エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

Hの代わりに

   

じゃあ俺の経験で。
この間の誕生日の日に彼女は残念ながらHダメな日。
申し訳ないと思ってくれたのか、「口でする?」と。
俺は「うん、お願いしてもいい?あともう一つお願いしてもいい?」
彼女「ん・・?どうしたいの?」
俺「イクときに顔にかけたいんだけど・・・だめかな?」
彼女はちょっとふてくされながら「・・・もう、しょうがないな?。
じゃあイクとき言ってね。」といって最後はちょっとにっこり。
俺は心の中でガッツポーズ!

ジュポッジュポッ…クチュクチュッ…ジュポッ…
いつもよりもすごくやさしくフェラしてくれてたまらなかった。
「うぁ…すごい気持ちいいよ…」
「んっ・・・んっ・・・」
「こっちの手でこうして・・・」と俺は彼女の左手をタマの
部分に誘導。暖かさが伝わってきた。右手のしごきと左手の
刺激、口の生暖かさが俺を昂ぶらせた。

ジュポジュポジュポッ…クチュクチュクチュクチュ…
「んっんっんっんっ!」
どんどん激しくなってきて俺はついにイキそうになっていた。
「あぁっ…あぁっ…!そろそろイクよ!う、うわぁぁぁっ!!」
俺はすばやく彼女の口から抜き出し、左手で彼女の額を抑えながら、
右手で鼻筋に向けて激しくしごいた。

「うおあぁぁぁぁぁっ!!うぅっ!!うぅっ!!うぅっ!・・・」
ドクン、ドクン、ドクン、と俺の精液が飛び散った。
目をつぶっている彼女のまつげにもかかるほど。
彼女の鼻筋のてっぺんから両頬に流れ落ちる。
左の頬から、ボタッと精液が彼女の左膝に落ちた。
俺は自分のものを彼女の上唇につけて
「口あけて・・・少ししてて・・・」と。

「ん……ん……ん……」
20秒くらいの間、ゆっくりとやさしく俺のものを掃除してくれた。
「すごく気持ちよかったよ、わがまま言ってごめんね。」と顔を
ティッシュでふく俺。
「大丈夫。それより私うまくできた?気持ちよかった?」と。
「うん、すごいよかったよ。ありがと。」俺はぎゅっと彼女を抱きしめた。

こんな感じ。これは妄想でもなんでもなく本当の話。

じゃあ俺の経験で。
この間の誕生日の日に彼女は残念ながらHダメな日。
申し訳ないと思ってくれたのか、「口でする?」と。
俺は「うん、お願いしてもいい?あともう一つお願いしてもいい?」
彼女「ん・・?どうしたいの?」
俺「イクときに顔にかけたいんだけど・・・だめかな?」
彼女はちょっとふてくされながら「・・・もう、しょうがないな?。
じゃあイクとき言ってね。」といって最後はちょっとにっこり。
俺は心の中でガッツポーズ!

ジュポッジュポッ…クチュクチュッ…ジュポッ…
いつもよりもすごくやさしくフェラしてくれてたまらなかった。
「うぁ…すごい気持ちいいよ…」
「んっ・・・んっ・・・」
「こっちの手でこうして・・・」と俺は彼女の左手をタマの
部分に誘導。暖かさが伝わってきた。右手のしごきと左手の
刺激、口の生暖かさが俺を昂ぶらせた。

ジュポジュポジュポッ…クチュクチュクチュクチュ…
「んっんっんっんっ!」
どんどん激しくなってきて俺はついにイキそうになっていた。
「あぁっ…あぁっ…!そろそろイクよ!う、うわぁぁぁっ!!」
俺はすばやく彼女の口から抜き出し、左手で彼女の額を抑えながら、
右手で鼻筋に向けて激しくしごいた。

「うおあぁぁぁぁぁっ!!うぅっ!!うぅっ!!うぅっ!・・・」
ドクン、ドクン、ドクン、と俺の精液が飛び散った。
目をつぶっている彼女のまつげにもかかるほど。
彼女の鼻筋のてっぺんから両頬に流れ落ちる。
左の頬から、ボタッと精液が彼女の左膝に落ちた。
俺は自分のものを彼女の上唇につけて
「口あけて・・・少ししてて・・・」と。

