エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

ナンパ

   

すっごく好きな彼氏と別れて、すごく淋しい時でした。
 友達と飲みに行った後、別れて家に帰る途中で、すっごく私好みの男の人が声を掛けてきたんです。
 話を暫くしてたら、その人も最近、彼女と別れたばっかりって解って更に盛りあがってしまいました(苦笑)
 で、かなり酔っていた私は「ぶっちゃけ、崇史くんってかなり好みなんだけど」って言ったら、彼も「俺も?」って感じで異常にテンション高くなっちゃいました。
 で、「もっとゆっくり話したいね」って事になって。夜中の3時だと開いてる店も殆ど無いから、お互い、軽い気持ちでホテルへ行きました。

 ホテルに入ってからもカラオケしたり、お酒飲んだり、昔からの友達みたいにお互い打ち解けてました。

 一通り騒ぎ、酔いもまわりすぎたので、ベッドで2人でマッタリしてたら彼が「やっべえ。今、俺、深華の事好きかも。」なんて言うから私も「やっばぁ。私も今、同じ事思ってたかも。」って言ったら彼が覆い被さって来て。
 それからは、私も彼にされるがままでした。

 最初は顔中にキスをしてきて、最後に唇に触れるか触れないかのキス。
 それがすっごく気持ち良くて。でも、物足りなさに負けて自分からディープキス。彼の舌が私の舌と絡んで、吸われて、吸って。
 その間に服の上から胸を揉まれて、小さく喘いでました。
 服の中に手を入れられてブラの上から、既に硬くなってる乳首を爪で擦られ、もう片方の手でホックを外されて直に乳首を摘まれて。
 私、乳首が弱いから、それだけでアソコがヌレヌレでした。
 あっという間にパンティだけにされて、彼も全裸で。
 パンティの上から彼の手がアソコの割れ目をなぞると、すっごくヌレてるのが自分でも解って。クリを布越しに刺激されるとのけぞっちゃって。彼は「すっげえヌレてる。気持ちイイ?」って言ってくるから「気持ちイイよぉ。。。あぁ・・・・ん」って言うと「もっと気持ち良くしてやるから」って言ってパンティの上からクリにしゃぶりつくんです。
 強く弱く吸われて、アソコからどんどん愛液が溢れてくるのが解って。
「はぁ。。。あん。もぉ・・・直接してぇ」って自分からパンティを脱いでました。
 彼の舌が割れ目を舐め上げ、クリを突付いてアソコの中を掻き回して、私は初めてクンニでイってしまいました。

 それから、手マンをされて。最初は一本で掻き回されて。彼の指が私のアソコを掻き回す度にグチュグチュと音を立てるのが恥ずかしくて、
「あっ・・・・はぁ・・・やぁぁ・・・あん」って言ったら、
「嫌なの? こんなにグチョグチョなのに? ホントはもっと指増やして欲しいんでしょ?」って言って、一気に指を三本に増やして、激しくアソコの中を掻き回して、残った親指でクリをグリグリされて。
 もぉ、シーツがシミになるほど、グッチョグチョにされました。
 その後、69の態勢になって、ビックリ! 彼のオチンチンは今まで見たこと無いくらい太くて長くて硬かったんです。もぉぉ夢中になってフェラしまくり。

 何回イッたか解らない位メチャクチャにされてから、ようやく挿入。
 最初は正常位だったんだけど、入れられた瞬間、「はぁぁ・・・・あん!!」ってイッってしまい。。。
 それからずんずんと激しく突き上げられて、アソコからはグチョグチョって音がして。
 座位になってからは、もっと奥までチンチンが入ってきて、もぉ、頭おかしくなって、自分から激しく腰ふって、彼は私のクリを弄って。

 バックになったら、奥の奥まで突かれて、失神しそうな位、気持ち良くって「あぁぁ・・・やぁ・・あああん。ダメだよぉ・・・・イッちゃうぅぅ!!」って言ったら、「もっとイかしてやるから。ほら。ほら!!」って更に激しさを増した腰使いで私を突き上げ、更に手でクリを腰使いとは反対の優しさで弄って。
「あ!!!あぁぁ!!!!!だ・・・だめぇえええ・・・・あ!!!すっごぉぉいぃ・・・・・・はぁぁ・・・・・あああああああん・・・イッちゃう・・・・・またイッちゃうよぉ・・・・・はぁぁああん!!」ってイッた直後に、彼のチンチンがドクドクって脈打って、私の中に彼の精子が打ちこまれました。
 それでも、彼のチンチンは萎える事なく、更に私を突き上げて、イかされまくって。三回目に彼がイッた後、ようやくチンチンも大人しくなって。もう、何回イッたかも解りませんでした。

