたりをなでていました。
え?!と思うとだんだん顔が近づいてきて
「だめかな…?」 もう驚いたのと動揺しているのとで返事なんかできません。
そうこうしているうちにもうキスされていました。

そのあとはなし崩し的に愛撫され… 初めてなのに気持ちよくてなされるがままになっていました。
そしていざ挿入!というときになって私はやはりこわくなってしまったんです…。
処女だったせいでしょうね。
彼も無理強いすることはなかったんですが、そしたら「舐めてくれる?」と。

処女ですし、そんなこともしたことありません。
ただエッチな本だけは読んでいたので知識はありました…。
 挿入させてあげられなかったのも申し訳なくて、彼のびんびんになったペニスを握って初フェラ。
最初は先っぽを舌先でちろちろ…(あ、ちょっとしょっぱいっ)
先っぽだけを口の中へおさめ、あむ・・ れろぉ・・
「う・・・ いいよぉ・・・ すげぇ上手い・・・」

彼の気持ち良さそうな声にわたしも興奮してどんどん舌の動きをエスカレート
していきます。 るろっ レロレロ… ちゅっちゅぱっ んっ
息継ぎの合間に私もはぁはぁいいながら舐めねぶりました。

「おまえ… これ、何回、目・・?! うあっ」
のどの奥までいっぱいに飲み込んで舌で裏側を刺激します。本でみた裏筋って
ここかな… と妙に冷静になりながら丹念に唾液を塗りこめて…
ちゅるっ ちゅっちゅ エロォレォロ ちゅぱちゅぱちゅぱ んっんっ んっ

「は、じめて・・・ だってばぁ (んっ ちゅぅぅ)」
彼のが口の中でどんどん大きくなっていきます。
それがうれしくていっぱい顔を上下に動かしてじゅるっじゅるっとピストン運動しました。
もう彼のは私の唾液でねとねとです…

いっぱいにほおばってのどの奥にあたったさきっぽを吸い込むようにすると
彼がうぅっとうめきます。「はぁ・・・ ほんと・・ 気持ちぃぃ… 上手すぎるよ」
時折おちんちんがびくんびくんと不規則な動きをするので
わたしは口元から離れないように根本をすこし押さえることにしました。
このほうがしっかりくわえられます。

このころには私も太ももをきつく閉じ合わせながらからだの奥の熱さを感じていました。
ちゅっ ちゅぱ くちゅくちゅくちゅ レロッ…レロォ
出っ張りの境目も忘れずに舐めました。(ここはかり、っていうんだっけ…)
ペロ・ぺろぺろぺろっちゅっちゅぅ

「うぅぅ いぃ あぁぁ ハァ・・ハァ」
彼の腹筋もびくんびくんと波打ちます。(気持ち、、よさそう?)
最初は気になったしょっぱさもいまは感じません。
彼が気持ちよくなってくれているのがなんだかとても誇らしくて
もっともっとしてあげたい…と一生懸命にしゃぶりました。

「ちょっ っちょ、、待って…だめ このままだといっちゃうよ…」
彼が情けない声で言います。
んっ じゅるっ ちゅぱっちゅ…んぐんぐ
わたしはさらに攻め立てました。

一層おちんちんが口の中で暴れます・・・
でも いったん口を離してみることにしました。
「はあっ 気持ち・・いいんだ?」意地悪するように聞いてしまいました。
「いいよっ おまえ初めてなんて嘘だろ?!いままでの彼女よかめちゃめちゃ上手いよ!」
助手席の足元にひざまずいたわたしをねつっぽくみつめています。

「ほんとだよ!!おちんちん見るのだってこれが初めてだし…」
嘘、といわれてなんだか腹がたった私はまた彼を攻めようとまだびんびんの
おちんちんをくわえました。 はむ・・ あむ・・・
唾液が乾いたようでさっきまでよりすべりが悪くなっていました。

唾液をまた絡ませるために全部をすっぽりとくわえて上下します…
あごが疲れていたいけど、、でも いかせてやるんだからっと
妙な使命感にかられてかまわずにじゅぷじゅぷ・・・んぱっ レロレロ…う・・ちゅぅ・・・

何度かえづきそうになりながらもさっき彼が反応していたように
のどの奥まで加えて吸い込むようにして裏側に舌をからめました。
レエェロォ… ンッンッ んんん
「あぁ、、も。だめ! 出る・・出るぅ!!」
その声を聞いて吸い込みを激しく、舌の動きも早くしました。

「うぅぅぅ!!!」
わたしの口の上下運動の上、の状態で彼はいきました。
口の中にびゅる!びゅっ!!と流れこんできます。最初に気になった
あの塩っぽさと生臭さが鼻につきました。うぇぇぇと思っていると
ティッシュを差し出し、「これに出していいよ」といいました。
わたしは口の中のものを全て吐き出し、ほっとしました。