「ん……ん……ん……」
20秒くらいの間、ゆっくりとやさしく俺のものを掃除してくれた。
「すごく気持ちよかったよ、わがまま言ってごめんね。」と顔を
ティッシュでふく俺。
「大丈夫。それより私うまくできた?気持ちよかった?」と。
「うん、すごいよかったよ。ありがと。」俺はぎゅっと彼女を抱きしめた。

こんな感じ。これは妄想でもなんでもなく本当の話。

 - 未分類 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
女王様

家の家族は、姉を頂点に、構成してます。ドS姉20歳、M俺16歳、ドM弟14歳、です。両親はすでに他界、でも両親は、財産を残した。持ち家と生命保険だ。それを狙った親戚を、ことごとく撃破した。姉が家長に、嫌、女王様になった。弟2人は、姉には、絶対に逆らえない。いわゆる…

no image
キャンプ場で 続き

 キャンプ場での出来事の続きです。 妹兄妹はみんなが寝ている大部屋でとうとう本番行為までいきました。 妹は声を出さないように必死で口を手で塞いでいました。 時たま兄がキスで塞いでる時もありました。 それでも喘ぎ声は漏れて、んんん・・と苦しそうな声が聞こえ…

no image
1メートルぐらい先で好きな女が同級生に犯された

うちの高校は出来の悪い田舎の農業高校だったんだけど、こんな学校だから 女子の人数は少な目で、1クラス男子が約40人のところ、7人ぐらいしかいなかった。 しかもあまり可愛い子はいなく、よその学校だと並程度の子がすごくもてていた。 俺のクラスにSという子がいたが…

no image
妹の友達と

ぼくは中3です。ある日妹の携帯をみたらエロい子からのメールで「今すごくSEXしたい」と書いてありました。すぐにぼくはその子のアドレスを自分に送って「今から○○公園に来て。sexしよう」と打って行ったらほんとにきたのです!見つけた瞬間すぐトイレに連れて行き正体を…

no image
我が家の性の事情前編

俺は性欲が異常に強い、裕福な家庭に生まれ金には困らないので、18から週2ペースで吉原通い週末はマンションにデリヘルを1日買い、それ以外はナンパ三昧でセックスをしまくりだ。縛られたくないので、特定の彼女は作らなかったが、まだ大学2年なのに両親から、後継ぎをとせっつかれて、お嬢様…

no image
★女でも男を犯したくなる時って・・

 彼を犯したくなったとき・・。ひどい話だけど、彼が怪我した時。といっても重傷だときっと無理だけど、自分の具体的な経験だと、相手が骨折入院した時、火が付いた。物凄く付いた。怪我した、と連絡されてびっくりして心配と不安の真っ只中の中、出会ってそれなりに元気だったのでほっとしたのもつかの間、「何で怪我するのよばかー!危ないじゃない!」みたいなわけのわからない怒りをぶつけたくなる。  で、付き添って入院手

no image
彼女が肉便器に…(Ver.2)

ようやく、心が落ち着いてきましたので、心の区切りを付ける目的で実際にあったことをここで話してしまいます。どうか、最後まで僕の話を聞いていただき、もし僕の感じ方にまちがったことがあれば、教えてください。僕が22歳だったとき、ひとつ年下の21歳の彼女がいまし…

no image
まだ毛がはえてなかった頃のことです

まだ毛がはえてなかった頃のことです智子と私は大の仲良しで、お互いに小学生の頃から、いやらしいことに好奇心旺盛でした。常に2人でエッチなことばかり考えていましたが、どちらかというと男の子に対してはおくてで、その反対に2人でじゃれあうか露出をして遊んでいるとき…

no image
★棚からギャル餅のような出会い

 出会い系のPCMAXで、今から遊べる人募集中。の書き込みで地元の子だったので、手持ち少ないけど、FだけでもOK?とメールすると、直ぐにOKの返事。 待ち合わせ場所は、街から少し離れた田舎町。迎えに行く途中、突然の大雨が降りだした。彼女から、この番号に電話して!と、携帯番号が送られてきました。番号をプッシュし呼び出し音…。

no image
お兄ちゃんの裏切り

これは私の実体験です。今でもあの恐怖は鮮明に覚えてます。私には8歳年が離れた兄がいて私が10歳の時です。私は兄は優しくて大好きでいつも一緒にいました。あの時まではお兄ちゃんが遊びに行くというので連れて行ってもらうことになりました。お兄ちゃんが行ったのは人…