 ホテルを出る時、お互いに携帯の番号を交換して。
 期待してなくって、「どうせ一晩だけだろぉ」って思ってたら電話が掛かってきて。その度に激しいセックスしてたら、何時の間にか恋人同士になってたようです(苦笑)

すっごく好きな彼氏と別れて、すごく淋しい時でした。
 友達と飲みに行った後、別れて家に帰る途中で、すっごく私好みの男の人が声を掛けてきたんです。
 話を暫くしてたら、その人も最近、彼女と別れたばっかりって解って更に盛りあがってしまいました(苦笑)
 で、かなり酔っていた私は「ぶっちゃけ、崇史くんってかなり好みなんだけど」って言ったら、彼も「俺も?」って感じで異常にテンション高くなっちゃいました。
 で、「もっとゆっくり話したいね」って事になって。夜中の3時だと開いてる店も殆ど無いから、お互い、軽い気持ちでホテルへ行きました。

 ホテルに入ってからもカラオケしたり、お酒飲んだり、昔からの友達みたいにお互い打ち解けてました。

 一通り騒ぎ、酔いもまわりすぎたので、ベッドで2人でマッタリしてたら彼が「やっべえ。今、俺、深華の事好きかも。」なんて言うから私も「やっばぁ。私も今、同じ事思ってたかも。」って言ったら彼が覆い被さって来て。
 それからは、私も彼にされるがままでした。

 最初は顔中にキスをしてきて、最後に唇に触れるか触れないかのキス。
 それがすっごく気持ち良くて。でも、物足りなさに負けて自分からディープキス。彼の舌が私の舌と絡んで、吸われて、吸って。
 その間に服の上から胸を揉まれて、小さく喘いでました。
 服の中に手を入れられてブラの上から、既に硬くなってる乳首を爪で擦られ、もう片方の手でホックを外されて直に乳首を摘まれて。
 私、乳首が弱いから、それだけでアソコがヌレヌレでした。
 あっという間にパンティだけにされて、彼も全裸で。
 パンティの上から彼の手がアソコの割れ目をなぞると、すっごくヌレてるのが自分でも解って。クリを布越しに刺激されるとのけぞっちゃって。彼は「すっげえヌレてる。気持ちイイ?」って言ってくるから「気持ちイイよぉ。。。あぁ・・・・ん」って言うと「もっと気持ち良くしてやるから」って言ってパンティの上からクリにしゃぶりつくんです。
 強く弱く吸われて、アソコからどんどん愛液が溢れてくるのが解って。
「はぁ。。。あん。もぉ・・・直接してぇ」って自分からパンティを脱いでました。
 彼の舌が割れ目を舐め上げ、クリを突付いてアソコの中を掻き回して、私は初めてクンニでイってしまいました。

 それから、手マンをされて。最初は一本で掻き回されて。彼の指が私のアソコを掻き回す度にグチュグチュと音を立てるのが恥ずかしくて、
「あっ・・・・はぁ・・・やぁぁ・・・あん」って言ったら、
「嫌なの? こんなにグチョグチョなのに? ホントはもっと指増やして欲しいんでしょ?」って言って、一気に指を三本に増やして、激しくアソコの中を掻き回して、残った親指でクリをグリグリされて。
 もぉ、シーツがシミになるほど、グッチョグチョにされました。
 その後、69の態勢になって、ビックリ! 彼のオチンチンは今まで見たこと無いくらい太くて長くて硬かったんです。もぉぉ夢中になってフェラしまくり。

 何回イッたか解らない位メチャクチャにされてから、ようやく挿入。
 最初は正常位だったんだけど、入れられた瞬間、「はぁぁ・・・・あん!!」ってイッってしまい。。。
 それからずんずんと激しく突き上げられて、アソコからはグチョグチョって音がして。
 座位になってからは、もっと奥までチンチンが入ってきて、もぉ、頭おかしくなって、自分から激しく腰ふって、彼は私のクリを弄って。

 バックになったら、奥の奥まで突かれて、失神しそうな位、気持ち良くって「あぁぁ・・・やぁ・・あああん。ダメだよぉ・・・・イッちゃうぅぅ!!」って言ったら、「もっとイかしてやるから。ほら。ほら!!」って更に激しさを増した腰使いで私を突き上げ、更に手でクリを腰使いとは反対の優しさで弄って。
「あ!!!あぁぁ!!!!!だ・・・だめぇえええ・・・・あ!!!すっごぉぉいぃ・・・・・・はぁぁ・・・・・あああああああん・・・イッちゃう・・・・・またイッちゃうよぉ・・・・・はぁぁああん!!」ってイッた直後に、彼のチンチンがドクドクって脈打って、私の中に彼の精子が打ちこまれました。
 それでも、彼のチンチンは萎える事なく、更に私を突き上げて、イかされまくって。三回目に彼がイッた後、ようやくチンチンも大人しくなって。もう、何回イッたかも解りませんでした。