見るとまだおちんちんが大きかったのでまだするのかな?と
くわえてみたら「いま、さわったらだめだよ!敏感すぎて痛い!」だって。
足元にいた私をひっぱりあげて彼はぎゅっと抱きしめてくれました。

このとき以来、妙にフェラ好きになってしまったわたしですww

ちなみにこの後A君とは何度か会い、せがまれてフェラだけしていました。
1年ぐらいかな? その後出来た彼氏も私のフェラが大好きですよww
いった後にさらに攻めて違うものが出たこともありますww
あれっておしっこかなぁ… 出たことある方いますか??

 - 未分類 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
九州の博多美人とデリヘルで快楽を

いつも皆様の投稿を楽しく読ませていただいております。風俗も一通り全ジャンル行きましたが、ただ発射すれば満足できていた20代前半から変化し最近は嬢のサービスに対する気持ちや態度を重視する自分がおります。容姿端麗、ナイスボディ、そして性格も◎、そんな理想的な…

no image
堕ちていくのは運命だった5

昨日ハワイに到着し、2日目の今日はゴルフで遊びに来ていただけなのに、何故こんな事になってしまったのか。目の前には全裸の広子が、カーテンが閉められた午後のホテルの部屋内で男に体を弄ばれて、今にも全てを奪われようとしている。決して大きくない広子の乳房は左右交…

no image
岩盤浴にて

俺・・・高校3年美樹・・同級生の彼女友人A・・小学校からの親友B子・・・友人Aの彼女柔道部の部員C・・・Aの後輩(メガネデブ)      D・・・同じ春休みに友達数人と岩盤浴に行った時の話です。友人Aとは小学校からの親友で今度、彼女と岩盤浴に行くんだけどお前もど…

no image
★人気の無い露天風呂でイチャイチャ

 彼女は、9歳年上でした。特別若く見えるわけでもなく、スタイル抜群でもなく普通の人。なかなか会えないので二人っきりになると、いちゃいちゃしてました。休みが取れると旅行に行きました。 三重県の温泉旅館に行った時の事です。いつもどおりチェックインを済ませ部屋に入るやいなや、彼女に押し倒され彼女のなすがままに・・彼女が僕の上で美しくあえいでいました。とても綺麗でした。

no image
【もう一つの悲劇】欧州ショック

いい年をして恥ずかしい話だが、俺には長年思い続けている女がいた。その女は俺が思いを打ち明けられないうちに、他人の女になり、他人の妻になった。俺は、そんな女をいつまでも思い続けていた、とんだ純情物語だ。その女、中澤麻里子に出会ったのは入社式だった。もう8年も…

no image
田舎の集会は淫らな事をやりたい放題

「キャー!やっぱり若い子はウマいねぇ」黄色い声援が飛び交う。30代後半を迎え、アイドル並みの声援を受けるのも何とも気持ちが良かった。会社移転!会社を辞めるか?移転先に永住するか?妻と悩んだ末に、私達は永住を心に決めた。地方の小さな町は、大きな工場が来る事で雇用と町の活性化が期待され盛り上がっていた。

no image
もうかえって

363 :恋人は名無しさん:2007/08/02(木) 15:44:35 ID:JaAs2jDW0昔の話で恐縮ですが、暇つぶしになればいいかなと思い投稿させてもらいます。私には大学1年から3年付き合っているTという彼女がいたのですが。3年目に突入し、大学もそろそろ就職活動ピーク。私は体力に自信が…

no image
お見合いパーテイ

バツ1になって3年、友達とお見合いパーティーに行ったの。いろんな人と話してて、2対2でパーティー終わってからカラオケに行ってはしゃぎながら飲んでました。飲みすぎてソファーで寝てしまったまで覚えてます。気がつくと、ラブホのベットで好きじゃないほうの男の人と…

no image
女友達が上京して

25歳男です。大学の後輩に山本真由美という女の子がいました。付き合っていたわけではないですが、二人で旅行したり飲みに行ったりしていました。しばらくそれだけ関係を続けていたのですが、ある日うちで飲んで彼女が泊まっていったときになんとなく体に触れてみました。も…

no image
真夏で肌の露出が増えた妻

夏も本番に入り、毎日グッタリする暑さ。暑くなると、男も女も薄着になり肌の露出が増える。我が妻も例外では無く、ここ最近の服装がヤバい。ホットパンツにランニング姿や、ミニスカートにランニングととにかく肌の露出が多い。その日も、妻はブカブカのワンピース姿でした…