 ホテルを出る時、お互いに携帯の番号を交換して。
 期待してなくって、「どうせ一晩だけだろぉ」って思ってたら電話が掛かってきて。その度に激しいセックスしてたら、何時の間にか恋人同士になってたようです(苦笑)

 - 未分類 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
親戚の従弟(中学生)

はじめまして、私は都内で一人暮らしをしている24歳OLです。 約一年前に正月休みを利用して帰省した時の体験を話したいと思います。「ただいま?」 と玄関を開けました。 奥から母が小走りでこっちにきて 「あら、お帰り?雪大丈夫だった?」 なんて話しをしながら居間へ入ると…

no image
映画館デート

ある日俺がアニメの映画を見に行こうと彼女を誘った。当然彼女は嫌で嫌で仕方が無い様子。なんとか彼女をなだめ、映画館まで連れて行き映画のチケットを買うために並んだ。並んでるときにふと彼女のほうを見ると自分の持ってるバックの中をゴソゴソ漁ってる。なにを出すんだ…

no image
神田うのより花子

423 :名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] :2007/03/17(土) 15:01:36本物は夜か明日だな。エコー、健闘を祈る。元サレ夫現在再婚気団より。424 :名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] :2007/03/17(土) 15:05:33現在もサレてるよ428 :名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] :2…

no image
★一物を自慢する男は早漏

 行き付けの飲み屋で知り合った28歳の独男、何度か顔を会わせるうちに話す様に成り、メールする仲に、いつもえっちな話題になると、自分のモノは、凄いんだと、自慢してえっちしょうと誘ってきた。 毎回、自慢しているので、どんなんのだろうか?気に成っていた。先週末も誘われて、かなりり酔っていたのもあって、ホテルへいっちゃいました。でもテクもいまいち、大きさも普通、と言うより小さ目、この大嘘つき!

no image
嫁の妹

 オレの嫁(23歳)には高1の妹がいる。その妹との話です。 嫁の実家に行ったとき、今日は夕飯一緒に食べようということになり嫁たちは食材を買いに出かけた。 オレはひとりで家で待つことに。 ちょっとすると嫁の妹(名前K香)が学校から帰って来た。 オレはリビン…

no image
元部下の亜矢子と

結婚式に一緒に出席していた元部下の亜矢子とシテしまった。亜矢子は3年前に結婚し昨年退社した元部下だ。先日、直属の部下A子の結婚式に参加した。俺の部署でA子が入社した時の指導係が亜矢子だったので彼女も招待されていて式→披露宴→二次会って具合に参加していた。…

no image
義姉さんの女体を貪りました

 家で一緒に呑んでいた義姉が、酔い潰れて座卓にうつ伏せで寝てしまった。義姉を抱きかかえて、畳に並べた座布団に寝かせる。抱いた時の、義姉の豊満なオッパイの感触が とてもいい感じだった。座布団に仰向けに寝かせても、まだ俺に掴まっていた義姉を抱いてふざけ半分でシャツの上からオッパイを撫でると、撥ね退けもせず俺の手を、自分のオッパイに軽く押し付けているだけだった。そのままオッパイを揉んで義姉を抱き寄せると

no image
兄の子供を孕む彼女

"???高校二年生にしてようやく出来た彼女の名前はチサト。まだあどけなさの残る童顔と、そこからは想像も出来ないほどに成長した胸が特徴だった。""ロリ巨乳""という形容がこれほど当てはまる彼女のほかにいないのでは無いだろうか、と思うほどだ。チサトを狙う男は後を絶た…

no image
続・ロシア人人妻研修生

下らん話を続編まで書いてしまってすいません。さて、25にして素人童貞を卒業、しかもその相手はブロンドのロシア人、しかも子持ちの人妻、という派手なデビューをした俺は、情けないことに24時間エリヴィラさんの白いボディのことを考えるようになってしまった。週末にドラ…

no image
姉の娘

俺は冴えない独身だが、姉は15年ぐらい前に結婚したんですが去年離婚して実家にもどってきています姉には小学4年生の娘いて、もちろん姉の娘も実家にいます。姉の娘はすごくやさしくて、おおらかですごくかわいいんです。俺とも手をつないでくれるし、俺も自分の娘のように…